DNS レコードを追加して自分のドメインを接続するAdd DNS records to connect your domain

サードパーティのホスティング プロバイダーからドメインを購入した場合は、レジストラーのアカウントの DNS レコードを更新することで、それを Microsoft 365 に接続できます。If you purchased a domain from a third-party hosting provider, you can connect it to Microsoft 365 by updating the DNS records in your registrar’s account.

これらの手順を完了すると、お客様のドメインは、ドメインを購入したホストには登録されたままとなりますが、Microsoft 365 では、メール アドレス (user@yourdomain.com など) やその他のサービスで使用できます。At the end of these steps, your domain will stay registered with the host that you purchased the domain from, but Microsoft 365 can use it for your email addresses (like user@yourdomain.com) and other services.

ドメインを追加しない場合、組織内のユーザーは、メール アドレスに onmicrosoft.com ドメインを使用します。If you don't add a domain, people in your organization will use the onmicrosoft.com domain for their email addresses until you do. ユーザーを追加する前にドメインを追加することが重要です。それにより、ユーザーを再度セットアップする必要がなくなります。It's important to add your domain before you add users, so you don't have to set them up twice.

探している内容が見つからない場合は、ドメインに関する FAQ を確認してください。Check the Domains FAQ if you don't find what you're looking for below.

手順 1: TXT または MX レコードを追加してドメインの所有を確認する Step 1: Add a TXT or MX record to verify you own the domain

まず、Microsoft 365 に追加するドメインを所有していることを証明する必要があります。First, you need to prove you own the domain you want to add to Microsoft 365.

  1. Microsoft 365 管理センター にサインインし、[すべて表示] > [設定] > [ドメイン] を選択します。Sign in to the Microsoft 365 admin center and select Show all > Settings > Domains.
  2. 新しいブラウザー タブまたはウィンドウで、使用している DNS ホスティング プロバイダーにサインインし、DNS 設定を管理している場所を検索します (例: ゾーン ファイルの設定、ドメインの管理、ドメイン マネージャー、DNS マネージャー)。In a new browser tab or window, sign in to your DNS hosting provider, and then find where you manage your DNS settings (e.g., Zone File Settings, Manage Domains, Domain Manager, DNS Manager).
  3. プロバイダーの DNS マネージャーのページに移動し、管理センターで示された TXT レコードをドメインに追加します。Go to your provider's DNS Manager page, and add the TXT record indicated in the admin center to your domain.

このレコードを追加しても、既存のメールやその他のサービスには影響はありません。このレコードは、お客様のドメインが Microsoft 365 に接続された後、安全に削除することができます。Adding this record won't affect your existing email or other services and you can safely remove it once your domain is connected to Microsoft 365.

例:Example:

  • TXT 名: @TXT Name: @
  • TXT 値: MS=ms######## (管理センターの固有 ID)TXT Value: MS=ms######## (unique ID from the admin center)
  • TTL: 3600‎ (またはプロバイダーの既定値)TTL: 3600‎ (or your provider default)
  1. レコードを保存し、管理センターに戻り、[確認] を選択します。Save the record, go back to the admin center, and then select Verify. レコードの変更には通常 15 分ほどかかりますが、登録には時間がかかる場合があります。It typically takes around 15 minutes for record changes to register, but sometimes it can take longer. 少し時間をかけて、変更内容が反映されるように何度か試してください。Give it some time and a few tries to pick up the change.

Microsoft で正しい TXT レコードが見つかった場合、ドメインは確認済みとなります。When Microsoft finds the correct TXT record, your domain is verified.

MX レコードで確認するVerify with an MX record

レジストラーが TXT レコードの追加をサポートしていない場合は、MX レコードを追加することで確認できます。If your registrar doesn't support adding TXT records, you can verify by adding an MX record.

  1. Microsoft 365 管理センター にサインインし、[すべて表示] > [設定] > [ドメイン] を選択します。Sign in to the Microsoft 365 admin center and select Show all > Settings > Domains.
  2. 新しいブラウザー タブまたはウィンドウで、使用している DNS ホスティング プロバイダーにサインインし、DNS 設定を管理している場所を検索します (例: ゾーン ファイルの設定、ドメインの管理、ドメイン マネージャー、DNS マネージャー)。In a new browser tab or window, sign in to your DNS hosting provider, and then find where you manage your DNS settings (e.g., Zone File Settings, Manage Domains, Domain Manager, DNS Manager).
  3. プロバイダーの DNS マネージャーのページに移動し、管理センターで示された MX レコードをドメインに追加します。Go to your provider's DNS Manager page, and add the MX record indicated in the admin center to your domain.

この MX レコードの 優先度 は、ドメインのすべての既存の MX レコードで最高でなくてはなりません。This MX record's Priority must be the highest of all existing MX records for the domain. それ以外の場合、メールの送受信が妨げられます。Otherwise, it can interfere with sending and receiving email. ドメイン確認が完了したら、すぐにこのレコードを削除する必要があります。You should delete this records as soon as domain verification is complete.

フィールドが次の値に設定されていることを確認します。Make sure that the fields are set to the following values:

  • Record Type: MXRecord Type: MX
  • Priority: 使用可能な最高の値を設定します。通常は 0 です。Priority: Set to the highest value available, typically 0.
  • Host Name: @Host Name: @
  • Points to address: 管理センターから値をコピーし、ここに貼り付けます。Points to address: Copy the value from the admin center and paste it here.
  • TTL: 3600‎ (またはプロバイダーの既定値)TTL: 3600‎ (or your provider default)

Microsoft で正しい MX レコードが見つかった場合、ドメインは確認済みとなります。When Microsoft finds the correct MX record, your domain is verified.

手順 2: DNS レコードを追加して Microsoft サービスに接続するStep 2: Add DNS records to connect Microsoft services

新しいブラウザー タブまたはウィンドウで、使用している DNS ホスティング プロバイダーにサインインし、DNS 設定を管理している場所を検索します (例: ゾーン ファイルの設定、ドメインの管理、ドメイン マネージャー、DNS マネージャー)。In a new browser tab or window, sign in to your DNS hosting provider, and find where you manage your DNS settings (e.g., Zone File Settings, Manage Domains, Domain Manager, DNS Manager).

有効にするサービスに応じて、いくつかの異なる種類の DNS レコードを追加します。You'll be adding several different types of DNS records depending on the services you want to enable.

メール用の MX レコードを追加する (Outlook、Exchange Online)Add an MX record for email (Outlook, Exchange Online)

開始する前に: ユーザーがお客様のドメインのメールを既に所有している場合は (user@yourdomain.com など)、MX レコードをセットアップする前に管理センターでアカウントを作成します。Before you begin: If users already have email with your domain (such as user@yourdomain.com), create their accounts in the admin center before you set up your MX records. こうすることで、引き続きメールを受信できます。That way, they’ll continue to receive email. ドメインの MX レコードを更新すると、お客様のドメインを使用するユーザーのすべての新しいメールが、Microsoft 365 に届くようになります。When you update your domain's MX record, all new email for anyone who uses your domain will now come to Microsoft 365. メールと連絡先を Microsoft 365 に移行することを決定しない限り、既に所有しているメールは現在のメール ホストに保持されます。Any email you already have will stay at your current email host, unless you decide to migrate email and contacts to Microsoft 365.

MX レコードの情報は、管理センターのドメイン セットアップ ウィザードから取得されます。You'll get the information for the MX record from the admin center domain setup wizard.

ホスティング プロバイダーの Web サイトで、新しい MX レコードを追加します。On your hosting provider's website, add a new MX record. フィールドが次の値に設定されていることを確認します。Make sure that the fields are set to the following values:

  • Record Type: MXRecord Type: MX
  • Priority: 使用可能な最高の値を設定します。通常は 0 です。Priority: Set to the highest value available, typically 0.
  • Host Name: @Host Name: @
  • Points to address: 管理センターから値をコピーし、ここに貼り付けます。Points to address: Copy the value from the admin center and paste it here.
  • TTL: 3600‎ (またはプロバイダーの既定値)TTL: 3600‎ (or your provider default)

レコードを保存して、他の MX レコードを削除します。Save the record, and then remove any other MX records.

CNAME レコードを追加して他のサービスに接続する (Teams、Exchange Online、AAD、MDM)Add CNAME records to connect other services (Teams, Exchange Online, AAD, MDM)

CNAME レコードの情報は、管理センターのドメイン セットアップ ウィザードから取得されます。You'll get the information for the CNAME records from the admin center domain setup wizard.

ホスティング プロバイダーの Web サイトで、接続するサービスごとに CNAME レコードを追加します。On your hosting provider's website, add CNAME records for each service that you want to connect. フィールドが次の値に設定されていることを確認します。Make sure that the fields are set to the following values for each:

  • Record Type: CNAME (Alias)Record Type: CNAME (Alias)
  • Host: 管理センターからコピーした値をここに貼り付けます。Host: Paste the values you copy from the admin center here.
  • Points to address: 管理センターから値をコピーし、ここに貼り付けます。Points to address: Copy the value from the admin center and paste it here.
  • TTL: 3600‎ (またはプロバイダーの既定値)TTL: 3600‎ (or your provider default)

SPF TXT レコードを追加または編集して迷惑メールの防止に役立てる (Outlook、Exchange Online) Add or edit an SPF TXT record to help prevent email spam (Outlook, Exchange Online)

開始する前に: 使用しているドメインに既に SPF レコードがある場合は、Microsoft 365 用に新しいレコードを作成しないでください。Before you begin: If you already have an SPF record for your domain, don't create a new one for Microsoft 365. 代わりに、ホスティング プロバイダーの Web サイトの現在のレコードに Microsoft 365 で必要になる値を追加して、元々の値と追加する値の組み合わせが 1 つ の SPF レコードに含まれるようにします。Instead, add the required Microsoft 365 values to the current record on your hosting providers website so that you have a single SPF record that includes both sets of values.

ホスティング プロバイダーの Web サイトで、既存の SPF レコードを編集するか、SPF レコードを作成します。On your hosting provider's website, edit the existing SPF record or create an SPF record. フィールドが次の値に設定されていることを確認します。Make sure that the fields are set to the following values:

  • Record Type: TXT (Text)Record Type: TXT (Text)
  • Host: @Host: @
  • TXT Value: v=spf1 include:spf.protection.outlook.com -allTXT Value: v=spf1 include:spf.protection.outlook.com -all
  • TTL: 3600‎ (またはプロバイダーの既定値)TTL: 3600‎ (or your provider default)

レコードを保存します。Save the record.

SPF レコードを検証するには、SPF 検証ツールのいずれかを使用します。Validate your SPF record by using one of these SPF validation tools

SPF はスプーフィングの防止に役立ちますが、SPF では保護できないスプーフィング方法があります。SPF is designed to help prevent spoofing, but there are spoofing techniques that SPF cannot protect against. これらから保護するために、SPF をセットアップした後、Microsoft 365 のために DKIM と DMARC も構成する必要があります。To protect against these, once you've set up SPF, you should also set up DKIM and DMARC for Microsoft 365.

使用を開始する場合は、「DKIM を使用して、Microsoft 365 のドメインから送信される送信電子メールを検証する」、「DMARC を使用して Microsoft 365 のメールを検証する」を参照してください。To get started, see Use DKIM to validate outbound email sent from your domain in Microsoft 365 and Use DMARC to validate email in Microsoft 365.

コミュニケーション サービス用の SRV レコードを追加する (Teams、Skype for Business) Add SRV records for communications services (Teams, Skype for Business)

ホスティング プロバイダーの Web サイトで、接続するサービスごとに SRV レコードを追加します。On your hosting provider's website, add SRV records for each service you want to connect. フィールドが次の値に設定されていることを確認します。Make sure that the fields are set to the following values for each:

  • Record Type: SRV (Service)Record Type: SRV (Service)
  • 名前: @Name: @
  • Target: 管理センターから値をコピーし、ここに貼り付けます。Target: Copy the value from the admin center and paste it here.
  • Protocol: 管理センターから値をコピーし、ここに貼り付けます。Protocol: Copy the value from the admin center and paste it here.
  • Service: 管理センターから値をコピーし、ここに貼り付けます。Service: Copy the value from the admin center and paste it here.
  • 優先度: 100Priority: 100
  • Weight: 1Weight: 1
  • Port: 管理センターから値をコピーし、ここに貼り付けます。Port: Copy the value from the admin center and paste it here.
  • TTL: 3600‎ (またはプロバイダーの既定値)TTL: 3600‎ (or your provider default)

レコードを保存します。Save the record.

SRV レコードのフィールドの制限と回避策SRV record field restrictions and workarounds

一部のホスティング プロバイダーは、SRV レコード内のフィールド値を制限します。Some hosting providers impose restrictions on field values within SRV records. これらの制限の一般的な回避策をいくつか紹介します。Here are some common workarounds for these restrictions.

名前Name

ホスティング プロバイダーが、このフィールドに @ の設定を許可しない場合は、空白のままにします。If your hosting provider doesn't allow setting this field to @, leave it blank. この方法は、ホスティング プロバイダーが Service 値と Protocol 値のフィールドを個別に用意している場合に のみ 使用します。Use this approach only when your hosting provider has separate fields for the Service and Protocol values. それ以外の場合は、下の Service と Protocol に関する注を参照してください。Otherwise, see the Service and Protocol notes below.

Service と ProtocolService and Protocol

ホスティング プロバイダーが SRV レコードにこれらのフィールドを用意していない場合は、Service 値と Protocol 値をレコードの Name フィールドに指定する必要があります。If your hosting provider doesn't provide these fields for SRV records, you must specify the Service and Protocol values in the record's Name field. (注: ホスティング プロバイダーによっては、Name フィールドが HostHostnameSubdomain など、他の名称になっている場合があります)。これらの値を追加するには、値をドットで区切って単一の文字列を作成します。(Note: Depending on your hosting provider, the Name field might be called something else, like: Host, Hostname, or Subdomain.) To add these values, you create a single string, separating the values with a dot.

例: _sip._tlsExample: _sip._tls

Priority、Weight、PortPriority, Weight, and Port

ホスティング プロバイダーが SRV レコードにこれらのフィールドを用意していない場合は、レコードの Target フィールドにそれらの値を指定する必要があります。If your hosting provider doesn't provide these fields for SRV records, you must specify them in the record's Target field. (注: ホスティング プロバイダーによっては、Target フィールドが ContentIP AddressTarget Host など、他の名称になっている場合があります)。(Note: Depending on your hosting provider, the Target field might be called something else, like: Content, IP Address, or Target Host.)

これらの値を追加するには、値をスペースで区切って単一の文字列を作成します。末尾にドットを付加することもあります (不明な場合は、プロバイダーに問い合わせてください)。To add these values, create a single string, separating the values with spaces and sometimes ending with a dot (check with your provider if you are unsure). 値は、Priority、Weight、Port、Target の順で含める必要があります。The values must be included in this order: Priority, Weight, Port, Target.

  • 例 1: 100 1 443 sipdir.online.lync.com.Example 1: 100 1 443 sipdir.online.lync.com.
  • 例 2: 100 1 443 sipdir.online.lync.comExample 2: 100 1 443 sipdir.online.lync.com