Windows デバイスの Office 2013 の先進認証を有効にする

Office 2013 がインストールされている Windows デバイスで先進認証を有効にするには、特定のレジストリ キーを設定する必要があります。

Office 2013 クライアントの先進認証を有効にする

注意

先進認証は Office 2016 クライアントで既に有効になっているため、Office 2016 のレジストリ キーを設定する必要はありません。

Microsoft Office 2013 がインストールされている Windows を実行しているデバイス (たとえばノート PC やタブレット) で先進認証を有効にするには、次のレジストリ キーを設定する必要があります。 最新の認証を有効にする各デバイスでキーを設定する必要があります。

レジストリ キー
HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Office\15.0\Common\Identity\EnableADAL REG_DWORD 1
HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Office\15.0\Common\Identity\Version REG_DWORD 1

レジストリ キーを設定したら、2013 デバイス アプリOffice多要素認証(MFA)と一緒に使用Microsoft 365。

現在、クライアント アプリのいずれかを使ってサインインしている場合、変更を有効にするには、サインアウトしてサインインし直す必要があります。 それ以外の場合、MRU とローミングの設定は、ID が確立されるまで使用できません。

デバイスで先進認証を無効にする

デバイスで先進認証を無効にするには、デバイスで次のレジストリ キーを設定します。

レジストリ キー
HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Office\15.0\Common\Identity\EnableADAL REG_DWORD 0

2 番目の検証Office 2013にサインインする (記事)
Outlookを求めるメッセージが表示され、モダン認証を使用してパスワードに接続Office 365しない (記事)