Office 365 GCC High の DNS レコードDNS records for Office 365 GCC High

この記事は Office 365 GCC High および Microsoft 365 GCC High に適用されます。This article applies to Office 365 GCC High and Microsoft 365 GCC High

Office 365 GCC 高のオンボードの一部として、SMTP および SIP ドメインをオンラインサービステナントに追加する必要があります。As part of onboarding to Office 365 GCC High, you will need to add your SMTP and SIP domains to your Online Services tenant. これを行うには、Azure AD PowerShell で Get-msoldomain コマンドレットを使用するか、 Azure Government ポータル を使用してドメインを追加し、所有権を証明するプロセスを開始します。You’ll do this using the New-MsolDomain cmdlet in Azure AD PowerShell or use the Azure Government Portal to start the process of adding the domain and proving ownership.

ドメインをテナントに追加して検証したら、次のガイダンスを使用して、以下のサービスに適切な DNS レコードを追加します。Once you have your domains added to your tenant and validated, use the following guidance to add the appropriate DNS records for the services below. 次の表は、組織のニーズに合わせて変更する必要があります。これには、受信 MX レコードおよびその場で既存の Exchange 自動検出レコードに関する要件があります。You may need to modify the below table to fit your organization’s needs with respect to the inbound MX record(s) and any existing Exchange Autodiscover record(s) you have in place. このような DNS レコードをメッセージングチームと調整して、電子メールの停止や不適切な配信を回避することを強くお勧めします。We strongly recommend coordinating these DNS records with your messaging team to avoid any outages or mis-delivery of email.

Exchange OnlineExchange Online

TypeType PriorityPriority ホスト名Host name ポイント (アドレスまたは値)Points to address or value TTLTTL
MXMX .00 @ tenantmail.protection.office365.us (詳細については、以下を参照してください)tenant.mail.protection.office365.us (see below for additional details) 1 Hour1 Hour
TXTTXT - @ v = spf1 には、以下が含まれます。v=spf1 include:spf.protection.office365.us -all 1 Hour1 Hour
CNAMECNAME - autodiscoverautodiscover autodiscover.office365.usautodiscover.office365.us 1 Hour1 Hour

Exchange 自動検出レコードExchange Autodiscover record

オンプレミスの Exchange Server を使用している場合は、Exchange Online に移行するときに既存のレコードをそのままにしておき、移行の完了後にそのレコードを更新することをお勧めします。If you have Exchange Server on-premises, we recommend leaving your existing record in place while you migrate to Exchange Online, and update that record once you have completed your migration.

Exchange Online MX レコードExchange Online MX Record

承認済みドメインの MX レコード値は、前述したように、mail.protection.office365.us を使用して既定のテナント名の最初の部分にテナントを置き換えて、標準形式に従います。The MX record value for your accepted domains follows a standard format as noted above: tenant.mail.protection.office365.us, replacing tenant with the first part of your default tenant name.

たとえば、テナント名が contoso.onmicrosoft.us の場合は、MX レコードの値として contoso.mail.protection.office365.us を使用します。For example, if your tenant name is contoso.onmicrosoft.us, you’d use contoso.mail.protection.office365.us as the value for your MX record.

Skype for Business OnlineSkype for Business Online

CNAME レコードCNAME records

Type ホスト名Host name ポイント (アドレスまたは値)Points to address or value TTLTTL
CNAMECNAME sipsip sipdir.online.gov.skypeforbusiness.ussipdir.online.gov.skypeforbusiness.us 1 Hour1 Hour
CNAMECNAME lyncdiscoverlyncdiscover webdir.online.gov.skypeforbusiness.uswebdir.online.gov.skypeforbusiness.us 1 Hour1 Hour

SRV レコードSRV records

Type サービスService プロトコルProtocol ポートPort 太さWeight 優先度Priority NameName TargetTarget TTLTTL
SRVSRV _sip_sip _tls_tls 443443 1-d1 100100 @ sipdir.online.gov.skypeforbusiness.ussipdir.online.gov.skypeforbusiness.us 1 Hour1 Hour
SRVSRV _sipfederationtls_sipfederationtls _プロトコル_tcp 50615061 1-d1 100100 @ sipfed.online.gov.skypeforbusiness.ussipfed.online.gov.skypeforbusiness.us 1 Hour1 Hour

追加の DNS レコードAdditional DNS records

重要

DNS ゾーンに既存の msoid CNAME レコードがある場合は、この時点でそのレコードを dns から 削除 する必要があります。If you have an existing msoid CNAME record in your DNS zone, you must remove the record from DNS at this time. Msoid レコードは Microsoft 365 Enterprise Apps (旧称 Office 365 ProPlus) と互換性がありません。また、ライセンス認証が成功することはありません。The msoid record is incompatible with Microsoft 365 Enterprise Apps (formerly Office 365 ProPlus) and will prevent activation from succeeding.