セルフサービス購入についてよく寄せられる質問Self-service purchase FAQ

注意

この記事に記載されている情報は、Microsoft 電源プラットフォーム (Power BI、電源アプリ、およびパワー自動化) サブスクリプションにのみ適用されます。The information in this article only applies to Microsoft Power Platform (Power BI, Power Apps and Power Automate) subscriptions.

複数の国の電源プラットフォームでセルフサービス購入が可能になりました。Self-service purchases are now available for Power Platform in multiple countries.

全般General

電源プラットフォーム製品のセルフサービス購入に関して Microsoft が発表した変更点は何ですか?What changes did Microsoft announce around self-service purchases for the Power Platform products?

11月19日に IT 管理者は、PowerShell を使用して製品ごとにセルフサービス購入を無効にする方法を提供しました。On November 19, we provided IT admins a way to turn off self-service purchasing on a per product basis via PowerShell. その使用方法については、「 Use AllowSelfServicePurchase for The MSCommerce PowerShell module」を参照してください。To learn how to use it, see Use AllowSelfServicePurchase for the MSCommerce PowerShell module.

この変更の準備により多くの時間を提供するために、microsoft は、すべての商用クラウドのお客様について、1月14日に power Platform 製品が Power BI を開始できるようにするための、電源プラットフォーム製品のセルフサービス購入機能のための起動を更新しています。To provide more time to prepare for this change, we're updating the launch for self-service purchase capabilities for Power Platform products to start with Power BI on January 14 for all commercial cloud customers.

2020年1月14日以降、電力プラットフォーム製品 (Power BI、電源アプリ、および電源自動化) のセルフサービス購入、サブスクリプション、およびライセンス管理の機能は、米国のコマーシャルクラウドのお客様が利用できます。Beginning January 14, 2020, self-service purchase, subscription, and license management capabilities for Power Platform products (Power BI, Power Apps, and Power Automate) will be available for commercial cloud customers in the United States. セルフサービス購入により、ユーザーは新しいテクノロジを試す機会に、より大規模な組織に最終的にメリットをもたらすソリューションを開発することができます。Self-service purchase gives users a chance to try out new technologies and lets them develop solutions that will ultimately benefit their larger organizations. 現時点では、この機能は米国政府機関、非営利団体、または教育機関のテナントでは使用できません。This capability will not be available to tenants in the US that are government, nonprofit, or education, at this time. 中央の調達および IT チームは、 Microsoft 365 管理センターを介してセルフサービス購入ソリューションを購入および展開するすべてのユーザーに対して可視性を持ち、PowerShell を使用して製品ごとにセルフサービス購入を無効にすることができます。Central procurement and IT teams will have visibility to all users buying and deploying self-service purchase solutions through the Microsoft 365 admin center, and will be able to turn off self-service purchasing on a per product basis via PowerShell.

Microsoft が電源プラットフォーム製品のセルフサービス購入オプションを追加するのはなぜですか?Why is Microsoft adding a self-service purchase option for the Power Platform products?

今日の世界では、エンドユーザーと部署が、独自のテクノロジソリューションを求め、購入する機会が増えています。In today’s world, end users and departments are increasingly seeking out and buying technology solutions on their own. これらのお客様から多数の要求を受信して、電源プラットフォーム製品のセルフサービス購入を有効にしました。We’ve received numerous requests from these customers to enable self-service purchase of Power Platform products. IT 管理者のニーズを均等にする一方で、組織内の個々のユーザーがサードパーティ製のソリューションを使用して知識を持たない場合に、表示や制御を行うことがよくあります。We’re responding to this customer need while also balancing the needs of IT administrators, who often times lose visibility and control when individuals within their organization adopt third-party solutions without their knowledge. 今後の電源プラットフォーム製品のセルフサービス機能を使用すると、IT 管理者は組織内で行われているすべてのセルフサービス購入を完全に把握し、組織レベルで設定されたデータガバナンスポリシーを次のように見越計上することができるようになります。セルフサービスで購入したサブスクリプション。With the upcoming self-service capability for Power Platform products, IT admins will have complete visibility to all self-service purchases taking place within their organization, and data governance policies set at the organizational level will accrue to subscriptions purchased via self-service. また、管理者は既存のライセンスを割り当てることも、追加のサブスクリプションを購入することもできます。これには、既存の契約と、セルフサービス購入に割り当てられたユーザーの価格設定を使用します。Admins can also assign existing licenses, or purchase additional subscriptions, of Power Platform products through existing agreements and pricing for users assigned to self-service purchases. これらの集中的に購入したライセンスを割り当てた後、管理者は purchasers に既存のサブスクリプションをキャンセルするよう要求できます。After assigning these centrally purchased licenses, admins can then request that the purchasers cancel their existing subscriptions. Microsoft は、このプロセスを今後の管理者向けに簡素化および合理化する方法を調査しています。Microsoft is exploring ways to simplify and streamline this process for admins in the future.

セルフサービス購入に使用できる電源プラットフォーム製品を教えてください。Which Power Platform products are available for self-service purchase?

Microsoft は、米国の顧客に対して、電力プラットフォーム (Power BI、電源アプリ、および電源自動化) に対するセルフサービスの購入を開始しており、今後数か月に追加のマーケットが利用可能になりました。Microsoft has launched self-service purchase for Power Platform (Power BI, Power Apps, and Power Automate) to customers in the United States, with additional markets becoming available in the coming months. 現時点では、この機能は米国政府機関、非営利団体、または教育機関のテナントでは使用できません。This capability will not be available to tenants in the US that are government, nonprofit, or education, at this time.

電源プラットフォーム製品を超えたサービスに対してセルフサービス購入が有効になりますか?Will self-service purchase be enabled for services beyond the Power Platform products?

現時点では、セルフサービス購入で提供されているのは電源プラットフォームファミリ製品のみです。At this time, only the Power Platform family products is being offered through self-service purchase.

セルフサービス購入の作成Making a self-service purchase

お客様はどのようにしてセルフサービス購入を行いますか?How does a customer make a self-service purchase?

お客様は、Microsoft Power BI、Power Apps、および Power online の web サイトからセルフサービス購入を行うことができます。Customers will be able to make a self-service purchase online from the Microsoft Power BI, Power Apps, and Power Automate websites. お客様は、既存の Azure Active Directory (AD) テナント内のユーザーであることを確認するために、最初にメールアドレスを入力するように求められます。Customers will first be asked to enter an email address to ensure they’re a user in an existing Azure Active Directory (AD) tenant. その後、Azure AD 資格情報を使用してログインするように指示されます。Then they’ll be directed to log in by using their Azure AD credentials. サインインした後、お客様は購入するサブスクリプションの数を選択し、クレジットカードの支払いを提供するように求められます。After signing in, the customer will be asked to select how many subscriptions they want to purchase and provide credit card payment. 購入が完了すると、サブスクリプションの使用を開始できるようになります。When the purchase is complete, they’ll be able to start using their subscription. また、購入者は、組織内の他のユーザーが製品を使用できるようにするためのMicrosoft 365 管理センターの制限されたビューにアクセスすることもできます。The purchaser will also be able to access a limited view of the Microsoft 365 admin center where they can enable other people in their organization to use the product.

セルフサービス購入の支払いオプションとはWhat are the payment options for self-service purchases?

現時点では、クレジットカードのみが利用可能な支払い方法です。Currently, credit card is the only available payment method. 請求による支払いはサポートされていません。Payment through invoicing is not supported.

セルフサービス購入で購入できるユーザーWho can buy through self-service purchase?

管理された Azure AD テナント内のゲスト以外のユーザーアカウントを持つユーザーは、購入できます。Any user with a non-guest user account in a managed Azure AD tenant can buy. 現時点では、この機能は、官公庁、非営利団体、または教育機関のテナントでは使用できません。This capability will not be available to tenants that are government, nonprofit, or education, at this time. これが組織に当てはまる場合は、この時点でセルフサービス購入を制御するために追加の操作は必要ありません。If this applies to your organization, then no additional action is required to control self-service purchase, at this time.

セルフサービス購入の対象になっていない組織または市場のユーザーには、今日と同じように IT 管理者に連絡するように求めるメッセージが表示されます。Users in organizations or markets who are not eligible for self-service purchase will see a message asking them to contact their IT admin as they do today.

ゲストユーザーはセルフサービス購入で購入できますか?Can guest users buy through self-service purchase?

いいえ、ゲストユーザーはゲストになっているテナントでセルフサービス購入を完了できません。No, guest users cannot complete a self-service purchase in a tenant in which they’re a guest.

オンプレミスの Active Directory からのユーザーの同期は、セルフサービスの購入で行うことができますか。Can users synced from an on-premises Active Directory buy through self-service purchase?

ユーザーが適格な Azure AD テナントにアクティブなユーザーアカウントを持っている場合は、セルフサービス購入を完了できます。If a user has an active user account in an eligible Azure AD tenant, they can complete a self-service purchase.

セルフサービスの purchasers にライセンスを割り当てることができるユーザーWho can self-service purchasers assign licenses to?

セルフサービス purchasers は、同じ Azure AD テナント内のユーザーにのみライセンスを割り当てることができます。Self-service purchasers will only be able to assign licenses to users in the same Azure AD tenant. 購入者は、ライセンスを割り当てるために、 Microsoft 365 管理センターの限定されたビューにアクセスできるようになります。The purchaser will be able to access a limited view of the Microsoft 365 admin center to assign licenses. これらのユーザーは、表示のみが可能であり、セルフサービス購入で購入した製品にライセンスを割り当てることができます。これらのライセンスは、同じ Azure AD テナント内のユーザーに割り当てることしかできません。They’ll only have visibility and can assign licenses to those products that they’ve bought through self-service purchase, and they’ll only be able to assign those licenses to users in the same Azure AD tenant.

セルフサービスの購入者は購入を確認して管理しますか?Where does the self-service purchaser see and manage their purchases?

セルフサービス purchasers では、 Microsoft 365 管理センターの限定されたビューで購入を管理できます。Self-service purchasers can manage their purchases in the limited view of the Microsoft 365 admin center. Purchasers は、office 365 アプリ起動ツールの [管理] タイルから、すべての office 365 および Dynamics online アプリに組み込まれている管理センターにいつでもアクセスできます。Purchasers can always get to the admin center from the Admin tile in the Office 365 app launcher built into all Office 365 and Dynamics online apps. 作成した購入を表示したり、同じサービスに対して追加のサブスクリプションを購入したり、それらのサブスクリプションのライセンスを組織内の他のユーザーに割り当てることができます。They can view the purchases they’ve made, buy additional subscriptions to the same service, and assign licenses for those subscriptions to other users in their organization. また、purchasers は、請求書の表示と支払い、支払い方法の更新、およびサブスクリプションのキャンセルを行うことができます。Additionally, purchasers can view and pay their bill, update their payment method, and cancel their subscription.

セルフサービス purchasers の制限された Microsoft 365 管理センターの表示:View of the limited Microsoft 365 admin center for self-service purchasers:

Microsoft 365 管理センターのスクリーンショット。

価格設定Pricing

セルフサービス購入の価格設定についてWhat is the pricing for self-service purchases?

セルフサービス購入の各電源プラットフォーム製品の価格は、Microsoft の web サイトで提供されています。また、セルフサービス購入時にも、チェックアウト操作の一部として表示されます。Pricing for each of the Power Platform products for self-service purchases will be available on the Microsoft website and is also displayed as part of the checkout experience while making a self-service purchase. これらの価格は、パートナーによって集中購入または料金を提示する際に組織が支払う価格とは異なる場合があります。These prices may differ from the prices an organization pays when making central purchases or prices offered through a partner.

支払いの責任者Who is responsible for payment?

セルフサービス購入によってサブスクリプションを購入したユーザーは請求され、購入の条項と価格に基づいて支払いを担当します。The person who buys the subscription through self-service purchase will be billed and is responsible for payment based on the terms and pricing of the purchase.

管理機能Admin capabilities

セルフサービス購入における管理者の権限を教えてくださいWhat capabilities does an admin have for self-service purchases?

管理者は、組織内で行われたすべてのセルフサービスの購入をMicrosoft 365 管理センターで確認できます。Admins can view all self-service purchases made in their organization in the Microsoft 365 admin center. これらのユーザーは、製品、購入者名、購入したサブスクリプション、有効期限、注文履歴、購入価格、および割り当てられたユーザーを各セルフサービス購入に対して確認できます。They can see the product, purchaser name, subscriptions purchased, expiry date, order history, purchase price, and assigned users for each self-service purchase. 電源プラットフォーム管理センターでは、管理者はセルフサービス購入容量を表示することもできます。In the Power Platform Admin Center, admins can also view self-service purchases capacity. 組織に必要な場合、管理者は、PowerShell を使用して製品ごとにセルフサービス購入を無効にすることができます。If required for their organization, admins will be able to turn off self-service purchasing on a per product basis via PowerShell. 管理者は、セルフサービス購入された製品と一元的に購入された製品に対して、同じデータ管理およびアクセスポリシーを有します。Admins have the same data management and access policies over products bought through self-service purchase or centrally.

管理者は、組織内のユーザーがセルフサービス購入を行うことができるかどうかを制御することもできます。Admins can also control whether users in their organization can make self-service purchases. 詳細については、「 Use AllowSelfServicePurchase for The MSCommerce PowerShell module」を参照してください。For more information, see Use AllowSelfServicePurchase for the MSCommerce PowerShell module.

セルフサービス購入を有効にすることによって、Microsoft はデータガバナンスとコンプライアンスをどのように重視していますか?How is Microsoft respecting data governance and compliance by enabling self-service purchase?

管理者は、データガバナンスとコンプライアンスの要件に基づいて、テナント内で有効にするサービスと製品を制御します。Admins maintain control over what services and products are enabled within their tenant based upon their data governance and compliance requirements. さらに、組織で有効になっているすべてのデータ管理とアクセスポリシーが、セルフサービスで購入可能なサービスに適用されます。Additionally, all data management and access policies, which your organization has enabled, will apply to self-service purchased enabled services.

セルフサービス購入から作成された製品データの所有者Who owns the product data created from self-service purchases?

セルフサービス購入で購入した製品から作成されたデータは、組織によって所有および制御されます。Data created from products bought through self-service purchase is owned and controlled by the organization.

セルフサービス購入で行われた購入を一元管理するにはどうすればよいですか?How do I centralize the purchases made through self-service purchase?

管理者は、既存のライセンスを割り当てることも、電源プラットフォーム製品 (Power BI、電源アプリ、および電源自動化) の追加サブスクリプションを購入することもできます。これには、既存の契約と、セルフサービス購入に割り当てられたユーザーの料金があります。Admins can assign existing licenses or purchase additional subscriptions of Power Platform products (Power BI, Power Apps, and Power Automate) through existing agreements and pricing for users assigned to self-service purchases. これらの集中的に購入したライセンスを割り当てた後、管理者は purchasers に既存のサブスクリプションをキャンセルするよう要求できます。After assigning these centrally purchased licenses, admins can then request that the purchasers cancel their existing subscriptions. Microsoft は、このプロセスを今後の管理者向けに簡素化および合理化する方法を調査しています。Microsoft is exploring ways to simplify and streamline this process for admins in the future.

管理者はどこにセルフサービス購入を表示しますか?Where does the admin see self-service purchases?

グローバルおよび請求管理者は、 Microsoft 365 管理センターのサービスを購入して購入したサブスクリプション、または中央の調達で購入されたその他のすべてのサブスクリプションを使用して、購入したサブスクリプション > を確認することができます。&Global and billing admins can see subscriptions bought through self-service purchase in Billing > Products & services in the Microsoft 365 admin center together with all other subscriptions purchased through central procurement. このリストは、中央の調達で購入されたサブスクリプションのみにフィルターを適用したり、セルフサービス購入で購入したサブスクリプションを含めることができます。They can filter the list to just the subscriptions purchased through central procurement or include subscriptions bought through self-service purchase.

管理者は、製品、買い手名、購入したサブスクリプション、有効期限、注文履歴、購入価格、割り当てられたユーザーを表示できます。Admins can see the product, purchaser name, subscription purchased, expiry date, order history, the purchase price, and assigned users.

サポートとトレーニングSupport and training

お客様の IT 部門やパートナーは、セルフサービス購入によって購入された製品をサポートすることを期待していますか。Are customers’ IT departments or partners expected to support products bought through self-service purchase?

IT 部門およびパートナーは、セルフサービス購入を通じて購入された製品に対するサポートを提供することを期待していません。IT departments and partners aren’t expected to provide support for products bought through self-service purchase. Microsoft は、セルフサービス purchasers の標準サポートを提供します。Microsoft will provide standard support for self-service purchasers.

セルフサービスの購入者がサポートに電話をかける場合、お客様のプレミアサポートインシデントを使用しますか?If a self-service purchaser calls support, will they use the customer’s Premier support incidents?

セルフサービス purchasers では、お客様のプレミアサポートインシデントを使用してセルフサービス購入のサポートを受けることはできません。Self-service purchasers won’t use a customer’s Premier support incidents for receiving support for their self-service purchases.

セルフサービス購入で購入した製品について、ユーザーはどのようにトレーニングを受けられるようになりますか?How are users expected to receive training on the products they buy through self-service purchase?

ユーザー向けの豊富なトレーニングは、Microsoft Power BI、Power Apps、および Power オートメーション web サイトで提供されています。Extensive training for users is provided on the Microsoft Power BI, Power Apps, and Power Automate websites. これらの製品には、他のユーザーから直接回答やヒントを得るためのガイド学習、ドキュメント、サンプル、および強力なコミュニティが用意されています。The products have guided learning, documentation, samples, and strong communities to get answers and tips directly from other users.

ユーザーが組織を離れた場合、セルフサービス購入はどうなりますか?What happens to a self-service purchase if a user leaves the organization?

有効なユーザーは、サブスクリプションの期間に対してセルフサービス購入を完全に使用し続けることができます。Valid users will continue to have full use of the self-service purchase for the duration of the subscription. サブスクリプションは、購入者が直接取り消すか、カスタマーサポートによってサブスクリプションをキャンセルすることを要求するまで、アクティブのままになります。The subscription remains active until the purchaser directly cancels it or an admin requests that the subscription be canceled through customer support. 管理者は、解約されたサブスクリプションのユーザーに対して、集中購入したライセンスを割り当てることもできます。Admins may also choose to assign a centrally purchased license to users of the canceled subscription.

パートナーPartners

セルフサービス購入における Microsoft のパートナーの役割What’s the role of Microsoft’s partners in self-service purchases?

管理権限を委任されたパートナーは、管理者と同様に、 Microsoft 365 管理センターでセルフサービス購入を表示できます。パートナーは、セルフサービス購入によって購入された製品を集中管理する組織のサポートに役立ちます。Partners who have delegated administration privileges can see self-service purchases in the Microsoft 365 admin center, just like an admin. Partners can help support an organization that wants to centralize products bought through self-service purchases. また、パートナーは、セルフサービス購入の機能を拡張するためのソリューションを提供することができます。Additionally, partners may offer solutions to extend the capabilities of a self-service purchase.

国の空き時間情報Country availability

どの国でセルフサービス購入を行うことができますか。In which countries can I make a self-service purchase?

セルフサービス購入は、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、日本、英国、および米国の各国でご利用いただけます。Self-service purchases are available in the following countries: Australia, Canada, France, Germany, Japan, the United Kingdom, and the United States.