Microsoft 365 Advanced eDiscovery の概要Overview of Microsoft 365 Advanced eDiscovery

Microsoft 365 の高度な電子情報開示ソリューションは、既存の Microsoft 電子情報開示機能と分析機能を基に構築されています。The Advanced eDiscovery solution in Microsoft 365 builds on the existing Microsoft eDiscovery and analytics capabilities. Advanced eDiscovery は、組織の内部および外部調査に対応するコンテンツを保存、収集、分析、レビュー、分析、エクスポートするためのエンドツーエンドのワークフローを提供します。Advanced eDiscovery provides an end-to-end workflow to preserve, collect, analyze, review, analyze, and export content that's responsive to your organization's internal and external investigations. また、法務チームが法的ホールド通知ワークフロー全体を管理して、ケースに関係する保管担当者と通信できます。It also lets legal teams manage the entire legal hold notification workflow to communicate with custodians involved in a case.

高度な電子情報開示機能Advanced eDiscovery capabilities

高度な電子情報開示は、組織がどこに住んでいるデータを検出することで、法的な問題や内部調査に対応するのに役立ちます。Advanced eDiscovery can help your organization respond to legal matters or internal investigations by discovering data where it lives. 電子情報開示ワークフローをシームレスに管理するには、関心のある人物とそのデータ ソースを特定し、データを保持するためにホールドをシームレスに適用してから、法的ホールド通信プロセスを管理します。You can seamlessly manage eDiscovery workflows by identifying persons of interest and their data sources, seamlessly apply holds to preserve data, and then manage the legal hold communication process. ソースからデータを収集することで、ライブの Microsoft 365 プラットフォームを検索して、必要な情報をすばやく見つけ出します。By collecting data from the source, you can search the live Microsoft 365 platform to quickly find what you need. ディープ インデックス作成、電子メール スレッド、重複に近い検出などのインテリジェントな機械学習機能は、大量のデータを関連するデータ セットに削減するのにも役立ちます。Intelligent, machine learning capabilities such as deep indexing, email threading, and near duplicate detection also help you reduce large volumes of data to a relevant data set.

次のセクションでは、これらの高度な電子情報開示機能が組織に役立つ方法について説明します。The following sections describe how these Advanced eDiscovery capabilities can help your organization.

高度な電子情報開示機能

データを一インプレイスで検出して収集するDiscover and collect data in-place

従来、複数のサード パーティ製の電子情報開示ソリューションに依存する組織では、大量のデータを Microsoft 365 からコピーして処理し、重複するデータをホストする必要があります。Traditionally, organizations that rely on multiple third-party eDiscovery solutions require copying large volumes of data out of Microsoft 365 to process and having to host duplicate data. これにより、関連するデータを見つける時間が増え、複数のソリューションを管理するリスク、コスト、複雑さも増します。This necessity increases the time to find relevant data and the risk, cost, and complexity of managing multiple solutions.

Microsoft 365 の高度な電子情報開示を使用すると、ソースでデータを検出し、Microsoft 365 のセキュリティとコンプライアンスの境界内にとどまることができます。Advanced eDiscovery in Microsoft 365 lets you discover data at the source and staying within your Microsoft 365 security and compliance boundary. Advanced eDiscovery は、ライブ システムからデータを一元的に収集することで、ソースに戻る際の摩擦を軽減し、従来の電子情報開示ソリューションでジャーナリングの遅延が発生する場合が多い、不足しているコンテンツを見つけ出す必要のない作業を減らします。By collecting data in-place from the live system, Advanced eDiscovery reduces the friction of going back to the source and reduces unnecessary work of having to find missing content, which often happens when journaling lags in traditional eDiscovery solutions.

Teams、Yammer、SharePoint Online、OneDrive for Business、および Exchange Online のデータのネイティブ検索および収集機能により、データ検出がさらに強化されます。Native search and collection capabilities for data in Teams, Yammer, SharePoint Online, OneDrive for Business, and Exchange Online further enhances data discovery. たとえば、高度な電子情報開示:For example, Advanced eDiscovery:

  • Teams の会話を再構築します (会話から個々のメッセージを返す代わりに)。Reconstructs Teams conversations (instead of returning individual messages from conversations).

  • 電子メール メッセージと Teams チャットのリンクまたは最新の添付ファイルを使用して、ユーザーと共有されるクラウドベースのコンテンツを収集します。Collects cloud-based content shared with users by use of links or modern attachments in email message and Teams chats.

  • Microsoft 365 以外のファイルの種類の何百もの組み込みのサポートがあります。Has built-in support for hundreds of non-Microsoft 365 file types.

  • データ コネクタによって Microsoft 365 でインポートおよびアーカイブされるサードパーティソース (ブルームバーグ、Facebook、Slack、ズーム 会議など) からデータを収集します。Collects data from third-party sources (such as Bloomberg, Facebook, Slack, and Zoom Meetings) that's imported and archived in Microsoft 365 by data connectors.

1 つのプラットフォームで電子情報開示ワークフローを管理するManage eDiscovery workflow in one platform

高度な電子情報開示は、信頼する必要がある電子情報開示ソリューションの数を減らすのに役立ちます。Advanced eDiscovery can help you reduce the number of eDiscovery solutions you need to rely on. Microsoft 365 内で発生する、合理化されたエンドツーエンドのワークフローを提供します。It provides a streamlined, end-to-end workflow, all which occurs within Microsoft 365. 高度な電子情報開示は、一意で共有されたデータ ソースを関心のある人物 (保管担当者と呼ばれる) に自動的にマッピングし、分析とレビューのために収集する前に、潜在的に関連するデータに関するレポートと分析を提供することで、関連する情報の潜在的なソースを特定して収集する摩擦を軽減するのに役立ちます。Advanced eDiscovery helps reduce the friction of identifying and collecting potential sources of relevant information by automatically mapping unique and shared data sources to the person of interest (known as a custodian), and by providing reporting and analytics on potentially relevant data prior to collecting it for analysis and review.

さらに、Microsoft Graph API を使用すると、電子情報開示ワークフローを自動化し、カスタム ソリューション用の高度な電子情報開示を拡張できます。Additionally, Microsoft Graph APIs can help you automate the eDiscovery workflow and extend Advanced eDiscovery for custom solutions.

データをインテリジェントにカイルするCull data intelligently

Advanced eDiscovery のインテリジェントな機械学習機能を使用すると、確認するデータ量を削減できます。Intelligent, machine learning capabilities in Advanced eDiscovery help you reduce the amount of data to review. これらのインテリジェントな機能は、大量のデータを関連するセットに削減し、カイルするのに役立ちます。These intelligent capabilities help you reduce and cull large volumes of data to a relevant set. たとえば、組み込みのレビュー セット クエリは、重複の近くを識別して一意のコンテンツのみをフィルター処理するのに役立ちます。For example, a built-in review set query helps filter only for unique content by identifying near duplicates. この機能により、確認するデータ量を大幅に削減できます。This capability can substantially reduce the amount of data to review.

機械学習機能を追加すると、関連性モジュールのようなスマート タグとテクノロジ支援レビュー ツールを使用して、関連するデータをさらに絞り込み、特定できます。Additional machine learning capabilities can further refine and identify relevant data using smart tags and technology assisted review tools like the Relevance modules.

電子情報開示参照モデルとの高度な電子情報開示の配置Advanced eDiscovery alignment with the Electronic Discovery Reference Model

Microsoft 365 の Advanced eDiscovery の組み込みのワークフローは、電子情報開示参照モデル (EDRM) で概説されている電子情報開示プロセスに合わせて調整されます。The built-in workflow of Advanced eDiscovery in Microsoft 365 aligns with the eDiscovery process outlined by the Electronic Discovery Reference Model (EDRM).

電子探索参照モデル (EDRM)

(画像ソース提供:edrm.net。(Image source courtesy of edrm.net. ソース イメージは、クリエイティブ コモンズ アトリビューション 3.0 [報告されていないライセンス] で利用できます。The source image was made available under Creative Commons Attribution 3.0 Unported License.)

高度な電子情報開示が EDRM ワークフローをサポートする方法は次の高レベルです。At a high level, here's how Advanced eDiscovery supports the EDRM workflow:

  • ID。Identification. 調査に関心のある潜在的な人物を特定した後、高度な電子情報開示ケースに保管担当者 (データ保管担当者とも呼ばれる)を追加できます。After you identify potential persons of interest in an investigation, you can add them as custodians (also called data custodians, because they may possess information that's relevant to the investigation) to an Advanced eDiscovery case. ユーザーが保管担当者として追加された後、保管担当者のドキュメントを保存、収集、および確認するのは簡単です。After users are added as custodians, it's easy to preserve, collect, and review custodian documents.

  • 保持。Preservation. 調査に関連するデータを保持および保護するために、Advanced eDiscovery を使用すると、ケース内の保管担当者に関連付けられたデータ ソースに法的なホールドを設定できます。To preserve and protect data that's relevant to an investigation, Advanced eDiscovery lets you place a legal hold on the data sources associated with the custodians in a case. 保管以外のデータを保留に設定できます。You can also place non-custodial data on hold. 高度な電子情報開示には、通信ワークフローも組み込みなので、法的保持通知を保管担当者に送信し、確認応答を追跡できます。Advanced eDiscovery also has a built-in communications workflow so you can send legal hold notifications to custodians and track their acknowledgments.

  • コレクション。Collection. 調査に関連するデータ ソースを特定 (および保存) した後、ケースに関連する可能性のある保管データ ソース (および該当する場合は保管されていないデータ ソース) のライブ データを高度な電子情報開示検索で組み込みの検索ツールを使用して収集できます。After you identified (and preserved) the data sources relevant to the investigation, you can use the built-in search tool in Advanced eDiscovery search for and collect live data from the custodial data sources (and non-custodial data sources, if applicable) that may be relevant to the case.

  • 処理。Processing. ケースに関連するすべてのデータを収集した後、次の手順でケースを処理して、詳細なレビューと分析を行います。After you've collected all data relevant to the case, the next step is process it for further review and analysis. Advanced eDiscovery では、コレクション フェーズで識別したインプレイス データが Azure Storage の場所 (レビュー セットと呼ばれる) にコピーされ、ケース データの静的ビューが提供されます。In Advanced eDiscovery, the in-place data that you identified in the collection phase is copied to an Azure Storage location (called a review set), which provides you with a static view of the case data.

  • 確認します。Review. データをレビュー セットに追加した後、特定のドキュメントを表示し、追加のクエリを実行して、データをケースに最も関連のあるものに減らします。After data has been added to a review set, you can view specific documents and run additional queries to reduce the data to what is most relevant to the case. また、特定のドキュメントに注釈を付け、タグ付けできます。Also, can annotate and tag specific documents.

  • 分析。Analysis. 高度な電子情報開示には、調査に関連していないと判断したレビュー セットからデータをさらに作成するのに役立つ統合分析ツールが提供されています。Advanced eDiscovery provides integrated analytics tool that helps you further cull data from the review set that you determine isn't relevant to the investigation. 関連するデータの量を減らすだけでなく、Advance eDiscovery を使用すると、コンテンツを整理してレビュー プロセスをより簡単かつ効率的に行って、法的レビューコストを節約できます。In addition to reducing the volume of relevant data, Advance eDiscovery also helps you save legal review costs by letting you organize content to make the review process easier and more efficient.

  • 実稼働プレゼンテーション。Production and Presentation. 準備ができたら、法的レビュー用のレビュー セットからドキュメントをエクスポートできます。When you're ready, you can export documents from a review set for legal review. ドキュメントをネイティブ形式または EDRM で指定した形式でエクスポートして、サードパーティのレビュー アプリケーションにインポートできます。You can export documents in their native format or in an EDRM-specified format so they can be imported into third-party review applications.

サブスクリプションとライセンスSubscriptions and licensing

Advanced eDiscovery のライセンスには、適切な組織のサブスクリプションとユーザーごとのライセンスが必要です。Licensing for Advanced eDiscovery requires the appropriate organization subscription and per-user licensing.

  • 組織のサブスクリプション: Microsoft 365 コンプライアンス センターで Advanced eDiscovery にアクセスするには、組織で次のいずれかを使用する必要があります。Organization subscription: To access Advanced eDiscovery in the Microsoft 365 compliance center, your organization must have one of the following:

    • Microsoft 365 E5 または Office 365 E5 サブスクリプションMicrosoft 365 E5 or Office 365 E5 subscription

    • E5 コンプライアンス アドオンが含まれている Microsoft 365 E3 サブスクリプションMicrosoft 365 E3 subscription with E5 Compliance add-on

    • E5 電子情報開示と監査アドオンを使用した Microsoft 365 E3 サブスクリプションMicrosoft 365 E3 subscription with E5 eDiscovery and Audit add-on

    既存の Microsoft 365 E5 プランをお持ちで、Advanced eDiscovery を試す場合は、既存のサブスクリプションに Microsoft 365 を追加するか、Microsoft 365 E5 の試用版にサインアップできます。 If you don't have an existing Microsoft 365 E5 plan and want to try Advanced eDiscovery, you can add Microsoft 365 to your existing subscription or sign up for a trial of Microsoft 365 E5.

  • ユーザーごとのライセンス: Advance 電子情報開示ケースでユーザーを保管担当者として追加するには、組織のサブスクリプションに応じて、そのユーザーに次のいずれかのライセンスを割り当てる必要があります。Per-user licensing: To add a user as a custodian in an Advance eDiscovery case, that user must be assigned one of the following licenses, depending on your organization subscription:

    • Microsoft 365: ユーザーには、Microsoft 365 E5 ライセンス、E5 コンプライアンス アドオン ライセンス、または E5 電子情報開示および監査アドオン ライセンスが割り当てられている必要があります。Microsoft 365: Users must be assigned a Microsoft 365 E5 license, an E5 Compliance add-on license, or an E5 eDiscovery and Audit add-on license.

    • Office 365: ユーザーには、365 E5 ライセンスOffice割り当てる必要があります。Office 365: Users must be assigned an Office 365 E5 license.

    ライセンスを割り当てる方法については、「ユーザーにライセンスを割り当 てる」を参照してくださいFor information about how to assign licenses, see Assign licenses to users.

注意

ユーザーは、高度な電子情報開示ケースに保管担当者として追加する E5 ライセンス (または適切なアドオン ライセンス) のみを必要とします。Users only need an E5 license (or the appropriate add-on license) to be added as custodians to an Advanced eDiscovery case. 高度な電子情報開示を使用してケースを管理し、ケース データを確認する IT 管理者、電子情報開示管理者、弁護士、パラリーガル、または調査者は、E5 またはアドオン ライセンスを必要とします。IT admins, eDiscovery managers, lawyers, paralegals, or investigators who use Advanced eDiscovery to manage cases and review case data don't need an E5 or add-on license.

Advanced eDiscoveryを開始するGet started with Advanced eDiscovery

Advanced eDiscovery を使い始めるには、2 つの迅速かつ簡単な手順があります。There are two quick and easy steps to get started with Advanced eDiscovery.

高度な電子情報開示のワークフローの開始

手順Steps 説明Description
Advanced eDiscovery を設定するSet up Advanced eDiscovery サブスクリプションとライセンス要件を確認した後、アクセス許可を割り当て、組織全体の設定を構成して、高度な電子情報開示の使用を開始できます。After verifying the subscription and licensing requirements, you can assign permissions and configure organization-wide settings to get started using Advanced eDiscovery.
ケースの作成と管理Create and manage cases 組織内のすべての法的および他の種類の調査の高度な電子情報開示ワークフローを管理するケースを作成します。Create cases to manage the Advanced eDiscovery workflow for all legal and other types of investigations in your organization.

高度な電子情報開示アーキテクチャAdvanced eDiscovery architecture

単一地域環境と複数地域環境でのエンド to エンド のワークフローと 、EDRMに沿ったエンドツーエンドのデータ フローを示す高度な電子情報開示アーキテクチャ図を次に示します。Here's an Advanced eDiscovery architecture diagram that shows the end-to-end workflow in a single-geo environment and in a multi-geo environment, and the end-to-end data flow that's aligned with the EDRM.

モデル ポスター: Microsoft 365 の高度な電子情報開示アーキテクチャModel poster: Advanced eDiscovery Architecture in Microsoft 365

画像として表示するView as an image

PDF ファイルとしてダウンロードするDownload as a PDF file

Visio ファイルとしてダウンロードするDownload as a Visio file