外部連絡先を Exchange Online に一括インポートするBulk import external contacts to Exchange Online

この記事は管理者向けです。連絡先を自分のメールボックスにインポートしようとしていますか?「連絡先 を Outlook にインポートする」を参照してください。This article is for administrators. Are you trying to import contacts to your own mailbox? See Import contacts to Outlook

Exchange Online の共有アドレス帳 (グローバル アドレス一覧とも呼ばれる) に含める既存のビジネス連絡先が多数存在しますか。Does your company have lots of existing business contacts that you want to include in the shared address book (also called the global address list) in Exchange Online? 外部連絡先を、会社内のユーザーと同じ方法で配布グループのメンバーとして追加しますか?Do you want to add external contacts as members of distribution groups, just like you can with users inside your company? その場合は、Exchange Online PowerShell と CSV (コンマ区切り値) ファイルを使用して、外部連絡先を Exchange Online に一括インポートできます。If so, you can use Exchange Online PowerShell and a CSV (comma-separated value) file to bulk import external contacts into Exchange Online. これは 3 段階のプロセスです。It's a three-step process:

手順 1: 外部連絡先に関する情報を含む CSV ファイルを作成するStep 1: Create a CSV file that contains information about the external contacts

手順 2: PowerShell を使用して外部連絡先を作成するStep 2: Create the external contacts with PowerShell

手順 3: 外部連絡先のプロパティに情報を追加するStep 3: Add information to the properties of the external contacts

連絡先をインポートするには、次の手順を完了したら、次の追加タスクを実行できます。After you complete these steps to import contacts, you can perform these additional tasks:

手順 1: 外部連絡先に関する情報を含む CSV ファイルを作成するStep 1: Create a CSV file that contains information about the external contacts

最初の手順は、Exchange Online にインポートする各外部連絡先に関する情報を含む CSV ファイルを作成することです。The first step is to create a CSV file that contains information about each external contact that you want to import to Exchange Online.

  1. 次のテキストを NotePad のテキスト ファイルにコピーし、デスクトップに .csv というファイル名のサフィックスを使用して CSV ファイルとして保存します。たとえば、ExternalContacts.csv。Copy the following text to a text file in NotePad, and save it on your desktop as a CSV file by using a filename suffix of .csv; for example, ExternalContacts.csv.

    ヒント

    言語に特殊文字 (スウェーデン語の å、ä、öなど) が含まれている場合は、メモパッドにファイルを保存するときに、csv ファイルを UTF-8 または他の Unicode エンコードで保存します。 If your language contains special characters (such as å, ä, and ö in Swedish) save the CSV file with UTF-8 or other Unicode encoding when you save the file in NotePad.

    ExternalEmailAddress,Name,FirstName,LastName,StreetAddress,City,StateorProvince,PostalCode,Phone,MobilePhone,Pager,HomePhone,Company,Title,OtherTelephone,Department,CountryOrRegion,Fax,Initials,Notes,Office,Manager
    danp@fabrikam.com,Dan Park,Dan,Park,1234 23rd Ave,Golden,CO,80215,206-111-1234,303-900-1234,555-1212,123-456-7890,Fabrikam,Shipping clerk,555-5555,Shipping,US,123-4567,R.,Good worker,31/1663,Dan Park
    pilar@contoso.com,Pilar Pinilla,Pilar,Pinilla,1234 Main St.,Seattle,WA,98017,206-555-0100,206-555-0101,206-555-0102,206-555-1234,Contoso,HR Manager,206-555-0104,Executive,US,206-555-0105,P.,Technical decision maker,31/1000,Dan Park
    

    CSV ファイルの最初の行 (ヘッダー行) には、Exchange Online にインポートするときに使用できる連絡先のプロパティが一覧表示されます。The first row, or header row, of the CSV file lists the properties of contacts that can be used when you import them to Exchange Online. 各プロパティ名はコンマで区切られます。Each property name is separated by a comma. ヘッダー行の下の各行は、1 つの外部連絡先をインポートするプロパティ値を表します。Each row under the header row represents the property values for importing a single external contact.

    注意

    このテキストには、削除できるサンプル データが含まれています。This text includes sample data, which you can delete. ただし、最初の (ヘッダー) 行を削除または変更しない。But don't delete or change the first (header) row. 外部連絡先のすべてのプロパティが含まれる。It contains all of the properties for the external contacts.

  2. Excel を使用して CSV ファイルを編集する方がずっと簡単なので、Excel で CSV ファイルを開き、CSV ファイルを編集します。Open the CSV file in Microsoft Excel to edit the CSV file because it's much easier to use Excel to edit the CSV file.

  3. Exchange Online にインポートする連絡先ごとに行を作成します。Create a row for each contact that you want to import to Exchange Online. 可能な限り多くのセルを設定します。Populate as many of the cells as possible. この情報は、連絡先ごとに共有アドレス帳に表示されます。This information will be displayed in the shared address book for each contact.

    重要

    外部連絡先を作成するには、次のプロパティ (ヘッダー行の最初の 4 つの項目) が必要であり、CSV ファイルに入力する必要があります。 ExternalEmailAddressNameFirstNameLastNameThe following properties (which are the first four items in the header row) are required to create an external contact and must be populated in the CSV file: ExternalEmailAddress, Name, FirstName, LastName. 手順 2 で実行する PowerShell コマンドは、これらのプロパティの値を使用して連絡先を作成します。The PowerShell command that you run in Step 2 will use the values for these properties to create the contacts.

手順 2: PowerShell を使用して外部連絡先を作成するStep 2: Create the external contacts with PowerShell

次の手順では、手順 1 と PowerShell で作成した CSV ファイルを使用して、CSV ファイルに一覧表示されている外部連絡先を Exchange Online に一括インポートします。The next step is to use the CSV file that you created in Step 1 and PowerShell to bulk import the external contacts listed in the CSV file to Exchange Online.

  1. PowerShell を Exchange Online 組織に接続します。Connect PowerShell to your Exchange Online organization. 詳しい手順については、「Exchange Online PowerShell に接続する」を参照してください。For step-by-step instructions, see Connect to Exchange Online PowerShell. Exchange Online PowerShell に接続する場合は、グローバル管理者アカウントのユーザー名とパスワードを必ず使用してください。Be sure to use the user name and password for your global administrator account when you connect to Exchange Online PowerShell.

  2. PowerShell を Exchange Online に接続した後、手順 1 で CSV ファイルを保存したデスクトップ フォルダーに移動します。たとえば C:\Users\Administrator\desktop .After you connect PowerShell to Exchange Online, go to the desktop folder where you saved the CSV file in Step 1; for example C:\Users\Administrator\desktop.

  3. 次のコマンドを実行して、外部連絡先を作成します。Run the following command to create the external contacts:

    Import-Csv .\ExternalContacts.csv|%{New-MailContact -Name $_.Name -DisplayName $_.Name -ExternalEmailAddress $_.ExternalEmailAddress -FirstName $_.FirstName -LastName $_.LastName}
    

    インポートする数によっては、新しい連絡先の作成に時間がかかる場合があります。It might take a while to create the new contacts, depending on how many you're importing. コマンドの実行が完了すると、作成された新しい連絡先の一覧が表示されます。When the command is finished running, PowerShell displays a list of the new contacts that were created.

  4. 新しい外部連絡先を表示するには、Exchange 管理センター (EAC) に移動し、[受信者の連絡先] > クリックしますTo view the new external contacts, go to the Exchange admin center (EAC), and then click Recipients > Contacts.

    ヒント

    EAC に接続する手順については 、「Exchange Online の Exchange 管理センター」を参照してくださいFor instructions for connecting to the EAC, see Exchange admin center in Exchange Online.

  5. 必要に応じて、[ 更新] をクリックしてリストを更新し、インポートされた外部連絡先を確認します。If necessary, click Refresh to update the list and see the external contacts that were imported.

    インポートされた連絡先は、Outlook と Outlook on the web の共有アドレス帳に表示されます。The imported contacts will appear in the shared address book in Outlook and Outlook on the web.

    注意

    [ユーザーの連絡先] に移動して、Microsoft 365 管理センターで連絡先 を表示 > できますYou can also view the contacts in the Microsoft 365 admin center by going to Users > Contacts.

手順 3: 外部連絡先のプロパティに情報を追加するStep 3: Add information to the properties of the external contacts

手順 2 でコマンドを実行すると、外部連絡先が作成されますが、連絡先または組織の情報 (CSV ファイル内のほとんどのセルからの情報) は含めされません。After you run the command in Step 2, the external contacts are created, but they don't contain any of the contact or organization information, which is the information from most of the cells in the CSV file. これは、新しい外部連絡先を作成すると、必要なプロパティだけが設定されるためです。This is because when you create new external contacts, only the required properties are populated. CSV ファイルにすべての情報が入力されている必要が無い場合は、ご安心ください。Don't worry if you don't have all the information populated in the CSV file. それがない場合は、追加されません。If it's not there, it won't be added.

  1. PowerShell を Exchange Online 組織に接続します。Connect PowerShell to your Exchange Online organization. 詳しい手順については、「Exchange Online PowerShell に接続する」を参照してください。For step-by-step instructions, see Connect to Exchange Online PowerShell.

  2. 手順 1 で CSV ファイルを保存したデスクトップ フォルダーに移動します。たとえば、 C:\Users\Administrator\desktop .Go to the desktop folder where you saved the CSV file in Step 1; for example, C:\Users\Administrator\desktop.

  3. 次の 2 つのコマンドを実行して、CSV ファイルから手順 2 で作成した外部連絡先に他のプロパティを追加します。Run the following two commands to add the other properties from the CSV file to the external contacts that you created in Step 2.

    $Contacts = Import-CSV .\ExternalContacts.csv
    
    
    $contacts | ForEach {Set-Contact $_.Name -StreetAddress $_.StreetAddress -City $_.City -StateorProvince $_.StateorProvince -PostalCode $_.PostalCode -Phone $_.Phone -MobilePhone $_.MobilePhone -Pager $_.Pager -HomePhone $_.HomePhone -Company $_.Company -Title $_.Title -OtherTelephone $_.OtherTelephone -Department $_.Department -Fax $_.Fax -Initials $_.Initials -Notes  $_.Notes -Office $_.Office -Manager $_.Manager}
    

    注意

    Manager パラメーターが 問題になる可能性があります。The Manager parameter might be problematic. CSV ファイル内のセルが空白の場合、エラーが発生し、連絡先にプロパティ情報は追加されません。If the cell is blank in the CSV file, you will get an error and none of the property information will be added to the contact. マネージャーを指定する必要がない場合は、前の -Manager $_.Manager PowerShell コマンドから削除してください。If you don't need to specify a manager, then just delete -Manager $_.Manager from the previous PowerShell command.

    繰り返しますが、手順 1 でインポートした数に応じて、連絡先の更新に時間がかかる場合があります。Again, it might take a while to update the contacts, depending on how many you imported in Step 1.

  4. 連絡先にプロパティが追加されたと確認するには、次の手順を実行します。To verify that the properties were added to the contacts:

  5. EAC で、[受信者の連絡先 ] に > 移動しますIn the EAC, go to Recipients > Contacts.

  6. 連絡先をクリックし、[編集 ] アイコン  をクリック して連絡先のプロパティを表示します。Click a contact and then click Edit Edit icon to display the contact's properties.

手順は以上です。That's it! ユーザーは、連絡先と追加情報をアドレス帳 Outlook と Outlook on the web で確認できます。Users can see the contacts and the additional information in the address book Outlook and Outlook on the web.

外部連絡先の追加Add more external contacts

手順 1 ~ 手順 3 を繰り返して、Exchange Online に新しい外部連絡先を追加できます。You can repeat Steps 1 through Step 3 to add new external contacts in Exchange Online. 会社のユーザーは、新しい連絡先の CSV ファイルに新しい行を追加できます。You or users in your company can just add a new row in the CSV file for the new contact. 次に、手順 2 と手順 3 の PowerShell コマンドを実行して、新しい連絡先に情報を作成して追加できます。Then you can run the PowerShell commands from Step 2 and Step 3 to create and add information to the new contacts.

注意

コマンドを実行して新しい連絡先を作成すると、以前に作成された連絡先が既に存在しているというエラーが表示される場合があります。When you run the command to create new contacts, you might get an error saying that the contacts that were created earlier already exist. ただし、CSV ファイルに追加された新しい連絡先が作成されます。But any new contact added to the CSV file is created.

共有アドレス帳から外部連絡先を非表示>Hide external contacts from the shared address book>

一部の企業では、外部連絡先のみを使用して、配布グループのメンバーとして追加できます。Some companies may use external contacts only so they can be added as members of distribution groups. このシナリオでは、共有アドレス帳から外部連絡先を非表示にできます。In this scenario, they may want to hide external contacts from the shared address book. 次の操作を実行してください。Here's how:

  1. PowerShell を Exchange Online 組織に接続します。Connect PowerShell to your Exchange Online organization. 詳しい手順については、「Exchange Online PowerShell に接続する」を参照してください。For step-by-step instructions, see Connect to Exchange Online PowerShell.

  2. 1 つの外部連絡先を非表示にするには、次のコマンドを実行します。To hide a single external contact, run the following command.

    Set-MailContact <external contact> -HiddenFromAddressListsEnabled $true 
    

    たとえば、共有アドレス帳から Pilar Pinilla を非表示にする場合は、次のコマンドを実行します。For example, to hide Pilar Pinilla from the shared address book, run this command:

    Set-MailContact "Pilar Pinilla" -HiddenFromAddressListsEnabled $true
    
  3. 共有アドレス帳からすべての外部連絡先を非表示にする場合は、次のコマンドを実行します。To hide all external contacts from the shared address book, run this command:

    Get-Contact -ResultSize unlimited -Filter {(RecipientTypeDetails -eq 'MailContact')} | Set-MailContact -HiddenFromAddressListsEnabled $true  
    

非表示にした後、外部連絡先は共有アドレス帳に表示されませんが、配布グループのメンバーとして追加できます。After you hide them, external contacts aren't displayed in the shared address book, but you can still add them as members of a distribution group.