PowerShell を使用して Microsoft 365 ユーザー アカウントを作成するCreate Microsoft 365 user accounts with PowerShell

この記事は、Microsoft 365 Enterprise および Office 365 Enterprise の両方に適用されます。This article applies to both Microsoft 365 Enterprise and Office 365 Enterprise.

PowerShell for Microsoft 365 を使用すると、複数のアカウントを含むユーザー アカウントを効率的に作成できます。You can use PowerShell for Microsoft 365 to efficiently create user accounts, including multiple accounts.

PowerShell でユーザー アカウントを作成する場合、特定のアカウント プロパティが常に必要です。When you create user accounts in PowerShell, certain account properties are always required. 他のプロパティは必須ではありませんが、重要です。Other properties aren't required but are important. 次の表を参照してください。See the following table.

プロパティ名Property name 必須Required? 説明Description
DisplayNameDisplayName
はいYes
これは、Microsoft 365 サービスで使用される表示名です。This is the display name that's used in Microsoft 365 services. たとえば 、Caleb Sills.For example, Caleb Sills.
UserPrincipalNameUserPrincipalName
はいYes
これは、Microsoft 365 サービスへのサインインに使用されるアカウント名です。This is the account name that's used to sign in to Microsoft 365 services. たとえば 、CalebS は @ contoso.onmicrosoft.com。For example, CalebS@contoso.onmicrosoft.com.
FirstNameFirstName
いいえNo
LastNameLastName
いいえNo
LicenseAssignmentLicenseAssignment
いいえNo
これは、使用可能なライセンスがユーザー アカウントに割り当てられるライセンス プラン (ライセンス プランまたは SKU とも呼ばれる) です。This is the licensing plan (also known as the license plan or SKU) from which an available license is assigned to the user account. ライセンスは、アカウントで使用できる Microsoft 365 サービスを定義します。The license defines the Microsoft 365 services that are available to the account. アカウントの作成時にユーザーにライセンスを割り当てる必要はないが、Microsoft 365 サービスにアクセスするには、アカウントにライセンスが必要です。You don't have to assign a license to a user when you create the account, but the account must have a license to access Microsoft 365 services. ユーザー アカウントにライセンスを割り当てる期間は作成後 30 日です。You have 30 days to license the user account after you create it.
PasswordPassword
いいえNo
パスワードを指定しない場合、ランダムなパスワードがユーザー アカウントに割り当てられ、パスワードはコマンドの結果に表示されます。If you don't specify a password, a random password is assigned to the user account, and the password is visible in the results of the command. パスワードを指定する場合は、小文字、大文字、数字、記号の 8 ~ 16 文字の ASCII テキスト文字である必要があります。If you specify a password, it needs to be 8 to 16 ASCII text characters of the following types: lowercase letters, uppercase letters, numbers, and symbols.
UsageLocationUsageLocation
いいえNo
これは、有効な ISO 3166-1 α-2 の国コードです。This is a valid ISO 3166-1 alpha-2 country code. たとえば、 米国の場合 は米国、フランスの 場合は FR です。For example, US for the United States, and FR for France. 一部の Microsoft 365 サービスは特定の国では利用できないので、この値を提供することが重要です。It's important to provide this value, because some Microsoft 365 services aren't available in certain countries. アカウントにこの値が構成されていない限り、ユーザー アカウントにライセンスを割り当てすることはできません。You can't assign a license to a user account unless the account has this value configured. 詳細については、「ライセンス制限 について」を参照してくださいFor more information, see About license restrictions.

注意

Microsoft 365 管理センターを使用してユーザー アカウントを作成する方法について説明します。Learn how to create user accounts by using the Microsoft 365 admin center.

その他のリソースの一覧については、「ユーザーと グループの管理」を参照してくださいFor a list of additional resources, see Manage users and groups.

Graph 用 Azure Active Directory PowerShell モジュールを使用するUse the Azure Active Directory PowerShell for Graph module

まず 、Microsoft 365 テナントに接続しますFirst, connect to your Microsoft 365 tenant.

接続後、次の構文を使用して個々のアカウントを作成します。After you connect, use the following syntax to create an individual account:

$PasswordProfile=New-Object -TypeName Microsoft.Open.AzureAD.Model.PasswordProfile
$PasswordProfile.Password="<user account password>"
New-AzureADUser -DisplayName "<display name>" -GivenName "<first name>" -SurName "<last name>" -UserPrincipalName <sign-in name> -UsageLocation <ISO 3166-1 alpha-2 country code> -MailNickName <mailbox name> -PasswordProfile $PasswordProfile -AccountEnabled $true

次の使用例は、米国ユーザー Caleb Sills のアカウントを作成しますThis example creates an account for the US user Caleb Sills:

$PasswordProfile=New-Object -TypeName Microsoft.Open.AzureAD.Model.PasswordProfile
$PasswordProfile.Password="3Rv0y1q39/chsy"
New-AzureADUser -DisplayName "Caleb Sills" -GivenName "Caleb" -SurName "Sills" -UserPrincipalName calebs@contoso.onmicrosoft.com -UsageLocation US -MailNickName calebs -PasswordProfile $PasswordProfile -AccountEnabled $true

Windows PowerShell 用 Microsoft Azure Active Directory モジュールを使用するUse the Microsoft Azure Active Directory Module for Windows PowerShell

まず 、Microsoft 365 テナントに接続しますFirst, connect to your Microsoft 365 tenant.

個別のユーザー アカウントの作成Create an individual user account

個別のアカウントを作成するには、次の構文を使用します。To create an individual account, use the following syntax:

New-MsolUser -DisplayName <display name> -FirstName <first name> -LastName <last name> -UserPrincipalName <sign-in name> -UsageLocation <ISO 3166-1 alpha-2 country code> -LicenseAssignment <licensing plan name> [-Password <Password>]

注意

PowerShell Core は、名前に Msol が含Windows PowerShellモジュールとコマンドレットの Microsoft Azure Active Directory モジュールをサポートしています。PowerShell Core doesn't support the Microsoft Azure Active Directory Module for Windows PowerShell module and cmdlets that have Msol in their name. これらのコマンドレットは、Windows PowerShell から実行します。Run these cmdlets from Windows PowerShell.

使用可能なライセンスのプラン名を一覧表示するには、次のコマンドを使用します。To list the available licensing plan names, use this command:

Get-MsolAccountSku

この例では、米国のユーザー Caleb Sills のアカウントを作成し、(Office contoso:ENTERPRISEPACK 365 Enterprise E3) ライセンス プランからライセンスを割り当てします。This example creates an account for the US user Caleb Sills, and assigns a license from the contoso:ENTERPRISEPACK (Office 365 Enterprise E3) licensing plan.

New-MsolUser -DisplayName "Caleb Sills" -FirstName Caleb -LastName Sills -UserPrincipalName calebs@contoso.onmicrosoft.com -UsageLocation US -LicenseAssignment contoso:ENTERPRISEPACK

複数のユーザー アカウントを作成するCreate multiple user accounts

  1. 必要なユーザー アカウント情報を含むコンマ区切り (CSV) ファイルを作成します。例:Create a comma-separated value (CSV) file that contains the required user account information. For example:

    UserPrincipalName,FirstName,LastName,DisplayName,UsageLocation,AccountSkuId
    ClaudeL@contoso.onmicrosoft.com,Claude,Loiselle,Claude Loiselle,US,contoso:ENTERPRISEPACK
    LynneB@contoso.onmicrosoft.com,Lynne,Baxter,Lynne Baxter,US,contoso:ENTERPRISEPACK
    ShawnM@contoso.onmicrosoft.com,Shawn,Melendez,Shawn Melendez,US,contoso:ENTERPRISEPACK
    

    注意

    CSV ファイルの最初の行の列名とその順序は任意です。The column names and their order in the first row of the CSV file are arbitrary. ただし、ファイルの残りのデータの順序が列名の順序と一致する必要があります。But make sure the order of the data in the rest of the file matches the order of the column names. また、PowerShell for Microsoft 365 コマンドのパラメーター値の列名を使用します。And use the column names for the parameter values in the PowerShell for Microsoft 365 command.

  2. 次の構文を使用してください。Use the following syntax:

     Import-Csv -Path <Input CSV File Path and Name> | foreach {New-MsolUser -DisplayName $_.DisplayName -FirstName $_.FirstName -LastName $_.LastName -UserPrincipalName $_.UserPrincipalName -UsageLocation $_.UsageLocation -LicenseAssignment $_.AccountSkuId [-Password $_.Password]} | Export-Csv -Path <Output CSV File Path and Name>
    

    この例では、 ファイル C:\My Documents\NewAccounts.csvからユーザー アカウントを作成し、結果を C:\My Documents\NewAccountResults.csvという名前のファイルにDocuments\NewAccountResults.csv。This example creates user accounts from the file C:\My Documents\NewAccounts.csv and logs the results in a file named C:\My Documents\NewAccountResults.csv.

    Import-Csv -Path "C:\My Documents\NewAccounts.csv" | foreach {New-MsolUser -DisplayName $_.DisplayName -FirstName $_.FirstName -LastName $_.LastName -UserPrincipalName $_.UserPrincipalName -UsageLocation $_.UsageLocation -LicenseAssignment $_.AccountSkuId} | Export-Csv -Path "C:\My Documents\NewAccountResults.csv"
    
  3. 出力ファイルで結果を確認します。Review the output file to see the results. パスワードは指定しないので、Microsoft 365 によって生成されたランダムなパスワードが出力ファイルに表示されます。We didn't specify passwords, so the random passwords that Microsoft 365 generated are visible in the output file.

関連項目See also

Microsoft 365 ユーザー アカウント、ライセンス、PowerShell を使用したグループを管理するManage Microsoft 365 user accounts, licenses, and groups with PowerShell

PowerShell で Microsoft 365を管理するManage Microsoft 365 with PowerShell

Microsoft 365 用 PowerShell の使用を開始するGetting started with PowerShell for Microsoft 365