Intune で Windows 10 デバイス用のカスタム設定を使用するUse custom settings for Windows 10 devices in Intune

注意

Intune では、この記事に記載されている設定よりも多くの設定がサポートされている場合があります。Intune may support more settings than the settings listed in this article. すべての設定が文書化されているわけではなく、また今後も文書化されない場合があります。Not all settings are documented, and won’t be documented. 構成可能な設定を確認するには、デバイス構成プロファイルを作成し、 [Settings Catalog](設定カタログ) を選択します。To see the settings you can configure, create a device configuration profile, and select Settings Catalog. 詳細については、設定カタログに関するページを参照してください。For more information, see Settings catalog.

この記事では、Windows 10 以降のデバイスで制御できるさまざまなカスタム設定の一部について説明します。This article describes some of the different custom settings you can control on Windows 10 and newer devices. モバイル デバイス管理 (MDM) ソリューションの一部として、これらの設定を使用して、Intune に組み込まれていない設定を構成します。As part of your mobile device management (MDM) solution, use these settings to configure settings that aren't built-in to Intune.

カスタム プロファイルの詳細については、カスタム設定を持つプロファイルの作成に関するページを参照してください。For more information on custom profiles, see Create a profile with custom settings.

これらの設定は、Intune でデバイスの構成プロファイルに追加した後、ご使用の Windows 10 デバイスに割り当てたり展開したりします。These settings are added to a device configuration profile in Intune, and then assigned or deployed to your Windows 10 devices.

この機能は、以下に適用されます。This feature applies to:

  • Windows 10 以降Windows 10 and newer

Windows 10 のカスタム プロファイルでは、Open Mobile Alliance Uniform Resource Identifier (OMA-URI) の設定を使用してさまざまな機能を構成します。Windows 10 custom profiles use Open Mobile Alliance Uniform Resource Identifier (OMA-URI) settings to configure different features. 通常、これらの設定は、デバイスの機能を制御するためにモバイル デバイスの製造元によって使われます。These settings are typically used by mobile device manufacturers to control features on the device.

Windows 10 では、ポリシー構成サービス プロバイダー (ポリシー CSP) など、多くの構成サービス プロバイダー (CSP) 設定を使用できます。Windows 10 makes many Configuration Service Provider (CSP) settings available, such as Policy Configuration Service Provider (Policy CSP).

特定の設定を探している場合、Windows 10 デバイス制限プロファイルには多くの組み込み設定が含まれることに留意してください。If you're looking for a specific setting, remember that the Windows 10 device restriction profile includes many built-in settings. そのため、カスタム値の入力は必要ない場合があります。So, you may not need to enter custom values.

始める前にBefore you begin

Windows 10 カスタム プロファイルを作成します。Create a Windows 10 custom profile.

OMA-URI 設定OMA-URI settings

[追加] :次の設定を入力します。Add: Enter the following settings:

  • 名前:OMA-URI 設定の一意の名前を入力すると、設定リスト内で容易に識別できます。Name: Enter a unique name for the OMA-URI setting to help you identify it in the list of settings.

  • 説明:設定の概要および他の重要な詳細がわかる説明を入力します。Description: Enter a description that gives an overview of the setting, and any other important details.

  • [OMA-URI] (大文字と小文字を区別):設定として使用する OMA-URI を入力します。OMA-URI (case sensitive): Enter the OMA-URI you want to use as a setting.

  • [データ型] :この OMA-URI の設定に使用するデータ型を選択します。Data type: Select the data type you'll use for this OMA-URI setting. 次のようなオプションがあります。Your options:

    • Base64 (ファイル)Base64 (file)
    • ブール型Boolean
    • 文字列 (XML ファイル)String (XML file)
    • 日付と時刻Date and time
    • 文字列型String
    • 浮動小数点Floating point
    • 整数型Integer
  • :入力した OMA-URI に関連付けるデータ値を入力します。Value: Enter the data value you want to associate with the OMA-URI you entered. 値は、選択したデータ型に依存します。The value depends on the data type you selected. たとえば、 [日付と時刻] を選択した場合は、日付の選択から値を選択します。For example, if you select Date and time, select the value from a date picker.

設定を何か追加した後は、 [エクスポート] を選択できます。After you add some settings, you can select Export. [エクスポート] では、追加した値の一覧がコンマ区切り値 (.csv) ファイルで作成されます。Export creates a list of all the values you added in a comma-separated values (.csv) file.

構成できるポリシーを見つけるFind the policies you can configure

Configuration service provider reference」(構成サービス プロバイダー リファレンス) には、Windows 10 でサポートされているすべての構成サービス プロバイダー (CSP) の詳細な一覧が記載されています。There's a complete list of all configuration service providers (CSPs) that Windows 10 supports in the Configuration service provider reference.

Windows 10 のバージョンによっては、一部の設定に互換性がありません。Not all settings are compatible with all Windows 10 versions. 各 CSP でサポートされるバージョンについては、「Configuration service provider reference」(構成サービス プロバイダー リファレンス) を参照してください。Configuration service provider reference tells you which versions are supported for each CSP.

また、「Configuration service provider reference」(構成サービス プロバイダー リファレンス) に記載されているすべての設定が Intune でサポートされているわけではありません。Additionally, Intune doesn't support all the settings listed in Configuration service provider reference. Intune で必要な設定がサポートされているかどうかを確認するには、その設定の記事を開きます。To find out if Intune supports the setting you want, open the article for that setting. 各設定ページには、サポートされている操作が示されます。Each setting page shows its supported operation. Intune で利用するには、その設定で 追加置換取得 の操作がサポートされている必要があります。To work with Intune, the setting must support the Add, Replace, and Get operations. 取得 の操作によって返された値が 追加 または 置換 の操作によって得た値と一致しない場合、Intune ではコンプライアンス エラーが報告されます。If the value returned by the Get operation doesn't match the value supplied by the Add or Replace operations, then Intune reports a compliance error.

次のステップNext steps

プロファイルを割り当てその状態を監視します。Assign the profile, and monitor its status.

Intune のカスタム プロファイルの詳細を確認しますLearn more about custom profiles in Intune.