MSCommerce PowerShell モジュールに AllowSelfServicePurchase を使用するUse AllowSelfServicePurchase for the MSCommerce PowerShell module

MSCommerce PowerShell モジュールが PowerShell ギャラリーで利用できますThe MSCommerce PowerShell module is now available on PowerShell Gallery. このモジュールには 、組織内のユーザー がセルフサービス購入を行えるかどうかを制御できる AllowSelfServicePurchase の PolicyID パラメーター値が含まれています。The module includes a PolicyID parameter value for AllowSelfServicePurchase that lets you control whether users in your organization can make self-service purchases.

MSCommerce PowerShell モジュールを使用すると、次の目的で使用できます。You can use the MSCommerce PowerShell module to:

  • AllowSelfServicePurchase パラメーター値の既定の状態を表示する (有効または無効のかどうか)View the default state of the AllowSelfServicePurchase parameter value — whether it's enabled or disabled
  • 該当する製品の一覧とセルフサービス購入が有効か無効かを表示するView a list of applicable products and whether self-service purchase is enabled or disabled
  • 特定の製品の現在の設定を表示または変更して、有効または無効にするView or modify the current setting for a specific product to either enable or disable it

RequirementsRequirements

MSCommerce PowerShell モジュール を使用するには、次が必要です。To use the MSCommerce PowerShell module, you need:

  • Windows 10 デバイスA Windows 10 device
  • デバイスの管理者のアクセス許可Administrator permission for the device
  • テナントのグローバルまたは課金管理者の役割Global or Billing Admin role for your tenant

MSCommerce PowerShell モジュールのインストールInstall the MSCommerce PowerShell module

WINDOWS 10 デバイスに MSCommerce PowerShell モジュールを 1 回インストールし、開始する各 PowerShell セッションにインポートします。You install the MSCommerce PowerShell module on your Windows 10 device once and then import it into each PowerShell session you start. PowerShell ギャラリーから MSCommerce PowerShell モジュールをダウンロードしますDownload the MSCommerce PowerShell module from the PowerShell Gallery.

PowerShellGet を使用して MSCommerce PowerShell モジュールをインストール するには、 次のコマンドを実行します。To install the MSCommerce PowerShell module with PowerShellGet, run the following command:

Install-Module -Name MSCommerce

MsCommerce を PowerShell セッションにインポートするImport MSCommerce into the PowerShell session

Windows 10 デバイスにモジュールをインストールした後、開始する各 PowerShell セッションにモジュールをインポートします。After you install the module on your Windows 10 device, you then import it into each PowerShell session that you start. PowerShell セッションにインポートするには、次のコマンドを実行します。To import it into a PowerShell session, run the following command:

Import-Module -Name MSCommerce

資格情報を使用して MSCommerce に接続するConnect to MSCommerce with your credentials

資格情報を使用して PowerShell モジュールに接続するには、次のコマンドを実行します。To connect to the PowerShell module with your credentials, run the following command.

Connect-MSCommerce

このコマンドは、現在の PowerShell セッションを Azure Active Directory テナントに接続します。This command connects the current PowerShell session to an Azure Active Directory tenant. 接続するテナントのユーザー名とパスワードを求めるメッセージが表示されます。The command prompts you for a username and password for the tenant you want to connect to. 資格情報に対して多要素認証が有効になっている場合は、対話型オプションを使用してログインします。If multi-factor authentication is enabled for your credentials, you use the interactive option to log in.

AllowSelfServicePurchase の詳細を表示するView details for AllowSelfServicePurchase

組織に基づいて AllowSelfServicePurchase パラメーター値と既定の状態の説明を表示するには、次のコマンドを実行します。To view a description of the AllowSelfServicePurchase parameter value and the default status, based on your organization, run the following command:

Get-MSCommercePolicy -PolicyId AllowSelfServicePurchase

セルフサービス購入製品とその状態の一覧を表示するView a list of self-service purchase products and their status

利用可能なすべてのセルフサービス購入製品の一覧とそれぞれの状態を表示するには、次のコマンドを実行します。To view a list of all available self-service purchase products and the status of each, run the following command:

Get-MSCommerceProductPolicies -PolicyId AllowSelfServicePurchase

次の表に、使用可能な製品とその ProductId を示しますThe following table lists the available products and their ProductId.

製品Product ProductIdProductId
ユーザーごとの Power AppsPower Apps per user CFQ7TTC0KP0PCFQ7TTC0KP0P
ユーザーごとの Power AutomatePower Automate per user CFQ7TTC0KP0NCFQ7TTC0KP0N
Power Automate RPAPower Automate RPA CFQ7TTC0KXG6CFQ7TTC0KXG6
Power BI Premium (スタンドアロン)Power BI Premium (standalone) CFQ7TTC0KXG7CFQ7TTC0KXG7
Power BI ProPower BI Pro CFQ7TTC0L3PBCFQ7TTC0L3PB
Project Plan 1Project Plan 1 CFQ7TTC0KXNDCFQ7TTC0KXND
Project Plan 3Project Plan 3 CFQ7TTC0KXNCCFQ7TTC0KXNC
Visio プラン 1Visio Plan 1 CFQ7TTC0KXN9CFQ7TTC0KXN9
Visio プラン 2Visio Plan 2 CFQ7TTC0KXN8CFQ7TTC0KXN8

AllowSelfServicePurchase の状態を表示または設定するView or set the status for AllowSelfServicePurchase

セルフサービス購入で使用できる製品の一覧を表示した後、特定の製品の設定を表示または変更できます。After you view the list of products available for self-service purchase, you can view or modify the setting for a specific product.

特定の製品のポリシー設定を取得するには、次のコマンドを実行します。To get the policy setting for a specific product, run the following command:

Get-MSCommerceProductPolicy -PolicyId AllowSelfServicePurchase -ProductId CFQ7TTC0KP0N

特定の製品のポリシー設定を有効にするには、次のコマンドを実行します。To enable the policy setting for a specific product, run the following command:

Update-MSCommerceProductPolicy -PolicyId AllowSelfServicePurchase -ProductId CFQ7TTC0KP0N -Enabled $True

特定の製品のポリシー設定を無効にするには、次のコマンドを実行します。To disable the policy setting for a specific product, run the following command:

Update-MSCommerceProductPolicy -PolicyId AllowSelfServicePurchase -ProductId CFQ7TTC0KP0N -Enabled $False

AllowSelfServicePurchase を無効にするスクリプトの例Example script to disable AllowSelfServicePurchase

次の例では 、MSCommerce モジュールをインポートし、アカウントでサインインし、Power Automate の ProductId を取得し、その製品の AllowSelfServicePurchase を無効にする方法について説明します。The following example walks you through how to import the MSCommerce module, sign in with your account, get the ProductId for Power Automate, and then disable AllowSelfServicePurchase for that product.

Import-Module -Name MSCommerce
Connect-MSCommerce #sign-in with your global or billing administrator account when prompted
$product = Get-MSCommerceProductPolicies -PolicyId AllowSelfServicePurchase | where {$_.ProductName -match 'Power Automate'}
Update-MSCommerceProductPolicy -PolicyId AllowSelfServicePurchase -ProductId $product.ProductID -Enabled $false

トラブルシューティングTroubleshooting

問題Problem

次のエラー メッセージが表示されます。You see the following error message:

HandleError : PolicyId 'AllowSelfServicePurchase', ErrorMessage - 基になる接続が閉じられました: 送信時に予期しないエラーが発生しました。HandleError : Failed to retrieve policy with PolicyId 'AllowSelfServicePurchase', ErrorMessage - The underlying connection was closed: An unexpected error occurred on a send.

これは、トランスポート層セキュリティ (TLS) の古いバージョンが原因である可能性があります。This may be due to an older version of Transport Layer Security (TLS). このサービスを接続するには、TLS 1.2 以上を使用する必要があります。To connect this service you need to use TLS 1.2 or greater

ソリューションSolution

TLS 1.2 へのアップグレード: https://docs.microsoft.com/mem/configmgr/core/plan-design/security/enable-tls-1-2Upgrade to TLS 1.2: https://docs.microsoft.com/mem/configmgr/core/plan-design/security/enable-tls-1-2