Twitter データをアーカイブするコネクタをセットアップする (プレビュー)Set up a connector to archive Twitter data (preview)

Microsoft 365 コンプライアンス センターのコネクタを使用して、Twitter から Microsoft 365 にデータをインポートおよびアーカイブします。Use a connector in the Microsoft 365 compliance center to import and archive data from Twitter to Microsoft 365. コネクタを設定して構成した後、組織の Twitter アカウントに (スケジュールに基づいて) 接続し、アイテムのコンテンツを電子メール メッセージ形式に変換し、それらのアイテムを Microsoft 365 のメールボックスにインポートします。After you set up and configure the connector, it connects to your organization's Twitter account (on a scheduled basis), converts the content of an item to an email message format, and then imports those items to a mailbox in Microsoft 365.

Twitter データをインポートした後、訴訟ホールド、コンテンツ検索、In-Place アーカイブ、監査、Microsoft 365 保持ポリシーなどの Microsoft 365 コンプライアンス機能を Twitter データに適用できます。After the Twitter data is imported, you can apply Microsoft 365 compliance features such as Litigation Hold, Content Search, In-Place Archiving, Auditing, and Microsoft 365 retention policies to the Twitter data. たとえば、メールボックスが訴訟ホールドに置かれたり、保持ポリシーに割り当てられたりすると、Twitter データは保持されます。For example, when a mailbox is placed on Litigation Hold or assigned to a retention policy, the Twitter data is preserved. コンテンツ検索を使用してサード パーティのデータを検索したり、Twitter データが保管担当者に保存されているメールボックスを高度な電子情報開示ケースに関連付けできます。You can search third-party data using Content Search or associate the mailbox where the Twitter data is stored with a custodian in an Advanced eDiscovery case. コネクタを使用して Microsoft 365 で Twitter データをインポートおよびアーカイブすると、組織が政府および規制ポリシーに準拠しつ付けるのに役立ちます。Using a connector to import and archive Twitter data in Microsoft 365 can help your organization stay compliant with government and regulatory policies.

Twitter データをインポートした後、訴訟ホールド、コンテンツ検索、In-Place アーカイブ、監査、通信コンプライアンス、Microsoft 365 保持ポリシーなどの Microsoft 365 コンプライアンス機能をメールボックスに格納されているデータに適用できます。After Twitter data is imported, you can apply Microsoft 365 compliance features such as Litigation Hold, Content Search, In-Place Archiving, Auditing, Communication compliance, and Microsoft 365 retention policies to the data stored in the mailbox. たとえば、コンテンツ検索を使用して Twitter データを検索したり、高度な電子情報開示ケースでデータが保管担当者に保存されているメールボックスを関連付けできます。For example, you can search Twitter data using Content Search or associate the mailbox where the data is stored with a custodian in an Advanced eDiscovery case. コネクタを使用して Microsoft 365 で Twitter データをインポートおよびアーカイブすると、組織が政府および規制ポリシーに準拠しつ付けるのに役立ちます。Using a connector to import and archive Twitter data in Microsoft 365 can help your organization stay compliant with government and regulatory policies.

コネクタをセットアップする前にBefore you set up a connector

Microsoft 365 コンプライアンス センターでコネクタをセットアップして構成して、組織の Twitter アカウントからデータをインポートおよびアーカイブするには、次の前提条件を満たしてください。Complete the following prerequisites before you can set up and configure a connector in the Microsoft 365 compliance center to import and archive data from your organization's Twitter account.

  • 組織の Twitter アカウントが必要です。コネクタのセットアップ時に、このアカウントにサインインする必要があります。You need a Twitter account for your organization; you need to sign in to this account when setting up the connector.

  • 組織に有効な Azure サブスクリプションが必要です。Your organization must have a valid Azure subscription. 既存の Azure サブスクリプションがない場合は、次のいずれかのオプションにサインアップできます。If you don't have an existing Azure subscription, you can sign up for one of these options:

    注意

    Microsoft 365 サブスクリプションに含まれる無料の Azure Active Directory サブスクリプションは、セキュリティ コンプライアンス センター&サポートしていません。The free Azure Active Directory subscription that's included with your Microsoft 365 subscription doesn't support the connectors in the Security & Compliance Center.

  • Twitter コネクタは、1 日に合計 200,000 アイテムをインポートできます。The Twitter connector can import a total of 200,000 items in a single day. 1 日に 200,000 件を超える Twitter アイテムがある場合、それらのアイテムはいずれも Microsoft 365 にインポートされません。If there are more than 200,000 Twitter items in a day, none of those items will be imported to Microsoft 365.

  • Microsoft 365 コンプライアンス センター (手順 5) で Twitter コネクタを設定するユーザーには、Exchange Online のメールボックスインポートエクスポートの役割が割り当てられている必要があります。The user who sets up the Twitter connector in the Microsoft 365 compliance center (in Step 5) must be assigned the Mailbox Import Export role in Exchange Online. 既定では、この役割は Exchange Online のどの役割グループにも割り当てられていません。By default, this role isn't assigned to any role group in Exchange Online. Exchange Online の [組織の管理] 役割グループにメールボックスインポートエクスポート役割を追加できます。You can add the Mailbox Import Export role to the Organization Management role group in Exchange Online. または、役割グループを作成し、メールボックスインポートエクスポートの役割を割り当て、適切なユーザーをメンバーとして追加できます。Or you can create a role group, assign the Mailbox Import Export role, and then add the appropriate users as members. 詳細については、「Exchange Onlineで役割グループを管理する」の記事の「役割グループの作成」または「役割グループの変更」セクションを参照してください。For more information, see the Create role groups or Modify role groups sections in the article "Manage role groups in Exchange Online".

手順 1: Azure Active Directory でアプリを作成するStep 1: Create an app in Azure Active Directory

最初の手順は、Azure Active Directory (AAD) に新しいアプリを登録します。The first step is to register a new app in Azure Active Directory (AAD). このアプリは、Twitter コネクタの手順 2 で実装する Web アプリ リソースに対応します。This app corresponds to the web app resource that you implement in Step 2 for the Twitter connector.

手順については、「Azure Active Directory で アプリを作成する」を参照してくださいFor step-by-step instructions, see Create an app in Azure Active Directory.

この手順が完了すると (手順の手順に従って)、次の情報をテキスト ファイルに保存します。During the completion of this step (by following the step-by-step instructions), you'll save the following information to a text file. これらの値は、展開プロセスの後の手順で使用されます。These values will be used in later steps in the deployment process.

  • AAD アプリケーション IDAAD application ID

  • AAD アプリケーション シークレットAAD application secret

  • テナント IDTenant Id

手順 2: GitHub リポジトリから Azure アカウントにコネクタ Web サービスを展開するStep 2: Deploy connector web service from GitHub repository to your Azure account

次の手順では、Twitter API を使用して Twitter アカウントに接続し、データを抽出して Microsoft 365 にインポートする Twitter コネクタ アプリのソース コードを展開します。The next step is to deploy the source code for the Twitter connector app that will use Twitter API to connect to your Twitter account and extract data so you can import it to Microsoft 365. 組織に展開する Twitter コネクタは、組織の Twitter アカウントからこの手順で作成された Azure Storage の場所にアイテムをアップロードします。The Twitter connector that you deploy for your organization will upload the items from your organization's Twitter account to the Azure Storage location that is created in this step. Microsoft 365 コンプライアンス センター (手順 5) で Twitter コネクタを作成すると、Microsoft 365 インポート サービスは、Azure Storage の場所から Microsoft 365 のメールボックスに Twitter データをコピーします。After you create a Twitter connector in the Microsoft 365 compliance center (in Step 5), the Microsoft 365 Import service will copy the Twitter data from the Azure Storage location to a mailbox in Microsoft 365. 「コネクタをセットアップする 前に 」セクションで説明したように、Azure Storage アカウントを作成するには、有効な Azure サブスクリプションが必要です。As previous explained in the Before you set up a connector section, you must have a valid Azure subscription to create an Azure Storage account.

Twitter コネクタ アプリのソース コードを展開するには、次の方法を実行します。To deploy the source code for the Twitter connector app:

  1. この GitHub サイトに移動しますGo to this GitHub site.

  2. [Azure に展開する] をクリックしますClick Deploy to Azure.

詳細な手順については、「コネクタ Web サービスを GitHub から Azure アカウントに展開 する」を参照してくださいFor step-by-step instructions, see Deploy the connector web service from GitHub to your Azure account.

手順に従ってこの手順を完了する場合は、次の情報を提供します。While you follow the step-by-step instructions to complete this step, you provide the following information

  • APISecretKey: この手順の完了時に、このシークレットを作成します。APISecretKey: You create this secret during the completion of this step. 手順 5 で使用します。It's used in Step 5.

  • tenantId: 手順 1 の Azure Active Directory で Twitter アプリを作成した後にコピーした Microsoft 365 組織のテナント ID。tenantId: The tenant ID of your Microsoft 365 organization that you copied after creating the Twitter app in Azure Active Directory in Step 1.

この手順を完了した後、必ずアプリのサービス URL (たとえば) をコピーしてください https://twitterconnector.azurewebsites.netAfter completing this step, be sure to copy the app Service URL (for example, https://twitterconnector.azurewebsites.net). この URL を使用して、手順 3、手順 4、および手順 5) を完了する必要があります。You need to use this URL to complete Step 3, Step 4, and Step 5).

手順 3: Twitter で開発者アプリを作成するStep 3: Create developer app on Twitter

次の手順では、Twitter で開発者アプリを作成して構成します。The next step is to create and configure a developer app on Twitter. 手順 7 で作成するカスタム コネクタは、Twitter アプリを使用して Twitter API を操作し、組織の Twitter アカウントからデータを取得します。The custom connector that you create in Step 7 uses the Twitter app to interact with the Twitter API to obtain data from your organization's Twitter account.

手順については 、「Create the Twitter app」を参照してくださいFor step-by-step instructions, see Create the Twitter app.

この手順の完了時 (手順に従って)、次の情報をテキスト ファイルに保存します。During the completion of this step (by following the step-by-step instructions), you save the following information to a text file. これらの値は、手順 4 で Twitter コネクタ アプリを構成するために使用されます。These values will be used to configure the Twitter connector app in Step 4.

  • Twitter API キーTwitter API Key

  • Twitter API シークレット キーTwitter API Secret Key

  • Twitter アクセス トークンTwitter Access Token

  • Twitter アクセス トークン シークレットTwitter Access Token Secret

手順 4: Twitter コネクタ アプリを構成するStep 4: Configure the Twitter connector app

次の手順では、手順 2 で展開した Twitter コネクタ アプリに構成設定を追加します。The next step is to add configurations settings to the Twitter connector app that you deployed in Step 2. これを行うには、コネクタ アプリのホーム ページに移動して構成します。You do this by going to the home page of your connector app and configuring it.

手順については、「コネクタ Web アプリの 構成」を参照してくださいFor step-by-step instructions, see Configure the connector web app.

この手順の完了時 (手順に従って)、次の情報 (前の手順を完了した後にテキスト ファイルにコピーした情報) を提供します。During the completion of this step (by following the step-by-step instructions), you'll provide the following information (that you've copied to a text file after completing the previous steps):

  • Twitter API キー (手順 3 で取得)Twitter API Key (obtained in Step 3)

  • Twitter API シークレット キー (手順 3 で取得)Twitter API Secret Key (obtained in Step 3)

  • Twitter アクセス トークン (手順 3 で取得)Twitter Access Token (obtained in Step 3)

  • Twitter Access Token Secret (手順 3 で取得)Twitter Access Token Secret (obtained in Step 3)

  • Azure Active Directory アプリケーション ID (手順 1 で取得した AAD アプリケーション ID)Azure Active Directory application ID (the AAD application ID obtained in Step 1)

  • Azure Active Directory アプリケーション シークレット (手順 1 で取得した AAD アプリケーション シークレット)Azure Active Directory application secret (the AAD application secret obtained in Step 1)

手順 5: Microsoft 365 コンプライアンス センターで Twitter コネクタをセットアップするStep 5: Set up a Twitter connector in the Microsoft 365 compliance center

最後の手順は、組織の Twitter アカウントから Microsoft 365 の指定されたメールボックスにデータをインポートする Microsoft 365 コンプライアンス センターで Twitter コネクタをセットアップすることです。The final step is to set up the Twitter connector in the Microsoft 365 compliance center that will import data from your organization's Twitter account to a specified mailbox in Microsoft 365. この手順を完了すると、Microsoft 365 インポート サービスは組織の Twitter アカウントから Microsoft 365 へのデータのインポートを開始します。After you complete this step, the Microsoft 365 Import service will start importing data from your organization's Twitter account to Microsoft 365.

手順については 、「Microsoft 365コンプライアンス センターで Twitter コネクタをセットアップする」を参照してください。For step-by-step instructions, see Set up a Twitter connector in the Microsoft 365 compliance center.

この手順の完了時 (手順の手順に従って)、次の情報 (手順を完了した後にテキスト ファイルにコピーした情報) を提供します。During the completion of this step (by following the step-by-step instructions), you'll provide the following information (that you've copied to a text file after completing the steps).

  • Azure アプリ サービスの URL (手順 2 で取得、たとえば https://twitterconnector.azurewebsites.net )Azure app service URL (obtained in Step 2; for example, https://twitterconnector.azurewebsites.net)

  • APISecretKey (手順 2 で作成した)APISecretKey (that you created in Step 2)