非アクティブなメールボックスの保持期間を変更するChange the hold duration for an inactive mailbox

非アクティブなメールボックスは、退職して組織を離れた元従業員の電子メールを保持するために使用します。An inactive mailbox is used to retain a former employee's email after he or she leaves your organization. 訴訟ホールド、In-Place ホールド、Microsoft 365 アイテム保持ポリシー、または電子情報開示ケースに関連付けられた保留リストがメールボックスに配置され、対応するユーザー アカウントが削除された場合、メールボックスは非アクティブになります。A mailbox becomes inactive when a Litigation Hold, an In-Place Hold, a Microsoft 365 retention policy, or a hold that's associated with an eDiscovery case is placed on the mailbox, and the corresponding user account is deleted. 非アクティブなメールボックスのコンテンツは、非アクティブになる前にメールボックスに設定された保持期間の間保持されます。The contents of an inactive mailbox are retained for the duration of the hold that was placed on the mailbox before it was made inactive. 保持期間は、[回復可能なアイテム] フォルダー内のアイテムを保持する期間を定義します。The hold duration defines how long items in the Recoverable Items folder are held. [回復可能なアイテム] フォルダー内のアイテムの保持期間が過ぎると、アイテムは非アクティブなメールボックスから完全に削除 (消去) されます。When the hold duration expires for an item in the Recoverable Items folder, the item is permanently deleted (purged) from the inactive mailbox. メールボックスを非アクティブにした後、非アクティブなメールボックスに割り当てられた保留期間または Microsoft 365 アイテム保持ポリシーを変更できます。After a mailbox is made inactive, you can change the duration of the hold or Microsoft 365 retention policy assigned to the inactive mailbox.

重要

メールボックスのコンテンツを保持するためにさまざまな方法に投資を続ける中、Exchange 管理センターのインプレース ホールドを廃止することを発表します。As we continue to invest in different ways to preserve mailbox content, we're announcing the retirement of In-Place Holds in the Exchange admin center. つまり、訴訟ホールドと Microsoft 365 アイテム保持ポリシーを使用して非アクティブなメールボックスを作成する必要があります。That means you should use Litigation Holds and Microsoft 365 retention policies to create an inactive mailbox. 2020 年 4 月 1 日から、Exchange Online で新しい In-Placeを作成できない。Starting April 1, 2020 you won't be able to create new In-Place Holds in Exchange Online. ただし、非アクティブなメールボックスに配置されたインプレース ホールドのホールド期間は引き続き変更できます。But you'll still be able to change the hold duration of an In-Place Hold placed on an inactive mailbox. ただし、2020 年 7 月 1 日から、保持期間を変更する必要があります。However, starting July 1, 2020, you won't be able to change the hold duration. インプレース ホールドを削除することによってのみ、非アクティブなメールボックスを削除できます。You'll only be able to delete an inactive mailbox by removing the In-Place Hold. インプレース ホールドになっている既存の非アクティブなメールボックスは、ホールドが解除されるまで保持されます。Existing inactive mailboxes that are on In-Place Hold will still be preserved until the hold is removed. インプレース ホールドの廃止に関する詳細情報は、「従来の eDiscovery ツールの廃止」を参照してください。For more information about the retirement of In-Place Holds, see Retirement of legacy eDiscovery tools.

PowerShell への接続Connect to PowerShell

  • You have to use Exchange Online PowerShell to change the hold duration for a Litigation Hold on an inactive mailbox.You have to use Exchange Online PowerShell to change the hold duration for a Litigation Hold on an inactive mailbox. You can't use the Exchange admin center (EAC).You can't use the Exchange admin center (EAC). But you can use Exchange Online PowerShell or the EAC to change the hold duration for an In-Place Hold.But you can use Exchange Online PowerShell or the EAC to change the hold duration for an In-Place Hold. セキュリティとコンプライアンス センターまたはセキュリティ コンプライアンス センター powerShell &使用して、Microsoft 365 アイテム保持ポリシーの保持期間を変更できます。You can use the security and compliance center or the Security & Compliance Center PowerShell to change the hold duration for a Microsoft 365 retention policy.

  • Exchange Online PowerShell または Security & コンプライアンス センター PowerShell に接続するには、次のいずれかのトピックを参照してください。To connect to Exchange Online PowerShell or Security & Compliance Center PowerShell, see one of the following topics:

  • 電子情報開示ケースに関連付けられた保留は無限保持であり、変更できる保持期間はありません。Holds associated with eDiscovery cases are infinite holds, which means there's no hold duration that can be changed. アイテムは、ホールドが削除されて非アクティブなメールボックスが削除されるまで無限に保持されます。Items are held forever or until the hold is removed and the inactive mailbox is deleted.

  • 非アクティブなメールボックスの詳細については 、「Microsoft 365 の非アクティブなメールボックス」を参照してくださいFor more information about inactive mailboxes, see Inactive mailboxes in Microsoft 365.

手順 1: 非アクティブなメールボックスに設定されているホールドを特定するStep 1: Identify the holds on an inactive mailbox

異なる種類の保留リスト、または 1 つ以上の Microsoft 365 アイテム保持ポリシーが非アクティブなメールボックスに配置される可能性があるため、最初の手順は非アクティブなメールボックスの保留リストを特定します。Because different types of holds or one or more Microsoft 365 retention policies might be placed on an inactive mailbox, the first step is to identify the holds on an inactive mailbox.

Exchange Online PowerShell で次のコマンドを実行して、組織内のすべての非アクティブなメールボックスのホールドの情報を表示します。Run the following command in Exchange Online PowerShell to display the hold information for all inactive mailboxes in your organization.

Get-Mailbox -InactiveMailboxOnly | FL DisplayName,Name,IsInactiveMailbox,LitigationHoldEnabled,LitigationHoldDuration,InPlaceHolds

LitigationHoldEnabled プロパティの値が True になっている場合、非アクティブなメールボックスは訴訟ホールド中ということになります。The value of True for the LitigationHoldEnabled property indicates that the inactive mailbox is on Litigation Hold. 非アクティブなメールボックスに In-Place 保持ポリシー、電子情報開示保持ポリシー、または Microsoft 365 保持ポリシーが配置されている場合、保持ポリシーまたは保持ポリシーの GUID が InPlaceHolds プロパティの値として表示されます。If an In-Place Hold, eDiscovery hold, or Microsoft 365 retention policy is placed on an inactive mailbox, a GUID for the hold or retention policy is displayed as the value for the InPlaceHolds property. たとえば、5 つの非アクティブなメールボックスの結果を次に示します。For example, the following shows results for five inactive mailboxes.

DisplayName           : Ann Beebe
Name                  : annb
IsInactiveMailbox     : True
LitigationHoldEnabled : True
LitigationHoldDuration: 365.00:00:00
InPlaceHolds          : {}
...
DisplayName           : Pilar Pinilla
Name                  : pilarp
IsInactiveMailbox     : True
LitigationHoldEnabled : False
LitigationHoldDuration: Unlimited
InPlaceHolds          : {c0ba3ce811b6432a8751430937152491}
...
DisplayName           : Mario Necaise
Name                  : marion
IsInactiveMailbox     : True
LitigationHoldEnabled : False
LitigationHoldDuration: Unlimited
InPlaceHolds          : {}
...
DisplayName           : Carol Olson
Name                  : carolo
IsInactiveMailbox     : True
LitigationHoldEnabled : False
LitigationHoldDuration: Unlimited
InPlaceHolds          : {mbxcdbbb86ce60342489bff371876e7f224}
...
DisplayName           : Abraham McMahon
Name                  : abrahamm
IsInactiveMailbox     : True
LitigationHoldEnabled : False
LitigationHoldDuration: Unlimited
InPlaceHolds          : {UniH7d895d48-7e23-4a8d-8346-533c3beac15d}

次の表は、各メールボックスを非アクティブにするのに使用された 5 つの異なる種類のホールドを示しています。The following table identifies the five different hold types that were used to make each mailbox inactive.

非アクティブなメールボックスInactive mailbox ホールドの種類Hold type 非アクティブなメールボックスのホールドを識別する方法How to identify the hold on the inactive mailbox
Ann BeebeAnn Beebe
訴訟ホールドLitigation Hold
LitigationHoldEnabled プロパティが True に設定されています。The LitigationHoldEnabled property is set to True.
Pilar PinillaPilar Pinilla
インプレース ホールドIn-Place Hold
InPlaceHolds プロパティには非アクティブなメールボックスに設定されたインプレース ホールドの GUID が含まれています。ID がプレフィックスから始まっていないため、これはインプレース ホールドだとわかります。 The InPlaceHolds property contains the GUID of the In-Place Hold that's placed on the inactive mailbox. You can tell this is an In-Place Hold because the ID doesn't start with a prefix.
Exchange Online PowerShell で Get-MailboxSearch -InPlaceHoldIdentity <hold GUID> | FL コマンドを使用して、非アクティブのメールボックスのインプレース ホールドについての情報を取得できます。You can use the Get-MailboxSearch -InPlaceHoldIdentity <hold GUID> | FL command in Exchange Online PowerShell to get information about the In-Place Hold on the inactive mailbox.
Mario NecaiseMario Necaise
セキュリティ コンプライアンス センターの組織全体の Microsoft 365 &ポリシーOrganization-wide Microsoft 365 retention policy in the Security & Compliance Center
InPlaceHolds プロパティが空になっています。The InPlaceHolds property is empty. これは、非アクティブなメールボックスに 1 つ以上の組織全体または (Exchange 全体の) Microsoft 365 アイテム保持ポリシーが適用されます。This indicates that one or more organization-wide or (Exchange-wide) Microsoft 365 retention policy is applied to the inactive mailbox. この場合、Exchange Online PowerShell でコマンドを実行して、組織全体の Microsoft 365 アイテム保持ポリシーの GUID の一覧を Get-OrganizationConfig | Select-Object -ExpandProperty InPlaceHolds 取得できます。In this case, you can run the Get-OrganizationConfig | Select-Object -ExpandProperty InPlaceHolds command in Exchange Online PowerShell to get a list of the GUIDs for organization-wide Microsoft 365 retention policies. Exchange メールボックスに適用される組織全体の保持ポリシーの GUID は、プレフィックスで始まる。たとえば mbx mbxa3056bb15562480fadb46ce523ff7b02 、 です。The GUID for organization-wide retention policies that are applied to Exchange mailboxes start with the mbx prefix; for example, mbxa3056bb15562480fadb46ce523ff7b02.

非アクティブなメールボックスに適用される Microsoft 365 アイテム保持ポリシーを識別するには、セキュリティ センターの [コンプライアンス センター PowerShell] で&実行します。To identity the Microsoft 365 retention policy that's applied to the inactive mailbox, run the following command in Security & Compliance Center PowerShell.

Get-RetentionCompliancePolicy <retention policy GUID without prefix> | FL Name

Carol OlsonCarol Olson
特定のメールボックスに適用されるセキュリティ &コンプライアンス センターの Microsoft 365 アイテム保持ポリシーMicrosoft 365 retention policy in the Security & Compliance Center applied to specific mailboxes
InPlaceHolds プロパティ には、非アクティブなメールボックスに適用される Microsoft 365 アイテム保持ポリシーの GUID が含まれる。The InPlaceHolds property contains the GUID of the Microsoft 365 retention policy that's applied to the inactive mailbox. GUID が mbx プレフィックスで始まっているため、これは特定のメールボックスに適用されたアイテム保持ポリシーであることがわかります。You can tell this is a retention policy that applied to specific mailboxes because the GUID starts with the mbx prefix. 非アクティブなメールボックスに適用される保持ポリシーの GUID がプレフィックスで開始されている場合、保持ポリシーが Skype for Business の会話 skp に適用されます。If the GUID of the retention policy applied to the inactive mailbox started with the skp prefix, it would indicate that the retention policy is applied to Skype for Business conversations.

非アクティブなメールボックスに適用される Microsoft 365 アイテム保持ポリシーを識別するには、セキュリティ センターの [コンプライアンス センター PowerShell] で&実行します。To identity the Microsoft 365 retention policy that's applied to the inactive mailbox, run the following command in Security & Compliance Center PowerShell.

Get-RetentionCompliancePolicy <retention policy GUID without prefix> | FL Name

このコマンドを実行する場合は、必ず、 mbx または skp プレフィックスを削除してください。Be sure to remove the mbx or skp prefix when you run this command.
Abraham McMahonAbraham McMahon
セキュリティ コンプライアンス センターでの電子情報開示&保持eDiscovery case hold in the Security & Compliance Center
InPlaceHolds プロパティに、非アクティブなメールボックスに設定されている電子情報開示ケース ホールドの GUID が含まれています。GUID が UniH プレフィックスで始まっているため、これは電子情報開示ケース ホールドであることがわかります。 The InPlaceHolds property contains the GUID of the eDiscovery case hold that's placed on the inactive mailbox. You can tell this is an eDiscovery case hold because the GUID starts with the UniH prefix.
Security & コンプライアンス センター PowerShell のコマンドレットを使用して、非アクティブなメールボックスの保留が関連付けられている電子情報開示ケースに関する情報 Get-CaseHoldPolicy を取得できます。You can use the Get-CaseHoldPolicy cmdlet in Security & Compliance Center PowerShell to get information about the eDiscovery case that the hold on the inactive mailbox is associated with. For example, you can run the command Get-CaseHoldPolicy <hold GUID without prefix> | FL Name to display the name of the case hold that's on the inactive mailbox.For example, you can run the command Get-CaseHoldPolicy <hold GUID without prefix> | FL Name to display the name of the case hold that's on the inactive mailbox. Be sure to remove the UniH プレフィックスを削除してください。Be sure to remove the UniH prefix when you run this command.

非アクティブなメールボックスのホールドが関連付けられている電子情報開示ケースを特定するには、次のコマンドを実行します。To identity the eDiscovery case that the hold on the inactive mailbox is associated with, run the following commands.

$CaseHold = Get-CaseHoldPolicy <hold GUID without prefix>

Get-ComplianceCase $CaseHold.CaseId | FL Name


注: 非アクティブなメールボックスに電子情報開示ホールドを使用することをお勧めしません。Note: We don't recommend using eDiscovery holds for inactive mailboxes. That's because eDiscovery cases are intended for specific, time-bound cases related to a legal issue.That's because eDiscovery cases are intended for specific, time-bound cases related to a legal issue. ある時点で、法的ケースはおそらく終了し、ケースに関連付けられている保留リストは削除され、電子情報開示ケースは閉じ (または削除) されます。At some point, a legal case will probably end and the holds associated with the case will be removed and the eDiscovery case will be closed (or deleted). 実際、非アクティブなメールボックスに配置された保留リストが電子情報開示ケースに関連付けられている場合、ホールドが解放された場合、または電子情報開示ケースが閉じたり削除された場合、非アクティブなメールボックスは完全に削除されます。In fact, if a hold that's placed on an inactive mailbox is associated with an eDiscovery case, and the hold is released or the eDiscovery case is closed or deleted, the inactive mailbox will be permanently deleted.

Microsoft 365 アイテム保持ポリシーの詳細については、「アイテム保持ポリシーと保持ラベルについて」 を参照してくださいFor more information about Microsoft 365 retention policies, see Learn about retention policies and retention labels.

手順 2: 非アクティブなメールボックスの保持期間を変更するStep 2: Change the hold duration for an inactive mailbox

非アクティブなメールボックスに設定されているホールドの種類 (および複数のホールドがあるかどうか) を特定したら、次は、保持期間を変更します。After you identify what type of hold is placed on the inactive mailbox (and whether there are multiple holds), the next step is to change the duration for the hold.

訴訟ホールドの期間を変更するChange the duration for a Litigation Hold

Exchange Online PowerShell を使用して、非アクティブなメールボックスに配置されている訴訟ホールドの保持期間を変更する方法を次に示します。EAC を使用することはできません。保持期間を変更するには、次のコマンドを実行します。この例では、保持期間を無期限に変更しています。Here's how to use Exchange Online PowerShell to change the hold duration for a Litigation Hold that is placed on an inactive mailbox. You can't use the EAC. Run the following command to change the hold duration. In this example, the hold duration is changed to an unlimited period of time.

Set-Mailbox -InactiveMailbox -Identity <identity of inactive mailbox> -LitigationHoldDuration unlimited

結果として、非アクティブなメールボックス内のアイテムは、無期限に、あるいは、ホールドが削除されるか保持期間が別の値に変更されるまで、保持されます。The result is that items in the inactive mailbox are retained indefinitely or until the hold is removed or the hold duration is changed to a different value.

ヒント

非アクティブなメールボックスを特定する最もよい方法は、 Distinguished Name または Exchange GUID の値を使用することです。これらの値のいずれかを使用すると、正しくないメールボックスを誤って指定することを避けられます。The best way to identify an inactive mailbox is by using its Distinguished Name or Exchange GUID value. Using one of these values helps prevent accidentally specifying the wrong mailbox.

インプレース ホールドの期間を変更するChange the duration for an In-Place Hold

In-Place保留は廃止され、変更できなくなりました。In-Place Holds have been retired and can no longer be modified. 非アクティブなメールボックスにIn-Place保持が適用されている場合は、保持期間を変更できません。If an inactive mailbox has an In-Place Hold applied to it, you can't change the hold duration. 削除できるのは、非アクティブなIn-Place削除される保留リストの保持のみです。You can only remove the In-Place Hold, which will result in the deletion of the inactive mailbox. 詳細については、「非アクティブな メールボックスを削除する」を参照してくださいFor more information, see Delete an inactive mailbox.

詳細情報More information

  • 非アクティブなメールボックス内のアイテムの保持期間はどのように計算されますか。 保持期間は、メールボックス アイテムを受信または作成した最初の日付から計算されます。How is the hold duration calculated for an item in an inactive mailbox? The duration is calculated from the original date a mailbox item was received or created.

  • 保持期間を過ぎるとどうなりますか。What happens when the hold duration expires? [回復可能なアイテム] フォルダー内のアイテムの保持期間を過ぎると、アイテムは非アクティブなメールボックスから完全に削除 (消去) されます。When the hold duration expires for a mailbox item in the Recoverable Items folder, the item is permanently deleted (purged) from the inactive mailbox. 非アクティブなメールボックスに保持期間が指定されていない場合、回復可能なアイテム フォルダー内のアイテムは削除されません (非アクティブなメールボックスの保持期間が変更されていない限り)。If there's no duration specified for the hold placed on the inactive mailbox, items in the Recoverable Items folder are never purged (unless the hold duration for the inactive mailbox is changed).

  • Exchange アイテム保持ポリシーの処理は、非アクティブなメールボックスに対しても継続されますか。 メールボックスが非アクティブになったときにメールボックスに Exchange アイテム保持ポリシー (Exchange Online の機能であるメッセージング レコード管理 (MRM)) が適用されていた場合は、その非アクティブなメールボックスに対して削除ポリシー ( Delete 保持アクションが設定された保持タグ) の処理が継続されます。つまり、保持期間を過ぎると、削除ポリシーのタグが付けられたアイテムは [回復可能なアイテム] フォルダーに移動されます。その後、保持期間を過ぎると、それらのアイテムは非アクティブなメールボックスから消去されます。Is an Exchange retention policy still processed on inactive mailboxes? If an Exchange retention policy (the messaging records management, or MRM, feature in Exchange Online) was applied to a mailbox when it was made inactive, the deletion policies (which are retention tags configured with a Delete retention action) will continue to be processed on the inactive mailbox. That means items that are tagged with a deletion policy are moved to the Recoverable Items folder when the retention period expires. Those items are then purged from the inactive mailbox when the hold duration for an item expires.

    逆に、非アクティブなメールボックスに割り当てられた保持ポリシーにアーカイブ ポリシー ( MoveToArchive 保持アクションが設定された保持タグ) が含まれている場合、それらはすべて無視されます。つまり、非アクティブなメールボックス内のアーカイブ ポリシーのタグが付けられたアイテムは、保持期間を過ぎてもプライマリ メールボックスに残ります。それらのアイテムは、アーカイブ メールボックスやアーカイブ メールボックス内の [回復可能なアイテム] フォルダーに移動されません。ユーザーは非アクティブなメールボックスにサインインできないので、アーカイブ ポリシーを処理するためにデータセンターのリソースを消費する理由はありません。Conversely, any archive policies (which are retention tags configured with a MoveToArchive retention action) that are included in the retention policy assigned to an inactive mailbox are ignored. That means items in an inactive mailbox that are tagged with an archive policy remain in the primary mailbox when the retention period expires. They're not moved to the archive mailbox or to the Recoverable Items folder in the archive mailbox. Because a user can't sign in to an inactive mailbox, there's no reason to consume datacenter resources to process archive policies.

  • 訴訟ホールドの新しい保持期間を確認するには、次のコマンドを実行します。To check the new hold duration for a Litigation Hold, run the following commands

      Get-Mailbox -InactiveMailboxOnly -Identity <identity of inactive mailbox> | FL LitigationHoldDuration
    
  • 通常のメールボックスのように、管理フォルダー アシスタント (MFA) は非アクティブなメールボックスも処理します。Like regular mailboxes, the Managed Folder Assistant (MFA) also processes inactive mailboxes. Exchange Online では、MFA はメールボックスを約 7 日に 1 回処理します。In Exchange Online, the MFA processes mailboxes approximately once every seven days. 非アクティブなメールボックスの保持期間を変更したなら、 Start-ManagedFolderAssistant コマンドレットを使用して、非アクティブなメールボックスの新しい保持期間の処理を直ちに開始します。After you change the hold duration for an inactive mailbox, you can use the Start-ManagedFolderAssistant cmdlet to immediately start processing the new hold duration for the inactive mailbox. 次のコマンドを実行します。Run the following command.

    Start-ManagedFolderAssistant -InactiveMailbox <identity of inactive mailbox>
    
  • 非アクティブなメールボックスに多数の保留リストが配置されている場合は、すべての保留 GUID が表示されません。If many holds are placed on an inactive mailbox, not all of the hold GUIDs will be displayed. 非アクティブなメールボックスに設定されているすべてのホールド (訴訟ホールドを除く) の GUID を表示するには、次のコマンドを実行します。You can run the following command to display the GUIDs for all holds (except Litigation Holds) that are placed on an inactive mailbox.

    Get-Mailbox -InactiveMailboxOnly -Identity <identity of inactive mailbox> | Select-Object -ExpandProperty InPlaceHolds