SMS_Client クラスの TriggerSchedule メソッド

メソッド TriggerSchedule は、指定構成マネージャースケジュールを実行するクライアントをトリガーします。

次の構文は、MOF (moF) コードManaged Object Format簡略化され、 メソッドを定義します。

構文

UInt32 TriggerSchedule(  
     String sScheduleID  
);  

パラメーター

sScheduleID
データ型: String

修飾子: [in]

トリガーするスケジュールの GUID。

完全な GUID 一覧:

スケジュール GUID
ハードウェア インベントリ {00000000-0000-0000-0000-000000000001}
ソフトウェア インベントリ {00000000-0000-0000-0000-000000000002}
データ探索レコード {00000000-0000-0000-0000-000000000003}
ファイル コレクション {00000000-0000-0000-0000-000000000010}
IDMIF Collection {00000000-0000-0000-0000-000000000011}
クライアント マシン認証 {00000000-0000-0000-0000-000000000012}
マシン ポリシーの割り当て要求 {00000000-0000-0000-0000-000000000021}
マシン ポリシーの評価 {00000000-0000-0000-0000-000000000022}
Refresh Default MP Task {00000000-0000-0000-0000-000000000023}
LS (Location Service) Refresh Locations Task {00000000-0000-0000-0000-000000000024}
LS (Location Service) タイムアウト更新タスク {00000000-0000-0000-0000-000000000025}
Policy Agent Request Assignment (User) {00000000-0000-0000-0000-000000000026}
Policy Agent Evaluate Assignment (User) {00000000-0000-0000-0000-000000000027}
Software Metering Generating Usage Report {00000000-0000-0000-0000-000000000031}
Source Update Message {00000000-0000-0000-0000-000000000032}
Clearing proxy settings cache {00000000-0000-0000-0000-000000000037}
Machine Policy Agent Cleanup {00000000-0000-0000-0000-000000000040}
User Policy Agent Cleanup {00000000-0000-0000-0000-000000000041}
Policy Agent Validate Machine Policy / Assignment {00000000-0000-0000-0000-000000000042}
Policy Agent Validate User Policy / Assignment {00000000-0000-0000-0000-000000000043}
Retrying/Refreshing certificates in AD on MP {00000000-0000-0000-0000-000000000051}
Peer DP Status reporting {00000000-0000-0000-0000-000000000061}
Peer DP Pending package check schedule {00000000-0000-0000-0000-000000000062}
SUM Updates install schedule {00000000-0000-0000-0000-000000000063}
Hardware Inventory Collection Cycle {00000000-0000-0000-0000-000000000101}
Software Inventory Collection Cycle {00000000-0000-0000-0000-000000000102}
Discovery Data Collection Cycle {00000000-0000-0000-0000-000000000103}
File Collection Cycle {00000000-0000-0000-0000-000000000104}
IDMIF Collection Cycle {00000000-0000-0000-0000-000000000105}
Software Metering Usage Report Cycle {00000000-0000-0000-0000-000000000106}
Windows Installer Source List Update Cycle {00000000-0000-0000-0000-000000000107}
ソフトウェア更新プログラムの割り当ての評価サイクル {00000000-0000-0000-0000-000000000108}
ブランチ配布ポイントのメンテナンス タスク {00000000-0000-0000-0000-000000000109}
Send Unsent State Message {00000000-0000-0000-0000-000000000111}
State System policy cache cleanout {00000000-0000-0000-0000-000000000112}
更新元によるスキャン {00000000-0000-0000-0000-000000000113}
Update Store Policy {00000000-0000-0000-0000-000000000114}
State system policy bulk send high {00000000-0000-0000-0000-000000000115}
State system policy bulk send low {00000000-0000-0000-0000-000000000116}
Application manager policy action {00000000-0000-0000-0000-000000000121}
Application manager user policy action {00000000-0000-0000-0000-000000000122}
Application manager global evaluation action {00000000-0000-0000-0000-000000000123}
Power management start summarizer {00000000-0000-0000-0000-000000000131}
Endpoint deployment reevaluate {00000000-0000-0000-0000-000000000221}
Endpoint AM policy reevaluate {00000000-0000-0000-0000-000000000222}
External event detection {00000000-0000-0000-0000-000000000223}

戻り値

成功 UInt32 を示すデータ型が 0 か、失敗を示す 0 以外のデータ型。

要件

ランタイム要件

詳細については、「クライアント ランタイム 要件構成マネージャー」を参照してください

開発要件

詳細については、「クライアント開発 要件構成マネージャー」を参照してください

例 1: タイプ アクセラレータを使用して PowerShell 経由でハードウェア インベントリを WMICLASS トリガーする

([wmiclass]"root\ccm:SMS_Client").TriggerSchedule("{00000000-0000-0000-0000-000000000001}")

例 2: 次の方法を使用して PowerShell を使用して位置情報サービス更新タスクをInvoke-CIMMethodする

Invoke-CimMethod -Namespace 'root\CCM' -ClassName SMS_Client -MethodName TriggerSchedule -Arguments @{sScheduleID='{00000000-0000-0000-0000-000000000024}'}

こちらもご覧ください

SMS_Client クライアント WMI クラス
Class SMS_Client の EvaluateMachinePolicy メソッド
クラス クラスの GetAssignedSite メソッドSMS_Client
クラス クラスの RequestMachinePolicy SMS_Client
クラス クラスの ResetPolicy SMS_Client
クラス クラスの SetAssignedSite メソッドSMS_Client
クラス クラスの SetGlobalLoggingConfiguration SMS_Client