データ処理中のエラー修復Error remediation when processing data

エラー修復により、電子情報開示管理者は、高度な電子情報開示がコンテンツを適切に処理しないデータの問題を修正できます。Error remediation allows eDiscovery administrators the ability to rectify data issues that prevent Advanced eDiscovery from properly processing the content. たとえば、パスワードで保護されたファイルは、ファイルがロックまたは暗号化された後で処理できません。For example, files that are password protected can't be processed since the files are locked or encrypted. エラー修復を使用して、電子情報開示管理者は、このようなエラーが発生したファイルをダウンロードし、パスワード保護を削除してから、修復されたファイルをアップロードできます。Using error remediation, eDiscovery administrators can download files with such errors, remove the password protection, and then upload the remediated files.

Advanced eDiscovery ケースでエラーが発生したファイルを修復するには、次のワークフローを使用します。Use the following workflow to remediate files with errors in Advanced eDiscovery cases.

処理エラーのあるファイルを修復するためのエラー修復セッションを作成するCreate an error remediation session to remediate files with processing errors

注意

次の手順の間にエラー修復ウィザードがいつでも閉じている場合は、[表示] ドロップダウン メニューの [修復] を選択して、[処理]タブからエラー修復セッションに戻ります。 If the the error remediation wizard is closed at any time during the following procedure, you can return to the error remediation session from the Processing tab by selecting Remediations in the View drop-down menu.

  1. 高度な 電子情報開示 ケースの [処理] タブで、[表示] ドロップダウン メニューの [エラー] を選択し、[スコープ]ドロップダウン メニューでレビュー セットまたはケース全体を選択します。 On the Processing tab in the Advanced eDiscovery case, select Errors in the View drop-down menu and then select a review set or the entire case in the Scope drop-down menu. このセクションには、特定のレビューセットのケースやエラーのすべてのエラーが表示されます。This section displays all errors from the case or error from a specific review set.

    エラー修復

  2. 修復するエラーを選択するには、エラーの種類またはファイルの種類の横にあるラジオ ボタンをクリックします。Select the errors you want to remediate by clicking the radio button next to either the error type or file type. 次の例では、パスワードで保護されたファイルを修復します。In the following example, we're remediating a password protected file.

  3. [新 しいエラー修復] をクリックしますClick New error remediation.

    エラー修復ワークフローは、エラーのあるファイルが Microsoft 提供の Azure Storage の場所にコピーされ、修復するためにローカル コンピューターにダウンロードできる準備段階から始まります。The error remediation workflow starts with a preparation stage where the files with errors are copied to a Microsoft-provided Azure Storage location so that you can download them to your local computer to remediate.

    エラー修復の準備

  4. 準備が完了したら、[次へ: ファイルの ダウンロード] をクリックしてダウンロード を続行します。After the preparation is complete, click Next: Download files to proceed with download.

    ファイルをダウンロードする

  5. ファイルをダウンロードするには、 ダウンロードの保存先パス を指定します。To download files, specify the Destination path for download. これは、ファイルをダウンロードするローカルコンピューター上の親フォルダーへのパスです。This is a path to the parent folder on your local computer where the file will be downloaded. 既定のパス %USERPROFILE%\Downloads\errors は、ログインしているユーザーのダウンロード フォルダーをポイントします。The default path, %USERPROFILE%\Downloads\errors, points to the logged-in user's downloads folder. 必要に応じて、このパスを変更できます。You can change this path if desired. 変更する場合は、最適なパフォーマンスを得るローカル ファイル パスを使用することをお勧めします。If you do change it, we recommend that you use a local file path for the best performance. リモート ネットワーク パスを使用しない。Don't use a remote network path. たとえば、パス C:\修復を使用できますFor example, you could use the path C:\Remediation.

    親フォルダーへのパスは、AzCopy コマンド (/Dest パラメーターの値として) に自動的に追加 されます。The path to the parent folder is automatically added to AzCopy command (as the value of the /Dest parameter).

  6. 定義済みコマンドをコピーするには [クリップボードにコピー] をクリックします。Copy the predefined command by clicking Copy to clipboard. Windows コマンド プロンプトを開き、AzCopy コマンドを貼り付け、Enter キーを 押しますOpen a Windows Command Prompt, paste the AzCopy command, and then press Enter.

    エラー修復の準備

    注意

    [ファイルのダウンロード] ページで提供されているコマンドを正常に使用するには、AzCopy v8.1 を 使用する必要 があります。You must use AzCopy v8.1 to successfully use the command that's provided on the Download files page. 手順 10 でファイルをアップロードするには、AzCopy v8.1 を使用する必要があります。You also must use AzCopy v8.1 to upload the files in step 10. このバージョンの AzCopy をインストールするには、「Windows で AzCopy v8.1を使用してデータを転送する」を参照してください。To install this version of AzCopy, see Transfer data with the AzCopy v8.1 on Windows. 指定された AzCopy コマンドが失敗した場合は 、「Advanced eDiscovery の AzCopy のトラブルシューティング」を参照してくださいIf the supplied AzCopy command fails, please see Troubleshoot AzCopy in Advanced eDiscovery.

    手順5で指定した場所に、選択したファイルがダウンロードされます。The files that you selected are downloaded to the location that you specified in step 5. 親フォルダー(例: C:\Remediation) に、次のサブフォルダー構造が自動的に作成されます。In the parent folder (for example, C:\Remediation), the following subfolder structure is automatically created:

    <Parent folder>\Subfolder 1\Subfolder 2\<file>

    • サブフォルダー 1 には、手順1で選択した範囲に応じて、ケースまたはレビューセットの ID の名前が付けられます。Subfolder 1 is named with the ID for the case or the review set, depending on the scope that you selected in step 1.

    • サブフォルダー 2 には、ダウンロードしたファイルのファイル ID が付いています。Subfolder 2 is named with the file ID of the downloaded file

    • ダウンロードしたファイルは サブフォルダー 2 に保存され、ファイル ID で呼ばれます。The downloaded file is located in Subfolder 2 and is also named with the file ID.

    アイテムを C:\Remediation 親フォルダーにダウンロードするときに作成されるフォルダー パスとエラー ファイル名の例を次に示します。Here's an example of the folder path and error file name that's created when items are downloaded to the C:\Remediation parent folder:

    C:\Remediation\232f8b7e-089c-4781-88c6-210da0615d32\d1459499146268a096ea20202cd029857d64087706e6d6ca2a224970ae3b8938\d1459499146268a096ea20202cd029857d64087706e6d6ca2a224970ae3b8938.docx

    複数のファイルがダウンロードされた場合、各ファイルは、ファイル ID で名前が付けられたサブフォルダーにダウンロードされます。If multiple files are downloaded, each one is downloaded to a subfolder that's named with the file ID.

    重要

    手順 9 と手順 10 でファイルをアップロードする場合、修復されたファイルは同じファイル名を持ち、同じサブフォルダー構造にある必要があります。When you upload files in step 9 and step 10, the remediated files must have that same filename and be located in the same subfolder structure. サブフォルダーとファイル名は、修復されたファイルを元のエラー ファイルに関連付けするために使用されます。The subfolder and file names are used to associated the remediated file with the original error file. フォルダー構造またはファイル名が変更された場合は、次のエラーが表示されます Cannot apply Error Remediation to the current WorkingsetIf the folder structure or file names are changed, you'll receive the following error: Cannot apply Error Remediation to the current Workingset. 問題を回避するには、修復されたファイルを同じ親フォルダーとサブフォルダー構造に保持することをお勧めします。To prevent any issues, we recommend that keep the remediated files in the same parent folder and subfolder structure.

  7. ファイルをダウンロードしたら、適切なツールで修復できます。After downloading the files, you can remediate them with an appropriate tool. パスワードで保護されたファイルの場合、使用できるパスワード割れツールがいくつかあります。For password-protected files, there are several password cracking tools you can use. ファイルのパスワードがわかっている場合は、ファイルを開いてパスワード保護を削除できます。If you know the passwords for the files, you can open them and remove the password protection.

  8. [高度な電子情報開示とエラー修復ウィザード] に戻り、[次へ: ファイルのアップロード ] をクリックしますReturn to Advanced eDiscovery and the error remediation wizard and then click Next: Upload files. これで、次のページに移動して、ファイルをアップロードできるようになります。This moves to the next page where you can now upload the files.

    ファイルのアップロード

  9. [ファイルの場所へのパス] テキストボックス内の修復されたファイルが保存されている親フォルダーを指定します。Specify the parent folder where the remediated files are located in the Path to location of files text box. ここでも、親フォルダーには、ファイルのダウンロード時に作成されたのと同じサブフォルダー構造が必要です。Again, the parent folder must have the same subfolder structure that was created when you downloaded the files.

    親フォルダーへのパスは、(/Source パラメーターの値として) AzCopy コマンド に自動的に追加 されます。The path to the parent folder is automatically added to AzCopy command (as the value of the /Source parameter).

  10. 定義済みコマンドをコピーするには [クリップボードにコピー] をクリックします。Copy the predefined command by clicking Copy to clipboard. Windows コマンド プロンプトを開き、AzCopy コマンドを貼り付け、Enter キーを 押しますOpen a Windows Command Prompt, paste the AzCopy command, and then press Enter. ファイルをアップロードします。upload the files.

    Azcopy での修復されたファイルの正常なアップロードの結果

  11. AzCopy コマンドを実行した後、[次へ: ファイルの処理 ] をクリックしますAfter you run the AzCopy command, click Next: Process files.

    処理が完了したら、セットを確認し、修復されたファイルを表示できます。When processing is complete, you can go to review set and view the remediated files.

コンテナー ファイルのエラーの修復Remediating errors in container files

Advanced eDiscovery でコンテナー ファイル (.zip ファイルなど) の内容を抽出できない場合は、コンテナーをダウンロードして、元のコンテナーが存在する同じフォルダーに展開できます。In situations when the contents of a container file (such as a .zip file) can't be extracted by Advanced eDiscovery, the containers can be downloaded and the contents expanded into the same folder in which the original container resides. 展開されたファイルは、Advanced eDiscovery によって最初に展開された場合と同様に親コンテナーに属性付けされます。The expanded files will be attributed to the parent container as if it was originally expanded by Advanced eDiscovery. このプロセスは、1 つのファイルを置換ファイルとしてアップロードする場合を除き、上記のように動作します。The process works as described as above except for uploading a single file as the replacement file. 修復されたファイルをアップロードする場合は、元のコンテナー ファイルを含めないことです。When you upload remediated files, don't include the original container file.

抽出されたテキストをアップロードしてエラーを修復するRemediating errors by uploading the extracted text

高度な電子情報開示で解釈できるネイティブ形式にファイルを修復できない場合があります。Sometimes it's not possible to remediate a file to native format that Advanced eDiscovery can interpret. ただし、元のファイルをネイティブ ファイルの元のテキストを含むテキスト ファイルに置き換えることができます (テキスト オーバーレイと呼ばれる プロセス で)。But you can replace the original file with a text file that contains the original text of the native file (in a process called text overlay). これを行うには、この記事で説明する手順に従いますが、元のファイルをネイティブ形式で修復する代わりに、元のファイルから抽出したテキストを含むテキスト ファイルを作成し、.txt サフィックスが付加された元のファイル名を使用してテキスト ファイルをアップロードします。To do this, follow the steps described in this article but instead of remediating the original file in the native format, you would create a text file that contains the extracted text from the original file, and then upload the text file using the original filename appended with a .txt suffix. たとえば、ファイル名 335850cc-6602-4af0-acfa-1d14d9128ca2.abc でエラー修復中にファイルをダウンロードします。For example, you download a file during error remediation with the filename 335850cc-6602-4af0-acfa-1d14d9128ca2.abc. ネイティブ アプリケーションでファイルを開き、テキストをコピーし、そのファイルを 335850cc-6602-4af0-acfa-1d14d9128ca2.abc.txt という名前の新しいファイルに貼り335850cc-6602-4af0-acfa-1d14d9128ca2.abc.txt。You open the file in the native application, copy the text, and then paste it into a new file named 335850cc-6602-4af0-acfa-1d14d9128ca2.abc.txt. これを行う場合は、修復されたテキスト ファイルを Advanced eDiscovery にアップロードする前に、ローカル コンピューター上の修復されたファイルの場所からネイティブ形式の元のファイルを削除してください。When you do this, be sure to remove the original file in the native format from the remediated file location on your local computer before uploading the remediated text file to Advanced eDiscovery.

ファイルが修復された場合の対応What happens when files are remediated

修復されたファイルがアップロードされると、次のフィールドを除き、元のメタデータが保持されます。When remediated files are uploaded, the original metadata is preserved except for the following fields:

  • ExtractedTextSizeExtractedTextSize
  • HasTextHasText
  • IsErrorRemediateIsErrorRemediate
  • LoadIdLoadId
  • ProcessingErrorMessageProcessingErrorMessage
  • ProcessingStatusProcessingStatus
  • テキストText
  • WordCountWordCount
  • WorkingsetIdWorkingsetId

Advanced eDiscovery のすべてのメタデータ フィールドの定義については、「ドキュメント メタデータ フィールド 」を参照してくださいFor a definition of all metadata fields in Advanced eDiscovery, see Document metadata fields.