アプリごとの VPN のパッケージ ファミリ名 (PFN) の検索Find a package family name (PFN) for per-app VPN

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

アプリごとの VPN を構成できるようにするために PFN を検索する 2 つの方法があります。There are two ways to find a PFN so that you can configure a per-app VPN.

Windows 10 コンピューターにインストールされているアプリの PFN の検索Find a PFN for an app that's installed on a Windows 10 computer

作業しているアプリが既に Windows 10 コンピューターにインストールされている場合は、Get-AppxPackage PowerShell コマンドレットを使用して PFN を取得できます。If the app you are working with is already installed on a Windows 10 computer, you can use the Get-AppxPackage PowerShell cmdlet to get the PFN.

Get-AppxPackage の構文は次のとおりです。The syntax for Get-AppxPackage is:

Get-AppxPackage [[-Name] <String> ] [[-Publisher] <String> ] [-AllUsers] [-User <String> ] [ <CommonParameters>]

注意

PFN を取得するために管理者として PowerShell を実行することが必要になる場合があります。You may have to run PowerShell as an admin in order to retrieve the PFN

たとえば、コンピューターにインストールされているすべてのユニバーサル アプリの情報を取得するには、Get-AppxPackage を使用します。For example, to get info on all the universal apps installed on the computer use Get-AppxPackage.

情報を取得するアプリの名前、または名前の一部がわかっている場合は、Get-AppxPackage *<app_name> を使用します。To get info on an app you know the name of, or part of the name of, use Get-AppxPackage *<app_name>. ワイルドカード文字を使用することもできます。これはアプリの完全な名前がわからない場合に便利です。Note the use of the wildcard character, particularly helpful if you're not sure of the full name of the app. OneNote の情報を取得する例では、Get-AppxPackage *OneNote を使用します。For example to get the info for OneNote, use Get-AppxPackage *OneNote.

OneNote について取得された情報を次に示します。Here is the information retrieved for OneNote:

Name : Microsoft.Office.OneNote

Publisher : CN=Microsoft Corporation, O=Microsoft Corporation, L=Redmond, S=Washington, C=US

Architecture : X64

ResourceId :

Version : 17.6769.57631.0

PackageFullName : Microsoft.Office.OneNote_17.6769.57631.0_x64__8wekyb3d8bbwe

InstallLocation : C:\Program Files\WindowsApps

\Microsoft.Office.OneNote_17.6769.57631.0_x64__8wekyb3d8bbwe

IsFramework : False

PackageFamilyName : Microsoft.Office.OneNote_8wekyb3d8bbwe

PublisherId : 8wekyb3d8bbwe

アプリがコンピューターにインストールされていない場合の PFN の検索Find a PFN if the app is not installed on a computer

  1. https://www.microsoft.com/en-us/store/apps に移動します。Go to https://www.microsoft.com/store/apps
  2. 検索バーで、アプリの名前を入力します。Enter the name of the app in the search bar. この例では、OneNote を検索します。In our example, search for OneNote.
  3. アプリへのリンクをクリックします。Click the link to the app. アクセスする URL の末尾には一連の文字が含まれていることに注意してください。Note that the URL that you access has a series of letters at the end. この例では、URL は次のようになります: https://www.microsoft.com/store/apps/onenote/9wzdncrfhvjlIn our example, the URL looks like this: https://www.microsoft.com/store/apps/onenote/9wzdncrfhvjl
  4. 別のタブに、https://bspmts.mp.microsoft.com/v1/public/catalog/Retail/Products/<app id>/applockerdata という URL を貼り付けます。ここで <app id> を、 https://www.microsoft.com/store/apps から取得したアプリ ID (手順 3 の URL の末尾に含まれる一連の文字) で置き換えます。In a different tab, paste the following URL, https://bspmts.mp.microsoft.com/v1/public/catalog/Retail/Products/<app id>/applockerdata, replacing <app id> with the app id you obtained from https://www.microsoft.com/store/apps - that series of letters at the end of the URL in step 3. ここでの OneNote の例では、次の URL を貼り付けます: https://bspmts.mp.microsoft.com/v1/public/catalog/Retail/Products/9wzdncrfhvjl/applockerdataIn our example, example of OneNote, you'd paste: https://bspmts.mp.microsoft.com/v1/public/catalog/Retail/Products/9wzdncrfhvjl/applockerdata.

Microsoft Edge では、必要な情報が表示されます。Internet Explorer では、 [開く] をクリックすると情報が表示されます。In Edge, the information you want is displayed; in Internet Explorer, click Open to see the information. PFN 値は 1 行目に記述されています。The PFN value is given on the first line. この例での結果を次に示します。Here's how the results look for our example:

{
  "packageFamilyName": "Microsoft.Office.OneNote_8wekyb3d8bbwe",
  "packageIdentityName": "Microsoft.Office.OneNote",
  "windowsPhoneLegacyId": "ca05b3ab-f157-450c-8c49-a1f127f5e71d",
  "publisherCertificateName": "CN=Microsoft Corporation, O=Microsoft Corporation, L=Redmond, S=Washington, C=US"
}