コンテンツ検索ツールを使用してコンテンツを検索します

Microsoft Purview コンプライアンス ポータルのコンテンツ検索ツールを使用して、Exchange メールボックスのメール、SharePoint サイトおよび OneDrive ロケーションのドキュメント、Skype for Business のインスタント メッセージングの会話をすばやく検索できます。 コンテンツ検索ツールは、Microsoft Teams や Microsoft 365 グループなどのコラボレーション ツール内のメール、ドキュメント、インスタント メッセージングの会話を検索するために使用できます。

コンテンツを検索する

最初の手順では、コンテンツ検索ツールを使用してコンテンツの場所を選択し、特定のアイテムを検索するキーワード クエリを検索および構成します。 または、クエリを空白のままにして、ターゲットの場所のすべてのアイテムを返すこともできます。

見つけたコンテンツに対してアクションを実行する

検索を実行し、必要に応じて絞り込んだ後、次の手順では、検索によって返された結果を使用して何かを行います。 結果をエクスポートしてローカル コンピューターにダウンロードするか、組織に対する電子メール攻撃の場合は、ユーザー メールボックスから検索結果を削除できます。

コンテンツ検索は使いやすいですが、強力なツールでもあります。 バックグラウンドでは、多くの作業が行われています。 そのことを理解し、その動作とその制限事項を理解すればするほど、組織の検索と調査のニーズに合わせて使用できるようになります。 以下について調べます。

高度なシナリオにスクリプトを使用する

場合によっては、より高度で複雑で反復的なコンテンツ検索タスクを実行する必要があります。 このような場合は、Security & Compliance PowerShell でコマンドを使用する方が簡単で高速です。 これを簡単にするために、複雑なコンテンツ検索関連のタスクを完了するために、セキュリティ &コンプライアンス PowerShell スクリプトを多数作成しました。