Configuration Manager current branch バージョン 2107 の変更の概要

適用対象: Configuration Manager (現在のブランチ、バージョン 2107)

KB10096997 の概要

現在のブランチのリリース Microsoft Endpoint Configuration Managerバージョン 2107 には、さまざまな修正と機能改善が含まれている。 以下の固定リストにある問題 には、すべての変更が含まれています。 代わりに、製品開発チームが広範な Configuration Manager カスタマー ベースに最も関連性が高いと考える変更点を強調しています。 これらの変更の多くは、製品の問題と改善に関する顧客からのフィードバックに応じて行われた。

メモ

  • バージョン 2107 は、階層内のトップ層サイトにインストールできるコンソール内更新プログラムとして使用できます。
  • インストール情報については、「更新プログラム2107をインストールするためのチェックリスト」を参照System Center Configuration Manager。
  • バージョン 2107 に含まれる変更の詳細については、「Configuration Manager current branch のバージョン 2107の新機能」を参照してください。

この更新プログラムに含まれる修正プログラム

  • KB10036164: 現在のブランチバージョン 2103 Microsoft Endpoint Configuration Managerの更新プログラムのロールアップ
  • KB10216365: Configuration Manager バージョン 2103 でサイト データベースSQL Always On 可用性グループに移動できません
  • KB10372804: MBAM エージェントを使用して BitLocker 回復キーをエスクローすると、Configuration Manager バージョン 2103 で過剰なポリシーが生成される

修正される問題

OS の展開

  • プライマリ サイトとは異なるタイム ゾーンにあるリモート管理ポイント (MP) がある場合、この MP と通信しているクライアントに OS を展開すると、データベースに重複レコードが作成されます。
  • タスク シーケンスの進行状況バーまたはタスク シーケンス デバッガーは、再起動が発生するまで、セットアップ Windows ConfigMgr タスクの直後 に表示されません。
  • ドライバー パッケージへの参照を含むタスク シーケンスをインポートしても、ドライバー パッケージ ID はインポートされない。 この問題のため、タスク シーケンスを編集し、[オペレーティング システムのアップグレード] タスクでドライバー パッケージを手動 で指定する必要 がありました。

コンテンツ管理

  • クライアント デバイスに展開されたアプリケーションのコンテンツは、クライアント キャッシュ オプションでコンテンツを保持するが設定されている場合でも、クライアント キャッシュから正しく削除されない場合があります。
  • ContentLibraryCleanup.exe配布ポイントでパッケージが見つからない場合は失敗し、次のようなエラーが報告されます。

    System.InvalidOperationException: This content library cannot be cleaned up right now because package <Package ID> is not fully installed.
      at Microsoft.ConfigurationManager.ContentLibraryCleanup.CLContentLibrary.LoadDistributedPackagesFromProvider()
      at Microsoft.ConfigurationManager.ContentLibraryCleanup.CLContentLibrary.LoadValidContentData()
    
  • ContentLibraryCleanup.exe時間が長く、5 分後に次のようなエラーが発生して失敗する場合があります。

    System.Management.ManagementException: Unable to load valid packages. Please check the specified site server location and ensure you have access to the site server and the provider. 
      ---> System.Management.ManagementException: Call cancelled 
      at System.Management.ManagementException.ThrowWithExtendedInfo(ManagementStatus errorCode)
      at System.Management.ManagementObjectCollection.ManagementObjectEnumerator.MoveNext() 
      at Microsoft.ConfigurationManager.ContentLibraryCleanup.CLContentLibrary.LoadPackageToContentFromProvider() 
      at Microsoft.ConfigurationManager.ContentLibraryCleanup.CLContentLibrary.LoadValidContentData() 
    
  • Configuration Manager コンソールのクライアントソース ダッシュボードに電力を供給するコンテンツダウンロード履歴データは、クライアントが 2 日間以上オフラインの場合は破棄されます。
  • 以前のサーバーがアンインストールされたサイト システムの役割を持っていた場合、配布ポイントを別のプライマリ サイトに再割り当てできない場合があります。 次のようなメッセージが次に記録されます sitecomp.log

    Server is already part of SMS site <SiteCode>.
    
  • リモート コンテンツ ライブラリを使用する場合、オブジェクトを削除した後、パッケージまたはオペレーティング システム イメージのコンテンツはコンテンツ ライブラリから削除されません。

Configuration Manager コンソール

  • [デバイス] ノードでデバイスを選択した後、ユーザーが操作の既定のセキュリティ スコープにアクセスできない場合、[コレクション] タブには結果は表示されません。
  • コレクション評価キューには、 増分評価キュー内のコレクションの誤った数 が表示されます

クライアント管理

  • PKI 証明書を使用するインターネット上のクライアントは、通信障害が発生した後、次に使用可能なインターネット ベースの管理ポイントまたはクラウド管理ゲートウェイに切り替えられません。
  • Intune の登録が失敗した場合、クライアントは共存モードであると誤って見なされます。

保護

  • レポート サーバーのルートにカスタム レポートが存在する場合、BitLocker ポータル ( ) をセットアップする MBAMWebSiteInstaller.ps1 スクリプトは失敗します。 次のようなエラーは、スクリプトによって報告されます。

    Microsoft.ReportingServices.Diagnostics.Utilities.WrongItemTypeException: The operation you are attempting on item '<Custom Report Name>' is not allowed for this item type.
    

ソフトウェアの更新

  • ソフトウェア更新ポイント (SUP) が SSL を必要とするために再構成された場合、その SUP を使用してソフトウェア更新プログラムをスキャンしていたクライアントは、別の SUP に切り替える可能性があります。
  • ソフトウェア更新プログラムの展開 の概要タスクを実行すると、サーバーの全体管理サイト (CAS) で実行できません。 次のようなエラーが報告されます statesys.log

    *** exec spProcessSingleSummarizationRequests
    *** [42000][2812][Microsoft][SQL Server Native Client 11.0][SQL Server]Could not find stored procedure 'spTask_SUM_AssignmentComplianceEvaluator'. : spProcessSingleSummarizationRequests
    
  • コンソールの [ソフトウェアの更新ポイントの同期] 状態ノードは、更新プログラムが同期にMicrosoft 365 Apps場合でも成功を示します。
  • 使用可能なソフトウェア更新プログラムの展開は、[ 展開] タブの [コレクションのプロパティ] の [必須] と表示されます。

サイト インフラストラクチャ

  • シナリオの正常性を監視するために実行されるシミュレートされたクライアント操作タスクは、Configuration Manager コンソールの [クライアント操作 ] ノードに表示されます。 これらのタスクは既定で 30 分ごとに実行され、[クライアント操作] ノードが満た されます。

リアルタイム管理

  • CMPivot のレジストリ エンティティは、プロパティの値を返 (Default) します。

依存関係の変更

Configuration Manager バージョン 2107 に含まれる次の依存コンポーネントは、指定されたバージョンに追加または更新されます。

  • Microsoft EdgeWebView2 バージョン 90.0.818.51 への再頒布可能
  • Microsoft .NET Frameworkバージョン 4.6.2 へのアップグレード
  • Microsoft Visual C++ 2015-2019 バージョン 14.28.29914.0 に再頒布可能
  • Xceed.wpf.avalondock.themes.metroaccent.dll 4.1.0.0 に設定する
  • Xceed.wpf.themes.dll 4.1.0.0 に設定する
  • Xceed.wpf.themes.metro.dll 4.1.0.0 に設定する
  • Xceed.wpf.toolkit.themes.metro.dll 4.1.0.0 に設定する
  • Microsoft.aspnet.odata.versioning.dll 4.0.7242.29043
  • Microsoft.aspnet.webapi.versioning.dll 4.0.7242.29042