Desktop Analytics でデバイスを登録する方法How to enroll devices in Desktop Analytics

Desktop Analytics に Configuration Manager を接続する場合、Desktop Analytics にデバイスを登録するための設定を構成します。When you connect Configuration Manager to Desktop Analytics, you configure settings to enroll devices to Desktop Analytics. これらの設定は、いつでも変更できます。You can change these settings at any time. また、デバイスが最新の状態であることを確認します。Also make sure the devices are up to date.

デバイスの更新Update devices

Desktop Analytics では、次の 2 つの主要な Windows コンポーネントが使用されます。Desktop Analytics uses two main Windows components:

  • 互換性コンポーネント:互換性コンポーネント (Appraiser) によって、Windows デバイスに対する診断が実行され、最新バージョンの Windows 10 との互換性の状態が評価されます。Compatibility component: The compatibility component (Appraiser) runs diagnostics on the Windows device to evaluate its compatibility status with the latest versions of Windows 10.

  • 接続ユーザー エクスペリエンスとテレメトリ サービス:Windows の診断データを有効にすると、接続ユーザー エクスペリエンスとテレメトリ サービス (DiagTrack) によって、システム、アプリケーション、およびドライバーのデータが収集されます。Connected User Experiences and Telemetry service: With Windows diagnostic data enabled, the Connected User Experience and Telemetry service (DiagTrack) collects system, application, and driver data. Microsoft によってこのデータが分析され、それが Desktop Analytics 経由でもう一度お客様と共有されます。Microsoft analyzes this data, and shares it back to you via Desktop Analytics.

Desktop Analytics で最適なエクスペリエンスを得るために、これらのコンポーネントの最新バージョンをインストールしてください。Install the latest version of these components to get the best experience with Desktop Analytics.

次の表に、サポートされる OS バージョンでの各コンポーネントの更新プログラムを示します。The following table lists the updates for each component on supported OS versions:

OS のバージョンOS version AppraiserAppraiser DiagTrackDiagTrack
Windows 10 20H2Windows 10 20H2 含まれる 注 1Included Note 1 最新の累積的な更新プログラムLatest cumulative update
Windows 10 2004Windows 10 2004 含まれる 注 1Included Note 1 最新の累積的な更新プログラムLatest cumulative update
Windows 10 1909Windows 10 1909 含まれる 注 1Included Note 1 最新の累積的な更新プログラムLatest cumulative update
Windows 10 1809Windows 10 1809 含まれる 注 1Included Note 1 最新の累積的な更新プログラムLatest cumulative update
Windows 10 1803Windows 10 1803 含まれる 注 1Included Note 1 最新の累積的な更新プログラムLatest cumulative update
Windows 8.1Windows 8.1 KB 2976978 注 2KB 2976978 Note 2 最新のマンスリー ロールアップLatest monthly rollup
Windows 7 SP1Windows 7 SP1 KB 2952664 注 3KB 2952664 Note 3 最新のマンスリー ロールアップLatest monthly rollup

バージョン 2010 以降は、Configuration Manager を使用して、Desktop Analytics に Windows 10 Enterprise の長期サービス チャネル (LTSC) デバイスを登録できるようになりました。Starting in version 2010, you can use Configuration Manager to enroll Windows 10 Enterprise long-term servicing channel (LTSC) devices to Desktop Analytics.

注意

Desktop Analytics でサポートされているのは、Windows 10 Enterprise LTSC 2019 のみです。これは、Windows 10 バージョン 1809 に相当します。Desktop Analytics only supports the Windows 10 Enterprise LTSC 2019, which is equivalent to Windows 10, version 1809. Windows 10 Enterprise 2015 LTSB (バージョン 1507) または Windows 10 Enterprise 2016 LTSB (バージョン 1607) はサポートされていません。It doesn't support Windows 10 Enterprise 2015 LTSB (version 1507) or Windows 10 Enterprise 2016 LTSB (version 1607).

OS バージョンOS version 同等のバージョンEquivalent version DiagTrackDiagTrack
Windows 10 Enterprise LTSC 2019Windows 10 Enterprise LTSC 2019 Windows 10 Version 1809Windows 10, version 1809 最新の累積的な更新プログラムLatest cumulative update

ヒント

Configuration Manager を使用すると、これらの更新プログラムを自動的にインストールできます。Use Configuration Manager to automatically install these updates. 詳細については、「ソフトウェアの更新の展開方法」を参照してください。For more information, see Deploy software updates.

互換性に関する更新プログラムを初めてインストールした後は、デバイスを再起動してください。Restart devices after you install the compatibility updates for the first time.

注 1:Windows 10Note 1: Windows 10

Windows 10 にはこれらのコンポーネントが既定で含まれていますが、Windows 10 デバイスで Desktop Analytics のすべての機能 (最新の OS バージョンとの互換性についてのデバイスの評価など) を利用するには、最新の累積的な更新プログラムが必要です。While Windows 10 includes these components by default, Windows 10 devices require the latest cumulative update to get the full functionality of Desktop Analytics like assessing the device for compatibility against the latest OS version.

注 2:Windows 8.1Note 2: Windows 8.1

このコンポーネントの更新プログラムは Microsoft により定期的に増分されますが、関連付けられている KB 番号は変わりません。Microsoft regularly increments the updates for this component, but the associated KB number doesn't change. 常に最新バージョンの更新プログラムを使用していることを確認してください。Make sure that you always have the latest version of the update.

このコンポーネントでは、Windows カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加している Windows 8.1 システムに対して診断が実行されます。This component runs diagnostics on Windows 8.1 systems that participate in the Windows Customer Experience Improvement Program. この診断は、Windows 10 へのアップグレード時に互換性に関する問題があるかどうかを判断するのに役立ちます。These diagnostics help determine whether you might have compatibility issues when upgrading to Windows 10.

注 3:Windows 7Note 3: Windows 7

Windows 7 デバイスに "マンスリー品質ロールアップ" の更新プログラムを適用せず、"セキュリティのみ" の更新プログラムだけを適用する場合は、KB 2952664 を置き換える更新プログラムの一覧に "セキュリティのみ" の更新プログラムがいくつか見つかります。If your organization doesn't apply "Monthly Quality Rollup" updates to Windows 7 devices, and only applies "Security Only" updates, you'll find some "Security Only" updates in the list of updates superseding KB 2952664. KB 2952664 の代わりに、より新しいこれらの更新プログラムをインストールできます。You can install these newer updates instead of KB 2952664.

注意

Windows 8.1 の場合、Microsoft では、"マンスリー品質ロールアップ" の更新プログラムの一部として、KB 2976978 の改訂のみ行っています。For Windows 8.1, Microsoft only revises KB 2976978 as part of "Monthly Quality Rollup" updates.

デバイスの登録Device enrollment

Desktop Analytics サービスには、インストールするエージェントがありません。The Desktop Analytics service has no agents to install. デバイスを登録するには、監視対象のデバイス上で設定を構成する必要があります。Device enrollment requires configuring settings on the devices you want it to monitor. この設定によって、デバイスからどの Desktop Analytics インスタンスにデータを送信するかと、その他の構成オプションが制御されます。These settings control to which Desktop Analytics instance the device should send its data, and other configuration options.

注意

Update Compliance を使用する場合は、Desktop Analytics に同じワークスペースを使用します。If you use Update Compliance, use that same workspace for Desktop Analytics. 以前に Update Compliance に登録していたデバイスを、Desktop Analytics に再登録する必要があります。You need to reenroll devices to Desktop Analytics that you previously enrolled in Update Compliance.

Azure AD テナントごとに、1 つの Desktop Analytics ワークスペースのみを使用できます。You can only have one Desktop Analytics workspace per Azure AD tenant. デバイスは、1 つのワークスペースにのみ診断データを送信できます。Devices can only send diagnostic data to one workspace.

Configuration Manager には、これらの設定を管理してクライアントに展開するための、統合エクスペリエンスが用意されています。Configuration Manager provides an integrated experience for managing and deploying these settings to clients. 最良のエクスペリエンスを実現するには、Configuration Manager をお使いください。For the best experience, use Configuration Manager.

Configuration Manager を Desktop Analytics に接続する場合、デバイスを登録するための設定を構成します。When you connect Configuration Manager to Desktop Analytics, you configure the settings to enroll devices. 詳細については、Configuration Manager を Desktop Analytics に接続する方法に関する記事をご覧ください。For more information, see How to connect Configuration Manager with Desktop Analytics.

これらの設定を変更するには、次の手順を実行します。To change these settings, use the following procedure:

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動し、 [Cloud Services] を展開して [Azure サービス] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, expand Cloud Services, and select the Azure Services node. Desktop Analytics への接続を選択し、リボンの [プロパティ] を選択します。Select the connection to Desktop Analytics, and choose Properties in the ribbon.

  2. [診断データ] ページで、必要に応じて次の設定を変更します。On the Diagnostic Data page, make changes as needed to the following settings:

    • [商用 ID] : この値には、ご自分の組織の ID が自動的に入力されます。Commercial ID: this value should automatically populate with your organization's ID. そうでない場合は、お使いのプロキシ サーバーが、必要なすべてのエンドポイントが許可されるように構成されていることを確認してから、次に進んでください。If it doesn't, make sure your proxy server is configured to allow all required endpoints before continuing. また、Desktop Analytics ポータルから、商用 ID を手動で取得することもできます。You can also retrieve your Commercial ID manually from the Desktop Analytics portal.

    • [Windows 10 診断データのレベル] :詳細については、「診断データのレベル」をご覧ください。Windows 10 diagnostic data level: For more information, see Diagnostic data levels.

    • [診断データでデバイス名を許可する] :詳細については、「デバイス名」をご覧ください。Allow Device Name in diagnostic data: For more information, see Device name.

    このページに変更を加えると、 [利用可能な機能] ページに、選択した診断データ設定を使用した Desktop Analytics 機能のプレビューが表示され ます。When you make changes to this page, the Available functionality page shows a preview of the Desktop Analytics functionality with the selected diagnostic data settings.

  3. [Desktop Analytics 接続] ページで、必要に応じて次の設定を変更します。On the Desktop Analytics Connection page, make changes as needed to the following settings:

    • [表示名] :Desktop Analytics ポータルでは、この名前を使用してこの Configuration Manager 接続が表示されます。Display name: The Desktop Analytics portal displays this Configuration Manager connection using this name.

    • [ターゲット コレクション] :このコレクションには、商用 ID と診断データの設定を使用して Configuration Manager によって構成されるすべてのデバイスが含まれます。Target collection: This collection includes all devices that Configuration Manager configures with your commercial ID and diagnostic data settings. それは、Configuration Manager によって Desktop Analytics サービスに接続されるデバイスの完全なセットです。It's the full set of devices that Configuration Manager connects to the Desktop Analytics service.

    • ターゲット コレクション内のデバイスでは、送信方向の通信にユーザー認証済みプロキシが使用されます:既定では、この値は [いいえ] です。Devices in the target collection use a user-authenticated proxy for outbound communication: By default, this value is No. 環境内で必要な場合は、 [はい] に設定します。If needed in your environment, set to Yes. 詳細については、「プロキシ サーバー認証」をご覧ください。For more information, see Proxy server authentication.

    • Desktop Analytics と同期する特定のコレクションを選択します:ご自分の [ターゲット コレクション] 階層のコレクションを追加するには、 [追加] を選択します。Select specific collections to synchronize with Desktop Analytics: Select Add to include additional collections from your Target collection hierarchy. これらのコレクションは、Desktop Analytics ポータルで展開計画を使用してグループ化するために使用できます。These collections are available in the Desktop Analytics portal for grouping with deployment plans. パイロット コレクションとパイロット除外コレクションが含まれていることを確認してください。Make sure to include pilot and pilot exclusion collections.

      重要

      これらのコレクションは、メンバーシップが変更されても引き続き同期されます。These collections continue to sync as their membership changes. たとえば、展開計画で、Windows 7 のメンバーシップ規則付きのコレクションを使用するとします。For example, your deployment plan uses a collection with a Windows 7 membership rule. これらのデバイスが Windows 10 にアップグレードされ、Configuration Manager によってコレクションのメンバーシップが評価されると、これらのデバイスはコレクションと展開計画から削除されます。As those devices upgrade to Windows 10, and Configuration Manager evaluates the collection membership, those devices drop out of the collection and deployment plan.

Windows の設定Windows settings

Configuration Manager は、デバイスを Desktop Analytics に登録すると、Windows ポリシーを設定して Desktop Analytics 用にデバイスを構成します。When Configuration Manager enrolls devices into Desktop Analytics, it sets Windows policies to configure the device for Desktop Analytics. ほとんどの場合、Configuration Manager だけを使ってこれらの設定を構成します。In most circumstances, only use Configuration Manager to configure these settings. これらの設定は、ドメイン グループ ポリシー オブジェクトでは適用しないでください。Don't also apply these settings in domain group policy objects.

詳細については、「Desktop Analytics のグループ ポリシーの設定」を参照してください。For more information, see Group policy settings for Desktop Analytics.

デバイス名Device name

Windows 10 バージョン 1803 から、デバイス名は既定では収集されなくなりました。Starting in Windows 10, version 1803, the device name is no longer collected by default. 診断データと共にデバイス名を収集するには、別のオプトインが必要です。Collecting the device name with the diagnostic data requires a separate opt-in. デバイス名がないと、新しいバージョンの Windows へのアップグレードを評価する際に、注意が必要なデバイスを特定するのがより難しくなります。Without the device name, it's more difficult for you to identify what devices require attention while evaluating an upgrade to a new version of Windows.

デバイス名を送信しない場合、Desktop Analytics で "不明" として表示されます。If you don't send the device name, it appears in Desktop Analytics as "Unknown":

"不明" の名前を示す Desktop Analytics のデバイス一覧

Desktop Analytics でこのオプションを構成するためのオプションが、Configuration Manager 設定にあります: [診断データでデバイス名を許可する] です。There's an option in the Configuration Manager settings for Desktop Analytics to configure this option: Allow Device Name in diagnostic data. この Configuration Manager 設定によって、Windows のポリシー設定AllowDeviceNameInTelemetry が制御されます。This Configuration Manager setting controls the Windows policy setting, AllowDeviceNameInTelemetry.

競合の解決Conflict resolution

通常は、構成マネージャー コレクションを使用して、Desktop Analytics の設定と登録の対象を設定します。In general, use Configuration Manager collections to target Desktop Analytics settings and enrollment. コレクションに対してデバイスを含めたり除外したりするには、ダイレクト メンバーシップまたはクエリを使用します。Use direct membership or queries to include or exclude devices from the collection. 詳しくは、「コレクションを作成する方法」をご覧ください。For more information, see How to create collections.

値がまだ存在していない場合にのみ、Configuration Manager によって Windows の設定が構成されます。Configuration Manager only configures the Windows settings if a value doesn't already exist. 一意のデバイス グループに対して異なる設定を構成する必要がある場合は、グループ ポリシーを使用できます。If you need to configure different settings for a unique group of devices, you can use group policy. グループ ポリシーの対象となる設定は、Configuration Manager 設定よりも優先されます。Settings targeted by group policy take precedence over Configuration Manager settings. グループ ポリシーの対象となるデバイスは、[接続の正常性] ダッシュボードの状態に正確に反映されない可能性があります。Devices targeted by group policy may not accurately reflect status in the Connection health dashboard.

診断データのレベルを構成する場合は、デバイスに対して上限を設定します。When you configure the diagnostic data level, you set the upper boundary for the device. Windows 10 バージョン 1803 以降の規定では、ユーザーがより低いレベルを設定することを選択できます。By default in Windows 10, version 1803 and later, users can choose to set a lower level. この動作を制御するには、グループ ポリシー設定の [Configure telemetry opt-in setting user interface](テレメトリのオプトイン設定のユーザー インターフェイスを構成する) を使用します。You can control this behavior using the group policy setting, Configure telemetry opt-in setting user interface. 詳細については、「Desktop Analytics のグループ ポリシーの設定」を参照してください。For more information, see Group policy settings for Desktop Analytics.

プロキシの設定Proxy settings

組織でインターネット アクセスにプロキシ サーバー認証を使用している場合は、そのプロキシ サーバー認証またはデバイスを正しく構成する必要があります。If your organization uses proxy server authentication for internet access, make sure to properly configure it or your devices. 詳細については、「プロキシ サーバー認証」をご覧ください。For more information, see Proxy server authentication.

次のステップNext steps

次の記事に進み、Desktop Analytics で展開計画を作成します。Advance to the next article to create deployment plans in Desktop Analytics.