Configuration Manager でのサイト障害の影響

適用対象: Configuration Manager (現在のブランチ)

サイト サーバーと他のサイト システムは失敗し、定期的に提供するサービスが失われる可能性があります。 同じコンピューターに複数のサイト システムをインストールし、そのコンピューターに障害が発生した場合、それらのサイト システムによって定期的に提供されるサービスはすべて使用できなくなりました。

計画プロセスの一部には、組織に提供するサービスへの影響を理解する必要があります。 サイト内の各サイト システムは異なる機能を提供しますので、障害が発生したサイト システムの役割によって、サイトに対する障害の影響は異なります。

高可用性 オプションを使用して 、単一システムの障害を軽減します。 また、バックアップと回復の戦略 計画し、実行して、サービスが利用できない時間を短縮します。

次のセクションでは、指定したサイト システムが動作しない場合の影響について説明します。

サイト サーバー

  • サイトの管理はできません。 コンソールをサイトに接続することはできません。

  • 管理ポイントはクライアント情報を収集し、サイト サーバーがオンラインに戻るまでキャッシュします。

  • ユーザーは既存の展開を実行し、クライアントは配布ポイントからコンテンツをダウンロードできます。

サイト データベース

  • サイトの管理はできません。

  • Configuration Manager クライアントに既に新しいポリシーを含むポリシー割り当てがある場合、および管理ポイントがポリシー本文をキャッシュしている場合、クライアントはポリシー本文要求を行い、ポリシー本文の返信を受信できます。 ただし、サイトは新しいポリシー割り当て要求にサービスを提供できない。

  • クライアントは、ポリシーを既に受信し、関連付けられたソース ファイルが既にクライアントでローカルにキャッシュされている場合にのみ、展開を実行できます。

管理ポイント

  • 新しい展開を作成することができますが、管理ポイントがオンラインになるまで、クライアントはそれらを受信しません。

  • クライアントは引き続きインベントリ、ソフトウェア メータリング、および状態情報を収集します。 管理ポイントが利用可能になるまで、このデータはローカルに保存されます。

  • クライアントは、ポリシーを既に受信し、関連付けられたソース ファイルが既にクライアントでローカルにキャッシュされている場合にのみ、展開を実行できます。

配布ポイント

  • Configuration Manager クライアントは、関連付けられたソース ファイルが既にローカルにダウンロードされている場合、またはピア ソースで使用できる場合にのみ、展開を実行できます。