Configuration Manager でカスタム ビューを使用SQL Serverレポートを作成する

Configuration Manager はSQL Serverに表示される情報を取得するために、Configuration Manager サイト データベース内のビューに対してクエリを実行します。 Configuration Manager サイト データベースには、ネットワーク、コンピューター、ユーザー、ユーザー グループ、およびコンピューティング環境の他の多くのコンポーネントに関する大量の情報が含まれている。 データベースには、展開、ソフトウェア更新、構成基準、レポート、状態メッセージなどの Configuration Manager 操作を表すオブジェクトも含まれています。 Configuration Manager 管理者は、SQL ビューの異なるカテゴリ、各ビューに保存される情報、および SQL ビューを互いに結合して、必要な情報を返すレポートを作成する方法を理解する必要があります。 Configuration Manager のクエリとコレクションは、Configuration Manager SQL ビューの代わりに Windows 管理インストルメンテーション (WMI) から情報を取得します。また、SQL ビュー スキーマが WMI スキーマとどのように関連付けされるかを知るのも役立ちます。

このドキュメントでは、Configuration Manager および SQL ステートメントに関する基本的な理解、Configuration Manager インフラストラクチャが機能している、Configuration Manager レポートの基本的な理解が必要です。 Configuration Manager でのレポートの作成の詳細については、「レポートの 概要」を参照してください。 基本的なステートメントを記述する方法の詳細についてはSQLドキュメントをSQL Serverしてください。

このドキュメントには、Configuration Manager SQL ビュー スキーマと SQL ビューの概要、既存のレポートと関連するレポート手順の概要、Configuration Manager SQL ビュー カテゴリごとに示される SQL ステートメントのサンプル、カスタム レポート作成の演習、レポート SQL の作成の概要が含まれています。 ステートメント、および Configuration Manager プロバイダー WMI スキーマの概要を示します。

このドキュメントで使用されている製品バージョン

このドキュメントは、2012 年 3.0 Microsoft SQL Server Configuration Manager Report Builder使用して作成されました。 使用可能なSQL、オプション、およびコマンドは、使用している各製品のバージョンによって異なる場合があります。 詳細については、使用している製品のドキュメントを参照してください。

Configuration Manager でのレポートの新機能

このセクションでは、Configuration Manager 2007 for Configuration Manager レポート以降に行われた変更の一覧を示します。

  • Configuration Manager がレポート ポイントを使用しなくなりました。レポート サービス ポイントは、Configuration Manager がレポートに使用する唯一のサイト システムの役割です。

  • Configuration Manager 2007 R2 SQL Server Reporting Services ソリューションの完全統合: 標準レポート管理に加えて、Configuration Manager 2007 R2 では、SQL Server Reporting Services レポートのサポートが導入されました。 Configuration Manager は、Reporting Services ソリューションを統合し、新しい機能を追加し、レポート ソリューションとして標準のレポート管理を削除します。

  • Report Builder 2.0 統合: Configuration Manager は、Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services Report Builder 2.0 をモデルベースレポートと SQL ベースのレポートの両方の排他的な作成および編集ツールとして使用します。 Report Builderを初めて作成または変更すると、2.0 が自動的にインストールされます。

  • サブスクリプションをレポートSQL Server Reporting Services、指定したレポートの自動配信を電子メールまたはスケジュールされた間隔でファイル共有に構成できます。

  • Configuration Manager コンソールでレポート ビューアーを使用して Configuration Manager レポートを実行するか、レポート マネージャーを使用してブラウザーからレポートを実行できます。 レポートを実行するどちらの方法も同様のエクスペリエンスを提供します。

  • Configuration Manager のレポートは、インストールされている Configuration Manager コンソールのロケールでレンダリングされます。 サブスクリプションは、インストールされているロケールSQL Server Reporting Services表示されます。 レポートを作成するときに、アセンブリと式を指定できます。

  • レポート Microsoft SQL Server 2012 または SQL Server 2008 R2 が Reporting Services ポイントで実行されると、レポートを作成または変更するときに、Configuration Manager によって Reporting Services Report Builder 3.0 が開きます。 レポート Microsoft SQL Server 2008 がレポート サービス ポイントで実行されると、レポートを作成または変更すると、Configuration Manager によって Reporting Services Report Builder 2.0 が開きます。

  • Configuration Manager コンソール の [監視] ワークスペースに、[レポート] ノードSQL Server Reporting Servicesレポート マネージャーへのリンクが 表示 されます。

  • Configuration Manager レポートは、役割ベースの管理に対して完全に有効になっています。 Configuration Manager に含まれるすべてのレポートのデータは、レポートを実行する管理ユーザーのアクセス許可に基づいてフィルター処理されます。 特定の役割を持つ管理ユーザーは、自分の役割に対して定義された情報のみを表示できます。 詳細については、「Configuration Managerドキュメント ライブラリ」の「Configuration Manager Role-Basedレポートの計画」の「レポートの管理の計画」セクションを参照してください。

このセクションの内容

  • SQL Serverマネージャーのビューを表示する
    Configuration Manager でレポートを作成するために使用できるビューの概要を示します。

  • Configuration Manager でのレポートの操作
    Configuration Manager レポートの概要、レポートの要素、およびレポートの作成と管理に使用できる手順について説明します。

  • Configuration Manager のビュー SQL Serverテクニカル リファレンス
    Configuration Manager SQL ビュー カテゴリごとに SQL ステートメントのサンプル、既存の Configuration Manager レポートの変更と新しいレポートの作成に関する演習、SQL ステートメントの作成に関する情報、レポート SQL Server で使用できるクエリ設計ツールを提供します。レポート SQL の作成時に使用できます。 ステートメント、および Configuration Manager WMI プロバイダー スキーマの概要を示します。

関連項目