手順 1 - 元従業員のログインを防止し、サービスへのアクセスMicrosoft 365する

ユーザーのサインイン アクセスを直ちに防止する必要がある場合は、パスワードをリセットする必要があります。 この手順では、ユーザーから強制的にサインアウトMicrosoft 365。

注意

他の管理者のサインアウトを開始するには、グローバル管理者である必要があります。 管理者以外のユーザーの場合は、ユーザー管理者またはヘルプデスク管理者ユーザーを使用してこのアクションを実行できます。 管理者ロールの詳細

  1. 管理センターで、[ユーザー] > [アクティブなユーザー] の順に選択します。
  2. ユーザーの名前の横にあるボックスを選択し、[パスワードのリセット] を選択します
  3. 新しいパスワードを入力し、[リセット] を 選択します。 (送信しない。
  4. ユーザーの名前を選択してプロパティ ウィンドウに移動し、[アカウント]タブで [すべてのセッションからサインアウト]を選択します

1 時間以内に、または現在のページを離Microsoft 365後に、もう一度サインインするように求めるメッセージが表示されます。 アクセス トークンは 1 時間有効なので、タイムラインは、そのトークンに残されている時間と、現在の Web ページから移動するかどうかによって異なります。

重要

ユーザーがメールボックス内Outlook on the webクリックした場合、すぐには追い出されない可能性があります。 ユーザーが別のタイル (OneDriveを選択したり、ブラウザーを更新したりすると、すぐにサインアウトが開始されます。

PowerShell を使用してユーザーをすぐにサインアウトするには 、Revoke-AzureADUserAllRefreshToken コマンドレットを参照 してください。

ユーザーのメールの使用を終了するのにどれくらいかかるかの詳細については、「従業員のメール セッションの終了について知っておく必要があること」を参照してください。

元従業員のサービスへのアクセスをMicrosoft 365する

重要

アカウントをブロックすると、有効に 24 時間かかる場合があります。 ユーザーのサインイン アクセスを直ちに防止する必要がある場合は、上記の手順に従ってパスワードをリセットします。

  1. 管理センターで、[ユーザー] > [アクティブなユーザー] の順に選択します。
  2. ブロックする従業員の名前を選択し、ユーザーの名前の下にある [このユーザーをブロックする] の記号 を選択します
  3. [ ユーザーのサインインをブロックする] を選択し、[保存] を 選択します

元従業員の電子メール (Exchange Online) へのアクセスをブロックする

Microsoft 365 サブスクリプションの一部としてメールがある場合は、Exchange 管理センターにサインインし、次の手順に従って、元従業員のメールへのアクセスをブロックします。

  1. Exchange 管理センターに移動します。
  2. In the Exchange admin center, navigate to Recipients > Mailboxes.
  3. 一覧からユーザー メールボックスを選択し、詳細ウィンドウ (右側) で、[メール アプリ]の下の [メール アプリの設定を管理する]を選択します。 すべての オプション のスライダーをオフにします。モバイル (Exchange ActiveSync) 、Outlook on the web、Outlook デスクトップ (MAPI) 、Exchange Web サービス **、POP3、**および IMAP です。
  4. [保存] を選択します。

Exchange Online の Exchange 管理センター

ユーザーを復元する