Office 365 でオンプレミスのユーザーのクラウドベースのメールボックスを検索するSearching cloud-based mailboxes for on-premises users in Office 365

組織に Exchange ハイブリッド展開があり、Microsoft Teams が有効になっている場合、ユーザーはインスタントメッセージング用に Teams chat アプリケーションを使用できます。If your organization has an Exchange hybrid deployment and has enabled Microsoft Teams, users can use the Teams chat application for instant messaging. クラウドベースのユーザーの場合、Teams のチャットデータ ( 1Xn チャットとも呼ばれます) は、プライマリクラウドベースのメールボックスに保存されます。For the cloud-based user, the Teams chat data (also called 1xN chats) is saved to their primary cloud-based mailbox. オンプレミスのユーザーがチームチャットアプリケーションを使用する場合、プライマリメールボックスはオンプレミスに配置されます。When an on-premises user uses the Team chat application, their primary mailbox is located on-premises. この制限を回避するために、Microsoft は、オンプレミスのユーザーのために Teams のチャットデータを保存するために、クラウドベースのストレージ領域 (オンプレミスユーザー用のクラウドベースのメールボックスと呼ばれる) を作成する新機能をリリースしました。To get around this limitation, Microsoft has released a new feature where a cloud-based storage area (called a cloud-based mailbox for on-premises users) is created to store Teams chat data for on-premises users. これにより、セキュリティ & コンプライアンスセンターのコンテンツ検索ツールを使用して、オンプレミスのユーザーのために Teams のチャットデータを検索してエクスポートすることができます。This lets you use the Content Search tool in the Security & Compliance Center to search and export Teams chat data for on-premises users.

ここでは、社内ユーザー用にクラウドベースのメールボックスを設定するための要件と制限事項について説明します。Here are the requirements and limitations for setting up cloud-based mailboxes for on-premises users:

  • オンプレミスのディレクトリサービス (Active Directory など) のユーザーアカウントは、Office 365 のディレクトリサービスである Azure Active Directory と同期する必要があります。The user accounts in your on-premises directory service (such as Active Directory) must be synchronized with Azure Active Directory, the directory service in Office 365. これは、メールユーザーアカウントが Office 365 で作成され、プライマリメールボックスが社内組織内にあるユーザーに関連付けられることを意味します。This means that a mail user account is created in Office 365 and is associated with a user whose primary mailbox is located in the on-premises organization.

  • プライマリメールボックスが社内組織に配置されているユーザーには、Microsoft Teams ライセンスおよび少なくとも Exchange Online プラン1ライセンスが割り当てられている必要があります。The user whose primary mailbox is located in the on-premises organization must be assigned a Microsoft Teams license and a minimum of an Exchange Online Plan 1 license.

  • オンプレミスのユーザーのクラウドベースのメールボックスは、Teams のチャットデータのみを格納するために使用されます。The cloud-based mailbox for on-premises users is used only store Teams chat data. オンプレミスのユーザーは、クラウドベースのメールボックスにはサインインできません。また、何らかの方法でアクセスすることもできません。An on-premises user can't sign in to the cloud-based mailbox or access in any way. 電子メールメッセージを送受信するために使用することはできません。It can't be used to send or receive email messages.

  • 組織がオンプレミスユーザーのクラウドベースのメールボックスで Teams のチャットデータを検索できるようにするには、Microsoft サポートに要求を送信する必要があります。You have to submit a request to Microsoft Support to enable your organization to search for Teams chat data in the cloud-based mailboxes for on-premises users. この記事のこの機能を有効にするには、「Microsoft サポートによる要求のファイリング」を参照してください。See Filing a request with Microsoft Support to enable this feature in this article.

注意

Teams チャネルの会話は、チームに関連付けられたクラウドベースのメールボックスに常に格納されます。Teams channel conversations are always stored in the cloud-based mailbox that's associated with the Team. これは、コンテンツ検索を使用して、サポート要求をファイルしなくてもチャネル会話を検索できることを意味します。That means you can use Content Search to search channel conversations without have to file a support request. Teams チャネル会話の検索の詳細については、「 Microsoft teams および Office 365 グループの検索」を参照してください。For more information about searching Teams channel conversations, see Searching Microsoft Teams and Office 365 Groups.

しくみHow it works

Microsoft Teams が有効なユーザーがオンプレミスのメールボックスを持ち、そのユーザーアカウントまたは id がクラウドに同期されている場合、Microsoft は、1xN Teams のチャットデータを格納するためのクラウドベースのメールボックスを作成します。If a Microsoft Teams-enabled user has an on-premises mailbox and their user account/identity has been synched to the cloud, Microsoft creates a cloud-based mailbox to store 1xN Teams chat data. Teams のチャットデータは、クラウドベースのメールボックスに格納された後、検索用にインデックスが付けられます。After the Teams chat data is stored in the cloud-based mailbox, it's indexed for search. これにより、コンテンツ検索 (および電子情報開示ケースに関連付けられた検索) を使用して、オンプレミスユーザーの Teams チャットデータの検索、プレビュー、エクスポートを行うことができます。This lets you Use Content Search (and searches associated with eDiscovery cases) to search, preview, and export Teams chat data for on-premises users. セキュリティ & コンプライアンスセンターの PowerShell で** *new-compliancesearch**コマンドレットを使用して、オンプレミスユーザーの Teams チャットデータを検索することもできます。You can also use *ComplianceSearch cmdlets in the Security & Compliance Center PowerShell to search for Teams chat data for on-premises users.

次の図は、オンプレミスユーザーの Teams チャットデータを検索、プレビュー、およびエクスポートできるようにするワークフローを示しています。The following graphic shows the workflow of how Teams chat data for on-premises users is available to search, preview, and export.

Microsoft Teams でのオンプレミスユーザー向けのクラウドベースのストレージ

この新しい機能に加えて、コンテンツ検索を使用して、各 Microsoft Teams に関連付けられたクラウドベースの SharePoint サイトと Exchange メールボックス内の Teams コンテンツを検索、プレビュー、およびエクスポートすることもできます。また、Exchange Online メールボックスで、クラウドベースのユーザー。In addition to this new capability, you can still use Content Search to search, preview, and export Teams content in the cloud-based SharePoint site and Exchange mailbox associated with each Microsoft Team and 1xN Teams chat data in the Exchange Online mailbox for cloud-based users.

この機能を有効にするために Microsoft サポートによる要求を提出するFiling a request with Microsoft Support to enable this feature

組織がセキュリティ & コンプライアンスセンターでグラフィカルユーザーインターフェイスを使用して、社内ユーザーのクラウドベースのメールボックスで Teams のチャットデータを検索できるようにするには、Microsoft サポートを使用して要求をファイルにする必要があります。You must file a request with Microsoft Support to enable your organization to use the graphical user interface in the Security & Compliance Center to search for Teams chat data in the cloud-based mailboxes for on-premises users. この機能は、セキュリティ & コンプライアンスセンターの PowerShell で使用できます。This feature is available in Security & Compliance Center PowerShell. PowerShell を使用してオンプレミスユーザーの Teams チャットデータを検索するために、サポート要求を送信する必要はありません。You don't have to submit a support request to use PowerShell to search for Teams chat data for on-premises users.

Microsoft サポートに要求を送信するときに、次の情報を含めます。Include the following information when you submit the request to Microsoft Support:

  • Office 365 組織の既定のドメイン名。The default domain name of your Office 365 organization.

  • Office 365 組織のテナント名とテナント ID。The tenant name and tenant ID of your Office 365 organization. これらは、Azure Active Directory ポータル ([プロパティ管理 > ] の下) から見つけることができます。You can find these in the Azure Active Directory portal (under Manage > Properties). Office の Office 365 テナント ID を検索する」を参照してください。See Find your Office 365 tenant ID.

  • サポートリクエストの目的のタイトルまたは説明: 「オンプレミスユーザーのためにアプリケーションコンテンツ検索を有効にする」。The following title or description of the purpose of the support request: "Enable Application Content Search for On-premises Users". これにより、要求を実装する Office 365 eDiscovery エンジニアリングチームに要求をルーティングすることができます。This helps route the request to the Office 365 eDiscovery engineering team who will implement the request.

エンジニアリングの変更が行われた後、Microsoft サポートは展開の推定日付を送信します。After the engineering change is made, Microsoft Support will send you an estimated deployment date. 通常、サポート要求を送信した後、展開プロセスには 2 ~ 3 週間かかります。The deployment process usually takes 2–3 weeks after you submit the support request.

この機能を有効にした後はどうなりますか。What happens after this feature is enabled?

この機能が Office 365 組織に展開されると、次の変更が、セキュリティ & コンプライアンスセンターの電子情報開示ケースに関連付けられたコンテンツ検索と検索で行われます。After this feature is deployed in your Office 365 organization, the following changes are made in Content Search and in searches associated with an eDiscovery case in the Security & Compliance Center:

  • [オンプレミスユーザーの Office アプリコンテンツを追加する] チェックボックスが [コンテンツ検索] の場所の下に追加されます。The Add Office app content for on-premises users checkbox is added under the Locations in Content Search.

    コンテンツ検索 UI に「オンプレミスユーザーの Office アプリコンテンツを追加する」チェックボックスが追加されている

  • オンプレミスのユーザーは、検索するユーザーメールボックスを選択するために使用するコンテンツの場所選択ウィンドウに表示されます。On-premises users are displayed in the content locations picker that you use to select user mailboxes to search.

オンプレミスユーザーのクラウドベースのメールボックスで Teams のチャットコンテンツを検索するSearching for Teams chat content in cloud-based mailboxes for on-premises users

機能が有効になったら、セキュリティ & コンプライアンスセンターでコンテンツ検索を使用して、社内ユーザーのクラウドベースのメールボックスで Teams のチャットデータを検索できます。After the feature has been enabled, you can use Content Search in the Security & Compliance Center to search for Teams chat data in the cloud-based mailboxes for on-premises users.

  1. [セキュリティ & コンプライアンスセンター] で、[検索 > コンテンツ検索] に移動します。In the Security & Compliance Center, go to Search > Content search

  2. [検索] ページで、 ![追加 ] アイコン [新しい検索] をクリックします。On the Search page, click Add icon New search.

    前述のように、[場所] の下に、 [オンプレミスユーザーの Office アプリコンテンツを追加する] チェックボックスが表示されます。As previously explained, the Add Office app content for on-premises users checkbox is displayed under Locations. これは既定で選択されています。It's selected by default.

  3. キーワードクエリを作成し、必要に応じて検索クエリに条件を追加します。Create the keyword query and add conditions to the search query if necessary. チームのチャットデータのみを検索するには、[キーワード] ボックスに次のクエリを追加します。To only search for Team chats data, you can add the following query in the Keywords box:

    kind:im
    
  4. この時点で、[場所] の下にある次のオプションのいずれかを選択できます。At this point, you can choose one of the following options under Locations:

    • すべての場所: 組織内のすべてのユーザーのメールボックスを検索するには、このオプションを選択します。All locations: Select this option to search the mailboxes of all users in your organization. このチェックボックスをオンにすると、オンプレミスのユーザーのすべてのクラウドベースのメールボックスも検索されます。When the checkbox is selected, all cloud-based mailboxes for on-premises users will also be searched.

    • 特定の場所: このオプションを選択し、[変更 > ] をクリックして、特定のメールボックスを検索するユーザー、グループ、またはチームを選択します。Specific locations: Select this option and then click Modify > Choose user, groups, or teams to search specific mailboxes. 前述したように、場所の選択ウィンドウを使用すると、オンプレミスのユーザーを検索できます。As previously explained, the locations picker lets you search for on-premises users.

  5. 検索を保存して実行します。Save and run the search. オンプレミスのユーザーのクラウドベースのメールボックスからの検索結果は、他の検索結果と同様にプレビューできます。Any search results from the cloud-based mailboxes for on-premises users can be previewed like any other search results. 検索結果 (Teams のチャットデータを含む) を PST ファイルにエクスポートすることもできます。You can also export the search results (including any Teams chat data) to a PST file. 詳細については、以下を参照してください。For more information, see:

PowerShell を使用してオンプレミスユーザーのクラウドベースのメールボックスで Teams チャットデータを検索するUsing PowerShell to search for Teams chat data in cloud-based mailboxes for on-premises users

セキュリティ & コンプライアンスセンターの PowerShell でnew-compliancesearchおよびnew-compliancesearchコマンドレットを使用して、オンプレミスのユーザーのクラウドベースのメールボックスを検索できます。You can use the New-ComplianceSearch and Set-ComplianceSearch cmdlets in the Security & Compliance Center PowerShell to search the cloud-based mailbox for on-premises users. 前述のように、PowerShell を使用してオンプレミスユーザーの Teams チャットデータを検索するためのサポート要求を送信する必要はありません。As previously explained, you don't have to submit a support request to use PowerShell to search for Teams chat data for on-premises users.

  1. セキュリティ/コンプライアンス センターの PowerShell に接続するConnect to Security & Compliance Center PowerShell.

  2. 次の PowerShell コマンドを実行して、オンプレミスユーザーのクラウドベースのメールボックスを検索するコンテンツ検索を作成します。Run the following PowerShell command to create a content search that searches the cloud-based mailboxes of on-premises users.

    New-ComplianceSearch <name of new search> -ContentMatchQuery <search query> -ExchangeLocation <on-premises user> -IncludeUserAppContent $true -AllowNotFoundExchangeLocationsEnabled $true  
    

    Includeuserappcontentパラメーターは、 exchangelocationパラメーターで指定されたユーザーまたはユーザーのクラウドベースのメールボックスを指定するために使用されます。The IncludeUserAppContent parameter is used to specify the cloud-based mailbox for the user or users who are specified by the ExchangeLocation parameter. AllowNotFoundExchangeLocationsEnabledでは、クラウドベースのメールボックスがオンプレミスのユーザーに対して許可されています。The AllowNotFoundExchangeLocationsEnabled allows cloud-based mailboxes for on-premises users. このパラメーターの$true値を使用する場合、検索では、メールボックスが実行される前に、存在しているかどうかの検証は試行されません。When you use the $true value for this parameter, the search doesn't try to validate the existence of the mailbox before it runs. この種類のメールボックスは通常のメールボックスとして解決されないため、オンプレミスのユーザーのクラウドベースのメールボックスを検索するには、これが必要になります。This is required to search the cloud-based mailboxes for on-premises users because these types of mailboxes don't resolve as regular mailboxes.

    次の例では、Contoso 組織のオンプレミスのユーザーである Sara Davis のクラウドベースのメールボックスに、キーワード "redstone" を含む Teams チャット (インスタントメッセージ) を検索します。The following example searches for Teams chats (which are instant messages) that contain keyword "redstone" in the cloud-based mailbox of Sara Davis, who is an on-premises user in the Contoso organization.

    New-ComplianceSearch "Redstone_Search" -ContentMatchQuery "redstone AND kind:im" -ExchangeLocation sarad@contoso.com -IncludeUserAppContent $true -AllowNotFoundExchangeLocationsEnabled $true  
    

    検索を作成したら、 new-compliancesearchコマンドレットを使用して検索を実行します。After you create a search, be sure to use the Start-ComplianceSearch cmdlet to run the search.

これらのコマンドレットの詳細については、以下を参照してください。For more information using these cmdlets, see:

既知の問題Known issues

  • 現在、社内ユーザーのクラウドベースのメールボックス内のコンテンツを検索、プレビュー、およびエクスポートすることができます。Currently, you can search, preview, and export content in cloud-based mailboxes for on-premises users. また、電子情報開示ケースに関連付けられている保留リストにクラウドベースのメールボックスを配置し、Teams のチャットまたはチャネルメッセージのアイテム保持ポリシーを社内ユーザーのクラウドベースのメールボックスに適用することもできます。You can also place a cloud-based mailbox for an on-premises user on a hold associated with an eDiscovery case, and apply a retention policy for Teams chats or channel messages to cloud-based mailboxes for on-premises users. ただし、現時点では、他の他のコンテンツの場所 (Exchange メールボックス、SharePoint サイトなど) に対して、オンプレミスのユーザーのクラウドベースのメールボックスに対してアイテム保持ポリシーを適用することはできません。However at this time, you can't apply a retention policy for other other content locations (such as Exchange mailboxes and SharePoint sites) to cloud-based mailboxes for on-premises users.

よく寄せられる質問Frequently asked questions

オンプレミスのユーザーのためのクラウドベースのメールボックスはどこにありますか?Where are cloud-based mailboxes for on-premises users located?

クラウドベースのメールボックスが作成され、Office 365 組織と同じデータセンターに保存されます。Cloud-based mailboxes are created and stored in the same datacenter as your Office 365 organization.

サポートリクエストを提出する以外に、その他の要件があるかどうか。Are there any other requirements other than submitting a support request?

前述したように、オンプレミスのメールボックスを使用するユーザーの id は、Office 365 の社内ユーザーアカウントごとに、対応するメールユーザーアカウントが作成されるように、クラウドベースの組織に同期する必要があります。As previously explained, the identities of users with on-prem mailboxes must be synchronized to your cloud-based organization so that a corresponding mail user account is created for each on-premises user account in Office 365. 組織には、Office 365 Enterprise E1、E3、または E5 サブスクリプションなどの Office 365 enterprise サブスクリプションも必要です。Your organization must also have an Office 365 enterprise subscription, such as an Office 365 Enterprise E1, E3, or E5 subscription.

ユーザーのオンプレミスのメールボックスがクラウドに移行された場合、Teams のチャットデータを失う危険性がありますか。Is there a risk of losing the Teams chat data if the user's on-premises mailbox is migrated to the cloud?

いいえ。No. オンプレミスのユーザーのプライマリメールボックスをクラウドに移行すると、そのユーザーの Teams チャットデータが新しいクラウドベースのプライマリメールボックスに移行されます。When you migrate the primary mailbox of an on-premises user to the cloud, the Teams chat data for that user will be migrated to their new cloud-based primary mailbox.

社内ユーザーに電子情報開示の保持ポリシーまたは Office 365 のアイテム保持ポリシーを適用できますか。Can I apply an eDiscovery hold or Office 365 retention policies to on-premises users?

はい。Yes. チームのチャットおよびチャネルメッセージの電子情報開示の保持またはアイテム保持ポリシーを、社内ユーザーのクラウドベースのメールボックスに適用することができます。You can apply eDiscovery holds or retention policies for Teams chats and channel messages to cloud-based mailboxes for on-premises users.

コンテンツ検索は、組織がこの機能を有効にする要求を送信した時間前に、オンプレミスのユーザーのために古い Teams のチャットを見つけることができますか?Can Content Search find older Teams chats for on-premises users before the time my organization submitted the request to enable this feature?

Microsoft は、2018年1月31日に社内ユーザーの Teams チャットデータの保存を開始しました。Microsoft started storing the Teams chat data for on-premises users on January 31, 2018. そのため、この日付以降、オンプレミスの Teams ユーザーの id が Active Directory と Azure Active Directory との間で同期されている場合、Teams のチャットデータはクラウドベースのメールボックスに格納され、コンテンツ検索を使用して検索可能になります。So, if the identity of an on-premises Teams user has been synched between Active Directory and Azure Active Directory since this date, then their Teams chat data is stored in a cloud-based mailbox and is searchable using Content Search. Microsoft は、社内ユーザーのクラウドベースのメールボックスで2018年1月31日より前の Teams のチャットデータを保存することにも取り組んでいます。Microsoft is also working on storing Teams chat data from prior to January 31, 2018 in the cloud-based mailboxes for on-premises users. 詳細については、近日中にご利用いただけます。More information about this will be available soon.

オンプレミスのユーザーは、クラウドベースのメールボックスに Teams のチャットデータを格納するためのライセンスが必要ですか。Do on-premises users need a license to store Teams chat data in a cloud-based mailbox?

はい。Yes. 社内ユーザーのチームチャットデータをクラウドベースのメールボックスに格納するには、Office 365 (または Microsoft 365) で Microsoft Teams ライセンスと Exchange Online プランライセンスが割り当てられている必要があります。To store Teams chat data for an on-premises user in a cloud-based mailbox, the user must be assigned a Microsoft Teams license and an Exchange Online Plan license in Office 365 (or Microsoft 365).