無制限のアーカイブを有効にする - 管理者ヘルプEnable unlimited archiving - Admin Help

Exchange Online の自動拡張アーカイブ機能を使用して、アーカイブ メールボックスの記憶域を無制限に有効にできます。You can use the Exchange Online auto-expanding archiving feature to enable unlimited storage space for archive mailboxes. 自動拡張アーカイブが有効になっている場合、ユーザーのアーカイブ メールボックスが容量の上限に近づくと、追加の記憶領域が自動的に追加されます。When auto-expanding archiving is turned on, additional storage space is automatically added to a user's archive mailbox when it approaches the storage limit. 無制限のメールボックス記憶容量が提供されます。The result is unlimited mailbox storage capacity. 組織の全ユーザーに対し、または特定のユーザーだけに対し、自動拡張アーカイブを有効にすることができます。You can turn on auto-expanding archiving for everyone in your organization or just for specific users. 自動拡張アーカイブの詳細については、「Office 365 での無制限アーカイブの概要」を参照してください。For more information about auto-expanding archiving, see Overview of unlimited archiving in Office 365.

自動拡張アーカイブを有効にする前にBefore you enable auto-expanding archiving

  • 組織全体または特定のユーザーに対して自動拡張アーカイブを有効にするには、組織のグローバル管理者または Exchange Online 組織の組織管理役割グループのメンバーである必要があります。You have to be a global administrator in your organization or a member of the Organization Management role group in your Exchange Online organization to enable auto-expanding archiving for your entire organization or for specific users. または、特定のユーザーに対する自動拡張アーカイブを有効にするには、メール受信者の役割を割り当てられた役割グループのメンバーである必要があります。Alternately, you have to be a member of a role group that's assigned the Mail Recipients role to enable auto-expanding archiving for specific users.

  • 自動拡張アーカイブを有効にする前に、ユーザーのアーカイブ メールボックスを有効にする必要があります。A user's archive mailbox has to be enabled before you can enable auto-expanding archiving. アーカイブ メールボックスを有効にするには、ユーザーに Exchange Online プラン 2 のライセンスが割り当てられている必要があります。A user must be assigned an Exchange Online Plan 2 license to enable the archive mailbox. ユーザーに Exchange Online プラン 1 のライセンスが割り当てられている場合、アーカイブ メールボックスを有効にするには、別の Exchange Online アーカイブ ライセンスを割り当てる必要があります。If a user is assigned an Exchange Online Plan 1 license, you would have to assign them a separate Exchange Online Archiving license to enable their archive mailbox. セキュリティ/コンプライアンス センターでアーカイブ メールボックスを有効にする」を参照してください。See Enable archive mailboxes in the Security & Compliance Center.

  • PowerShell を使って、アーカイブ メールボックスを有効にすることもできます。You can also use PowerShell to enable archive mailboxes. 組織内のすべてのユーザーのアーカイブ メールボックスを有効するために使用できる PowerShell コマンドの例については、「詳細情報」セクションを参照してください。See the More information section for an example of the PowerShell command that you can use to enable archive mailboxes for all users in your organization.

  • アーカイブの自動拡張では、共有メールボックスもサポートされます。Auto-expanding archiving also supports shared mailboxes. 共有メールボックスのアーカイブを有効にするには、Exchange Online プラン 2 のライセンス、または Exchange Online Archiving のライセンスの付いた Exchange Online プラン 1 のライセンスが必要です。To enable the archive for a shared mailbox, an Exchange Online Plan 2 license or an Exchange Online Plan 1 license with an Exchange Online Archiving license is required.

  • アーカイブを自動拡張すると、非アクティブなメールボックスを回復または復元 できませんAuto-expanding archiving prevents you from recovering or restoring an inactive mailbox. つまり、メールボックスの自動拡張アーカイブを有効にし、後でメールボックスを非アクティブにした場合は、非アクティブなメールボックスを回復したり (アクティブなメールボックスに変換して) 復元したり (コンテンツを既存のメールボックスにマージして) 復元したりすることはできません。That means if you enable auto-expanding archiving for a mailbox and the mailbox is made inactive at a later date, you won't be able to recover the inactive mailbox (by converting it to an active mailbox) or restore it (by merging the contents to an existing mailbox). 非アクティブなメールボックスで自動拡張アーカイブが有効になっている場合、データを回復する唯一の方法は、Microsoft 365 コンプライアンス センターのコンテンツ検索ツールを使用して、メールボックスからデータをエクスポートし、別のメールボックスにインポートすることです。If auto-expanding archiving is enabled on an inactive mailbox, the only way to recover data is by using the Content search tool in the Microsoft 365 compliance center to export the data from the mailbox and import to another mailbox. 詳細については、「非アクティブなメールボックスの概要」の「非アクティブなメールボックスと自動拡張アーカイブ」 セクションを参照してくださいFor more information, see the "Inactive mailboxes and auto-expanding archives" section in Overview of inactive mailboxes.

  • Exchange 管理センターまたはセキュリティ/コンプライアンスセンターを使用して自動拡張アーカイブを有効にすることはできません。You can't use the Exchange admin center or the Security & Compliance Center to enable auto-expanding archiving. Exchange Online PowerShell を使用する必要があります。You have to use Exchange Online PowerShell. リモート PowerShell を使って Exchange Online 組織に接続する方法については、「Exchange Online PowerShell に接続する」を参照してください。To connect to your Exchange Online organization using remote PowerShell, see Connect to Exchange Online PowerShell.

自動拡張アーカイブを組織全体で有効にするEnable auto-expanding archiving for your entire organization

組織全体の自動拡張アーカイブを有効にすることができます。You can enable auto-expanding archiving for your entire organization. いったん有効にすると、既存ユーザーのメールボックスと、作成される新規ユーザーのメールボックスに対し、自動拡張アーカイブが有効になります。After you turn it on, auto-expanding archiving will be enabled for existing user mailboxes and for new user mailboxes that are created. ユーザー メールボックスを作成するときは、自動拡張アーカイブ機能が新しいユーザー メールボックスで機能するように、ユーザーのメイン アーカイブ メールボックスを有効にする必要があります。When you create user mailboxes, be sure to enable the user's main archive mailbox so the auto-expanding archiving feature works for the new user mailbox.

  1. Exchange Online PowerShell への接続Connect to Exchange Online PowerShell

  2. 自動拡張アーカイブを組織全体で有効にするには、Exchange Online PowerShell で次のコマンドを実行します。Run the following command in Exchange Online PowerShell to enable auto-expanding archiving for your entire organization.

    Set-OrganizationConfig -AutoExpandingArchive
    

自動拡張アーカイブを特定のユーザーに対して有効にするEnable auto-expanding archiving for specific users

組織内のすべてのユーザーの自動拡張アーカイブを有効にするのではなく、特定のユーザーについてだけ有効にできます。Instead of enabling auto-expanding archiving for every user in your organization, you can enable it only for specific users. 大容量のアーカイブ記憶領域の容量を必要とするのが一部のユーザーのみの場合に、この方法を使用します。You might do this because only some users might have a need for a large archive storage capacity.

特定のユーザーと保持ポリシーに割り当てられているユーザーのメールボックスに対して自動拡張アーカイブを有効にした場合、次の 2 つの構成が変更されます。When you enable auto-expanding archiving for a specific user and the user's mailbox in on hold or assigned to a retention policy, the following two configurations changes are made:

  • ユーザーのプライマリ アーカイブ メールボックスの記憶領域のクォータが 10 GB 増加します (100 GB から 110 GB へ)。The storage quota for the user's primary archive mailbox is increased by 10 GB (from 100 GB to 110 GB). また、アーカイブの警告クォータも 10 GB 増加します (90 GB から 100 GB へ)。The archive warning quota is also increased by 10 GB (from 90 GB to 100 GB).

  • ユーザーのプライマリ メールボックスの [回復可能なアイテム] フォルダーの記憶領域のクォータは、10 GB 増加します (100 GB から 110 GB へ)。The storage quota for the Recoverable Items folder in the user's primary mailbox is increased by 10 GB (also from 100 GB to 110 GB). 回復可能なアイテムの警告クォータも、10 GB 増加します (90 GB から 100 GB へ)。The Recoverable Items warning quota is also increased by 10 GB (from 90 GB to 100 GB). これらの変更は、保持中のメールボックスまたはアイテム保持ポリシーに割り当てられている場合にのみ適用されます。These changes are applicable only if the mailbox in on hold or assigned to a retention policy.

この追加容量は、自動拡張アーカイブのプロビジョニングが行われる前に発生する可能性がある記憶領域の問題を防ぐために追加されるものです。This additional space is added to prevent any storage issues that may occur before the auto-expanding archive is provisioned. 前のセクションで説明したように、自動拡張アーカイブを組織全体に対して有効にする場合は、追加記憶領域は追加 されませんAdditional storage space is not added when you enable auto-expanding archiving for your entire organization, as described in the previous section.

  1. Exchange Online PowerShell への接続Connect to Exchange Online PowerShell

  2. 自動拡張アーカイブを特定のユーザーに対して有効にするには、次の PowerShell コマンドを実行します。Run the following command in Exchange Online PowerShell to enable auto-expanding archiving for a specific user. 前述のように、ユーザーの自動拡張アーカイブを有効にする前に、そのユーザーのアーカイブ メールボックス (メイン アーカイブ) を有効にしておく必要があります。As previously explained, the user's archive mailbox (main archive) must be enabled before you can turn on auto-expanding archiving for that user.

    Enable-Mailbox <user mailbox> -AutoExpandingArchive
    

重要

Exchange ハイブリッド展開では 、Enable-Mailbox -AutoExpandingArchive コマンドを使用して、プライマリ メールボックスがオンプレミスで、アーカイブ メールボックスがクラウドベースの特定のユーザーに対して自動拡張アーカイブを有効にすることはできません。In an Exchange hybrid deployment, you can't use the Enable-Mailbox -AutoExpandingArchive command to enable auto-expanding archiving for a specific user whose primary mailbox is on-premises and whose archive mailbox is cloud-based. クラウド ベースのアーカイブ メールボックスの自動拡張アーカイブを Exchange ハイブリッド展開で有効にするには、Exchange Online PowerShell で Set-OrganizationConfig -AutoExpandingArchive コマンドを実行して、組織全体に対して自動拡張アーカイブを有効にする必要があります。To enable auto-expanding archiving for cloud-based archive mailboxes in an Exchange hybrid deployment, you have to run the Set-OrganizationConfig -AutoExpandingArchive command in Exchange Online PowerShell to enable auto-expanding archiving for the entire organization. ユーザーのプライマリ メールボックスとアーカイブ メールボックスが両方ともクラウド ベースの場合は、Enable-Mailbox -AutoExpandingArchive コマンドを使用してそのユーザーに対して自動拡張アーカイブを有効にできます。If a user's primary and archive mailboxes are both cloud-based, then you can use the Enable-Mailbox -AutoExpandingArchive command to enable auto-expanding archiving for that specific user.

自動拡張アーカイブが有効になっていることを確認するVerify that auto-expanding archiving is enabled

自動拡張アーカイブが組織に対して有効になっていることを確認するには、Exchange Online PowerShell で次のコマンドを実行します。To verify that auto-expanding archiving is enabled for your organization, run the following command in Exchange Online PowerShell.

Get-OrganizationConfig | FL AutoExpandingArchiveEnabled

True は、自動拡張アーカイブが組織に対して有効になっていることを示します。A value of True indicates that auto-expanding archiving is enabled for the organization.

特定のユーザーに対して自動拡張アーカイブが有効になっているか確認するには、Exchange Online PowerShell で次のコマンドを実行します。To verify that auto-expanding archiving is enabled for a specific user, run the following command in Exchange Online PowerShell.

Get-Mailbox <user mailbox> | FL AutoExpandingArchiveEnabled

True は、自動拡張アーカイブがそのユーザーに対して有効になっていることを示します。A value of True indicates that auto-expanding archiving is enabled for the user.

非アクティブなメールボックスで自動拡張アーカイブが有効になっているかどうかを確認するには、Exchange Online PowerShell で次のコマンドを実行します。To determine if auto-expanding archiving is enabled for inactive mailboxes, run the following command in Exchange Online PowerShell.

Get-Mailbox -InactiveMailboxOnly | FL UserPrincipalName,AutoExpandingArchiveEnabled

値は True 、非アクティブなメールボックスに対して自動拡張アーカイブが有効になっているかどうかを示します。A value of True indicates that auto-expanding archiving is enabled for the inactive mailbox. 値は False 、自動拡張アーカイブが有効になっていないかどうかを示します。A value of False indicates that auto-expanding archiving isn't enabled.

自動拡張アーカイブを有効にした後は、次の点に注意してください。Keep the following things in mind after you enable auto-expanding archiving:

  • Set-OrganizationConfig -AutoExpandingArchive コマンドを実行して自動拡張アーカイブを組織に対して有効化する場合は、個々のメールボックスに対して Enable-Mailbox -AutoExpandingArchive を実行する必要はありません。If you run the Set-OrganizationConfig -AutoExpandingArchive command to enable auto-expanding archiving for your organization, you don't have to run the Enable-Mailbox -AutoExpandingArchive on individual mailboxes. 組織の自動拡張アーカイブを有効にする Set-OrganizationConfig コマンドレットを実行しても、ユーザー メールボックスの AutoExpandingArchiveEnabled プロパティはに変更されません TrueRunning the Set-OrganizationConfig cmdlet to enable auto-expanding archiving for your organization doesn't change the AutoExpandingArchiveEnabled property on user mailboxes to True.

  • 同様に、自動拡張アーカイブを有効にしても、メールボックスの ArchiveQuota プロパティと ArchiveWarningQuota プロパティの値も変更されません。Similarly, the values for the ArchiveQuota and ArchiveWarningQuota mailbox properties aren't changed when you enable auto-expanding archiving. 実際、ユーザー メールボックスの自動拡張アーカイブを有効にして、AutoExpandingArchiveEnabled プロパティを True に設定している場合、ArchiveQuota プロパティと ArchiveWarningQuota プロパティは無視されます。In fact, when you enable auto-expanding archiving for a user mailbox and the AutoExpandingArchiveEnabled property is set to True, the ArchiveQuota and ArchiveWarningQuota properties are ignored. ユーザーのメールボックスの自動拡張アーカイブを有効にした後のこれらのメールボックス プロパティの例を示します。Here's an example of these mailbox properties after auto-expanding archiving is enabled for a user's mailbox.

    自動拡張アーカイブを有効にした後、ArchiveQuota と ArchiveWarningQuota プロパティは無視されます。

詳細情報More information

  • PowerShell を使って、アーカイブ メールボックスを有効にすることもできます。You can also use PowerShell to enable archive mailboxes. たとえば、Exchange Online PowerShell で次のコマンドを実行して、アーカイブ メールボックスがまだ有効になっていないすべてのユーザーのアーカイブ メールボックスを有効にできます。For example, you can run the following command in Exchange Online PowerShell to enable archive mailboxes for all users whose archive mailbox isn't already enabled.

    Get-Mailbox -Filter {ArchiveStatus -Eq "None" -AND RecipientTypeDetails -eq "UserMailbox"} | Enable-Mailbox -Archive
    
  • 組織または特定のユーザーに対して自動拡張アーカイブを有効にした後、アーカイブ メールボックス ([回復可能なアイテム] フォルダーを含む) が 90 GB に達すると、アーカイブ メールボックスは自動拡張アーカイブに変換されます。After you turn on auto-expanding archiving for your organization or for a specific user, an archive mailbox is converted to an auto-expanding archive when the archive mailbox (including the Recoverable Items folder) reaches 90 GB. 追加記憶領域がプロビジョニングされるには、最大 30 日かかります。It can take up to 30 days for the additional storage space to be provisioned.

  • 自動拡張アーカイブを有効にした後は、無効にすることはできません。After you turn on auto-expanding archiving, it can't be turned off. さらに、管理者は自動拡張アーカイブの記憶域クォータを調整できない。Additionally, administrators can't adjust the storage quota for auto-expanding archiving.

  • 自動拡張アーカイブは、オンプレミスのプライマリメールボックスを持つユーザーについて、Exchange ハイブリッド展開のクラウド ベースのアーカイブ メールボックスでサポートされています。Auto-expanding archiving is supported for cloud-based archive mailboxes in an Exchange hybrid deployment for users who have an on-premises primary mailbox. ただし、クラウド ベースのアーカイブ メールボックスに対して自動拡張アーカイブを有効にした後は、そのアーカイブ メールボックスをオフボードしてオンプレミスの Exchange 組織に戻すことはできません。However, after auto-expanding archiving is enabled for a cloud-based archive mailbox, you can't off-board that archive mailbox back to the on-premises Exchange organization. 自動拡張アーカイブは、どのバージョンのメールボックスでも、オンプレミスのメールボックスExchange Server。Auto-expanding archiving isn't supported for on-premises mailboxes in any version of Exchange Server.

  • ユーザーがアーカイブ メールボックス内の追加の記憶域内のアイテムにアクセスするために使用できる Outlook クライアントの一覧については、「無制限のアーカイブの概要」の「自動拡張アーカイブ内のアイテムにアクセスする Outlook 要件」セクションを参照してください。For a list of Outlook clients that users can use to access items in the additional storage area in their archive mailbox, see the "Outlook requirements for accessing items in an auto-expanded archive" section in Overview of unlimited archiving.

  • 前述のように、Enable-Mailbox -AutoExpandingArchive コマンドを実行すると、ユーザーのプライマリ アーカイブ メールボックス (および、メールボックスが保留中の場合は、[回復可能なアイテム] フォルダー) の記憶領域のクォータ に 10 GB が追加されます。As previously explained, 10 GB is added to the storage quota of the user's primary archive mailbox (and to the Recoverable Items folder if the mailbox is on hold) when you run the Enable-Mailbox -AutoExpandingArchive command. これにより、自動拡張記憶領域がプロビジョニングされるまで (最大で30 日間かかります)、追加の記憶領域が提供されます。This provides additional storage until the auto-expanded storage space is provisioned (which can take up to 30 days). Set-OrganizationConfig -AutoExpandingArchive を実行して組織のすべてのメールボックスに対して自動拡張アーカイブを有効化した場合は、追加記憶領域は追加されません。This additional storage space isn't added when you run the Set-OrganizationConfig -AutoExpandingArchive to enable auto-expanding archiving for all mailboxes in your organization. 自動拡張アーカイブを組織全体に対して有効化した場合でも、特定のユーザーの記憶領域に 10 GB を追加する必要がある場合は、そのメールボックスに対して Enable-Mailbox -AutoExpandingArchive コマンドを実行できます。If you enabled auto-expanding archiving for the entire organization, but need to add the additional 10 GB of storage space for a specific user, you can run the Enable-Mailbox -AutoExpandingArchive command on that mailbox. 自動拡張アーカイブが既に有効化されているというエラー メッセージが表示されますが、メールボックスには追加記憶領域が追加されます。You will receive an error saying that auto-expanding archiving has already been enabled, but the additional storage space will be added to the mailbox.

重要

自動拡張アーカイブがサポートされているのは、個々のユーザーのメールボックスまたは 1 日あたりの成長率が 1 GB 未満の共有メールボックスのみです。Auto-expanding archiving is only supported for mailboxes used for individual users or shared mailboxes with a growth rate that doesn't exceed 1 GB per day. アーカイブ目的のために、ジャーナリング、トランスポート ルール、または自動転送ルールを使用してメッセージをアーカイブ メールボックスにコピーすることは許可されていません。Using journaling, transport rules, or auto-forwarding rules to copy messages to an archive mailbox for the purposes of archiving is not permitted. ユーザーのアーカイブ メールボックスは、そのユーザー専用です。A user's archive mailbox is intended for just that user. Microsoft は、ユーザーのアーカイブ メールボックスを使用して他のユーザーのアーカイブ データを格納する、またはその他の不適切な使用の場合には、インスタンスに無制限アーカイブを拒否する権利を有します。Microsoft reserves the right to deny unlimited archiving in instances where a user's archive mailbox is used to store archive data for other users or in other cases of inappropriate use.