Configuration Manager で WAN トラフィックを削減するための Windows PE ピア キャッシュの準備Prepare Windows PE peer cache to reduce WAN traffic in Configuration Manager

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

新しいオペレーティング システムを Configuration Manager に展開すると、タスク シーケンスを実行しているコンピューターで、配布ポイントからコンテンツをダウンロードするのではなく、Windows PE ピア キャッシュを使用してローカル ピア (ピア キャッシュ ソース) からコンテンツを取得することができます。When you deploy a new operating system in Configuration Manager, computers that run the task sequence can use Windows PE Peer Cache to obtain content from a local peer (a peer cache source) instead of downloading content from a distribution point. これにより、ローカル配布ポイントが存在しないブランチ オフィス シナリオでワイド エリア ネットワーク (WAN) トラフィックが最小限に抑えられます。This helps minimize wide area network (WAN) traffic in branch office scenarios where there is no local distribution point.

Windows PE ピア キャッシュは Windows BranchCacheに似ていますが、Windows プレインストール環境 (Windows PE) で機能します。Windows PE Peer Cache is similar to Windows BranchCache, but functions in the Windows Preinstallation Environment (Windows PE). Windows PE ピア キャッシュを使用するクライアントの記述に、以下の用語が使用されています。The following terms are used to describe the clients that use Windows PE Peer Cache:

  • ピア キャッシュ クライアント は、Windows PE ピア キャッシュを使用するように構成されたコンピューターです。A peer cache client is a computer that is configured to use Windows PE Peer Cache.

  • ピア キャッシュ ソース は、ピア キャッシュ用に構成され、コンテンツを要求元の他のピア キャッシュ クライアントが取得できるようにするクライアントです。A peer cache source is a client that is configured for peer cache and that makes content available to other peer cache clients that request that content.

次の手順に従って、ピア キャッシュを管理します。Use the following sections to manage Peer Cache.

ピア キャッシュ ソースに格納されているオブジェクトObjects stored on a Peer Cache source

Windows PE ピア キャッシュを使用するように構成するタスク シーケンスは、Windows PE で実行中に、次のコンテンツ オブジェクトを取得できます。A task sequence configured to use Windows PE Peer Cache can get the following content objects while running in Windows PE:

  • オペレーティング システム イメージOperating system image

  • ドライバー パッケージDriver package

  • パッケージとプログラム (タスク シーケンスが Windows PE で実行中にピア キャッシュ用に構成されてから、クライアントが完全なオペレーティング システム上でそのタスク シーケンスの実行を継続する場合には、クライアントはこのコンテンツをピア キャッシュ ソースから取得します)。Packages and Programs (When the client continues to run the task sequence in the full operating system, the client gets this content from a peer cache source if the task sequence was originally configured for peer cache when running in Windows PE.)

  • その他のブート イメージAdditional boot images

    次のコンテンツ オブジェクトに関しては、ピア キャッシュを使用して転送することはありません。The following content objects never transfer using peer cache. 代わりにこれらのオブジェクトは、配布ポイントから、または、Windows BranchCache によって (環境で Windows BranchCache が構成されている場合) 転送します。Instead, they transfer from a distribution point or by Windows BranchCache if you have configured Windows BranchCache in your environment:

  • アプリケーションApplications

  • ソフトウェア更新プログラムSoftware updates

Windows PE ピア キャッシュのしくみHow does Windows PE Peer Cache work?

配布ポイントは存在しないものの、複数のクライアントで Windows PE ピア キャッシュの使用が有効になっている支社オフィスを使用したシナリオを考えてみます。Consider a scenario with a branch office that does not have a distribution point but does have several clients enabled to use Windows PE Peer Cache. ピア キャッシュ ソースの一部として構成されている複数のクライアントに、ピア キャッシュを使用するように構成されたタスク シーケンスを展開します。You deploy the task sequence configured to use peer cache to several clients that are configured to be part of the peer cache source. このタスク シーケンスを実行する最初のクライアントは、対象コンテンツが含まれるピアの要求をブロードキャストします。The first client to run the task sequence broadcasts a request for a peer with the content. それは見つからないため、WAN 経由で配布ポイントからコンテンツを取得します。It doesn't find one so it gets the content from a distribution point across the WAN. このクライアントは、新しいイメージをインストールしてから、コンテンツをその Configuration Manager クライアント キャッシュに保存するため、他のクライアントに対するピア キャッシュ ソースとして機能できます。The client installs the new image and then stores the content in its Configuration Manager client cache so it can function as a peer cache source to other clients. 次のクライアントがタスク シーケンスを実行するときに、ピア キャッシュ ソース用のサブネット上で要求をブロードキャストし、最初のクライアントが応答してそのキャッシュされたコンテンツを使用できるようにします。When the next client runs the task sequence, it broadcasts a request on the subnet for a peer cache source, and that first client responds and makes its cached content available.

Windows PE ピア キャッシュ ソースの一部となるクライアントの判別Determine what clients will be part of the Windows PE Peer Cache source

Windows PE ピア キャッシュ ソースとして選択するコンピューターを決定するときに、いくつかの考慮事項があります。To help you determine what computers to select as a Windows PE Peer Cache source, there are several things that you should consider:

  • Windows PE ピア キャッシュ ソースは、常に電源が入り、ピア キャッシュ クライアントが使用できるデスクトップ コンピューターにする必要があります。The Windows PE Peer Cache source should be a desktop computer that is always powered on and available to peer cache clients.

  • Windows PE ピア キャッシュには、イメージを格納するための十分なクライアント キャッシュ サイズが必要です。The Windows PE Peer Cache has a client cache size sufficient to store the images.

Windows PE ピア キャッシュ ソースを使用するクライアントの要件Requirements for a client to use a Windows PE Peer Cache source

Windows PE ピア キャッシュ ソースを使用するクライアントは、次の要件を満たしている必要があります。For clients to use a Windows PE Peer Cache source, they must meet the following requirements:

  • Configuration Manager クライアントは、ネットワーク上の次のポートを経由して通信できる必要があります。The Configuration Manager client must be able to communicate across the following ports on your network:

    • 初期ネットワーク ブロードキャストでピア キャッシュ ソースを検索するためのポート。Port for the initial network broadcast to find a peer cache source. 既定では、これは UDP ポート 8004 です。By default, this is UDP port 8004.

    • ピア キャッシュ ソースからコンテンツをダウンロードするためのポート (HTTP と HTTPS)。Port for content downloading from a peer cache source (HTTP and HTTPS). 既定では、これは TCP ポート 8003 です。By default, this is TCP port 8003.

      詳細については、「接続に使用するポート」を参照してください。For more information, see Ports used for connections.

      ヒント

      クライアントは、HTTPS を使用して、コンテンツが使用可能になるとダウンロードします。Clients will use HTTPS to download content when it is available. ただし、HTTP と HTTPS で同じポート番号が使用されます。However, the same port number is used for either HTTP or HTTPS.

  • クライアント上でConfigure the Client Cache for Configuration Manager Clients することによって、展開されたイメージを保存するのに十分なスペースを確保する必要があります。Configure the Client Cache for Configuration Manager Clients on clients to ensure they have enough space to hold and store the images you deploy. Windows PE ピア キャッシュは、クライアント キャッシュの構成にも動作にも影響を与えません。Windows PE Peer Cache does not affect the configuration or behavior of the client cache.

  • タスク シーケンス展開用の展開オプションは、タスク シーケンスで必要な場合のコンテンツのローカル ダウンロードとして構成する必要があります。The deployment options for the task sequence deployment must be configured as Download content locally when needed by task sequence.

Windows PE ピア キャッシュの構成Configure Windows PE Peer Cache

以下の方法を使用すると、ピア キャッシュ コンテンツを使ってクライアントをプロビジョニングしてピア キャッシュ ソースとして機能させることができます。You can use the following methods to provision a client with peer cache content so it can serve as a peer cache source:

  • コンテンツが保存されたピア キャッシュ ソースを見つけられないピア キャッシュ クライアントは、配布ポイントからコンテンツをダウンロードすることになります。A peer cache client that cannot find a peer cache source with the content will download it from a distribution point. クライアントが、ピア キャッシュを有効にするクライアント設定を受信し、タスク シーケンスが、キャッシュされたコンテンツを保持するように構成されている場合は、そのクライアントがピア キャッシュ ソースになります。If the client receives client settings that enable peer cache and the task sequence is configured to preserve the cached content, the client becomes a peer cache source.

  • ピア キャッシュ クライアントは別のピア キャッシュ クライアント (ピア キャッシュ ソース) からコンテンツを取得することができます。A peer cache client can get content from another peer cache client (a peer cache source). クライアントはピア キャッシュ用に構成されているため、キャッシュされたコンテンツを保持するように構成されたタスク シーケンスを実行すると、そのクライアントがピア キャッシュ ソースになります。Because the client is configured for peer cache, when it runs a task sequence that is configured to preserve the cached content, the client becomes a peer cache source.

  • クライアントはオプション ステップの Download Package Contentを含むタスク シーケンスを実行します。このオプション ステップは、Windows PE ピア キャッシュ タスク シーケンスに含まれる関連コンテンツの事前設定に使用されます。A client runs a task sequence that includes the optional step, Download Package Content, which is used to prestage the relevant content that is included in the Windows PE Peer Cache task sequence. この方法を使用する場合:When you use this method:

    • クライアントは展開されているイメージをインストールする必要がありません。The client does not need to install the image that is being deployed.

    • [パッケージ コンテンツのダウンロード] オプションに加えて、タスク シーケンスで [Configuration Manager クライアント キャッシュ] オプションも使用する必要があります。In addition to the Download Package Content option, the task sequence must also use the Configuration Manager client cache option. このオプションはクライアント キャッシュへのコンテンツの保存に使用されるため、クライアントは他のピア キャッシュ クライアントのピア キャッシュ ソースとして機能できます。You use this option to store the content in the clients cache so the client can act as a peer cache source for other peer cache clients.

    次の手順は、クライアント上で Windows PE ピア キャッシュを構成し、ピア キャッシュをサポートするタスク シーケンスを構成するのに役立ちます。The following procedures will help you configure Windows PE Peer Cache on clients and configure task sequences that support peer cache.

Windows PE ピア キャッシュ ソース コンピューターを構成するにはTo configure the Windows PE Peer Cache source computers

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] > [クライアント設定] に移動してから、新しい [カスタム クライアント デバイス設定] を作成するか、既存の設定オブジェクトを編集します。In the Configuration Manager console, navigate to Administration > Client Settings, and then create a new Custom Client Device Settings or edit an existing settings object. これを [既定のクライアント設定] オブジェクト用に構成することもできます。You can also configure this for the Default Client Settings object.

    ヒント

    カスタム設定オブジェクトを使用して、どのクライアントがこの構成を受信するかを管理します。Use a custom settings object to manage which clients receive this configuration. たとえば、頻繁に移動するユーザーのラップトップではこの構成が行われないようにしたい場合があります。For example, you might want to avoid configuring this on the laptops of users who are frequently on the move. モバイル度の高いシステムは、他のピア キャッシュ クライアントにコンテンツを提供するのに不適切なソースになりかねません。A highly mobile system can be a poor source to provide content to other peer cache clients.

    この設定を [既定のクライアント設定] の一部として構成した場合は、その構成が環境内のすべてのクライアントに適用されることも覚えておいてください。Also remember that when you configure this setting as part of the Default Client Settings, the configuration applies to all clients in your environment.

  2. [クライアント キャッシュ設定] で、 [完全な OS 上の Configuration Manager クライアントにコンテンツの共有を許可する][はい] に設定します。Under Client Cache Settings, set Enable Configuration Manager client in full OS to share content to Yes.

    • 既定では、HTTP のみが有効になります。By default, only HTTP is enabled. クライアントに HTTPS 経由のコンテンツのダウンロードを許可する場合は、 [クライアント ピア通信に対して HTTPS を有効にする][はい] に設定します。If you want to enable clients to download content over HTTPS, set Enable HTTPS for client peer communication to Yes.

    • 既定では、ブロードキャスト用のポートは 8004 に設定され、コンテンツ ダウンロード用のポートは 8003 に設定されます。By default, the port for broadcasts is set to 8004 and the port for content downloads is set to 8003. どちらも変更することができます。You can change both.

  3. クライアント設定を保存して、ピア キャッシュ ソースとして選択するクライアントに展開します。Save and deploy the Client Settings to the clients that you select to be a peer cache source.

    この設定オブジェクトを使って構成されたデバイスは、ピア キャッシュ ソースとして機能するように構成されます。After a device is configured with this settings object, the device is configured to act as a peer cache source. これらの設定を潜在的なピア キャッシュ クライアントに展開して、必要なポートとプロトコルを構成する必要があります。These settings should be deployed to potential peer cache clients to configure the required ports and protocols.

Windows PE ピア キャッシュのタスク シーケンスの構成Configure a task sequence for Windows PE Peer Cache

タスク シーケンスを構成するときに、次のタスク シーケンス変数を、タスク シーケンスが展開されるコレクション上のコレクション変数として使用します。When you configure the task sequence, use the following task sequence variables as Collection Variables on the collection to which the task sequence is deployed:

  • SMSTSPeerDownloadSMSTSPeerDownload

    Value:TRUEValue: TRUE

    クライアントに Windows PE ピア キャッシュの使用を許可します。This enables the client to use Windows PE Peer Cache.

  • SMSTSPeerRequestPortSMSTSPeerRequestPort

    値: <ポート番号>Value: <Port number>

    クライアント設定で構成された既定のポート (8004) を使用しない場合は、初期ブロードキャストに使用するためのネットワーク ポートのカスタム値を使ってこの変数を構成する必要があります。When you do not use the default port configured in the Client Settings (8004), you must configure this variable with a custom value of the network port to use for the initial broadcast.

  • SMSTSPreserveContentSMSTSPreserveContent

    Value:TRUEValue: TRUE

    展開後に Configuration Manager クライアント キャッシュに残すタスク シーケンス内のコンテンツにフラグを設定します。This flags the content in the task sequence to be retained in the Configuration Manager client cache after the deployment. これは、タスク シーケンスの持続期間だけコンテンツを保持して、Configuration Manager クライアント キャッシュではなくタスク シーケンス キャッシュを使用する SMSTSPersisContent の使用とは異なります。This is different than using SMSTSPersisContent which only preserves the content for the duration of the task sequence and uses the task sequence cache, not the Configuration Manager client cache.

    詳しくは、「タスク シーケンス変数」をご覧ください。For more information, see Task sequence variables.

Windows PE ピア キャッシュの使用が成功したかどうかの検証Validate the success of using Windows PE peer cache

Windows PE ピア キャッシュを使用してタスク シーケンスを展開してインストールしたら、タスク シーケンスを実行したクライアント上で smsts.log を表示することによって、プロセスでピア キャッシュが正常に使用されたことを確認できます。After you use Windows PE peer cache to deploy and install a task sequence, you can confirm that peer cache was successfully used in the process by viewing the smsts.log on the client that ran the task sequence.

ログで、次のようなエントリを探します。ここで、<SourceServerName> はクライアントがコンテンツを取得したコンピューターを示します。In the log, locate an entry similar to the following where <SourceServerName> identifies the computer from which the client obtained the content. このコンピューターは、配布ポイント サーバーではなく、ピア キャッシュ ソースにする必要があります。This computer should be a peer cache source, and not a distribution point server. その他の詳細は、ローカル環境と構成によって異なります。Other details will vary based on your local environment and configurations.

  • <![LOG[Downloaded file from http:// <SourceServerName>:8003/SCCM_BranchCache$/SS10000C/sccm?/install.wim to C:\_SMSTaskSequence\Packages\SS10000C\install.wim ]LOG]!><time="14:24:33.329+420" date="06-26-2015" component="ApplyOperatingSystem" context="" type="1" thread="1256" file="downloadcontent.cpp:1626"><![LOG[Downloaded file from http:// <SourceServerName>:8003/SCCM_BranchCache$/SS10000C/sccm?/install.wim to C:\_SMSTaskSequence\Packages\SS10000C\install.wim ]LOG]!><time="14:24:33.329+420" date="06-26-2015" component="ApplyOperatingSystem" context="" type="1" thread="1256" file="downloadcontent.cpp:1626">