Microsoft 365 利用状況分析のレポートをカスタマイズするCustomize the reports in Microsoft 365 usage analytics

Microsoft 365 使用状況分析は、ユーザーが Microsoft 365 を採用して使用する方法に関する分析情報を提供する、Power BI のダッシュボードを提供します。Microsoft 365 usage analytics provides a dashboard in Power BI that offers insights into how users adopt and use Microsoft 365. このダッシュボードは、利用状況データを利用するための開始点に過ぎません。The dashboard is just a starting point to interact with the usage data. レポートをカスタマイズし、洞察機能を個人に合わせて調整できます。The reports can be customized for more personalized insights.

また、Power BI デスクトップを使用し、レポートをさらにカスタマイズできます。レポートを他のデータ ソースに接続することで事業に関してさらに深い洞察が得られます。You can also use the Power BI desktop to further customize your reports by connecting them to other data sources to gain richer insights about your business.

ブラウザーでレポートをカスタマイズするCustomizing reports in the browser

次の 2 つの例は、既存のビジュアルを変更する方法と新しいビジュアルを作成する方法を示しています。The following two examples show how to modify an existing visual and how to create a new visual.

既存のビジュアルを変更するModify an existing visual

次の使用例は、ライセンス認証レポート の [ライセンス認証] タブを変更する方法を示 しています。This example shows how to modify the Activation tab within the Activation/Licensing report.

  1. [ライセンス認証 /ライセンス] レポートで 、[ライセンス認証] タブ を選択 します。Within the Activation/Licensing report, select the Activation tab.

  2. 上部にある [Power BI]ボタンの [その他のページ] ボタンから [編集] ボタン  を選択して、編集モードを入力 します。Enter the edit mode by choosing the Edit button on the top through the The more page button in Power BI button.

    Click Edit report on the top right navigation

  3. 上部の [このページの複製] を選択しますOn the top right, choose Duplicate this page.

    Choose Duplicate this page

  4. 右下で、Android、iOS、Mac などの OS に基づいてアクティブ化するユーザーの数を示す棒グラフを選択します。In the bottom right, choose any of the bar-charts showing the count of users activating based on the OS such as Android, iOS, Mac, etc.

  5. 右側の [視覚化] 領域で、ビジュアルから Mac Count を削除するには、その横にある [X] を選択します。In the Visualizations area to the right, in order to remove Mac Count from the visual, select the X next to it.

    Mac カウントの削除

新しいビジュアルを作成するCreate a new visual

次の例は、新しい Yammer ユーザーを月単位で追跡記録する新しいビジュアルの作成方法を示しています。The following example shows how to create a new visual to track new Yammer users on monthly basis.

  1. 左側のナビゲーションを 使用して [ 製品の使用状況] レポートに移動し、[製品の使用状況] タブYammer します。Go to the Product Usage report using the left nav and select the Yammer tab.

  2. [Power BI] と [編集] の その他の ![ ページ] ボタンを選択して編集モード 切り替えますSwitch to edit mode by choosing The more page button in Power BI and Edit.

  3. ページの下部で、At the bottom of the page, select the Power BI の [ページの追加] ボタン をクリックして、新しいページを作成します。to create a new page.

  4. 右側の [視覚化] 領域で、[積 み上 げ棒グラフ] (左上から最初の行) を選択します。In the Visualizations area to the right, choose the Stacked bar chart (top row, first from left).

    棒グラフの選択

  5. その視覚エフェクトの右下を選択し、ドラッグして大きくします。Select the bottom right of that visualization and drag to make it larger.

  6. 右側の [フィールド ] 領域で、[予定表] テーブル を展開 します。In the Fields area to the right, expand the Calendar table.

  7. [ MonthName] を [フィールド] 領域までドラッグします。[ 視覚エフェクト] 領域の [ ] 見出しのすぐ下にあります。Drag MonthName to the fields area, directly below the Axis heading in the Visualizations area.

    [月名のドラッグ]

  8. 右にある [ フィールド] 領域の [ TenantProductUsage] テーブルを展開します。In the Fields area to the right, expand the TenantProductUsage table.

  9. [ FirstTimeUsers] を [フィールド] 領域までドラッグします。[ ] 見出しのすぐ下にあります。Drag FirstTimeUsers to the fields area, directly below the Value heading.

  10. [ Product] を [ フィールド] 領域までドラッグします。[ ビジュアル レベル フィルター] 見出しのすぐ下にあります。Drag Product to the Filters area, directly below the Visual level filters heading.

  11. [ フィルターの種類] 領域が表示されたら、[ Yammer] チェック ボックスを選択します。In the Filter Type area that appears, select the Yammer check box.

    [選択Yammer] チェック ボックス

  12. 視覚化の一覧の下にある  [Power BI Visualizaions] の [書式] アイコン [書式] アイコンを選択します Just below the list of visualizations, choose the Format icon Format icon in Power BI Visualizaions.

  13. [タイトル] を展開し、[ タイトル テキスト] 値を [ 月別の新規 Yammer ユーザー] に変更します。Expand Title and change the Title Text value to First-Time Yammer Users by Month.

  14. [ テキストのサイズ] 値を [ 12] に変更します。Change the Text Size value to 12.

  15. 右下のページの名前を編集して、新しいページのタイトルを変更します。Change the title of the new page by editing the name of the page on bottom right.

  16. 上部の [閲覧ビュー] を クリックし、[ 保存] をクリックしてレポートを 保存しますSave out the report by Clicking on Reading View on top and then Save.

Power BI Desktop のレポートをカスタマイズするCustomizing the reports in Power BI Desktop

ほとんどのお客様にとっては、Power BI Web のレポートとグラフ ビジュアルを変更すれば十分です。ただし、場合によっては、自社の事業という文脈において深い洞察を得るには、このデータを他のデータ ソースと接続する必要があります。その場合、Power BI デスクトップを利用して追加のレポートをカスタマイズしたり、ビルドしたりできます。Power BI デスクトップは無料でダウンロードできます。For most customers modifying the reports and chart visuals in Power BI web will be sufficient. For some however, there may be a need to join this data with other data sources to gain richer insights contextual to their own business, in which case they can customize and build additional reports using Power BI Desktop. You can download Power BI Desktop for free.

レポート API を使用するUse the reporting APIs

まず、これらのレポートに電力を供給する Microsoft 365 の ODATA レポート API に直接接続します。You can start by connecting directly to the ODATA reporting APIs from Microsoft 365 that power these reports.

  1. Go to get data > Other > ODATA Feed > Connect.Go to get data > Other > ODATA Feed > Connect.

  2. URL ウィンドウに「https:// reports.office.com/pbi/v1.0/」 と入力 <tenantid> します。In the URL window enter "https://reports.office.com/pbi/v1.0/<tenantid>"

    注: レポート API はプレビュー中で、本番環境に入るまで変更される可能性があります。NOTE: The reporting APIs are in preview and are subject to change until they go into production.

    OData feed URL for Power BI desktop

  3. メッセージが表示されたら、Microsoft 365 (組織または学校) の管理者資格情報を入力して、Microsoft 365 に対して認証します。Enter your Microsoft 365 (organization or school) admin credentials to authenticate to Microsoft 365 when prompted.

    Microsoft 365 導入テンプレート アプリ レポートにアクセスできるユーザーの詳細については、「FAQ」を参照してください。See the FAQ for more information about who is allowed to access the Microsoft 365 Adoption template app reports.

  4. 接続が承認されると、[ナビゲーター] ウィンドウが表示されます。このウィンドウに、接続先として利用できるデータセットが表示されます。Once the connection is authorized, you will see the Navigator window that shows the datasets available to connect to.

    すべて選択し、[読み込み] を選択しますSelect all and choose Load.

    これで Power BI デスクトップにデータがダウンロードされます。This will download the data into your Power BI Desktop. このファイルを保存すれば、必要なレポートの作成を開始できます。Save this file and then you can start creating the reports you need.

    レポート API で使用できる ODATA 値

Microsoft 365 利用状況分析テンプレートの使用Use the Microsoft 365 usage analytics template

また、データに接続するための開始点として、Microsoft 365 利用状況分析レポートに対応する Power BI テンプレート ファイルを使用することもできます。You can also use the Power BI template file that corresponds to the Microsoft 365 usage analytics reports as a starting point to connect to the data. pbit ファイルを利用することの長所は、接続文字列が既に確立されていることです。The advantage of using the pbit file is that it has the connection string already established. 基本スキーマが返すデータに加え、作成されたあらゆるカスタム メジャーを活用し、基本スキーマの上にさらに構築することもできます。You can also take advantage of all the custom measures that are created, on top of the data that the base schema returns and build on it further.

Power BI テンプレート ファイルは、Microsoft ダウンロード センター からダウンロードできますYou can download the Power BI template file from the Microsoft Download Center. Power BI テンプレート ファイルをダウンロードした後、次の手順に従って開始します。After you download the Power BI template file, follow these steps to get started:

  1. pbit ファイルを開きます。Open the pbit file.

  2. ダイアログにテナント ID 値を入力します。Enter your tenant id value in the dialog.

    Enter your tenant ID to open the pbit file

  3. プロンプトが表示されたら、管理者資格情報を入力して Microsoft 365 に認証します。Enter your admin credentials to authenticate to Microsoft 365 when prompted.

    Microsoft 365 利用状況分析レポートにアクセスできるユーザーの詳細については、次の情報を参照してください。for more information about who is allowed to access the Microsoft 365 usage analytics reports.

    承認された後に、Power BI ファイルのデータが更新されます。Once authorized, the data will be refreshed in the Power BI file.

    データの読み込みには時間がかかることがあります。完了後、ファイルを .pbix ファイルとして保存し、レポートのカスタマイズを続けたり、このレポートにデータ ソースを追加したりできます。Data load may take some time, once complete, you can save the file as a .pbix file and continue to customize the reports or bring an additional data source into this report.

  4. レポートを作成する方法、Power BI サービスにレポートを公開する方法、組織と共有する方法を理解するには、「Getting started with Power BI」 (Power BI を始める) ドキュメントをご覧ください。この方法でカスタマイズと共有を行う場合、追加の Power BI ライセンスが必要になることがあります。詳細については、Power BI のライセンスに関するページを参照してください。Follow Getting started with Power BI documentation to understand how to build reports, publish them to the Power BI service, and share with your organization. Following this path for customization and sharing may require additional Power BI licenses. See Power BI licensing guidance for details.