Advanced eDiscovery でのエラー処理の処理Work with processing errors in Advanced eDiscovery

処理 とは、画像ファイルのファイル識別、埋め込みドキュメントと添付ファイルの拡張、テキスト抽出、光学式文字認識 (OCR)、およびそれ以降のコンテンツのインデックス作成のプロセスです。Processing is the process of file identification, expansion of embedded documents and attachments, text extraction, and Optical Character Recognition (OCR)) of image files and the subsequent indexing of that content.

カストディアンと保管担当者以外のデータ ソースを [ソース] タブのケースに追加すると、部分的にインデックスが作成された Microsoft 365 のアイテムはすべて処理され、完全に検索可能になります。When you add custodians and non-custodian data sources to a case on the Sources tab, all partially indexed items from Microsoft 365 are processed to make them fully searchable. 同様に、Microsoft 365 データ ソースと Microsoft 365 以外のデータ ソースの両方からレビュー セットにコンテンツを追加すると、このコンテンツも処理されます。Likewise, when content is added to a review set from both Microsoft 365 and non-Microsoft 365 data sources, this content is also processed.

Advanced eDiscovery の [処理] タブでは、さまざまな処理シナリオの高度なインデックスの状態を把握できます。The Processing tab in Advanced eDiscovery provides insight into the status of advanced indexing for different processing scenarios.

詳細については、次の記事を参照してください。For more information, see the following articles: