コンテンツ配信ネットワーク (CDN)Content Delivery Networks (CDNs)

この記事は、Microsoft 365 Enterprise および Office 365 Enterprise の両方に適用されます。This article applies to both Microsoft 365 Enterprise and Office 365 Enterprise.

CDN は、エンド ユーザーにとって Office 365 の高速性と信頼性を維持するのに役立ちます。CDNs help keep Office 365 fast and reliable for end users. Office 365 などのクラウド サービスは、CDN を使用して、静的アセットをブラウザーの近くにキャッシュし、ダウンロードを高速化し、エンド ユーザーの待ち時間を短縮するように要求します。Cloud services like Office 365 use CDNs to cache static assets closer to the browsers requesting them to speed up downloads and reduce perceived end user latency. このトピックの情報は、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) とそれらが Office 365 でどのように使用されるかについて学習するのに役立ちます。The information in this topic will help you learn about Content Delivery Networks (CDNs) and how they are used by Office 365.

CDN とは正確には何ですか?What exactly is a CDN?

CDN は、高速バックボーン ネットワークで接続されたデータセンター内のプロキシ サーバーとファイル サーバーで構成される地理的に分散したネットワークです。A CDN is a geographically distributed network consisting of proxy and file servers in datacenters connected by high-speed backbone networks. CDN は、Web サイトまたはサービス内の指定されたファイルとオブジェクトのセットの遅延とロード時間を短縮するために使用されます。CDNs are used to reduce latency and load times for a specified set of files and objects in a web site or service. CDN には、任意の場所からの着信リクエストを最適に処理するために、何千ものエンドポイントが含まれている場合があります。A CDN may have many thousands of endpoints for optimal servicing of incoming requests from any location.

CDN は通常、JavaScript ファイル、アイコン、画像など、Web サイトまたはサービスの汎用コンテンツの高速ダウンロードを提供するために使用され、SharePoint Online ドキュメント ライブラリ内のファイル、ストリーミング メディア ファイル、カスタム コードなどのユーザー コンテンツへのプライベート アクセスを提供することもできます。CDNs are commonly used to provide faster downloads of generic content for a web site or service such as javascript files, icons and images, and can also provide private access to user content such as files in SharePoint Online document libraries, streaming media files, and custom code.

ほとんどのエンタープライズ クラウド サービスで CDN が使用されています。CDNs are used by most enterprise cloud services. Office 365 などのクラウド サービスでは無数のユーザーが一度に、独自のコンテンツ (電子メールなど) と汎用コンテンツ (アイコンなど) が混在する状態でダウンロードを行います。Cloud services like Office 365 have millions of customers downloading a mix of proprietary content (such as emails) and generic content (such as icons) at one time. アイコンなどのすべてのユーザーが使用するイメージは、可能な限りユーザーのコンピューターに近いところに配置すると効率的です。It's more efficient to put images everyone uses, like icons, as close to the user's computer as possible. どのクラウド サービスにおいても、大都市地域ごとに、あるいは世界中の主要なインターネット ハブごとにこうした汎用コンテンツを格納する CDN データセンターを構築するというのは実際的ではありません。そこで CDN の一部は共有することになります。It isn't practical for every cloud service to build CDN datacenters that store this generic content in every metropolitan area, or even in every major Internet hub around the world, so some of these CDNs are shared.

CDN はどのようにしてサービスの速度を速くするのですか?How do CDNs make services work faster?

サイトの画像やアイコンなどの共通オブジェクトを何度もダウンロードすると、本来は電子メールやドキュメントなどの重要な個人用コンテンツのダウンロードのために使用するネットワークの帯域幅を占有してしまい、妨げになる可能性があります。Downloading common objects like site images and icons over and over again can take up network bandwidth that can be better used for downloading important personal content, like email or documents. Office 365 では CDN が組み込まれているアーキテクチャが使用されるため、アイコン、スクリプト、および他の汎用コンテンツはクライアント コンピューターに近いサーバーからダウンロードでき、ダウンロードの高速化を実現できます。Because Office 365 uses an architecture that includes CDNs, the icons, scripts, and other generic content can be downloaded from servers closer to client computers, making the downloads faster. つまり、Office 365 データセンターに安全に格納されている個人用コンテンツに高速にアクセスできるということです。This means faster access to your personal content, which is securely stored in Office 365 datacenters.

CDN は、いくつかの方法でクラウド サービスのパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。CDNs help to improve cloud service performance in several ways:

  • CDN は、ネットワークとファイルのダウンロードの負担の一部をクラウド サービスからシフトし、静的アセットのリクエストを処理する必要性を減らすことで、ユーザー コンテンツやその他のサービスを提供するためのクラウド サービス リソースを解放します。CDNs shift part of the network and file download burden away from the cloud service, freeing up cloud service resources for serving user content and other services by reducing the need to serve requests for static assets.
  • CDN は、高性能ネットワークとファイル サーバーを実装し、HTTP/2 などの更新されたネットワーク プロトコルを非常に効率的な圧縮と要求の多重化で活用することにより、低遅延のファイル アクセスを提供することを目的として構築されています。CDNs are purpose built to provide low-latency file access by implementing high performance networks and file servers, and by leveraging updated network protocols such as HTTP/2 with highly efficient compression and request multiplexing.
  • CDN ネットワークは、グローバルに分散された多くのエンドポイントを使用して、コンテンツをユーザーのできるだけ近くで利用できるようにします。CDN networks use many globally distributed endpoints to make content available as close as possible to users.

Office 365 CDNThe Office 365 CDN

組み込みの Office 365 コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用すると、Office 365 管理者は、静的アセットを要求しているブラウザーの近くにキャッシュすることで、組織の SharePoint Online ページのパフォーマンスを向上させることができます。これにより、ダウンロードが高速化され、待ち時間が短縮されます。The built-in Office 365 Content Delivery Network (CDN) allows Office 365 administrators to provide better performance for their organization's SharePoint Online pages by caching static assets closer to the browsers requesting them, which helps to speed up downloads and reduce latency. Office 365 CDN では、圧縮速度とダウンロード速度の向上のために HTTP/2 プロトコルを使用しています。The Office 365 CDN uses the HTTP/2 protocol for improved compression and download speeds.

注意

Office 365 CDN は、本番 (ワールドワイド) クラウドのテナントのみが利用できます。The Office 365 CDN is only available to tenants in the Production (worldwide) cloud. 現在、米国政府、中国、ドイツのクラウドのテナントは Office 365 CDN をサポートしていません。Tenants in the US Government, China and Germany clouds do not currently support the Office 365 CDN.

Office 365 CDN は静的資産を複数の場所 (元の場所) でホストできる複数の CDN で構成されているため、静的資産をグローバルな高速ネットワークから提供することができます。The Office 365 CDN is composed of multiple CDNs that allow you to host static assets in multiple locations, or origins, and serve them from global high-speed networks. Office 365 CDN でホストするコンテンツの種類に応じて、公開非公開、またはその両方の元の場所を追加できます。Depending on the kind of content you want to host in the Office 365 CDN, you can add public origins, private origins or both.

Office 365 CDN の概念図Office 365 CDN conceptual diagram

Office 365 CDN 内で 公開されている 元の場所のコンテンツは匿名でのアクセスが可能で、ホストされた資産への URL があれば誰でもアクセスできます。Content in public origins within the Office 365 CDN is accessible anonymously, and can be accessed by anyone who has URLs to hosted assets. 公開されている元の場所のコンテンツへのアクセスは匿名になるため、アクセスしたコンテンツは、機密データ以外の一般的なコンテンツ (JavaScript ファイル、スクリプト、アイコン、画像など) をキャッシュする場合にのみ使用するようにしてください。Because access to content in public origins is anonymous, you should only use them to cache non-sensitive generic content such as javascript files, scripts, icons and images. Office 365 CDN は、Office 365 クライアント アプリケーションのような一般リソースを、公開されている元の場所からダウンロードする際に既定で使用します。The Office 365 CDN is used by default for downloading generic resource assets like the Office 365 client applications from a public origin.

Office 365 CDN 内の 非公開 の元の場所は、SharePoint Online ドキュメント ライブラリ、サイト、独自のイメージなど、ユーザー コンテンツへのプライベート アクセスを行う場合に使用します。Private origins within the Office 365 CDN provide private access to user content such as SharePoint Online document libraries, sites and proprietary images. 公開されている元のファイルのコンテンツへのアクセスは、動的に生成されたトークンで保護されているため、元のドキュメント ライブラリまたは保存場所へのアクセス許可を持つユーザーのみがアクセスできます。Access to content in private origins is secured with dynamically generated tokens so it can only be accessed by users with permissions to the original document library or storage location. Office 365 CDN で公開されている元の場所は SharePoint Online コンテンツに対してのみ使用することができ、SharePoint Online テナントからのリダイレクトによってのみ資産にアクセスすることができます。Private origins in the Office 365 CDN can only be used for SharePoint Online content, and you can only access assets through redirection from your SharePoint Online tenant.

Office 365 CDN サービスは、SharePoint Online サブスクリプションの一部として含まれます。The Office 365 CDN service is included as part of your SharePoint Online subscription.

Office 365 CDN の使用方法の詳細については、「SharePoint Online での Office 365 コンテンツ配信ネットワークの使用」を参照してください。For more information about how to use the Office 365 CDN, see Use the Office 365 content delivery network with SharePoint Online.

Office 365 CDN の使用に関する概念情報と HOWTO 情報を提供する一連の短いビデオを見るには、「SharePoint 開発者のパターンとプラクティスの YouTube チャンネル」にアクセスしてください。To watch a series of short videos that provide conceptual and HOWTO information about using the Office 365 CDN, visit the SharePoint Developer Patterns and Practices YouTube channel.

その他の Microsoft CDNOther Microsoft CDNs

Office 365 CDN の一部ではありませんが、Office 365 テナントでこれらの CDN を使用して、SharePoint 開発ライブラリ、カスタム コード、および Office 365 CDN の範囲外のその他の目的にアクセスできます。Although not a part of the Office 365 CDN, you can use these CDNs in your Office 365 tenant for access to SharePoint development libraries, custom code and other purposes that fall outside the scope of the Office 365 CDN.

Azure CDNAzure CDN

注意

2020 年の第 3 四半期から、SharePoint Online は Azure CDN でのビデオのキャッシュを開始し、ビデオの再生と信頼性の向上をサポートします。Beginning in Q3 2020, SharePoint Online will begin caching videos on the Azure CDN to support improved video playback and reliability. 人気のあるビデオは、ユーザーに最も近い CDN エンドポイントからストリーミングされます。Popular videos will be streamed from the CDN endpoint closest to the user. このデータは、Microsoft 365 コンプライアンスの境界内に残ります。This data will remain within the Microsoft 365 compliance boundary. これはすべてのテナントにとって無料のサービスであり、構成するのにお客様のアクションは必要ありません。This is a free service for all tenants and it does not require any customer action to configure.

Azure CDN を使用して、カスタム Web パーツ、ライブラリ、その他のリソース アセットをホストするための独自の CDN インスタンスを展開できます。これにより、アクセス キーを CDN ストレージに適用し、CDN 構成をより細かく制御できます。You can use the Azure CDN to deploy your own CDN instance for hosting custom web parts, libraries and other resource assets, which allows you to apply access keys to your CDN storage and exert greater control over your CDN configuration. Azure CDN の使用は無料ではなく、Azure サブスクリプションが必要です。Use of the Azure CDN is not free, and requires an Azure subscription.

Azure CDN インスタンスを構成する方法の詳細については、「クイックスタート: Azure ストレージ アカウントを Azure CDN と統合する」を参照してください。For more information on how to configure an Azure CDN instance, see Quickstart: Integrate an Azure storage account with Azure CDN.

Azure CDN を使用して SharePoint Web パーツをホストする方法の例については、「SharePoint クライアント側 Web パーツを Azure CDN に展開する」を参照してください。For an example of how the Azure CDN can be used to host SharePoint web parts, see Deploy your SharePoint client-side web part to Azure CDN.

Azure CDN PowerShell モジュールの詳細については、「PowerShell を使用した Azure CDN の管理」を参照してください。For information about the Azure CDN PowerShell module, see Manage Azure CDN with PowerShell.

Microsoft Ajax CDNMicrosoft Ajax CDN

Microsoft の Ajax CDN は読み取り専用 CDN であり、jQuery (およびその他すべてのライブラリ)、ASP.NET Ajax、Bootstrap、Knockout.js などの多くの一般的な開発ライブラリを提供します。Microsoft's Ajax CDN is a read-only CDN that offers many popular development libraries including jQuery (and all of its other libraries), ASP.NET Ajax, Bootstrap, Knockout.js, and others.

これらのスクリプトをプロジェクトに含めるには、CDN のアドレスをプロジェクト自体に含めるのではなく、一般的に利用可能なライブラリへの参照を CDN のアドレスへの参照に置き換えます。To include these scripts in your project, simply replace any references to these publicly available libraries with references to the CDN address instead of including it in your project itself. たとえば、次のコードを使用して jQuery にリンクさせます。For example, use the following code to link to jQuery:

<script src=https://ajax.aspnetcdn.com/ajax/jquery-2.1.1.js> </script>

Microsoft Ajax CDN の使用方法の詳細については、「Microsoft Ajax CDN」を参照してください。For more information about how to use the Microsoft Ajax CDN, see Microsoft Ajax CDN.

Office 365 は CDN のコンテンツをどのように使用しますか?How does Office 365 use content from a CDN?

Office 365 テナントにどの CDN を構成できるかに関係なく、基本的なデータ取得プロセスは同じです。Regardless of what CDN you configure for your Office 365 tenant, the basic data retrieval process is the same.

  1. クライアント (ブラウザーまたは Office クライアント アプリケーション) が Office 365 にデータを要求します。Your client (a browser or Office client application) requests data from Office 365.

  2. Office 365 は、データをクライアントに直接返すか、データが CDN によってホストされているコンテンツのセットの一部である場合は、クライアントを CDN URL にリダイレクトします。Office 365 either returns the data directly to your client or, if the data is part of a set of content hosted by the CDN, redirects your client to the CDN URL.

    a.a. データが既に 公開 の元の場所にキャッシュされている場合、クライアントは最も近い CDN の場所からクライアントに直接データをダウンロードします。If the data is already cached in a public origin, your client downloads the data directly from the nearest CDN location to your client.

    b.b. データが既に 非公開 の元の場所にキャッシュされている場合、CDN サービスは元の場所に対する Office 365 ユーザー アカウントのアクセス許可を確認します。If the data is already cached in a private origin, the CDN service checks your Office 365 user account's permissions on the origin. アクセス許可がある場合、SharePoint Online は、CDN 内のアセットへのパスと 2 つのアクセス トークンで構成されるカスタム URL を動的に生成し、カスタム URL をクライアントに返します。If you have permissions, SharePoint Online dynamically generates a custom URL composed of the path to the asset in the CDN and two access tokens, and returns the custom URL to your client. 次に、クライアントは、カスタム URL を使用して、最も近い CDN の場所からクライアントに直接データをダウンロードします。Your client then downloads the data directly from the nearest CDN location to your client using the custom URL.

  3. データが CDN にキャッシュされていない場合は、CDN ノードが Office 365 にデータを要求し、そのデータは、クライアントがデータをダウンロードした後も一定期間キャッシュされます。If the data isn't cached at the CDN, the CDN node requests the data from Office 365 and then caches the data for a period of time after your client downloads the data.

CDN はユーザーのブラウザーに最も近いデータセンターを判別し、リダイレクトを使用して、そこから要求されたデータをダウンロードします。The CDN figures out the closest datacenter to the user's browser and, using redirection, downloads the requested data from there. CDN リダイレクトは高速で、ユーザーのダウンロードにかかる時間を大幅に削減します。CDN redirection is quick, and can save users a lot of download time.

Office 365 で CDN が最高のパフォーマンスを発揮するにはどのようにネットワークをセットアップすればよいですか?How should I set up my network so that CDNs work best with Office 365?

ネットワーク上のクライアントと CDN エンドポイント間の遅延を最小限に抑えることは、最適なパフォーマンスを確保するための重要な考慮事項です。Minimizing latency between clients on your network and CDN endpoints is the key consideration for ensuring optimal performance. Office 365 エンドポイントの管理」で概説されているベスト プラクティスを使用して、ネットワーク構成で、クライアント ブラウザーが中央プロキシを介して CDN トラフィックをルーティングするのではなく、CDN に直接アクセスできるようにして、不要な遅延の発生を回避できます。You can use the best practices outlined in Managing Office 365 endpoints to ensure that your network configuration permits client browsers to access the CDN directly rather than routing CDN traffic through central proxies to avoid introducing unnecessary latency.

また、「Office 365 ネットワーク接続の原則」を読んで、Office 365 ネットワーク パフォーマンスの最適化の背後にある概念を理解することもできます。You can also read Office 365 Network Connectivity Principles to understand the concepts behind optimizing Office 365 network performance.

Office 365 が使用しているすべての CDN の一覧はありますか?Is there a list of all the CDNs that Office 365 uses?

Office 365 で使用されている CDN は常に変更される可能性があり、多くの場合、1 つが利用できない場合に備えて複数の CDN パートナーが構成されています。The CDNs in use by Office 365 are always subject to change and in many cases there are multiple CDN partners configured in the event one is unavailable. Office 365 で使用される主な CDN は次のとおりです。The primary CDNs used by Office 365 are:

CDNCDN 会社名Company 使用法Usage リンクLink
Office 365 CDNOffice 365 CDN AkamaiAkamai 公開の元の場所の汎用アセット、非公開の元の場所の SharePoint ユーザー コンテンツGeneric assets in public origins, SharePoint user content in private origins SharePoint Online での Office 365 コンテンツ配信ネットワークの使用Use the Office 365 content delivery network with SharePoint Online
Azure CDNAzure CDN MicrosoftMicrosoft カスタム コード、SharePoint Framework ソリューションCustom code, SharePoint Framework solutions Microsoft Azure CDNMicrosoft Azure CDN
Microsoft Ajax CDN (読み取り専用)Microsoft Ajax CDN (read only) MicrosoftMicrosoft Ajax、jQuery、ASP.NET、Bootstrap、Knockout.js などの一般的なライブラリ。Common libraries for Ajax, jQuery, ASP.NET, Bootstrap, Knockout.js etc. Microsoft Ajax CDNMicrosoft Ajax CDN

CDN はどのようなパフォーマンスの向上をもたらしますか?What performance gains does a CDN provide?

Office 365 から直接ダウンロードされたデータと特定の CDN からダウンロードされたデータの間のパフォーマンスの特定の違いの測定には、テナントと最も近い CDN エンドポイントとの相対的な位置、ページ上のアセットの数など、多くの要因が関係します。CDN によって提供され、ネットワークの遅延と帯域幅が一時的に変化します。There are many factors involved in measuring specific differences in performance between data downloaded directly from Office 365 and data downloaded from a specific CDN, such as your location relative to your tenant and to the nearest CDN endpoint, the number of assets on a page that are served by the CDN, and transient changes in network latency and bandwidth. ただし、単純な A/B テストは、特定のファイルのダウンロード時間の違いを示すのに役立ちます。However, a simple A/B test can help to show the difference in download time for a specific file.

次のスクリーン ショットは、Office 365 のネイティブ ファイルの場所と Microsoft Ajax コンテンツ配信ネットワークでホストされている同じファイルのダウンロード速度の違いを示しています。The following screen shots illustrate the difference in download speed between the native file location in Office 365 and the same file hosted on the Microsoft Ajax Content Delivery Network. これらのスクリーンショットは、Internet Explorer 11 開発者ツールの [ネットワーク] タブのものです。These screen shots are from the Network tab in the Internet Explorer 11 developer tools. これらのスクリーン ショットは、一般的なライブラリである jQuery の待ち時間を示しています。These screen shots show the latency on the popular library jQuery. この画面を表示するには、Internet Explorer で F12 キーを押してから、Wi-Fi アイコンの記号で表された [ネットワーク] タブを選択します。To bring up this screen, in Internet Explorer, press F12 and select the Network tab which is symbolized with a Wi-Fi icon.

F12 ネットワークのスクリーンショット

このスクリーン ショットは、SharePoint Online サイト自体のマスター ページ ギャラリーにアップロードされたライブラリを示しています。This screen shot shows the library uploaded to the master page gallery on the SharePoint Online site itself. ライブラリをアップロードするまでにかかった時間は、1.51 秒です。The time it took to upload the library is 1.51 seconds.

読み込み時間 1.51 秒のスクリーン ショット

2 番目のスクリーン ショットは、Microsoft CDN が配信した同じファイルを示しています。The second screen shot shows the same file delivered by Microsoft's CDN. 待ち時間は、約 496 ミリ秒です。This time the latency is around 496 milliseconds. これは大きな向上であり、オブジェクトをダウンロードする合計時間が 1 秒短縮されたことを示しています。This is a large improvement and shows that a whole second is shaved off the total time to download the object.

読み込み時間 469 ミリ秒のスクリーンショット

データは安全ですか?Is my data safe?

お客様のビジネス上のデータを保護するために十分な注意を払っています。We take great care to protect the data that runs your business. Office 365 CDN に保存されているデータは、転送中と保存中の両方で暗号化され、Office 365 SharePoint CDN 内のデータへのアクセスは、Office 365 のユーザー アクセス許可とトークン認証によって保護されます。Data stored in the Office 365 CDN is encrypted both in transit and at rest, and access to data in the Office 365 SharePoint CDN is secured by Office 365 user permissions and token authorization. Office 365 SharePoint CDN 内のデータの要求は、Office 365 テナントから参照 (リダイレクト) する必要があります。そうしないと、認証トークンが生成されません。Requests for data in the Office 365 SharePoint CDN must be referred (redirected) from your Office 365 tenant or an authorization token will not be generated.

データの安全性を確保するために、ユーザー コンテンツやその他の機密データをパブリック CDN に保存しないことをお勧めします。To ensure that your data remains secure, we recommend that you never store user content or other sensitive data in a public CDN. パブリック CDN のデータへのアクセスは匿名であるため、パブリック CDN は、Web スクリプト ファイル、アイコン、画像、その他の機密性の低いアセットなどの一般的なコンテンツをホストするためにのみ使用する必要があります。Because access to data in a public CDN is anonymous, public CDNs should only be used to host generic content such as web script files, icons, images and other non-sensitive assets.

注意

サード パーティの CDN プロバイダーは、Office 365 トラスト センターによって概説されているコミットメントとは異なるプライバシーとコンプライアンスの基準を持っている場合があります。3rd party CDN providers may have privacy and compliance standards that differ from the commitments outlined by the Office 365 Trust Center. CDN サービスを介してキャッシュされたデータは、Microsoft データ処理条件 (DPT) に準拠していない可能性があり、Office 365 トラスト センターのコンプライアンス境界外にある可能性があります。Data cached through the CDN service may not conform to the Microsoft Data Processing Terms (DPT), and may be outside of the Office 365 Trust Center compliance boundaries.

Office 365 CDN プロバイダーのプライバシーとデータ保護の詳細については、次にアクセスしてください。For in-depth information about privacy and data protection for Office 365 CDN providers, visit the following:

これらのすべてのサード パーティ サービスを使用して、自分のネットワークのセキュリティを保護することはできるでしょうか?How can I secure my network with all these 3rd party services?

広範なパートナー サービスのセットを活用することで、Office 365 を拡張して可用性要件を満たすだけでなく、Office 365 を使用する際のユーザー エクスペリエンスを向上させることができます。Leveraging an extensive set of partner services allows Office 365 to scale and meet availability requirements as well as enhance the user experience when using Office 365. Office 365 が利用するサード パーティ サービスには、証明書失効リスト (crl.microsoft.com や sa.symcb.com など) と CDN (r3.res.outlook.com など) の両方が含まれます。The 3rd party services Office 365 leverages include both certificate revocation lists; such as crl.microsoft.com or sa.symcb.com, and CDNs; such as r3.res.outlook.com. Office 365 によって生成されるすべての CDN FQDN は、Office 365 のカスタム FQDN です。Every CDN FQDN generated by Office 365 is a custom FQDN for Office 365. Office 365 の要求で FQDN に送信された場合、CDN プロバイダーがその場所の FQDN と基になるコンテンツを制御していることを確認できます。If you're sent to a FQDN at the request of Office 365 you can be assured that the CDN provider controls the FQDN and the underlying content at that location.

Microsoft または Office 365 データセンター向けの要求をサード パーティ向けの要求と分離することを希望するユーザーのために、「Office 365 エンドポイントを管理する」のガイダンスを作成しました。For customers that want to segregate requests destined for a Microsoft or Office 365 datacenter from requests that are destined for a 3rd party, we've written up guidance on Managing Office 365 endpoints.

CDN を利用するすべての FQDN の一覧はありますか?Is there a list of all the FQDNs that leverage CDNs?

FQDN のリストと、それらが CDN をどのように活用するかは時間の経過とともに変化します。The list of FQDNs and how they leverage CDNs change over time. CDN を活用する最新の FQDN の最新情報を入手するには、公開されている Office 365 の URL と IP アドレスの範囲のページを参照してください。Refer to our published Office 365 URLs and IP address ranges page to get up to date on the latest FQDNs that leverage CDNs.

Office 365 IP アドレスと URL の Web サービスを使用して、CSV または JSON としてフォーマットされた現在の Office 365 URL と IP アドレス範囲を要求することもできます。You can also use the Office 365 IP Address and URL Web service to request the current Office 365 URLs and IP address ranges formatted as CSV or JSON.

自分の CDN を使ってローカル ネットワークでコンテンツをキャッシュできますか?Can I use my own CDN and cache content on my local network?

Microsoft では、お客様のニーズに応えられる新しい方法を絶えず探しています。現在、キャッシング プロキシ ソリューションやその他のオンプレミス CDN ソリューションについて、その可能性を検討中です。We're continually looking for new ways to support our customers needs and are currently exploring the use of caching proxy solutions and other on-premises CDN solutions.

Office 365 CDN の一部ではありませんが、Azure CDN を使用して、カスタム Web パーツ、ライブラリ、その他のリソース アセットをホストすることもできます。これにより、アクセス キーを CDN ストレージに適用し、CDN 構成をより細かく制御できます。Although it is not a part of the Office 365 CDN, you can also use the Azure CDN for hosting custom web parts, libraries and other resource assets, which allows you to apply access keys to your CDN storage and exert greater control over your CDN configuration. Azure CDN の使用は無料ではなく、Azure サブスクリプションが必要です。Use of the Azure CDN is not free, and requires an Azure subscription. Azure CDN インスタンスを構成する方法の詳細については、「クイックスタート: Azure ストレージ アカウントを Azure CDN と統合する」を参照してください。For more information on how to configure an Azure CDN instance, see Quickstart: Integrate an Azure storage account with Azure CDN.

Azure ExpressRoute for Office 365 を使っていますが、何か違いがありますか?I'm using Azure ExpressRoute for Office 365, does that change things?

Azure ExpressRoute for Office 365 は、パブリック インターネットから分離された Office 365 インフラストラクチャへの専用接続を提供します。Azure ExpressRoute for Office 365 provides a dedicated connection to Office 365 infrastructure that is segregated from the public internet. つまり、クライアントは、ExpressRoute でサポートされるサービスのリストに明示的に含まれていない CDN やその他の Microsoft インフラストラクチャに接続するために、ExpressRoute 以外の接続を介して接続する必要があります。This means that clients will still need to connect over non-ExpressRoute connections to connect to CDNs and other Microsoft infrastructure that is not explicitly included in the list of services supported by ExpressRoute. CDN 向けの要求など、特定のトラフィックをルーティングする方法の詳細については、「Office 365 ネットワーク トラフィック管理」を参照してください。For more information about how to route specific traffic such as requests destined for CDNs, refer to Office 365 network traffic management.

オンプレミスの SharePoint Server で CDN を使用できますか?Can I use CDNs with SharePoint Server on-premises?

CDN の使用は、SharePoint Online のコンテキストでのみ意味があり、SharePoint Server では避ける必要があります。Using CDNs only makes sense in a SharePoint Online context and should be avoided with SharePoint Server. これは、サーバーがオンプレミスにある場合、または地理的に近い場合、地理的な場所に関するすべての利点が当てはまらないためです。This is because all of the advantages around geographic location do not hold true if the server is located on-premises or geographically close anyway. さらに、ホストされているサーバーへのネットワーク接続がある場合、サイトはインターネットに接続せずに使用することがあるため、CDN ファイルを取得できません。Additionally, if there is a network connection to the servers where it's hosted, then the site may be used without an Internet connection and therefore cannot retrieve the CDN files. それ以外の場合、使用可能な CDN があり、サイトに必要なライブラリまたはファイルで一定である場合は、CDN の使用をお勧めします。Otherwise, you should use a CDN if there is one available and stable for the library and files you need for your site.

ここに戻る場合は、次のショート リンクをご利用ください: https://aka.ms/o365cdnsHere's a short link you can use to come back: https://aka.ms/o365cdns

関連項目See also

Office 365 ネットワーク接続の原則Office 365 Network Connectivity Principles

Office 365 のネットワーク接続の評価Assessing Office 365 network connectivity

Office 365 エンドポイントの管理Managing Office 365 endpoints

Office 365 の URL および IP アドレスの範囲Office 365 URLs and IP address ranges

SharePoint Online での Office 365 コンテンツ配信ネットワークの使用Use the Office 365 content delivery network with SharePoint Online

Microsoft トラスト センターMicrosoft Trust Center

Office 365 のパフォーマンスをチューニングするTune Office 365 performance