タスク シーケンス エディターを使用するUse the task sequence editor

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

Configuration Manager コンソールでタスク シーケンスを編集するには、タスク シーケンス エディター を使用します。Edit task sequences in the Configuration Manager console by using the Task Sequence Editor. このエディターを使用すると、次の操作を行えます。Use the editor to:

  • タスク シーケンスの読み取り専用ビューを開くOpen a read-only view of the task sequence

  • タスク シーケンスのステップを追加または削除するAdd or remove steps from the task sequence

  • タスク シーケンスのステップの順序を変更するChange the order of the steps of the task sequence

  • ステップのグループを追加または削除するAdd or remove groups of steps

  • タスク シーケンス間でステップをコピーして貼り付けるCopy and paste steps between task sequences

  • エラーが発生した場合にタスク シーケンスを続行するかどうかなど、ステップのオプションを設定するSet step options like whether the task sequence continues when an error occurs

  • タスク シーケンスのステップとグループに条件を追加するAdd conditions to the steps and groups of a task sequence

  • タスク シーケンス内のステップ間で条件をコピーして貼り付けます。Copy and paste conditions between steps in a task sequence

  • タスク シーケンスを検索して、ステップをすばやく見つけるSearch the task sequence to quickly locate steps

タスク シーケンスを編集する前に、タスク シーケンスを作成する必要があります。Before you can edit a task sequence, you need to create it. 詳細については、タスク シーケンスの管理と作成に関する記事をご覧ください。For more information, see Manage and create task sequences.

タスク シーケンス エディターについてAbout the task sequence editor

タスク シーケンス エディターには、次のコンポーネントが含まれています。The task sequence editor includes the following components:

タスク シーケンス エディターのサンプル ウィンドウの注釈付きスクリーンショット

  1. タスクシーケンスの名前The name of the task sequence

  2. 検索。Search. 詳細については、「検索」を参照してください。For more information, see Search.

  3. シーケンス内の選択したグループまたはステップの プロパティProperties for the selected group or step in the sequence

    特定のステップのプロパティとオプションの詳細については、タスク シーケンスのステップについての記事をご覧ください。For more information about the properties and options of a specific step, see About task sequence steps.

  4. シーケンス内の選択したグループまたはステップの オプションOptions for the selected group or step in the sequence

    すべてのステップを対象にした全般オプション、または特定のステップのオプションの詳細については、タスク シーケンスのステップについての記事をご覧ください。For more information on general options on all steps, or options of a specific step, see About task sequence steps.

    条件を構成する方法の詳細については、「条件」をご覧ください。For more information on how to configure conditions, see Conditions.

  5. グループまたはステップを 追加 するAdd a group or steps

  6. グループまたはステップを 削除 するRemove a group or steps

  7. すべてのグループを折りたたむ、またはすべてのグループを展開するCollapse all groups or expand all groups

  8. シーケンス内のグループまたはステップの位置を移動する (上へ移動、下へ移動)Move the position of a group or step in the sequence (move up, move down)

  9. タスク シーケンス:The task sequence:

    • ステップとグループの順序を確認します。See the order of steps and groups.
    • グループを展開または折りたたみます。Expand or collapse a group.
    • ステップまたはグループをその [オプション] で無効にすると、シーケンスがグレー表示されます。When you disable a step or group on its Options, it's greyed out in the sequence.
    • ステップに問題がある場合は、ステップのアイコンが赤いエラーに変わります。A step's icon changes to a red error if there's an issue with the step. たとえば、必要な値が欠落している場合です。For example, a required value is missing.
  10. OK: 保存して閉じるOK: Save and close

  11. キャンセル:変更を保存せずに閉じるCancel: Close without saving changes

  12. 適用:変更を保存して開いたままにするApply: Save changes and keep open

標準の Windows コントロールを使用して、タスク シーケンス エディターのサイズを変更できます。You can resize the task sequence editor using standard Windows controls. 2 つのメイン ウィンドウの幅を変更するには、マウスを使用してタスク シーケンスとステップのプロパティの間のバーを選択し、左または右にドラッグします。To resize the widths of the two main panes, use the mouse to select the bar between the task sequence and the step properties, and then drag it left or right.

注意

バージョン 2010 以降では、サイズが 2 MB を超えるタスク シーケンスに対するアクションが Configuration Manager によって制限されます。Starting in version 2010, Configuration Manager restricts actions for a task sequence that's greater than 2 MB in size. たとえば、大きなタスク シーケンスに対する変更を保存しようとすると、タスク シーケンス エディターにエラーが表示されます。For example, the task sequence editor will display an error if you try to save changes to a large task sequence. 詳細については、「タスク シーケンスのポリシーのサイズを小さくする」を参照してください。For more information, see Reduce the size of task sequence policy.

タスク シーケンスの表示View a task sequence

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [オペレーティング システム] を展開して [タスク シーケンス] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Operating Systems, and then select the Task Sequences node.

  2. [タスク シーケンス] 一覧で、表示するタスク シーケンスを選択します。In the Task Sequence list, select the task sequence that you want to view.

  3. リボンの [ホーム] タブにある [タスク シーケンス] グループで、[表示] を選択します。On the Home tab of the ribbon, in the Task Sequence group, select View.

    ヒント

    これは既定の操作です。This action is the default. タスク シーケンスをダブルクリックすると、タスク シーケンスが 表示 されます。If you double-click a task sequence, you'll View the task sequence.

この操作により、タスク シーケンス エディターが読み取り専用モードで開きます。This action opens the task sequence editor in read-only mode. このモードでは、次の操作を行うことができます。In this mode you can do the following actions:

  • すべてのグループ、ステップ、プロパティ、およびオプションを表示するView all groups, steps, properties, and options
  • グループの展開と折りたたみExpand and collapse groups
  • タスク シーケンスを検索するSearch the task sequence
  • エディター ウィンドウのサイズを変更するResize the editor window

この読み取り専用モードでは、ステップや条件をコピーするなどの変更を加えることはできません。In this read-only mode, you can't make any changes, including copying a step or condition. また、この操作で、編集のためにタスク シーケンスがロックされることもありません。This action also doesn't lock the task sequence for editing. こうしたロックの詳細については、タスク シーケンスを編集するためのロックの再利用に関するセクションを参照してください。For more information on these locks, see Reclaim lock for editing task sequences.

タスク シーケンスに変更を加えるには、読み取り専用モードで開いているタスク シーケンス エディターを閉じます。To make changes to a task sequence, close the task sequence editor that you have open in read-only mode. 次に、タスク シーケンスを編集します。Then Edit the task sequence.

注意

タスク シーケンスの作成ウィザードで作成されたタスク シーケンスを表示または編集する場合、ステップの名前をステップのアクションや種類にすることができます。When you view or edit a task sequence that was created by the Create Task Sequence Wizard, the name of the step can be the action or type of the step. たとえば、"Partition disk 0" という名前のステップがあり、それがステップの種類「 Format and Partition Disk」に対するアクションであるとします。For example, you might see a step that has the name "Partition disk 0", which is the action for a step of type Format and Partition Disk. すべてのタスク シーケンス ステップの内容は、それらの 種類 によって示され、必ずしもエディターに表示されるステップの名前によって示されるわけではありません。All task sequence steps are documented by their type, not necessarily by the name of the step that the editor displays.

タスク シーケンスの編集Edit a task sequence

既存のタスク シーケンスを変更するには、次の手順を使用します。Use the following procedure to modify an existing task sequence:

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [オペレーティング システム] を展開して [タスク シーケンス] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Operating Systems, and then select the Task Sequences node.

  2. [タスク シーケンス] 一覧で、編集するタスク シーケンスを選択します。In the Task Sequence list, select the task sequence that you want to edit.

  3. リボンの [ホーム] タブにある [タスク シーケンス] グループで、[編集] を選択します。On the Home tab of the ribbon, in the Task Sequence group, select Edit. その後、次のいずれかの操作を行います。Then do any of the following actions:

    • ステップを追加する: [追加] を選択し、カテゴリを選択して、追加するステップを選択します。Add a step: Select Add, select a category, and then select the step to add. たとえば、「コマンドラインの実行」ステップを追加するには、[追加] を選択し、[全般] カテゴリ、[コマンドラインの実行] の順に選択します。For example, to add the Run Command Line step: select Add, choose the General category, and then select Run Command Line. この操作により、現在選択されているステップの後にステップが追加されます。This action adds the step after the currently selected step.

    • グループを追加する: [追加] を選択して、 [新しいグループ] を選択します。Add a group: Select Add, and then choose New Group. グループを追加したら、そのグループにステップを追加します。After you add a group, then add steps to it.

    • 順序を変更する:順序を変更するステップまたはグループを選択します。Change the order: Select the step or group that you want to reorder. 次に、 [上へ移動] または [下へ移動] アイコンを使用します。Then use the Move Up or Move Down icons. 一度に移動できるステップまたはグループは 1 つのみです。You can move only one step or group at a time. これらの操作は、グループまたはステップを右クリックして行うこともできます。These actions are also available when you right-click a group or step.

      グループまたはステップの切り取り、コピー、および貼り付けを行うことができます。You can cut, copy, and paste a group or a step. 項目を右クリックして、操作を選択します。Right-click the item and select the action. また、操作ごとに標準のキーボード ショートカットを使用することもできます。You can also use standard keyboard shortcuts for each action:

      • 切り取り:Ctrl + XCut: CTRL + X
      • コピー:Ctrl + CCopy: CTRL + C
      • 貼り付け:Ctrl + VPaste: CTRL + V
    • ステップまたはグループを削除する: ステップまたはグループを選択して [削除] を選択します。Remove a step or group: Select the step or group, and choose Remove.

  4. [OK] を選択して変更を保存し、ウィンドウを閉じます。Select OK to save your changes and close the window. 変更を破棄する場合は、 [キャンセル] を選択してウィンドウを閉じます。Select Cancel to discard your changes and close the window. [適用] を選択して変更を保存し、タスク シーケンス エディターは開いたままにします。Select Apply to save your changes and keep the task sequence editor open.

使用可能なタスク シーケンス ステップの一覧については、「タスク シーケンスのステップ」を参照してください。For a list of the available task sequence steps, see Task sequence steps.

重要

編集の結果としてオブジェクトに関連付けられていない参照がタスク シーケンスにできた場合、閉じる前に参照の修正を求められます。If the task sequence has any unassociated references to an object as a result of the edit, the editor requires you fix the reference before it can close. 次のように対処できます。Possible actions include:

  • 参照を修正するCorrect the reference
  • 参照されていないオブジェクトをタスク シーケンスから削除するDelete the unreferenced object from the task sequence
  • 壊れた参照が修正または削除されるまで、失敗したタスク シーケンス ステップを一時的に無効にするTemporarily disable the failed task sequence step until the broken reference is corrected or removed

タスク シーケンス エディターの複数のインスタンスを同時に開くことができます。You can open more than one instance of the task sequence editor at the same time. この動作により、複数のタスク シーケンスを比較したり、タスク シーケンス間でステップをコピーして貼り付けたりすることができます。This behavior lets you compare multiple task sequences, or copy and paste steps between them. あるタスク シーケンスを 編集 し、別のタスク シーケンスを 表示 できますが、両方の操作を同じタスク シーケンスに対して行うことはできません。You can Edit one task sequence, and View another, but you can't do both actions on the same task sequence.

条件Conditions

条件を使用すると、タスク シーケンスの動作を制御できます。Use conditions to control how the task sequence behaves. 条件は、1 つのステップまたはステップのグループに追加します。Add conditions to a single step or a group of steps. タスク シーケンスでは、デバイスでステップを実行する前に、条件を評価します。The task sequence evaluates the conditions before it runs the step on the device. 条件が true と評価された場合にのみ、ステップが実行されます。It only runs the step if the conditions evaluate true. 条件が false と評価された場合、タスク シーケンスはそのグループまたはステップをスキップします。If a condition evaluates false, then the task sequence skips the group or step.

[オプション] タブを使用すると、条件を管理できます。Use the Options tab to manage conditions:

タスク シーケンス エディターの [オプション] タブで条件を管理する

次の種類の条件を使用できます。The following types of conditions are available:

  • If ステートメント:if ステートメントを使用して条件をグループ化します。If statement: Use an if statement to group conditions. [All conditions] (すべての条件)[Any condition] (いずれかの条件) 、または [なし] を評価できます。You can evaluate All conditions, Any condition, or None.

  • タスク シーケンス変数Task sequence variable. タスク シーケンス環境で組み込み、アクション、カスタム、または読み取り専用のタスク シーケンス変数の現在の値を評価します。Evaluate the current value of any built-in, action, custom, or read-only task sequence variable in the task sequence environment. 詳細については、ステップの条件に関する記事を参照してください。For more information, see Step conditions.

    注意

    この条件では配列変数を使用できますが、特定の配列メンバーを指定する必要があります。You can use an array variable in this condition, but you have to specify the specific array member. たとえば、OSDAdapter0EnableDHCP最初 のネットワーク アダプターが DHCP を有効にするかどうかを指定します。For example, OSDAdapter0EnableDHCP specifies whether the first network adapter enables DHCP. 詳細については、「配列変数」を参照してください。For more information, see Array variables.

  • OS のバージョン:タスク シーケンスが実行されているデバイスの OS バージョンを評価します。OS version: Evaluate the OS version of the device where the task sequence runs. この一覧は、Configuration Manager 全体で使用される一般的な OS バージョンです。This list is the general OS versions used throughout Configuration Manager. Windows 10 の特定バージョンなど、より詳細な OS バージョンを評価するには、WMI へのクエリ の条件を使用します。To evaluate a more detailed OS version, such as a specific version of Windows 10, use the Query WMI condition.

  • OS の言語:タスク シーケンスが実行されているデバイスの OS の言語を評価します。OS language: Evaluate the OS language of the device where the task sequence runs. この一覧には、Windows でサポートされている 257 言語が含まれています。This list includes the 257 languages that Windows supports.

  • ファイルのプロパティ:タスク シーケンスが実行されているデバイス上の任意のファイルのバージョンまたはタイム スタンプを評価します。File properties: Evaluate the version or timestamp of any file on the device where the task sequence runs.

  • フォルダーのプロパティ:タスク シーケンスが実行されているデバイス上の任意のフォルダーのタイムスタンプを評価します。Folder properties: Evaluate the timestamp of any folder on the device where the task sequence runs.

  • レジストリ設定:タスク シーケンスが実行されているデバイスのレジストリ キー値を評価します。Registry setting: Evaluate any registry key value of the device where the task sequence runs.

  • WMI へのクエリ:タスク シーケンスが実行されているデバイスで評価する名前空間とクエリを指定します。Query WMI: Specify the namespace and query to evaluate on the device where the task sequence runs.

  • インストール済みソフトウェア:タスク シーケンスが実行されているデバイスで一致する製品情報を読み込むための Windows インストーラー ファイルを指定します。Installed software: Specify a Windows Installer file to load product information to match on the device where the task sequence runs. 特定の製品またはその製品の任意のバージョンと照合できます。You can match against a specific product or any version of the product.

条件のコマンドレットCmdlets for conditions

次の PowerShell コマンドレットを使用して条件を管理します。Manage conditions with the following PowerShell cmdlets:

コピーと貼り付けの条件Copy and paste conditions

バージョン 1910 以降は、あるステップの条件を別のステップに再利用する場合に、タスク シーケンス エディター内で条件をコピーして貼り付けることができます。To reuse conditions from one step to another, starting in version 1910 you can now copy and paste conditions in the task sequence editor. 切り取るかコピーする条件を選択します。Select a condition to cut or copy it. 条件に子が含まれている場合は、ブロック全体がコピーされます。If a condition has children, it copies the entire block. クリップボード上に条件がある場合は、次のオプションを使用して貼り付けることができます。If there's a condition on the clipboard, you can paste it with the following options:

  • 前に貼り付けPaste before
  • 後に貼り付けPaste after
  • 下に貼り付け (入れ子になった条件にのみ適用)Paste under (only applies to nested conditions)

標準のキーボード ショートカットを使用して、コピー (CTRL + C) と切り取り (CTRL + X) を行います。Use standard keyboard shortcuts to copy (CTRL + C) and cut (CTRL + X). 標準の CTRL + V キーボード ショートカットでは、後に貼り付け 操作が実行されます。The standard CTRL + V keyboard shortcut does the Paste after action.

条件を一覧の上または下に移動する新しいオプションもあります。There are also new options to move conditions up or down the list.

注意

タスク シーケンス内のステップ間で条件をコピーして貼り付けることができます。You can copy and paste conditions between steps in a task sequence. 異なるタスク シーケンス間では、このアクションはサポートされません。It doesn't support this action between different task sequences.

編集するためにロックを再利用するReclaim lock for editing

Configuration Manager コンソールが応答しなくなった場合は、30 分後にロックの期限が切れるまで、さらに変更を加えられないようにロックされることがあります。If the Configuration Manager console stops responding, you can be locked out of making further changes until the lock expires after 30 minutes. このロックは、Configuration Manager SEDO (分散オブジェクトでの編集のシリアル化) システムの一部です。This lock is part of the Configuration Manager SEDO (Serialized Editing of Distributed Objects) system. 詳細については、「Configuration Manager SEDO」を参照してください。For more information, see Configuration Manager SEDO.

バージョン 1906 以降は、タスク シーケンスのロックを解除できます。Starting in version 1906, you can clear your lock on a task sequence. このアクションは、サイトがロックを付与できる同じデバイス上で、ロックされている自分のユーザー アカウントにのみ適用されます。This action only applies to your user account that has the lock, and on the same device from which the site granted the lock. ロックされているタスク シーケンスにアクセスしようとすると、変更を破棄 して、オブジェクトの編集を続けられるようになりました。When you attempt to access a locked task sequence, you can now Discard Changes, and continue editing the object. これらの変更は、ロックの期限が切れたときに、いずれにしても失われます。These changes would be lost anyway when the lock expired.

ヒント

バージョン 1910 以降では、Configuration Manager コンソール内の任意のオブジェクトのロックを解除できます。Starting in version 1910, you can clear your lock on any object in the Configuration Manager console. 詳細については、「Configuration Manager コンソールの使用」を参照してください。For more information, see Using the Configuration Manager console.

多くのグループとステップが含まれる大規模なタスク シーケンスがある場合、特定のステップを見つけるのが難しいことがあります。If you have a large task sequence with many groups and steps, it can be difficult to find specific steps. バージョン 1910 以降は、タスク シーケンス エディター内で検索できるようになりました。Starting in version 1910, you can now search in the task sequence editor. これにより、タスク シーケンス内のステップをすばやく検索できるようになります。This action lets you more quickly locate steps in the task sequence.

タスク シーケンス エディター内での検索

開始するには、検索用語を入力します。Enter a search term to start. 次の種類を使用して検索の範囲を限定できます。You can scope your search using the following types:

  • [ステップ名]Step name
  • ステップの説明Step description
  • ステップの種類Step type
  • グループ名Group name
  • グループの説明Group description
  • 変数名Variable name
  • 条件Conditions
  • 他のコンテンツ、たとえば変数の値やコマンド ラインのような文字列Other content, for example, strings like variable values or command lines

既定では、すべての範囲が有効になります。It enables all scopes by default.

次の属性を使ってすべてのステップをフィルター処理することもできます。You can also filter for all steps with the following attributes:

  • [エラーのまま続行する]Continue on error
  • 条件付きHas conditions

既定では、どちらのフィルターも有効になりません。It doesn't enable either filter by default.

検索を行うと、エディター ウィンドウでは検索条件に一致するステップが黄色で強調表示されます。When you search, the editor window highlights in yellow the steps that match your search criteria.

次のキーボード ショートカットを使って、すばやくこれらの検索フィールドにアクセスし、検索結果の間を移動します。Quickly access these search fields and navigate the search results with the following keyboard shortcuts:

  • Ctrl + F: 検索文字列を入力しますCTRL + F: enter a search string
  • Ctrl + O: 結果の範囲を指定する検索オプションを選択しますCTRL + O: select the search options to scope the results
  • F3 または Enter: 結果を前方に移動しますF3 or Enter: step forward through the results
  • Shift + F3: 結果を後方に移動しますSHIFT + F3: step backwards through the results

関連項目See also