非アクティブなメールボックスの概要Overview of inactive mailboxes

組織では、退職後も元従業員の電子メールを保持しなければならないことがあります。Your organization might need to retain former employees' email after they leave the organization. 組織が定める保存要件に応じて、メールボックスの内容を、雇用が終了してから数か月、数年、または無期限に保持しなければならないことがあります。Depending on your organization's retention requirements, you might need to retain mailbox content for a few months or years after employment ends, or you might need to retain mailbox content indefinitely. メールを保持する必要がある期間に関係なく、非アクティブなメールボックスを作成して、元従業員のメールボックスを保持できます。 Regardless of how long you need to retain email, you can create inactive mailboxes to retain the mailbox of former employees.

非アクティブなメールボックスとはWhat are inactive mailboxes?

従業員が組織を離れる (または長期休暇に入った場合)、Microsoft 365 アカウントを削除できます。When an employee leaves your organization (or goes on an extended leave of absence), you can remove their Microsoft 365 account. 従業員のメールボックス データは、アカウントが削除された後、30 日間保持されます。The employee's mailbox data is retained for 30 days after the account is removed. この期間中も、アカウントを削除解除することでメールボックス データを回復できます。During this period, you can still recover the mailbox data by undeleting the account. 30 日後、データは完全に削除されます。After 30 days, the data is permanently removed.

ただし、組織で元従業員のメールボックス コンテンツを保持する必要がある場合は、メールボックスを訴訟ホールドに置くか、セキュリティ & コンプライアンス センターのメールボックスに Microsoft 365 アイテム保持ポリシーを適用し、対応する Microsoft 365 アカウントを削除することで、メールボックスを非アクティブなメールボックスに変換できます。But if your organization needs to retain mailbox content for former employees, you can turn the mailbox into an inactive mailbox by placing the mailbox on Litigation Hold or applying a Microsoft 365 retention policy to the mailbox in the Security & Compliance Center and then removing the corresponding Microsoft 365 account. 非アクティブなメールボックスの内容は、メールボックスに置かれた訴訟ホールドの期間、またはメールボックスが削除される前に適用された保持ポリシーの保持期間に保持されます。The contents of an inactive mailbox are retained for the duration of the Litigation Hold placed on the mailbox or the retention period of the retention policy applied to it before the mailbox was deleted. You can still recover the corresponding user account for a 30-day period.You can still recover the corresponding user account for a 30-day period. ただし、30 日後、保持ポリシーまたは保持ポリシーが削除されるまで、非アクティブなメールボックスは Microsoft 365 に保持されます。However, after 30 days, the inactive mailbox is retained in Microsoft 365 until the hold or retention policy is removed.

重要

メールボックスのコンテンツを保持するためにさまざまな方法に投資を続ける中、Exchange 管理センターのインプレース ホールドを廃止することを発表します。As we continue to invest in different ways to preserve mailbox content, we're announcing the retirement of In-Place Holds in the Exchange admin center. つまり、訴訟ホールドと Microsoft 365 アイテム保持ポリシーを使用して非アクティブなメールボックスを作成する必要があります。That means you should use Litigation Holds and Microsoft 365 retention policies to create an inactive mailbox. 2020 年 7 月 1 日以降、Exchange Online で新しいインプレース ホールドを作成することはできなくなります。Starting July 1, 2020 you won't be able to create new In-Place Holds in Exchange Online. ただし、非アクティブなメールボックスに配置されたインプレース ホールドのホールド期間は引き続き変更できます。But you'll still be able to change the hold duration of an In-Place Hold placed on an inactive mailbox. ただし、2020 年 10 月 1 日以降、ホールド期間を変更することはできなくなります。However, starting October 1, 2020, you won't be able to change the hold duration. インプレース ホールドを削除することによってのみ、非アクティブなメールボックスを削除できます。You'll only be able to delete an inactive mailbox by removing the In-Place Hold. インプレース ホールドになっている既存の非アクティブなメールボックスは、ホールドが解除されるまで保持されます。Existing inactive mailboxes that are on In-Place Hold will still be preserved until the hold is removed. 保留リストが廃止されるIn-Place詳細については、「従来の電子情報開示ツールの廃止 」を参照してくださいFor more information about when In-Place Holds will be retired, see Retirement of legacy eDiscovery tools.

非アクティブなメールボックスと Microsoft 365 アイテム保持ポリシーInactive mailboxes and Microsoft 365 retention policies

訴訟ホールドに加えて、Microsoft 365 コンプライアンス センターで新しい Microsoft 365 アイテム保持ポリシー機能を使用する方法は、メールボックスを非アクティブにするもう 1 つの方法です。In addition to Litigation Hold, using the new Microsoft 365 retention policy feature in the Microsoft 365 compliance center is another way to make a mailbox inactive. To use a retention policy to make an inactive mailbox:To use a retention policy to make an inactive mailbox:

  • コンテンツを保持するか、コンテンツを保持してから削除するように構成する必要があります。It has to be configured to retain content or retain and then delete content. アイテム保持ポリシーがコンテンツのみを削除するように構成されている場合、ユーザー アカウントを削除しても、ポリシーが適用されているメールボックスは非アクティブにならない。If a retention policy is configured to only delete content, a mailbox that the policy is applied to won't become inactive when the user account is deleted.

  • (Skype 関連のコンテンツがユーザーのメールボックスに保管されるため) アイテム保持ポリシーを Exchange メールボックスまたは Skype for Business の場所に適用する必要があります。It has to be applied to Exchange mailboxes or Skype for Business locations (because Skype-related content is stored in the user's mailbox).

  • 検索クエリに合致するアイテムだけを保持するように、クエリ ベースにすることができます。It can be query-based so that it retains only items that match a search query.

アイテム保持ポリシーに関する詳細情報は、「アイテム保持ポリシーおよび保持ラベルの詳細」をご覧ください。For more information about retention policies, see Learn about retention policies and retention labels.

アイテム保持ポリシーを使用して非アクティブなメールボックスを作成する場合、Microsoft 365 は非アクティブなメールボックスの保持ポリシーを引き続き処理します。If you use a retention policy to make an inactive mailbox, Microsoft 365 continues to process the retention policy on the inactive mailbox. つまり、コンテンツを保持した後に削除するようにアイテム保持ポリシーが構成されている場合には、保持期間が期限切れになるとアイテムは [回復可能なアイテム] フォルダーに移され、最終的に非アクティブなメールボックスから消去されます。This means if the retention policy is configured to retain and then delete content, items will be moved to the Recoverable Items folder when the retention duration expires, and then eventually purged from the inactive mailbox. アイテム保持ポリシーが削除済みアイテムに構成されていない場合、ユーザーによって完全に削除されていないアイテム (メールボックスが非アクティブになる前) は [回復可能なアイテム] フォルダーに移動され、メールボックスが非アクティブになった後も無期限に保持されます。If retention policy isn't configured to deleted items, then items that haven't been permanently deleted by the user (before the mailbox was made inactive) won't be moved to the Recoverable Items folder and will be retained indefinitely after the mailbox becomes inactive.

非アクティブなメールボックス専用の Microsoft 365 アイテム保持ポリシーの作成を検討する場合があります。You might consider creating a Microsoft 365 retention policy specifically for inactive mailboxes. そうすべきいくつかの理由と留意点を次に示します。Here are some reasons for doing this and things to keep in mind.

  • 元従業員に関する組織の要件に合致させるため、必要な長さの期間だけメールボックスの内容を保持するように、アイテム保持ポリシーを構成できます。You can configure the retention policy to retain mailbox content only as long as necessary to meet your organization's requirement for former employees.

  • アイテム保持ポリシーは非アクティブなメールボックスにのみ適用されるので、非アクティブなメールボックスを識別する良い方法です。It's a good way to identify inactive mailboxes because the retention policy will only be applied to inactive mailboxes.

  • 組織内の非アクティブなメールボックスに割り当てられているアイテム保持ポリシーをすばやく特定できます。You are able to quickly identify the retention policy that's assigned to inactive mailboxes in your organization. これにより、必要に応じて保持 (または削除) 設定を簡単に変更できます。This makes it easier to change the retention (or deletion) settings if necessary. また、非アクティブなメールボックスは、セキュリティ コンプライアンス センターを使用してポリシーから削除できるので、完全に削除&します。It will also make it easier to permanently delete an inactive mailbox because you can remove it from the policy by using the Security & Compliance Center. それ以外の場合は、Exchange Online PowerShell を使用して非アクティブなメールボックスから訴訟ホールドを削除するか、セキュリティ & コンプライアンス センター PowerShell を使用して、組織全体の Microsoft 365 アイテム保持ポリシーから非アクティブなメールボックスを除外する必要があります。Otherwise, you have to use Exchange Online PowerShell to remove a Litigation Hold from an inactive mailbox or use Security & Compliance Center PowerShell to exclude an inactive mailbox from an organization-wide Microsoft 365 retention policy.

  • 非アクティブなメールボックス専用の Microsoft 365 アイテム保持ポリシーを作成する場合は、ポリシーに最大 1,000 のメールボックスを追加できます。If you create a Microsoft 365 retention policy specifically for inactive mailboxes, you can add a maximum of 1,000 mailboxes to the policy. 大規模な組織の場合は、非アクティブなメールボックスに使用する複数の Microsoft 365 アイテム保持ポリシーを作成する必要があります。If you're a large organization, you might have to create more than one Microsoft 365 retention policy to use for inactive mailboxes.

注意事項

アイテム保持ポリシーを使用してメールボックスを非アクティブにする場合は、対応するユーザー アカウントを削除する前に、メールボックスのユーザー プリンシパル名 (UPN) を変更または削除しません。If you use a retention policy to make a mailbox inactive, do not change or remove the user principal name (UPN) for the mailbox before you delete the corresponding user account. また、メールボックスを非アクティブにする前に、プライマリ SMTP アドレス (UPN から派生) を変更したり、メールボックスに関連付けられているセカンダリ SMTP アドレスの一覧からこの電子メール アドレスを削除したりしません。Additionally, do not change the primary SMTP address (that's derived from the UPN) or remove this email address from the list of secondary SMTP addresses associated with the mailbox before making the mailbox inactive. UPN または電子メール アドレス (アイテム保持ポリシーが適用された時点でメールボックスに割り当てられた) を変更し、ユーザー アカウントを削除してメールボックスを非アクティブにした場合、非アクティブなメールボックスを保持する必要がなくなったときに削除できません。If you change the UPN or email addresses (that were assigned to the mailbox at the time the retention policy was applied to it) and then delete the user account to make the mailbox inactive, you won't be able to delete the inactive mailbox when you no longer need to retain it. これは、保持ポリシーが最初にメールボックスに適用された場合とは異なる UPN または電子メール アドレス (非アクティブなメールボックスを識別するために) を使用して、非アクティブなメールボックスをアイテム保持ポリシーから削除できないためです。That's because you can't remove the inactive mailbox from the retention policy using a UPN or email address (to identify the inactive mailbox) that's different than the ones that existed when the retention policy was initially applied to the mailbox. 非アクティブなメールボックスの削除の詳細については 、「365で非アクティブなメールボックスを削除するOffice参照してください。For more information about deleting inactive mailboxes, see Delete an inactive mailbox in Office 365.

非アクティブなメールボックスと電子情報開示のケース保持Inactive mailboxes and eDiscovery case holds

セキュリティ & コンプライアンス センターの電子情報開示ケースに関連付けられている保留リストがメールボックスに配置され、メールボックスまたはユーザーのアカウントが削除された場合、メールボックスは非アクティブなメールボックスになります。If a hold that's associated with an eDiscovery case in the Security & Compliance Center is placed on a mailbox and then the mailbox or the user's account is deleted, the mailbox becomes an inactive mailbox. However, we don't recommend using eDiscovery case holds to make a mailbox inactive.However, we don't recommend using eDiscovery case holds to make a mailbox inactive. That's because eDiscovery cases are intended for specific, time-bound cases related to a legal issue.That's because eDiscovery cases are intended for specific, time-bound cases related to a legal issue. At some point, a legal case will probably end and the holds associated with the case will be removed and the eDiscovery case will be closed.At some point, a legal case will probably end and the holds associated with the case will be removed and the eDiscovery case will be closed. In fact, if a hold that's placed on an inactive mailbox is associated with an eDiscovery case, and then the hold is released or the eDiscovery case is closed (or deleted), the inactive mailbox will be permanently deleted.In fact, if a hold that's placed on an inactive mailbox is associated with an eDiscovery case, and then the hold is released or the eDiscovery case is closed (or deleted), the inactive mailbox will be permanently deleted. また、時間ベースの電子情報開示ホールドを作成できない。Also, you can't create a time-based eDiscovery hold. つまり、非アクティブなメールボックス内のコンテンツは、保持が削除され、非アクティブなメールボックスが削除されるまで、永遠に保持されます。That's means that content in an inactive mailbox is retained forever or until the hold is removed and the inactive mailbox is deleted. したがって、非アクティブなメールボックスには訴訟ホールドまたはアイテム保持ポリシーを使用することをお勧めします。Therefore, we recommend using a Litigation Hold or a retention policy for inactive mailboxes.

電子情報開示ケースとホールドの詳細については、「電子情報開示ケース 」を参照してくださいFor more information about eDiscovery cases and holds, see eDiscovery cases.

非アクティブなメールボックスとラベルInactive mailboxes and labels

保持ラベルは、ガバナンスのために組織内の電子メール データを分類し、その分類に基づいて保持ルールを適用するのに役立ちます。Retention labels help you classify email data in your organization for governance, and enforce retention rules based on that classification. 保持ラベルは、ユーザーが手動で、または管理者が自動的に電子メール アイテムに適用し、電子メール アイテムに割り当て可能なラベルは 1 つのみです。A retention label can be applied to an email item either manually by users or automatically by administrators, and an email item can only have single label assigned to it. ユーザーのメールボックス内の 1 つの電子メール アイテムにラベルが割り当てられている (アイテムを保持または保持し、削除するように構成されている) メールボックスまたはユーザーのアカウントが削除された場合、メールボックスは非アクティブなメールボックスになります。If a single email item in a user's mailbox has a label assigned to it (and it's configured to retain or retain and then delete the item) and the mailbox or the user's account is deleted, the mailbox becomes an inactive mailbox. 電子情報開示ケースホールドと同様に、保持ラベルを使用してメールボックスを非アクティブにすることをお勧めしません。Similar to eDiscovery case holds, we don't recommend using retention labels to make a mailbox inactive. 代わりに、訴訟ホールドまたは保持ポリシーを使用することをお勧めします。Instead, we recommend that you use a Litigation Hold or a retention policy. 保持ラベルの場合、保持ラベルが電子メール アイテムに適用され、ユーザーのアカウントを削除するときに不注意で非アクティブなメールボックスが作成されたことに気付かねない場合があります。In the case of retention labels, you might not realize that a retention label has been applied to an email item and then inadvertently make an inactive mailbox when you delete the user's account.

アイテム保持ポリシーと保持ラベルの詳細については、「アイテム保持ポリシーと保持ラベルについて」を参照してください。Office 365.For more information about retention policies and retention labels, see Learn about retention policies and retention labels in Office 365.

非アクティブなメールボックスと自動拡張アーカイブInactive mailboxes and auto-expanding archives

自動拡張アーカイブで構成された非アクティブなメールボックスは、回復または復元できません。An inactive mailbox that's configured with an auto-expanding archive can't be recovered or restored. 自動拡張アーカイブを使用して非アクティブなメールボックスからデータを回復する必要がある場合は、コンテンツ検索ツールを使用してメールボックスからデータをエクスポートし、別のメールボックスにインポートしてください。In situations where it's necessary to recover data from an inactive mailbox with an auto-expanding archive, we recommended that you use the content search tool to export the data from the mailbox and then import to another mailbox. 非アクティブなメールボックスを検索して検索結果をエクスポートする手順については、以下を参照してください。For step-by-step instructions to search an inactive mailbox and export the search results, see:

非アクティブなメールボックスと Exchange MRM アイテム保持ポリシーInactive mailboxes and Exchange MRM retention policies

Exchange アイテム保持ポリシー (Exchange Online のメッセージング レコード管理または MRM 機能) が非アクティブ化されたメールボックスに適用された場合、削除ポリシー (削除保持アクションで構成された保持タグ) は、非アクティブなメールボックスで引き続き処理されます。If an Exchange retention policy (the Messaging Records Management, or MRM, feature in Exchange Online) was applied to mailbox when it was made inactive, any deletion policies (which are retention tags configured with a Delete retention action) will continue to be processed on the inactive mailbox. つまり、保持期間を過ぎると、削除ポリシーのタグが付けられたアイテムは [回復可能なアイテム] フォルダーに移動されます。That means items that are tagged with a deletion policy will be moved to the Recoverable Items folder when the retention period expires. それらのアイテムは保持期間を過ぎると非アクティブなメールボックスから消去されます。Those items are purged from the inactive mailbox when the hold duration expires. 非アクティブなメールボックスの保持期間が指定されていない場合、[回復可能なアイテム] フォルダー内のアイテムは無期限に保持されます。If a hold duration isn't specified for the inactive mailbox, items in the Recover Items folder will be retained indefinitely.

逆に、非アクティブなメールボックスに割り当てられた保持ポリシーにアーカイブ ポリシー ( MoveToArchive 保持アクションが設定された保持タグ) が含まれている場合、それらはすべて無視されます。Conversely, any archive policies (which are retention tags configured with a MoveToArchive retention action) that are included in the retention policy assigned to an inactive mailbox are ignored. つまり、非アクティブなメールボックス内のアーカイブ ポリシーのタグが付けられたアイテムは、保持期間を過ぎてもプライマリ メールボックスに残ります。That means items in an inactive mailbox that are tagged with an archive policy remain in the primary mailbox when the retention period expires. それらのアイテムは、アーカイブ メールボックスやアーカイブ メールボックス内の [回復可能なアイテム] フォルダーに移動されません。They're not moved to the archive mailbox or to the Recoverable Items folder in the archive mailbox. 無期限に保持されます。They will be retained indefinitely.

非アクティブなメールボックスの作成Creating an inactive mailbox

メールボックスを非アクティブ化するには、Exchange Online プラン 2 ライセンス (または Exchange Online Archiving アドオン ライセンスを持つ Exchange Online プラン 1 ライセンス) を割り当て、訴訟ホールドまたは Microsoft 365 アイテム保持ポリシーを削除する前にメールボックスに適用できる必要があります。To make a mailbox inactive, it must be assigned an Exchange Online Plan 2 license (or an Exchange Online Plan 1 license with an Exchange Online Archiving add-on license) so that a Litigation Hold or Microsoft 365 retention policy can be applied to the mailbox before it's deleted. ユーザー アカウントを削除すると、そのユーザー アカウントに関連付けられている Exchange Online ライセンスを使用して、新しいユーザーに割り当てできます。After the user account is deleted, any Exchange Online license associated with the user account will be available to assign to a new user.

次の表は、各種の保持シナリオについて、非アクティブなメールボックスを作成するプロセスを要約しています。The following table summarizes the process of making an inactive mailbox for different retention scenarios. 詳細については、「非アクティブなメールボックス の管理」を参照してくださいFor more information, see Manage inactive mailboxes.


宛先。。。To... 操作Do this... 結果Result
従業員の退職後にメールボックスの内容を無期限に保持するRetain mailbox content indefinitely after an employee leaves the organization メールボックスを訴訟ホールドに配置するか、Microsoft 365 アイテム保持ポリシー (コンテンツを保持するように構成されている) をメールボックスに適用します。Place the mailbox on Litigation Hold or apply a Microsoft 365 retention policy (that's configured to retain content) to the mailbox.
訴訟ホールドの保持期間を指定しないか、アイテムを削除するアイテム保持ポリシーを構成しない。Don't specify a hold duration for the Litigation Hold or don't configure the retention policy to delete items. または、アイテムを永遠に保持するアイテム保持ポリシーを使用できます。Alternatively you can use a retention policy that retains items forever.
ユーザーの Microsoft 365 アカウントを削除します。Remove the user's Microsoft 365 account.
非アクティブなメールボックス内のすべてのコンテンツ (回復可能なアイテム フォルダー内のアイテムを含む) は無期限に保持されます。All content in the inactive mailbox, including items in the Recoverable Items folder, is retained indefinitely.
従業員が退職した後の特定の期間、メールボックスの内容を保持し、その後それを削除するRetain mailbox content for a specific period after an employee leaves the organization and then delete it メールボックスに Microsoft 365 アイテム保持ポリシーを適用します。Apply a Microsoft 365 retention policy to the mailbox.
アイテム保持期間の有効期限が切れた場合にアイテムを保持し、削除するアイテム保持ポリシーを構成します。Configure the retention policy to retain and then delete items when the retention period expires.
ユーザーの Microsoft 365 アカウントを削除します。Remove the user's Microsoft 365 account.
メールボックス アイテムの保持期間が経過すると、アイテムは回復可能なアイテム フォルダーに移動され、削除されたアイテムの保持期間 (Exchange メールボックスの場合) が期限切れになると、非アクティブなメールボックスから完全に削除 (削除) されます。When the retention period for a mailbox item expires, the item is moved to the Recoverable Items folder and then it's permanently deleted (purged) from the inactive mailbox when the deleted item retention period (for Exchange mailboxes) expires. Microsoft 365 アイテム保持ポリシーの保持期間は、メールボックス アイテムが受信または作成された元の日付、または最後に変更された日付に基づいて構成できます。The retention period of the Microsoft 365 retention policy can be configured based on the original date a mailbox item was received or created, or when it was last modified.

注: 訴訟ホールドがメールボックスに既に配置されている場合、または Microsoft 365 アイテム保持ポリシー (コンテンツを保持または保持および削除するように構成されている) が既にメールボックスに適用されている場合は、対応するユーザー アカウントを削除して非アクティブなメールボックスを作成する必要があります。NOTE: If a Litigation Hold is already placed on a mailbox, or if a Microsoft 365 retention policy (that's configured to retain or retain and then delete content) is already applied to the mailbox, then all you have to do is delete the corresponding user account to create an inactive mailbox.

非アクティブなメールボックスを管理するManaging inactive mailboxes

メールボックスを非アクティブにした後、非アクティブなメールボックスにさまざまな管理タスクを行うことができます。After you make a mailbox inactive, you can perform various management tasks on inactive mailboxes.

  • 非アクティブなメールボックスの保持期間を変更します。Change the hold duration for an inactive mailbox. メールボックスを非アクティブにした後、非アクティブなメールボックスに適用される訴訟ホールドまたは Microsoft 365 アイテム保持ポリシーの保持期間を変更できます。After a mailbox is made inactive, you can change the hold duration of the Litigation Hold or Microsoft 365 retention policy applied to the inactive mailbox. 手順については、「非アクティブなメールボックスの保持 期間を変更する」を参照してくださいFor step-by-step procedures, see Change the hold duration for an inactive mailbox.

    注意

    非アクティブなメールボックスに他のアイテム保持ポリシーを適用することはできません。You can't apply other retention policies to an inactive mailbox. 非アクティブなメールボックスに適用されている既存のアイテム保持ポリシーの保持期間のみを変更できます。You can only change the retention duration of an existing retention policy applied to the inactive mailbox.

  • 非アクティブなメールボックスを回復します。Recover an inactive mailbox. 元従業員 (または休暇中の従業員) が組織に戻った場合、または元従業員の仕事の責任を引き受け、新しい従業員を採用した場合は、非アクティブなメールボックスの内容を回復できます。If a former employee (or an employee on a leave of absence) returns to your organization, or if a new employee is hired to take on the job responsibilities of the former employee, you can recover the contents of the inactive mailbox. 非アクティブなメールボックスを回復すると、メールボックスは新しいメールボックスに変換され、非アクティブなメールボックスの内容とフォルダー構造が保持され、メールボックスは新しいユーザー アカウントにリンクされます。When you recover an inactive mailbox, the mailbox is converted to a new mailbox, the contents and the folder structure of the inactive mailbox are retained, and the mailbox is linked to a new user account. 回復された後、非アクティブなメールボックスは存在しなくなります。After it's recovered, the inactive mailbox no longer exists. 非アクティブなメールボックスを回復する場合の手順と処理の詳細については、「非アクティブなメールボックスを回復 する」を参照してくださいFor step-by-step procedures and information about what happens when you recover an inactive mailbox, see Recover an inactive mailbox.

    注意

    保持ロック (ロックされた保持ポリシーと呼ばれる) を使用して保持ポリシーに割り当てられた非アクティブなメールボックスを回復する場合、回復されたメールボックスは同じロックされた保持ポリシーに割り当てられます。If you recover an inactive mailbox that was assigned to a retention policy with Preservation Lock (called a locked retention policy), the recovered mailbox is assigned to the same locked retention policy. 保持ロックなしで保持ポリシーに割り当てられた非アクティブなメールボックスを回復すると、回復されたメールボックスはロック解除された保持ポリシーから削除されます。If you recover an inactive mailbox that was assigned to a retention policy without Preservation Lock, the recovered mailbox is removed from the unlocked retention policy. ただし、特定の年齢より古いコンテンツを削除する組織全体の保持ポリシーに基づいてメールボックス コンテンツが削除されるのを防ぐために、回復されたメールボックスで訴訟ホールドが有効になります。However, Litigation Hold is enabled on the recovered mailbox to prevent the deletion of mailbox content based on any organization-wide retention policies that delete content older than a specific age.

  • 非アクティブなメールボックスを復元します。Restore an inactive mailbox. 別の従業員が元従業員の職責を引き継ぐ場合、または別のユーザーが非アクティブなメールボックスのコンテンツにアクセスする必要がある場合は、非アクティブなメールボックスのコンテンツを既存のメールボックスに復元 (またはマージ) できます。If another employee takes on the job responsibilities of a former employee, or if another person needs access to the contents of the inactive mailbox, you can restore (or merge) the contents of the inactive mailbox to an existing mailbox. 非アクティブなメールボックスを復元すると、そのコンテンツは別のメールボックスにコピーされます。When you restore an inactive mailbox, the contents are copied to another mailbox. 非アクティブなメールボックスは保持されて、非アクティブなメールボックスとして残ります。The inactive mailbox is retained and remains an inactive mailbox. 非アクティブなメールボックスは、引き続き電子情報開示ツールを使用して検索し、その内容を別のメールボックスに復元し、後で回復または削除できます。The inactive mailbox can still be searched using eDiscovery tools, its contents can be restored to another mailbox, and it can be recovered or deleted later. 手順については、「非アクティブなメールボックスを復元 する」を参照してくださいFor step-by-step procedures, see Restore an inactive mailbox.

  • 非アクティブなメールボックスを削除します。Delete an inactive mailbox. 非アクティブなメールボックスの内容を保持する必要がなくなった場合は、非アクティブなメールボックスに適用されているすべての保留リストまたは Microsoft 365 アイテム保持ポリシーを削除することで、そのメールボックスを完全に削除できます。When you no longer need to retain the contents of an inactive mailbox, you can permanently delete it by removing all holds or Microsoft 365 retention policies applied to the inactive mailbox. メールボックスが 30 日以上前に非アクティブにされた場合、ホールドを解除した後、完全に削除するようメールボックスにマークが付けられます。If a mailbox was made inactive more than 30 days ago, it will be marked for permanent deletion after you remove the hold. メールボックスが過去 30 日以内に非アクティブにされた場合には、ホールドを解除するかアイテム保持ポリシーを除去した後もメールボックスを再びアクティブにすることができます。If the mailbox was made inactive within the last 30 days, you can make it active again after removing the hold or retention policy. 手順については、「非アクティブなメールボックスを削除 する」を参照してくださいFor step-by-step procedures, see Delete an inactive mailbox.