Advanced eDiscovery の保留を管理するManage holds in Advanced eDiscovery

高度な電子情報開示ケースを使用してホールドを作成し、ケースに関連する可能性のあるコンテンツを保持できます。You can use an Advanced eDiscovery case to create holds to preserve content that might be relevant to your case. 高度な電子情報開示保持機能を使用すると、保管担当者とそのデータ ソースに保持を配置できます。Using the Advanced eDiscovery hold capabilities, you can place holds on custodians and their data sources. さらに、メールボックスと OneDrive for Business サイトに対して非保管ホールドを設定できます。Additionally, you can place a non-custodial hold on mailboxes and OneDrive for Business sites. Microsoft 365 グループのグループ メールボックス、SharePoint サイト、OneDrive for Business サイトに保留を設定できます。You can also place a hold on the group mailbox, SharePoint site, and OneDrive for Business site for an Microsoft 365 Group. 同様に、Microsoft Teams に関連付けられているメールボックスとサイトに保留を設定できます。Similarly, you can place a hold on the mailbox and site that are associated with Microsoft Teams. コンテンツの場所を保留にした場合、保管担当者を解放するか、特定のデータの場所を削除するか、保留ポリシーを完全に削除するまで、コンテンツは保持されます。When you place content locations on hold, content is held until you release the custodian, remove a specific data location, or delete the hold policy entirely.

保管担当者ベースの保留を管理するManage custodian-based holds

場合によっては、一連の保管担当者が特定され、ケース中にデータを保持することを決定した場合があります。In some cases, you may have a set of custodians that you have identified and have decided to preserve their data during the case. Advanced eDiscovery では、これらの保管担当者を保留にした場合、ユーザーと選択したデータ ソースは自動的に保管担当者の保留ポリシーに追加されます。In Advanced eDiscovery, when these custodians are placed on hold, the user and their selected data sources are automatically added to a custodian hold policy.

保管担当者の保留ポリシーを表示するには、次の方法を実行します。To view the custodian hold policy:

  1. Microsoft 365 コンプライアンス センターで、[電子情報開示] > [詳細設定 ] をクリックして、組織内のケースの一覧を表示します。In the Microsoft 365 compliance center, click eDiscovery > Advanced to display the list of cases in your organization.

  2. [ソース] タブに移動 して、ケース内に保管担当者を追加します。Go to the Sources tab to add custodians within your case. 高度な電子情報開示ケース内に保管担当者を追加して保留にできる方法については、「ケースに保管担当者を追加する」 を参照してくださいTo learn how you can add and place custodians on hold within an Advanced eDiscovery case, see Add Custodians to a case. カストディアンを既に追加して保留にしている場合は、手順 3 に進みます。If you have already added custodians and placed them on hold, go to step 3.

  3. [保持]タブに移動し****、[CustodianHold] をクリックします <HoldId>Go to the Holds tab and click CustodianHold<HoldId>.

  4. [フライアウト] ページで、ポリシーの保留統計を確認できます。On the flyout page, you can see hold statistics for the policy. また、カストディアン ベースの保留にクエリを適用する操作を実行することもできます。You can also perform actions like apply a query to your custodian-based hold. 保留クエリの作成と条件の使用の詳細については、「コンテンツ検索のキーワード クエリと 検索条件」を参照してくださいFor more information about creating a hold query and using conditions, see Keyword queries and search conditions for Content Search.

非保管ホールドの管理Manage non-custodial holds

保留リストを作成するときに、指定されたコンテンツの場所に保持されているコンテンツの範囲を指定する場合は、次のオプションがあります。When you create a hold, you have the following options to scope the content that is held in the specified content locations:

  • すべてのコンテンツが保留にされている場合、無限の保留リストを作成します。また、検索クエリに一致したコンテンツのみが保留にされている場合、クエリ ベースの保留リストも作成できます。You create an infinite hold where all content is placed on hold. Alternatively, you can create a query-based hold where only content that matches a search query is placed on hold.

  • 日付の範囲を指定して、その日付の範囲内に送信、受信、または作成したコンテンツのみを保留にすることができます。また、コンテンツがいつ送信、受信、作成されたかにかかわらず、すべてのコンテンツを保留にすることもできます。You can specify a date range to hold only the content that was sent, received, or created within that date range. Alternatively, you can hold all content regardless of when it was sent, received, or created.

高度な電子情報開示ケースの非保管ホールドを作成するには、次の方法を実行します。To create a non-custodial hold for an Advanced eDiscovery case:

  1. Microsoft 365 コンプライアンス センターで、[電子情報開示] > [詳細設定 ] をクリックして、組織内のケースの一覧を表示します。In the Microsoft 365 compliance center, click eDiscovery > Advanced to display the list of cases in your organization.

  2. 保留リストを作成するケースの横の [開く] をクリックします。Click Open next to the case that you want to create the holds in.

  3. ケースのホーム ページで、[保持] タブ をクリック します。From the home page for the case, click the Holds tab.

  4. [保持] タブで、[ 作成] を クリックしますOn the Holds tab, click Create.

  5. [保持 の名前] ページで 、保留リストに名前を付きます。On the Name your hold page, give the hold a name. ホールドの名前は組織内で一意である必要があります。The name of the hold must be unique in your organization.

  6. (省略可能) [説明] ボックスで、保留リストの説明を追加します。(Optional) In the Description box, add a description of the hold.

  7. [次へ] をクリックします。Click Next.

  8. 保留にするコンテンツの場所を選択します。メールボックス、サイト、パブリック フォルダーを保留にできます。Choose the content locations that you want to place on hold. You can place mailboxes, sites, and public folders on hold.

    1. Exchange メール- [ユーザー、 グループ、またはチームの選択] をクリックし、[ユーザー、グループ、またはチームの選択] を再度クリックして、保留に設定するメールボックスを指定します。Exchange email - Click Choose users, groups, or teams and then click Choose users, groups, or teams again to specify mailboxes to place on hold. ユーザー のメールボックスと配布グループを検索するには、検索ボックスを使用します (グループ メンバーのメールボックスを保留にします)。Use the search box to find user mailboxes and distribution groups (to place a hold on the mailboxes of group members) to place on hold. また、Microsoft 365 グループまたは Microsoft チームの関連付けられたメールボックスを保留にできます。You can also place a hold on the associated mailbox for an Microsoft 365 Group or a Microsoft Team. [ユーザー、グループ、チーム] チェック ボックスをオンにして、[選択] を クリックし、[完了] を クリックしますSelect the user, group, team check box, click Choose, and then click Done.

      注意

      [ユーザー、グループ、またはチームの選択] をクリックして保留にするメールボックスを指定するときに、表示されるメールボックス ピッカーは空の状態です。これは、パフォーマンスを向上させるための仕様です。このリストにユーザーを追加するには、検索ボックスに名前 (3 文字以上) を入力します。When you click Choose users, groups, or teams to specify mailboxes to place on hold, the mailbox picker that's displayed is empty. This is by design to enhance performance. To add people to this list, type a name (a minimum of 3 characters) in the search box.

    2. SharePoint サイト- [サイトの選択 ] をクリックし、[サイトの選択] を再度クリックして、保留に設定する SharePoint サイトと OneDrive for Business サイトを指定します。SharePoint Sites - Click Choose sites and then click Choose sites again to specify SharePoint and OneDrive for Business sites to place on hold. 保留にするサイトごとに URL を入力します。Type the URL for each site that you want to place on hold. Microsoft 365 グループまたは Microsoft チームの SharePoint サイトの URL を追加することもできます。You can also add the URL for the SharePoint site for an Microsoft 365 Group or a Microsoft Team. [選択 ] を クリックし、[完了] を クリックしますClick Choose, and then click Done.

      注意

      ユーザーの OneDrive アカウントの URL には、ユーザー プリンシパル名 (UPN) (たとえば) が含まれます https://alpinehouse-my.sharepoint.com/personal/sarad_alpinehouse_onmicrosoft_comThe URL for a user's OneDrive account includes their user principal name (UPN) (for example, https://alpinehouse-my.sharepoint.com/personal/sarad_alpinehouse_onmicrosoft_com). まれに、ユーザーの UPN が変更された場合、OneDrive URL も新しい UPN を組み込むに変更されます。In the rare case that a person's UPN is changed, their OneDrive URL will also change to incorporate the new UPN. ユーザーの OneDrive アカウントが非保管ホールドの一部であり、その UPN が変更されている場合は、保持を更新し、新しい OneDrive URL をポイントする必要があります。If a user's OneDrive account is part of a non-custodial hold and their UPN is changed, you need to update the hold and point to the new OneDrive URL. 詳細については、「UPN の変更による OneDrive URL への影響」をご覧ください。For more information, see How UPN changes affect the OneDrive URL.

    3. Exchange パブリック フォルダー - トグル スイッチを [すべて] の位置に移動して、Exchange Online 組織のすべてのパブリック フォルダーを保留にします。Exchange public folders - Move the toggle switch to the All position to put all public folders in your Exchange Online organization on hold. 特定のパブリック フォルダーを選択して保留にすることはできません。Note that you can't choose specific public folders to put on hold. パブリック フォルダーを保持しない場合は、トグル スイッチを [ なし] に設定したままにします。Leave the toggle switch set to None if you don't want to put a hold on public folders.

  9. 保留リストにコンテンツの場所を追加し終わったら、[次へ] をクリックします。When you're done adding content locations to the hold, click Next.

  10. 条件を含むクエリ ベースの保留リストを作成するには、次の手順を実行します。To create a query-based hold with conditions, complete the following. それ以外の場合は、[次へ] を クリックしますOtherwise, just click Next.

    • [キーワード] の 下のボックス に検索クエリを入力し、検索条件を満たすコンテンツのみを保留にします。In the box under Keywords, type a search query in the box so that only the content that meets the search criteria is placed on hold. キーワード、メッセージ プロパティ、またはファイル名などのドキュメント プロパティを指定できます。You can specify keywords, message properties, or document properties, such as file names. AND、OR、NOT などのブール演算子を使用する、より複雑なクエリを使用できます。You can also use more complex queries that use a Boolean operator, such as AND, OR, or NOT. キーワード ボックスを空のままにすると、指定したコンテンツの場所にあるすべてのコンテンツが保留になります。If you leave the keyword box empty, then all content located in the specified content locations will be placed on hold.

    • [ 条件の追加 ] をクリックして 1 つ以上の条件を追加し、保留リストの検索クエリを絞り込む。Click Add conditions to add one or more conditions to narrow the search query for the hold. 各条件は、保留リストの作成時に作成および実行される KQL 検索クエリに句を追加します。Each condition adds a clause to the KQL search query that is created and run when you create the hold. たとえば、日付範囲内に作成された電子メールまたはサイト ドキュメントが保留に設定される日付範囲を指定できます。For example you can specify a date range so that email or site documents that were created within the date ranged are placed on hold. 条件は、AND 演算子によってキーワードのクエリ (キーワード ボックスで指定される) と論理的に接続されます。A condition is logically connected to the keyword query (specified in the keyword box) by the AND operator. つまり、アイテムはキーワード クエリと保留状態の両方を満たす必要があります。That means that items have to satisfy both the keyword query and the condition to be placed on hold.

    検索クエリの作成と条件の使用の詳細については、「コンテンツ検索のキーワード クエリと検索条件」を参照してください。For more information about creating a search query and using conditions, see Keyword queries and search conditions for Content Search.

  11. クエリ ベースの保留リストを構成した後、[次へ] をクリックします。After configuring a query-based hold, click Next.

  12. 設定を確認し、[この保留リストを作成] をクリックします。Review your settings, and then click Create this hold.

保留統計の表示View hold statistics

しばらくすると、新しい保留に関する情報が、選択した保留リストの[保持] タブの詳細ウィンドウに表示されます。After some time, information about the new hold is displayed in the details pane on the Holds tab for the selected hold. この情報には、保持中のメールボックスとサイトの数、保留にされたコンテンツに関する統計 (保留にされたアイテムの総数とサイズ、最後に保留統計が計算された時間など) が含まれます。This information includes the number of mailboxes and sites on hold and statistics about the content that was placed on hold, such as the total number and size of items placed on hold and the last time the hold statistics were calculated. これらの保留統計は、電子情報開示ケースに関連するコンテンツの保持量を識別するのに役立ちます。These hold statistics help you identify how much content that's related to the eDiscovery case is being held.

保留アイテムの統計情報については、次の点に注意してください。Keep the following things in mind about hold statistics:

  • 保留にされているアイテムの合計数は、すべてのコンテンツ ソースのうち、保留にされているアイテム数を示します。クエリベースの保留リストを作成した場合、この統計情報は、クエリに一致するアイテム数を示します。The total number of items on hold indicates the number of items from all content sources that are placed on hold. If you've created a query-based hold, this statistic indicates the number of items that match the query.

  • 保留にされているアイテム数には、コンテンツの場所で見つかった、インデックスのないアイテムも含まれます。クエリベースの保留リストを作成した場合、コンテンツの場所にあるインデックスのないすべてのアイテムは保留にされます。これには、クエリベースの保留リストの検索条件と一致しないインデックスのないアイテムと、日付範囲の条件から外れる可能性のあるインデックスのないアイテムが含まれます。これは、コンテンツ検索を実行したときの結果とは異なります。コンテンツ検索の場合、検索クエリと一致しないインデックスのないアイテム、または日付範囲の条件によって除外されるアイテムは、検索結果に含まれません。インデックスのないアイテムの詳細については、「Office 365 のコンテンツ検索で部分的にインデックスが作成されたアイテム」を参照してください。The number of items on hold also includes unindexed items found in the content locations. Note that if you create a query-based hold, all unindexed items in the content locations are placed on hold. This includes unindexed items that don't match the search criteria of a query-based hold and unindexed items that might fall outside of a date range condition. This is different than what happens when you run a Content Search, in which unindexed items that don't match the search query or are excluded by a date range condition aren't included in the search results. For more information about unindexed items, see Partially indexed items in Content Search in Office 365.

  • [統計の更新] をクリックすると、最新の保留統計を取得し、現在の保留項目数を計算する検索見積もりを再実行できます。You can get the latest hold statistics by clicking Update statistics to re-run a search estimate that calculates the current number of items on hold.

  • 必要に応じて、ツールバーの [最新の情報に更新] をクリックして、詳細ウィンドウで保持統計を更新します。If necessary, click Refresh in the toolbar to update the hold statistics in the details pane.

  • 通常、保留にされているアイテム数は時間と共に増えます。これは、メッセージ ボックスまたはサイトが保留にされているユーザーは、一般的に新しいメール メッセージを送受信し、新しい SharePoint および OneDrive for Business ドキュメントを作成するためです。It's normal for the number of items on hold to increase over time because users whose mailbox or site is on hold are typically sending or receiving new email message and creating new SharePoint and OneDrive for Business documents.

  • SharePoint サイトまたは OneDrive アカウントが複数地域環境内の別の領域に移動された場合、そのサイトの統計情報は保留アイテムの統計情報には含まれません。ただし、サイト内のコンテンツは引き続き保留にされます。また、サイトが別の領域に移動された場合、保留リストに表示される URL は更新されません。保留リストを編集し、URL を更新する必要があります。If a SharePoint site or OneDrive account is moved to a different region in a multi-geo environment, the statistics for that site won't be included in the hold statistics. However, the content in the site will still be on hold. Also, if a site is moved to a different region the URL that's displayed in the hold will not be updated. You'll have to edit the hold and update the URL.

Microsoft Teams と 365 グループOffice保留Place a hold on Microsoft Teams and Office 365 Groups

Microsoft Teams は、365 グループOffice基に構築されています。Microsoft Teams are built on Office 365 Groups. したがって、高度な電子情報開示で保留に設定する方法は非常に似ています。Therefore, placing them on hold in Advanced eDiscovery is very similar.

  • 追加の Microsoft 365 グループまたは Microsoft Teams サイトをカストディアンにマップする方法また、Microsoft 365 グループと Microsoft Teams に非保管ホールドを設定する方法について説明します。How do I map an additional Microsoft 365 Groups or Microsoft Teams site to a custodian? And what about placing a non-Custodial hold on Microsoft 365 Groups and Microsoft Teams? Microsoft Teams は、Microsoft 365 グループ上に構築されています。Microsoft Teams are built on Microsoft 365 Groups. したがって、電子情報開示ケースで保留に設定する方法は非常に似ています。Therefore, placing them on hold in an eDiscovery case is very similar. Microsoft 365 グループと Microsoft Teams を保留にするときに、次の点に気を付ける必要があります。Keep the following things in mind when placing Microsoft 365 Groups and Microsoft Teams on hold.

    • Microsoft 365 グループと Microsoft Teams にあるコンテンツを保留にするには、グループまたはチームに関連付けられているメールボックスと SharePoint サイトを指定する必要があります。To place content located in Microsoft 365 Groups and Microsoft Teams on hold, you have to specify the mailbox and SharePoint site that associated with a group or team.

    • Exchange Online で Get-UnifiedGroup コマンドレットを実行して、Microsoft 365 グループまたは Microsoft チームのプロパティを表示します。Run the Get-UnifiedGroup cmdlet in Exchange Online to view properties for an Microsoft 365 Group or Microsoft Team. これは、Microsoft 365 グループまたは Microsoft チームに関連付けられているサイトの URL を取得するための優れた方法です。This is a good way to get the URL for the site that's associated with an Microsoft 365 Group or a Microsoft Team. たとえば、次のコマンドは、上級管理職チームという名前の Microsoft 365 グループの選択されたプロパティを表示します。For example, the following command displays selected properties for an Microsoft 365 Group named Senior Leadership Team:

      Get-UnifiedGroup "Senior Leadership Team" | FL DisplayName,Alias,PrimarySmtpAddress,SharePointSiteUrl
      DisplayName            : Senior Leadership Team
      Alias                  : seniorleadershipteam
      PrimarySmtpAddress     : seniorleadershipteam@contoso.onmicrosoft.com
      SharePointSiteUrl      : https://contoso.sharepoint.com/sites/seniorleadershipteam
      

      注意

      Get-UnifiedGroup コマンドレットを実行するには、Exchange Online で View-Only Recipients という役割が割り当てられているか、View-Only Recipients という役割が割り当てられている役割グループに属している必要があります。To run the Get-UnifiedGroup cmdlet, you have to be assigned the View-Only Recipients role in Exchange Online or be a member of a role group that's assigned the View-Only Recipients role.

  • ユーザーのメールボックスが検索された場合、ユーザーがメンバーである Microsoft 365 グループまたは Microsoft チームは検索されません。When a user's mailbox is searched, any Microsoft 365 Group or Microsoft Team that the user is a member of won't be searched. 同様に、Microsoft 365 グループまたは Microsoft Team ホールドを配置すると、グループ メールボックスとグループ サイトだけが保留されます。グループ メンバーのメールボックスと OneDrive for Business サイトは、明示的に保管担当者として追加するか、データ ソースを保持しない限り、保留にされません。Similarly, when you place an Microsoft 365 Group or Microsoft Team hold, only the group mailbox and group site are placed on hold; the mailboxes and OneDrive for Business sites of group members aren't placed on hold unless you explicitly add them as custodians or place their data sources hold. したがって、特定の保管担当者に対して Microsoft 365 グループまたは Microsoft チームを保留にする必要がある場合は、グループ サイトとグループ メールボックスを保管担当者にマッピングする方法を検討してください (「Advanced eDiscovery での保管担当者の管理」を参照)。Therefore, if you the need to place an Microsoft 365 Group or Microsoft Team on hold for a specific custodian, consider mapping the group site and group mailbox to the custodian (See Managing Custodians in Advanced eDiscovery). Microsoft 365 グループまたは Microsoft チームが 1 人の保管担当者に起因しない場合は、ソースを非保管ホールドに追加する方法を検討してください。If the Microsoft 365 Group or Microsoft Team is not attributable to a single custodian, consider adding the source to a non-custodial hold.

  • Microsoft 365 グループまたは Microsoft チームのメンバーの一覧を取得するには、Microsoft 365 管理センターの [ホーム > グループ] ページでプロパティを表示できます。To get a list of the members of a Microsoft 365 Group or Microsoft Team, you can view the properties on the Home > Groups page in the Microsoft 365 admin center. または、Exchange Online PowerShell で次のコマンドを実行できます。Alternatively, you can run the following command in Exchange Online PowerShell:

    Get-UnifiedGroupLinks <group or team name> -LinkType Members | FL DisplayName,PrimarySmtpAddress
    

    注意

    Get-UnifiedGroupLinks コマンドレットを実行するには、Exchange Online で View-Only Recipients という役割が割り当てられているか、View-Only Recipients という役割が割り当てられている役割グループに属している必要があります。To run the Get-UnifiedGroupLinks cmdlet, you have to be assigned the View-Only Recipients role in Exchange Online or be a member of a role group that's assigned the View-Only Recipients role.

  • Microsoft Teams チャネルの一部であるチャネル会話は、チームに関連付けられているメールボックスに格納されます。Channel conversations that are part of a Microsoft Teams channel are stored in the mailbox that's associated with the Team. 同様に、メンバーがチャネルで共有するファイルは、チームの SharePoint サイトに保存されます。Similarly, files that team members share in a channel are stored on the team's SharePoint site. そのため、チャネル内の会話やファイルを保持するには、Microsoft Team メールボックスと SharePoint サイトを保留にする必要があります。Therefore, you have to place the Microsoft Team mailbox and SharePoint site on hold to retain conversations and files in a channel.

  • または、Microsoft Teams のチャット リストの一部である会話は、チャットに参加するユーザーのメールボックスに格納されます。Alternatively, conversations that are part of the Chat list in Microsoft Teams are stored in the mailbox of the user's who participate in the chat. ユーザーがチャット会話で共有するファイルは、ファイルを共有するユーザーの OneDrive for Business サイトに保存されます。Files that a user shares in Chat conversations are stored in the OneDrive for Business site of the user who shares the file. したがって、チャット リスト内の会話とファイルを保持するには、個々のユーザー メールボックスと OneDrive for Business サイトを保留にする必要があります。Therefore, you have to place the individual user mailboxes and OneDrive for Business sites on hold to retain conversations and files in the Chat list.

  • 各 Microsoft チームまたはチーム チャネルには、メモと共同作業用の Wiki が含まれています。Wiki コンテンツは、.mht 形式のファイルに自動的に保存されます。このファイルは、チームの SharePoint サイトの Teams Wiki データ ドキュメント ライブラリに保存されます。Wiki のコンテンツを保留にするには、チームの SharePoint サイトを保留にします。Every Microsoft Team or team channel contains a Wiki for note-taking and collaboration. The Wiki content is automatically saved to a file with a .mht format. This file is stored in the Teams Wiki Data document library on the team's SharePoint site. You can place the content in the Wiki on hold by placing the team's SharePoint site on hold.

    注意

    (チームの SharePoint サイトを保留にするときに) Microsoft チームまたはチーム チャネルの Wiki コンテンツを保持する機能は、2017 年 6 月 22 日にリリースされました。チーム サイトが保留にされると、この日から Wiki コンテンツが保持されます。ただし、チーム サイトが保留にされ、Wiki コンテンツが 2017 年 6 月 22 日よりも前に削除された場合、その Wiki コンテンツは保持されていません。The capability to retain Wiki content for a Microsoft Team or team channel (when you place the team's SharePoint site on hold) was released on June 22, 2017. If a team site is on hold, the Wiki content will be retained starting on that date. However, if a team site is on hold and the Wiki content was deleted before June 22, 2017, the Wiki content was not retained.