EML データをアーカイブするコネクタをセットアップするSet up a connector to archive EML data

Microsoft 365 コンプライアンス センターの Veritas コネクタを使用して、Microsoft 365 組織のユーザー メールボックスに EML データをインポートおよびアーカイブします。Use a Veritas connector in the Microsoft 365 compliance center to import and archive EML data to user mailboxes in your Microsoft 365 organization. EML は、ファイルに保存された電子メール メッセージのファイル拡張子です。EML is the file extension for an email message saved to a file. コネクタは、アイテムのコンテンツをソース形式から電子メール メッセージ形式に変換し、そのアイテムをユーザー メールボックスにインポートします。The connector converts the content of an item from the source format to an email message format and then imports the item to a user mailbox.

EML メッセージをユーザー メールボックスに保存した後、訴訟ホールド、電子情報開示、保持ポリシー、保持ラベルなどの Microsoft 365 コンプライアンス機能を適用できます。After EML messages are stored in user mailboxes, you can apply Microsoft 365 compliance features such as Litigation Hold, eDiscovery, and retention policies and retention labels. EML コネクタを使用して Microsoft 365 のデータをインポートおよびアーカイブすると、組織が政府および規制ポリシーに準拠しつ付けるのに役立ちます。Using an EML connector to import and archive data in Microsoft 365 can help your organization stay compliant with government and regulatory policies.

EML データのアーカイブの概要Overview of archiving EML data

次の概要では、コネクタを使用して Microsoft 365 の EML データをアーカイブするプロセスについて説明します。The following overview explains the process of using a connector to archive EML data in Microsoft 365.

EML データのアーカイブ ワークフロー

  1. 組織は EML ソースと一緒に EML サイトを設定および構成します。Your organization works with the EML source to set up and configure an EML site.

  2. 24 時間に 1 回、EML ソースのコンテンツ アイテムが Veritas Merge1 サイトにコピーされます。Once every 24 hours, content items from the EML source are copied to the Veritas Merge1 site. このプロセスの間、EML ファイルのコンテンツは電子メール メッセージ形式に変換されます。During this process, the content of an EML file is converted to an email message format.

  3. Microsoft 365 コンプライアンス センターで作成した EML コネクタは、毎日 Veritas Merge1 サイトに接続し、Microsoft クラウド内の安全な Azure Storage の場所にメッセージを転送します。The EML connector that you create in the Microsoft 365 compliance center, connects to the Veritas Merge1 site every day and transfers the messages to a secure Azure Storage location in the Microsoft cloud.

  4. コネクタは、手順 3 で説明されている自動ユーザー マッピング プロセスの Email プロパティの値を使用して、変換されたメッセージ アイテムを特定のユーザーのメールボックス にインポートしますThe connector imports the converted message items to the mailboxes of specific users using the value of the Email property of the automatic user mapping process that's described in Step 3. このプロセスでは 、EML という名前の受信トレイ フォルダー内のサブフォルダーがユーザー メールボックスに作成され、EML アイテムがそのフォルダーにインポートされます。During this process, a subfolder in the Inbox folder named EML is created in the user mailboxes, and the EML items are imported to that folder. コネクタは 、Email プロパティの値を使用してアイテムをインポートするメールボックスを決定します。The connector determines which mailbox to import items to by using the value of the Email property. すべてのメッセージには、このプロパティが含まれるので、コンテンツ アイテムのすべての参加者の電子メール アドレスが設定されます。Every message contains this property, which is populated with the email address of every participant of the content item.

はじめにBefore you begin

  • Microsoft コネクタ用の Veritas Merge1 アカウントを作成します。Create a Veritas Merge1 account for Microsoft connectors. アカウントを作成するには 、Veritas カスタマー サポートにお問い合わせくださいTo create an account, contact Veritas Customer Support. 手順 1 でコネクタを作成するときに、このアカウントにサインインします。You will sign into this account when you create the connector in Step 1.

  • 手順 1 で EML コネクタを作成し (手順 3 で完了する) ユーザーは、Exchange Online のメールボックスインポートエクスポートの役割に割り当てる必要があります。The user who creates the EML connector in Step 1 (and completes it in Step 3) must be assigned to the Mailbox Import Export role in Exchange Online. Microsoft 365 コンプライアンス センターの [ データ コネクタ] ページにコネクタを追加するには、この役割が必要です。This role is required to add connectors on the Data connectors page in the Microsoft 365 compliance center. 既定では、この役割は Exchange Online の役割グループに割り当てられていない。By default, this role is not assigned to a role group in Exchange Online. Exchange Online の [組織の管理] 役割グループにメールボックスインポートエクスポート役割を追加できます。You can add the Mailbox Import Export role to the Organization Management role group in Exchange Online. または、役割グループを作成し、メールボックスインポートエクスポートの役割を割り当て、適切なユーザーをメンバーとして追加できます。Or you can create a role group, assign the Mailbox Import Export role, and then add the appropriate users as members. 詳細については、「Exchange Onlineで役割グループを管理する」の記事の「役割グループの作成」または「役割グループの変更」セクションを参照してください。For more information, see the Create role groups or Modify role groups sections in the article "Manage role groups in Exchange Online".

手順 1: EML コネクタをセットアップするStep 1: Set up an EML Connector

最初の手順は、Microsoft 365 コンプライアンス センターの [データ コネクタ] ページにアクセスし、EML データ用のコネクタを作成することです。 The first step is to access to the Data Connectors page in the Microsoft 365 compliance center and create a connector for EML data.

  1. [データ https://compliance.microsoft.com コネクタ EML] に移動し、[データ コネクタ > ] をクリックしますGo to https://compliance.microsoft.com and then click Data connectors > EML.

  2. [EML 製品の説明] ページで、[コネクタの追加]をクリックしますOn the EML product description page, click Add connector.

  3. [サービス条件 ] ページで、[ 同意する] を クリックしますOn the Terms of service page, click Accept.

  4. コネクタを識別する一意の名前を入力し、[次へ] を クリックしますEnter a unique name that identifies the connector, and then click Next.

  5. コネクタを構成するには、Merge1 アカウントにサインインします。Sign in to your Merge1 account to configure the connector.

手順 2: Veritas Merge1 サイトで EML コネクタを構成するStep 2: Configure the EML connector on the Veritas Merge1 site

2 番目の手順は、Veritas Merge1 サイトで EML コネクタを構成することです。The second step is to configure the EML connector on the Veritas Merge1 site. EML コネクタの構成の詳細については 、「Merge1 サードパーティ コネクタ ユーザー ガイド」を参照してください。For information about configuring the EML connector, see Merge1 Third-Party Connectors User Guide.

[ファイルの 保存と&完了] をクリックすると、Microsoft 365 コンプライアンス センターのコネクタ ウィザードの [ユーザー マッピング] ページが表示されます。After you click Save & Finish, the User mapping page in the connector wizard in the Microsoft 365 compliance center is displayed.

手順 3: ユーザーをマップし、コネクタのセットアップを完了するStep 3: Map users and complete the connector setup

ユーザーをマップし、Microsoft 365 コンプライアンス センターでコネクタのセットアップを完了するには、次の手順を実行します。To map users and complete the connector setup in the Microsoft 365 compliance center, follow these steps:

  1. [外部ユーザー を Microsoft 365 ユーザー にマップする] ページで、自動ユーザー マッピングを有効にする。On the Map external users to Microsoft 365 users page, enable automatic user mapping. EML ソース アイテムには、組織内のユーザーのメール アドレスを含む Email というプロパティが含まれます。The EML source items include a property called Email, which contains email addresses for users in your organization. コネクタでこのアドレスを Microsoft 365 ユーザーに関連付ける場合、EML アイテムは、そのユーザーのメールボックスにインポートされます。If the connector can associate this address with a Microsoft 365 user, the EML items are imported to that user’s mailbox.

  2. [次へ] をクリックし、設定を確認し、[データ コネクタ] ページに移動して、新しいコネクタのインポート プロセスの進行状況を確認します。Click Next, review your settings, and then go to the Data connectors page to see the progress of the import process for the new connector.

手順 4: EML コネクタを監視するStep 4: Monitor the EML connector

EML コネクタを作成した後、Microsoft 365 コンプライアンス センターでコネクタの状態を表示できます。After you create the EML connector, you can view the connector status in the Microsoft 365 compliance center.

  1. 左側の https://compliance.microsoft.com ナビゲーションで [ データ コネクタ] に 移動してクリックします。Go to https://compliance.microsoft.com and click Data connectors in the left nav.

  2. [コネクタ ] タブをクリック、EML コネクタを選択して、フライアウト ページを表示します。Click the Connectors tab and then select the EML connector to display the flyout page. このページには、コネクタに関するプロパティと情報が含まれる。This page contains the properties and information about the connector.

  3. [ソースを含むコネクタの状態] で、[ログのダウンロード] リンクをクリックして、コネクタの状態ログを開く (または保存) します。 Under Connector status with source, click the Download log link to open (or save) the status log for the connector. このログには、Microsoft クラウドにインポートされたデータに関する情報が含まれます。This log contains information about the data that has been imported to the Microsoft cloud.

既知の問題Known issues

  • 現時点では、10 MB を超える添付ファイルやアイテムのインポートはサポートされていません。At this time, we don't support importing attachments or items that are larger than 10 MB. 大きいアイテムのサポートは、後日利用できます。Support for larger items will be available at a later date.