Configuration Manager の SQL Server ビューを使用したカスタムレポートの作成Creating custom reports by using SQL Server views in Configuration Manager

Configuration Manager は、Configuration Manager サイトデータベースのビュー SQL Server クエリを行って、レポートに表示される情報を取得します。Configuration Manager queries SQL Server views in the Configuration Manager site database to retrieve the information that is displayed in reports. Configuration Manager サイトデータベースには、ネットワーク、コンピューター、ユーザー、ユーザーグループ、およびコンピューティング環境のその他多くのコンポーネントに関する大量の情報が含まれています。The Configuration Manager site database contains a large collection of information about the network, computers, users, user groups, and many other components of the computing environment. また、データベースには、展開、ソフトウェア更新プログラム、構成基準、レポート、ステータスメッセージなどの Configuration Manager 操作を表すオブジェクトも含まれています。The database also contains objects that represent Configuration Manager operations, such as deployments, software updates, configuration baselines, reports, and status messages. Configuration Manager 管理者は、SQL ビューのさまざまなカテゴリ、各ビューに格納される情報、および SQL ビューを相互に結合して、必要な情報を返すレポートを作成する方法について理解する必要があります。Configuration Manager administrators need to understand the different categories of the SQL views, what information is stored in each view, and how the SQL views can be joined to one another to create reports that return the required information. Configuration Manager のクエリとコレクションは、SQL ビュー Configuration Manager ではなく Windows Management Instrumentation (WMI) から情報を取得するため、SQL ビュースキーマが WMI スキーマにどのように関連しているかを理解するのにも役立ちます。Because Configuration Manager queries and collections retrieve information from Windows Management Instrumentation (WMI) instead of Configuration Manager SQL views, it is also helpful to know how the SQL view schema is related to the WMI schema.

このドキュメントでは、Configuration Manager と SQL ステートメントの基本を理解していること、作業 Configuration Manager インフラストラクチャが整っていること、Configuration Manager レポートに関する基本的な知識があることを前提としています。This documentation assumes that you have a basic understanding of Configuration Manager and SQL statements, that you have a working Configuration Manager infrastructure in place, and that you have a basic understanding of Configuration Manager reports. Configuration Manager でのレポートの作成の詳細については、「 レポートの概要」を参照してください。For more information about creating reports in Configuration Manager, see Introduction to reporting. 基本的な SQL ステートメントを記述する方法に関する詳細については、SQL Server のマニュアルを参照してください。For more information about how to write basic SQL statements, see your SQL Server documentation.

このドキュメントには、Configuration Manager SQL ビューのスキーマと SQL ビューの概要、既存のレポートと関連するレポート手順の概要、各 Configuration Manager SQL ビューカテゴリのサンプル SQL ステートメント、カスタムレポートを作成するための演習、レポート SQL ステートメントの記述の概要、Configuration Manager プロバイダー WMI スキーマの概要が含まれています。This documentation includes an overview of the Configuration Manager SQL view schema and SQL views, an overview of the existing reports and associated reporting procedures, sample SQL statements for each Configuration Manager SQL view category, exercises for creating custom reports, an overview for writing report SQL statements, and an overview of the Configuration Manager Provider WMI schema.

このドキュメントで使用されている製品のバージョンProduct versions used in this document

このドキュメントは Microsoft SQL Server 2012、レポートビルダー3.0、Configuration Manager を使用して作成されました。This document was created using Microsoft SQL Server 2012, Report Builder 3.0 and Configuration Manager. 使用可能な SQL ビュー、オプション、およびコマンドは、使用している各製品のバージョンによって異なる場合があります。The available SQL views, options, and commands might vary depending on the version of each product you are using. 詳細については、使用している製品のマニュアルを参照してください。For more information, see the documentation for the products you are using.

Configuration Manager でのレポートの新機能What's new for reporting in Configuration Manager

このセクションでは、Configuration Manager レポートの Configuration Manager 2007 以降に加えられた変更の一覧を示します。This section lists the changes that have been made since Configuration Manager 2007 for Configuration Manager reporting.

Configuration Manager のレポートに加えられた変更Changes made to reporting in Configuration Manager

  • Configuration Manager はレポートポイントを使用しなくなりました。レポートサービスポイントは、Configuration Manager がレポートのために使用する唯一のサイトシステムの役割です。Configuration Manager no longer uses the reporting point; the reporting services point is the only site system role that Configuration Manager now uses for reporting.

  • Configuration Manager 2007 R2 SQL Server Reporting Services ソリューションの完全な統合: 標準のレポート管理に加えて、Configuration Manager 2007 R2 では SQL Server Reporting Services レポートのサポートが導入されました。Full integration of the Configuration Manager 2007 R2 SQL Server Reporting Services solution: In addition to standard report management, Configuration Manager 2007 R2 introduced support for SQL Server Reporting Services reporting. Configuration Manager は、Reporting Services ソリューションを統合し、新しい機能を追加し、レポートソリューションとして標準レポート管理を削除します。Configuration Manager integrates the Reporting Services solution, adds new functionality, and removes standard report management as a reporting solution.

  • レポートビルダー2.0 統合: Configuration Manager では、モデルベースのレポートと SQL ベースのレポートの両方を対象とした専用のオーサリングおよび編集ツールとして Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services レポートビルダー2.0 が使用されます。Report Builder 2.0 integration: Configuration Manager uses Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services Report Builder 2.0 as the exclusive authoring and editing tool for both model-based and SQL-based reports. レポート ビルダー 2.0 は、レポートを初めて作成または変更するときに自動的にインストールされます。Report Builder 2.0 is automatically installed when you create or modify a report for the first time.

  • SQL Server Reporting Services のレポートのサブスクリプションを構成できます。指定したレポートが定期的に電子メールで配信されるようにしたり、ファイル共有に配信されるようにすることができます。Report subscriptions in SQL Server Reporting Services let you configure the automatic delivery of specified reports by email or to a file share in scheduled intervals.

  • レポートビューアーを使用して Configuration Manager コンソールで Configuration Manager レポートを実行したり、レポートマネージャーを使用してブラウザーからレポートを実行したりすることができます。You can run Configuration Manager reports in the Configuration Manager console by using Report Viewer, or you can run reports from a browser by using Report Manager. どちらの方法で実行しても、同じように機能します。Both methods for running reports provide a similar experience.

  • Configuration Manager のレポートは、インストールされている Configuration Manager コンソールのロケールで表示されます。Reports in Configuration Manager are rendered in the locale of the installed Configuration Manager console. サブスクリプションは、SQL Server Reporting Services がインストールされたロケールで表示されます。Subscriptions are rendered in the locale that SQL Server Reporting Services is installed. レポートを作成するときに、アセンブリと式を指定できます。When you author a report, you can specify the assembly and expression.

Configuration Manager SP1 のレポートに加えられた変更Changes made to reporting in Configuration Manager SP1

  • Configuration Manager SP1 では Microsoft SQL Server 2012 Reporting Services がサポートされています。Configuration Manager SP1 supports Microsoft SQL Server 2012 Reporting Services.

  • Reporting Services ポイントで Microsoft SQL Server 2012 または SQL Server 2008 R2 が実行されている場合、レポートを作成または変更すると Configuration Manager は Reporting Services 3.0 を開きます。When Microsoft SQL Server 2012 or SQL Server 2008 R2 runs on the Reporting Services point, Configuration Manager opens Reporting Services Report Builder 3.0 when you create or modify reports. Reporting Services ポイントで Microsoft SQL Server 2008 が実行されている場合、レポートの作成時または変更時に Configuration Manager Reporting Services レポートビルダー2.0 が開きます。When Microsoft SQL Server 2008 runs on the Reporting Services point, Configuration Manager opens Reporting Services Report Builder 2.0 when you create or modify reports.

  • Configuration Manager コンソールの [ 監視 ] ワークスペースに、[ レポート ] ノードからの SQL Server Reporting Services レポートマネージャーへのリンクが表示されるようになりました。The Monitoring workspace in the Configuration Manager console now displays links to SQL Server Reporting Services Report Manager from the Reporting node.

Configuration Manager のレポートに加えられた変更Changes made to reporting in Configuration Manager

  • Configuration Manager レポートは、役割に基づいた管理のために完全に有効になりました。Configuration Manager reports are now fully enabled for role-based administration. Configuration Manager に含まれているすべてのレポートのデータが、レポートを実行する管理ユーザーのアクセス許可に基づいてフィルター処理されます。The data for all reports included with Configuration Manager is filtered based on the permissions of the administrative user who runs the report. 特定の役割を持つ管理ユーザーに対して、個々の役割に定義されている情報のみ表示できます。Administrative users with specific roles can only view information defined for their roles. 詳細については、Configuration Manager ドキュメントライブラリの記事「planning for Reporting in Configuration Manager」の「 planning for Role-Based Administration for Reports」セクションを参照してください。For more information, see the Planning for Role-Based Administration for Reports section in the Planning for Reporting in Configuration Manager article in the Configuration Manager Documentation Library.

このセクションの内容In this section

  • Configuration Manager の SQL Server ビューSQL Server views in Configuration Manager
    Configuration Manager でレポートを作成するために使用できるビューの概要について説明します。Provides an overview of the views you can use to create reports in Configuration Manager.

  • Configuration Manager でのレポートの操作Working with reports in Configuration Manager
    レポートの作成と管理に使用できるレポートとプロシージャの要素 Configuration Manager 概要について説明します。Provides an overview of Configuration Manager reports, the elements of a report and procedures that you can use to create and manage reports.

  • Configuration Manager の SQL Server ビューのテクニカルリファレンスTechnical reference for SQL Server views in Configuration Manager
    Sql ビューの各 Configuration Manager カテゴリのサンプル SQL ステートメント、既存の Configuration Manager レポートを変更するための演習、新しいレポートを作成するための演習、レポート SQL ステートメントの記述時に使用できる SQL Server で使用できる SQL ステートメントとクエリデザインツールの記述に関する情報、および Configuration Manager WMI プロバイダースキーマの概要について説明します。Provides sample SQL statements for each Configuration Manager SQL view category, exercises for modifying existing Configuration Manager reports and creating new reports, information about writing SQL statements and the query design tools available in SQL Server that can be used when writing report SQL statements, and an overview of the Configuration Manager WMI Provider schema.

関連項目See also