Office 365 クライアント管理ダッシュボードOffice 365 Client Management dashboard

適用対象:Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

注意

2020 年 4 月 21 日以降、Office 365 ProPlus は、Microsoft 365 Apps for enterprise に名前が変更されます。Starting on April 21, 2020, Office 365 ProPlus is being renamed to Microsoft 365 Apps for enterprise. 詳細については、「Office 365 ProPlus の名前の変更」を参照してください。For more information, see Name change for Office 365 ProPlus. コンソールの更新中は、Configuration Manager コンソールやサポート ドキュメントに古い名前へのリファレンスが表示される場合があります。You may still see references to the old name in the Configuration Manager console and supporting documentation while the console is being updated.

Configuration Manager バージョン 1802 以降では、Office 365 クライアント管理ダッシュボードから Microsoft 365 Apps クライアントの情報を確認できます。Beginning in Configuration Manager version 1802, you can review Microsoft 365 Apps client information from the Office 365 Client Management dashboard. Office 365 クライアント管理ダッシュボードでは、グラフ セクションを選択すると関連するデバイスの一覧が表示されます。The Office 365 client management dashboard displays a list of relevant devices when graph sections are selected.

[前提条件]Prerequisites

ハードウェア インベントリを有効にするEnable hardware inventory

Office 365 クライアント管理ダッシュ ボードに表示されるデータは、ハードウェア インベントリから取得されます。The data that is displayed in the Office 365 Client Management dashboard comes from hardware inventory. データがダッシュボードに表示されるようにするため、ハードウェア インベントリを有効にし、Office 365 ProPlus 構成 ハードウェア インベントリ クラスを選択します。Enable hardware inventory and select the Office 365 ProPlus Configurations hardware inventory class for data to display in the dashboard.

  1. ハードウェア インベントリがまだ有効になっていない場合は、有効にします。Enable hardware inventory, if it isn't yet enabled. 詳細については、「Configure hardware inventory」(ハードウェア インベントリを構成する) を参照してください。For details, see Configure hardware inventory.
  2. Configuration Manager コンソールで、 [管理] > [クライアント設定] > [既定のクライアント設定] の順に選択します。In the Configuration Manager console, navigate to Administration > Client Settings > Default Client Settings.
  3. [ホーム] タブの [プロパティ] グループで、 [プロパティ] をクリックします。On the Home tab, in the Properties group, click Properties.
  4. [既定のクライアント設定] ダイアログ ボックスで、 [ハードウェア インベントリ] をクリックします。In the Default Client Settings dialog box, click Hardware Inventory.
  5. [デバイス設定] の一覧で、 [クラスの設定] をクリックします。In the Device Settings list, click Set Classes.
  6. [ハードウェア インベントリ クラス] ダイアログ ボックスで、 [Office 365 ProPlus 構成] を選択します。In the Hardware Inventory Classes dialog box, select Office 365 ProPlus Configurations.
  7. [OK] をクリックして変更を保存し、 [ハードウェア インベントリ クラス] ダイアログ ボックスを閉じます。Click OK to save your changes and close the Hardware Inventory Classes dialog box.

ハードウェア インベントリが報告されると、Office 365 クライアント管理ダッシュボードにデータが表示されます。The Office 365 Client Management dashboard starts displaying data as hardware inventory is reported.

最上位サイト サーバーの接続Connectivity for top level site server

(前提条件としてバージョン 1906 で導入)(Introduced in version 1906 as a prerequisite)

ご利用の最上位サイト サーバーから、次のエンドポイントにアクセスして、準備ファイルをダウンロードする必要があります。Your top level site server needs access to the following endpoint to download the readiness file:

https://contentstorage.osi.office.net/sccmreadinessppe/sot_sccm_addinreadiness.cab

注意

これらのシナリオでは、クライアント デバイスのインターネット接続は必要ありません。Internet connectivity isn't required for the client devices for any of these scenarios.

Microsoft 365 Apps のデータ収集を有効にするEnable data collection for Microsoft 365 Apps

(前提条件としてバージョン 1910 で導入)(Introduced in version 1910 as a prerequisite)

バージョン 1910 以降では、Office 365 ProPlus のパイロットと正常性ダッシュボード に情報を設定するために、Microsoft 365 Apps のデータ収集を有効にする必要があります。Starting in version 1910, you'll need to enable data collection for Microsoft 365 Apps to populate information in the Office 365 ProPlus Pilot and Health Dashboard. データは Configuration Manager サイト データベースに格納され、Microsoft に送信されることはありません。The data is stored in the Configuration Manager site database and not sent to Microsoft.

このデータは、Microsoft 365 Apps から Microsoft に送信される診断データに関する記事で説明されている診断データとは異なります。This data is different from the diagnostic data, which is described in Diagnostic data sent from Microsoft 365 Apps to Microsoft.

データ収集を有効にするには、グループ ポリシーを使用するか、レジストリを編集します。You can enable data collection either by using Group Policy or by editing the registry.

グループ ポリシーからデータ収集を有効にするEnable data collection from Group Policy

  1. Microsoft ダウンロード センターから最新の管理用テンプレート ファイルをダウンロードします。Download the latest Administrative Template files from the Microsoft Download Center.
  2. User Configuration\Policies\Administrative Templates\Microsoft Office 2016\Telemetry Dashboard[テレメトリ データの収集を有効にする] ポリシー設定を有効にします。Enable the Turn on telemetry data collection policy setting under User Configuration\Policies\Administrative Templates\Microsoft Office 2016\Telemetry Dashboard.
    • または、Office クラウド ポリシー サービスを使用してポリシー設定を適用します。Alternatively, apply the policy setting with the Office cloud policy service.
    • このポリシー設定は、このデータ収集用に展開する必要はない Office テレメトリ ダッシュボードでも使用されます。The policy setting is also used by the Office Telemetry Dashboard, which you don't need to deploy for this data collection.

レジストリからデータ収集を有効にするEnable data collection from the registry

次のコマンドは、レジストリからデータ収集を有効にする方法の例です。The command below is an example of how to enable the data collection from the registry:

reg add HKCU\Software\Policies\Microsoft\office\16.0\OSM /v EnableLogging /t REG_DWORD /d 1

Office 365 クライアント管理ダッシュボードの表示Viewing the Office 365 Client Management dashboard

Office 365 クライアント管理ダッシュボードを表示するには、Configuration Manager コンソールで [ソフトウェア ライブラリ] > [概要] > [Office 365 クライアント管理] に移動します。To view the Office 365 Client Management dashboard in the Configuration Manager console, go to Software Library > Overview > Office 365 Client Management. ダッシュボードの上部にある [コレクション] ドロップダウン設定を使用して、特定のコレクションのメンバーでダッシュボードのデータをフィルター処理します。At the top of the dashboard, use the Collection drop-down setting to filter the dashboard data by members of a specific collection. Configuration Manager バージョン 1802 以降では、ダッシュボードでグラフ セクションを選択すると、関連するデバイスのリストが表示されます。Beginning in Configuration Manager version 1802, the dashboard displays a list of relevant devices when graph sections are selected.

Office 365 クライアント管理ダッシュボードには、次の情報のグラフが表示されます。The Office 365 Client Management dashboard provides charts for the following information:

  • Microsoft 365 Apps クライアントの数Number of Microsoft 365 Apps clients
  • Microsoft 365 Apps クライアントのバージョンMicrosoft 365 Apps client versions
  • Microsoft 365 Apps クライアントの言語Microsoft 365 Apps client languages
  • Microsoft 365 Apps クライアントのチャネル。詳細については、「Microsoft 365 Apps の更新チャネルの概要」をご覧ください。Microsoft 365 Apps client channels For more information, see Overview of update channels for Microsoft 365 Apps.

Microsoft 365 Apps の準備の統合Integration for Microsoft 365 Apps readiness

Configuration Manager バージョン 1902 以降では、ダッシュボードを使用して、Microsoft 365 Apps へのアップグレードの準備ができている信頼性の高いデバイスを特定できます。Starting in Configuration Manager version 1902, you can use the dashboard to identify devices with high confidence that are ready to upgrade to Microsoft 365 Apps. この統合により、環境内でのアドインとマクロに関する潜在的な互換性の問題の分析情報が得られます。This integration provides insights into potential compatibility issues with add-ins and macros in your environment. その後、Configuration Manager を使用して Microsoft 365 Apps を展開し、デバイスを準備します。Then use Configuration Manager to deploy Microsoft 365 Apps to ready devices.

Office 365 クライアント管理ダッシュボードには、 [O365 ProPlus Upgrade Readiness] という新しいタイルが含まれています。The Office 365 client management dashboard includes a new tile, Office 365 ProPlus Upgrade Readiness. このタイルは次の状態のデバイスの横棒グラフです。This tile is a bar chart of devices in the following states:

  • 未評価Not assessed
  • アップグレードの準備完了Ready to upgrade
  • レビューが必要Needs review

デバイスの一覧にドリルスルーするには、状態を選択します。Select a state to drill-through to a device list. この準備状況レポートは、デバイスに関する詳細を示します。This readiness report shows more detail about devices. アドインとマクロの両方の互換性状態の列が含まれています。It includes columns for the compatibility state of both add-ins and macros.

Microsoft 365 Apps の準備の統合のための前提条件Prerequisites for Microsoft 365 Apps readiness integration

  • クライアント設定でハードウェア インベントリを有効にしてください。Enable hardware inventory in client settings. 詳細については、「前提条件」のセクションを参照してください。For more information, see the Prerequisites section.

  • デバイスでアドインの準備状況ファイルをダウンロードするには、Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) への接続が必要です。The device needs connectivity to the Office content delivery network (CDN) to download an add-in readiness file. 詳しくは、「コンテンツ配信ネットワーク」を参照してください。For more information, see Content delivery networks. デバイスでこのファイルをダウンロードできない場合、アドインの状態は [レビューが必要] です。If the device can't download this file, the add-ins state is Needs review.

    注意

    この機能のデータは Microsoft に送信されません。No data is sent to Microsoft for this feature.

詳細なマクロの準備状況Detailed macro readiness

既定では、スキャン エージェントは、各デバイスの一番最近使用した (MRU) ファイルの一覧を探します。By default, the scanning agent looks at the most recently used (MRU) files list on each device. この一覧内の、マクロをサポートするファイルをカウントします。It counts the files in this list that support macros. このファイルには次の種類が含まれています。These files include the following types:

  • Excel マクロ対応のブック (.xlsm) や Word マクロ対応の文書 (.docm) などの、マクロ対応の Office ファイル形式Macro-enabled Office file formats, such as Excel macro-enabled workbooks (.xlsm) or Word macro-enabled document (.docm)
  • マクロのコンテンツの有無を示さない古い Office 形式。Older Office formats that don't indicate whether there's macro content. たとえば、Excel 97-2003 ブック (.xls) などです。For example, an Excel 97-2003 workbook (.xls).

マクロの互換性についてより詳しい情報が必要な場合は、マクロ ファイル内のコードを分析するための Office 用準備ツールキット を展開します。If you need more detailed information about macro compatibility, deploy the Readiness Toolkit for Office to analyze the code within the macro files. 潜在的な互換性の問題の有無が確認されます。It checks if there are any potential compatibility concerns. たとえば、最新バージョンの Office で変更された関数をファイルが使用します。For example, the file uses a function that changed in a more recent version of Office. Office 用準備ツールキットを実行して 最近このコンピューター上で使用された Office ドキュメントおよびインストールされたアドイン に関するオプションを選択するか、コマンド ラインで -mru フラグを使用したら、Configuration Manager のハードウェア インベントリ エージェントによって結果を取得できるようになります。After you run the Readiness Toolkit for Office and select the option for Most recently used Office documents and installed add-ins on this computer, or use the -mru flag in the command line, the results can be picked up by Configuration Manager's hardware inventory agent. この追加データにより、デバイスの準備状況の計算が強化されます。This additional data enhances the device readiness calculation. 詳細については、Office 用準備ツールキットを使用した Microsoft 365 Apps でのアプリケーションの互換性の確認に関する記事を参照してください。For more information, see Use the Readiness Toolkit for Office to assess application compatibility for Microsoft 365 Apps.

スキャンを実行するために、すべてのターゲット デバイスに準備ツール キットをインストールすることは必要ないので注意してください。Note that the Readiness Toolkit does not need to be installed on every target device in order to carry out the scan. 次のサンプル コマンド ライン オプションを使用すれば、必要な各デバイスをスキャンできます。You can use the sample command line option below to scan each desired device. 出力フラグは必須ですが、ダッシュボードでの結果の生成にファイルは使用されないので、任意の有効な場所を選択できます。The output flag is required, but the files will not be used to generate the results in the dashboard, so any valid location can be selected.

ReadinessReportCreator.exe -mru -output c:\temp -silent

詳細については、「社内の複数ユーザーから準備に関する情報を収集する」を参照してください。For more information, see Getting readiness information for multiple users in an enterprise.

Microsoft 365 Apps の準備ダッシュボードMicrosoft 365 Apps readiness dashboard

(バージョン 1906 で導入)(Introduced in version 1906)

Microsoft 365 Apps へのアップグレードの準備ができているデバイスを特定するために、バージョン 1906 以降では準備ダッシュボードが用意されています。To help you determine which devices are ready to upgrade to Microsoft 365 Apps, there's a readiness dashboard starting in version 1906. これには、Configuration Manager の Current Branch バージョン 1902 でリリースされた [Office 365 ProPlus upgrade readiness](Office 365 ProPlus アップグレード準備) タイルが含まれています。It includes the Office 365 ProPlus upgrade readiness tile that released in Configuration Manager current branch version 1902. このダッシュボード上の次の新しいタイルは、アドインとマクロの準備評価に役立ちます。The following new tiles on this dashboard help you evaluate add-in and macro readiness:

  • 展開Deployment
  • デバイスの準備Device readiness
  • アドインの準備Add-in readiness
  • アドインのサポート声明Add-in support statements
  • バージョンの数による上位アドインTop add-ins by count of version
  • マクロがあるデバイスの数Number of devices that have macros
  • マクロの準備Macro readiness
  • マクロのアドバイザリMacro advisories

次のビデオは、以下に関する詳細情報を含む Ignite 2019 のセッションです。The following video is a session from Ignite 2019, which includes more information:

Configuration Manager での Office Readiness を使用した互換性評価および Microsoft Office 365 ProPlus のアップグレードのベストプラクティスBest practices for compatibility assessment and Microsoft Office 365 ProPlus upgrades using Office Readiness in Configuration Manager

[Microsoft 365 Apps upgrade readiness](Microsoft 365 Apps Upgrade Readiness) ダッシュボードの使用Using the Microsoft 365 Apps upgrade readiness dashboard

前提条件が満たされていることを確認したら、次の手順に従ってダッシュボードを使用します。After verifying you have the prerequisites, use the following instructions to use the dashboard:

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [Office 365 クライアント管理] を展開します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Office 365 Client Management.
  2. [Microsoft 365 Apps Upgrade Readiness] ノードを選択します。Select the Microsoft 365 Apps Upgrade Readiness node.
  3. [コレクション][Target Office Architecture](ターゲット Office アーキテクチャ) を変更して、ダッシュボードでリレーされる情報を変更します。Change the Collection and Target Office Architecture to change the information relayed in the dashboard.

[Microsoft 365 Apps upgrade readiness](Microsoft 365 Apps Upgrade Readiness) ダッシュボードMicrosoft 365 Apps upgrade readiness dashboard

[Microsoft 365 Apps upgrade readiness](Microsoft 365 Apps Upgrade Readiness) ダッシュボードのアドインMicrosoft 365 Apps upgrade readiness dashboard add ins

[Microsoft 365 Apps upgrade readiness](Microsoft 365 Apps Upgrade Readiness) ダッシュボードのマクロ アドバイザリMicrosoft 365 Apps upgrade readiness dashboard macro advisories

デバイスの準備情報Device Readiness information

各デバイス上のアドインとマクロのインベントリが評価されると、次にその情報に従ってデバイスがグループ化されます。Once the add-in and macro inventory on each device is evaluated, the devices are then grouped according to the information. 状態が [アップグレードの準備完了] と表示されているデバイスには、互換性の問題はほとんどありません。Devices whose status are listed as Ready to upgrade aren't likely to have any compatibility issues.

グラフの [アップグレードの準備完了] カテゴリを選択すると、限定コレクション内のデバイスに関する詳細が表示されます。Selecting the Ready to upgrade category on the graph shows more details about the devices in the limiting collection. デバイスの一覧を確認し、ご自分のビジネス要件に応じて選択を行い、その選択を基に新しいデバイス コレクションを作成することができます。You can review the device list, make selections according to your business requirements, and create a new device collection from your selection. 新しいコレクションを使用して、Configuration Manager で Microsoft 365 Apps を展開します。Use your new collection to deploy Microsoft 365 Apps with Configuration Manager.

互換性の問題が発生している可能性のあるデバイスは、 [レビューが必要] とマークされます。Devices that might be at risk for compatibility issues are marked as Needs review. これらのデバイスでは、Microsoft 365 Apps にアップグレードする前に、アクションを実行することが必要な場合があります。These devices may need action to be taken before upgrading them to Microsoft 365 Apps. たとえば、重要なアドインをより新しいバージョンに更新します。For example, you might update critical add-ins to a more recent version.

アドインの情報Add-in information

各デバイス上で、インストールされているすべてのアドインのインベントリが収集されます。On each device, an inventory of all installed add-ins is collected. 次に、このインベントリは、Microsoft 365 Apps でのアドインのパフォーマンスに関して Microsoft が持っている情報と比較されます。The inventory is then compared with the information Microsoft has about the add-in performance on Microsoft 365 Apps. アップグレード後に問題を引き起こす可能性があるアドインが見つかった場合は、そのアドインを備えているすべてのデバイスにレビューのフラグが付けられます。If an add-in is found which is likely to cause issues after upgrading, then all devices with the add-in are flagged for review.

マクロの情報Macro information

Configuration Manager では、各デバイスで最近使用されたファイルが参照されます。Configuration Manager looks at the most recently used files on each device. このリストの中で、次の種類を含むマクロをサポートするファイルがカウントされます。It counts the files in this list that support macros, including the following types:

  • マクロ対応の Office ファイル形式。Macro-enabled Office file formats.
  • 以前の Office 形式。これは、マクロのコンテンツがあるかどうかを示すものではありません。Older Office formats, which don't indicate if there's macro content.

このレポートを使用すると、マクロを含む可能性のあるファイルが最近どのデバイスで使用されたかを特定できます。This report can be used to identify which devices have recently used files which may contain macros. 次に、Configuration Manager を使用して Office 用準備ツール キット を展開することで、より詳細な情報が必要なデバイスをスキャンし、互換性に関する潜在的な問題がないかどうかを確認することができます。The Readiness Toolkit for Office can then be deployed using Configuration Manager to scan any devices where more detailed information is needed, and check if there are any potential compatibility concerns. たとえば、より新しいバージョンの Microsoft 365 Apps で変更された関数がファイルで使用されている場合が挙げられます。For example, if the file uses a function that changed in a more recent version of Microsoft 365 Apps.

スキャンを実行する方法の詳細については、「詳細なマクロの準備状況」を参照してください。For more information about how to carry out the scan, see Detailed macro readiness.

[Office 365 ProPlus Pilot と正常性] ダッシュボードOffice 365 ProPlus pilot and health dashboard

(バージョン 1910 で導入)(Introduced in version 1910)

バージョン 1910 以降では、Office 365 ProPlus のパイロットと正常性ダッシュボード を使用すれば、Microsoft 365 Apps の展開を容易に計画、試作、実施することができます。Starting in version 1910, the Office 365 ProPlus Pilot and Health Dashboard helps you plan, pilot, and perform your Microsoft 365 Apps deployment. このダッシュボードからは、Microsoft 365 Apps がインストールされたデバイスの正常性に関する分析情報が提供され、展開計画に影響を与える可能性のある問題の特定に役立ちます。The dashboard provides health insights for devices with Microsoft 365 Apps to help identify possible issues that may affect your deployment plans. [Office 365 ProPlus Pilot と正常性] ダッシュボード には、アドイン インベントリに基づくパイロット デバイスの推奨事項が表示されます。The Office 365 ProPlus Pilot and Health Dashboard provides a recommendation for pilot devices based on add-in inventory. ダッシュボードには、次のタイルがあります。The following tiles are in the dashboard:

  • パイロット生成Generate pilot
  • 推奨されるパイロット デバイスRecommended pilot devices
  • パイロットの展開Deploy pilot
  • 正常性データを送信しているデバイスDevices sending health data
  • 正常性の目標を満たしていないデバイスDevices not meeting health goals
  • 正常性の目標を満たしていないアドインAdd-ins not meeting health goals
  • 正常性の目標を満たしていないマクロMacros not meeting health goals

[Office 365 ProPlus Pilot と正常性] ダッシュボードを使用するUsing the Office 365 ProPlus pilot and health dashboard

前提条件が満たされていることを確認したら、次の手順に従ってダッシュボードを使用します。After verifying you have the prerequisites, use the following instructions to use the dashboard:

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [Office 365 クライアント管理] を展開します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Office 365 Client Management.
  2. [Office 365 パイロットと正常性] ノードを選択します。Select the Office 365 Pilot and Health node.

[Office 365 ProPlus Pilot と正常性] ダッシュボード

パイロット生成Generate pilot

ボタンをクリックして、限定コレクションからパイロットの推奨事項を生成します。Generate a pilot recommendation from a limiting collection at the click of a button. アクションが開始されるとすぐに、バックグラウンド タスクによってパイロット コレクションの計算が開始されます。As soon as the action is launched, a background task starts calculating your pilot collection. 限定コレクションには、ProPlus 以外の Office バージョンを備えたデバイスが少なくとも 1 つ含まれている必要があります。Your limiting collection must contain at least one device with an Office version that isn't ProPlus.

推奨されるパイロット デバイス は、パイロットの生成時に使用した限定コレクションを通してインストール済みのすべてのアドインを表す、デバイスの最小セットです。Recommended pilot devices are a minimal set of devices representing all installed add-ins across the limiting collection you used when generating the pilot. ドリルダウンして、これらのデバイスの一覧を取得します。Drill down to get a list of these devices. 次に、詳細を使用して、必要に応じてパイロットからデバイスを除外します。Then use the details to exclude any devices from the pilot if needed. すべてのアドインが既に Microsoft 365 Apps デバイスにインストールされている場合、それらのアドインがインストールされたデバイスは計算に含まれません。If all of your add-ins are already on Microsoft 365 Apps devices, then devices with those add-ins won't be included in the calculation. これは、Microsoft 365 Apps がインストールされているデバイス上のすべてのアドインが表示されているため、パイロット コレクションでは結果が得られない可能性があることも意味しています。This also means it's possible that you won't get any results in your pilot collection since all of your add-ins have been seen on devices where Microsoft 365 Apps is installed.

パイロットの展開Deploy pilot

パイロット デバイスを受け入れたら、段階的展開ウィザードを使用して Microsoft 365 Apps をパイロット コレクションに展開します。Once you accept your pilot devices, deploy Microsoft 365 Apps to the pilot collection using the phased deployment wizard. 管理者は、展開を管理するために、ウィザードでパイロットと限定コレクションを定義できます。Admins can define the pilot and limiting collection in the wizard to manage deployments.

正常性データHealth data

Microsoft 365 Apps をインストールしたら、パイロット デバイス上で正常性データを有効にします。Once Microsoft 365 Apps is installed, enable health data on your pilot devices. 正常性データを使用すると、どのアドインとマクロが正常性の目標を満たしていないかを把握できます。The health data gives you insight into which add-ins and macros don't meet health goals. [配置準備が完了したデバイス] グラフでは、正常性の分析情報を使用して、展開の準備ができているパイロット以外のデバイスが識別されます。The Devices ready to deploy chart identifies non-pilot devices that are ready for deployment by using the health insights. [正常性データを送信しているデバイス] グラフでは、正常性データを送信しているデバイスの数が取得されます。Get a count of devices that are sending health data from the Devices sending health data chart.

正常性の目標を満たしていないデバイスDevices not meeting health goals

このタイルは、アドイン、マクロ、またはその両方に関して問題があるデバイスをまとめたものです。This tile summarizes devices that have issues with add-ins, macros, or both.

正常性の目標を満たしていないアドインAdd-ins not meeting health goals

  • 読み込みの失敗:アドインを開始できませんでした。Load failures: The add-in failed to start.
  • クラッシュ:実行中にアドインが失敗しました。Crashes: The add-in failed while it was running.
  • エラー:アドインによってエラーが報告されました。Error: The add-in reported an error.
  • 複数の問題:上記の問題のうち複数がアドインに該当します。Multiple issues: The add-in has more than one of the above issues.

正常性の目標を満たしていないマクロMacros not meeting health goals

  • 読み込みの失敗:ドキュメントの読み込みに失敗しました。Load failures: The document failed to load.
  • ランタイム エラー:マクロの実行中にエラーが発生しました。Runtime errors: An error happened while the macro was running. このようなエラーは入力に依存する可能性があるため、常に発生するとは限りません。These errors can be dependent on the inputs so may not always occur.
  • コンパイル エラー:マクロは正常にコンパイルされなかったため、実行は試みられません。Compile errors: The macro didn't compile correctly so it won't attempt to run.
  • 複数の問題:上記の問題のうち複数がマクロに該当します。Multiple issues: The macro has more than one of the above issues.

注意

マクロ インベントリは、Office 向けの準備ツールキットおよび最近使用したデータ ファイルからのデータによって設定されます。Macro inventory is populated by data from the Readiness Toolkit for Office and recently used data files. マクロの正常性は、正常性データによって設定されます。Macro health is populated by health data. マクロ インベントリが スキャンされていない 場合は、さまざまなデータ ソースが原因で、マクロの正常性が [レビューが必要] な状態になる可能性があります。Due to the different data sources, it's possible for the macro health status to be Needs review when the macro inventory is Not scanned.

既知の問題Known issues

[パイロットの展開] タイルには既知の問題があります。There is a known issue with the Deploy Pilot tile. 現時点では、それをパイロットへの展開に使用することはできません。At this time it can't be used to deploy to a pilot. この回避策は、段階的な展開ウィザードを使用してアプリケーションを展開するための既存のワークフローです。The workaround is the existing workflow for deploying an application using the Phased Deployment Wizard.

次のステップNext steps

Configuration Manager での Microsoft 365 Apps 更新プログラムの管理Manage Microsoft 365 Apps updates with Configuration Manager