Microsoft 365 テナント間のコラボレーションMicrosoft 365 inter-tenant collaboration

Fabrikam と Contoso の 2 つの組織が、それぞれ Microsoft 365 for business テナントを持ち、複数のプロジェクトで協力したいとします。一部は期間限定で実行され、一部は進行中です。Suppose that two organizations, Fabrikam and Contoso, each have a Microsoft 365 for business tenant and they want to work together on several projects; some of which run for a limited time and some of which are ongoing. Fabrikam と Contoso は、さまざまな Microsoft 365 テナント間での共同作業を安全な方法で行う方法を説明します。How can Fabrikam and Contoso enable their people and teams to collaborate more effectively across their different Microsoft 365 tenants in a secure manner? Microsoft 365 は、Azure Active Directory (Azure AD) B2B コラボレーションと組み合わせて、いくつかのオプションを提供します。Microsoft 365, in conjunction with Azure Active Directory (Azure AD) B2B collaboration, provides several options. この記事では、Fabrikam と Contoso が検討できるいくつかの重要なシナリオについて説明します。This article describes several key scenarios that Fabrikam and Contoso can consider.

Microsoft 365 テナント間のコラボレーション オプションには、ファイルと会話の中央の場所の使用、予定表の共有、IM の使用、通信のためのオーディオ/ビデオ通話、リソースとアプリケーションへのアクセスのセキュリティ保護が含まれます。Microsoft 365 inter-tenant collaboration options include using a central location for files and conversations, sharing calendars, using IM, audio/video calls for communication, and securing access to resources and applications. 次の表を使用して、解決策を選択し、詳細をご確認ください。Use the following tables to select solutions and learn more.

Exchange Online のコラボレーション オプションExchange Online collaboration options

共有の目的Sharing goal 管理操作Administrative action 使い方に関する情報How-to information
予定表を別の Microsoft 365 組織と共有するShare calendars with another Microsoft 365 organization 管理者は、Exchange Online でさまざまなレベルの予定表アクセスを設定して、企業が他の企業と共同作業を行い、ユーザーがスケジュール (空き時間情報) を他のユーザーと共有できます。Administrators can set up different levels of calendar access in Exchange Online to allow businesses to collaborate with other businesses and to let users share the schedules (free/busy information) with others.
ユーザーが組織外のユーザーと予定表を共有する方法を制御するControl how users share their calendars with people outside your organization 管理者は、共有ポリシーをユーザーのメールボックスに適用して、共有できるユーザーと付与するアクセス レベルを制御します。Administrators apply sharing policies to users mailboxes to control who it can be shared with and the level of access granted
セキュリティ保護されたメール チャネルを構成し、パートナー組織とのメール フローを制御するConfigure secure email channels and control mail flow with partner organizations 管理者は、パートナー組織またはサービス プロバイダーとのメール交換にセキュリティを適用するコネクタを作成します。Administrators create connectors to apply security to mail exchanges with a partner organization or service provider. コネクタは、トランスポート層セキュリティ (TLS) による暗号化を適用するだけでなく、パートナーがメールを送信する際のドメイン名または IP アドレス範囲に対する制限を許可します。The connectors enforce encryption via transport layer security (TLS) as well as allowing restrictions on domain names or IP address ranges your partners send email from.

SharePoint Online と OneDrive for Business のコラボレーション オプションSharePoint Online and OneDrive for Business collaboration options

共有の目的Sharing goals 管理操作Administrative action 使い方に関する情報How-to information
外部ユーザーとサイトおよびドキュメントを共有するShare sites and documents with external users 管理者は、認証された Microsoft アカウント、認証された職場または学校のアカウント、ゲスト アカウントのいずれかに対して、テナント レベルまたはサイト コレクション レベルでの共有を構成します。Administrators configure sharing at the tenant, or site collection level for Microsoft account authenticated, work or school account authenticated or guest accounts
エンド ユーザーの外部共有を把握して制御するTracking and controlling external sharing for end users OneDrive for Business ファイルの所有者および SharePoint Online エンド ユーザーは、サイト共有とドキュメント共有を構成し、共有を把握するための通知を確立します。OneDrive for Business file owners and SharePoint Online end users configure site and document sharing and establish notifications to track sharing

Skype for Business のコラボレーション オプションSkype for Business collaboration options

共有の目的Sharing goal 管理操作Administrative action 使い方に関する情報How-to information
Skype for Business Online - 他の Skype for Business ユーザーとの IM、通話、プレゼンスSkype for Business Online - IM, calls, and presence with other Skype for Business users 管理者は、Skype for Business Online ユーザーを IM に有効にし、音声/ビデオ通話を行い、別の Microsoft 365 テナントのユーザーとのプレゼンスを確認できます。Administrators can enable their Skype for Business Online users to IM, make audio/video calls, and see presence with users in another Microsoft 365 tenant. ユーザーが外部の Skype for Business ユーザーに連絡できるようにするAllow users to contact external Skype for Business users
Skype for Business Online - Skype (コンシューマー) ユーザーとの IM、通話、プレゼンスSkype for Business Online - IM, calls, and presence with Skype (consumer) users 管理者は、Skype for Business Online ユーザーが Skype (コンシューマー) ユーザーとの IM、オーディオ/ビデオ通話、プレゼンスの表示を行えるようにすることができます。Administrators can enable their Skype for Business Online users to IM, make calls, and see presence with Skype (consumer) users. Skype for Business ユーザーが Skype の連絡先を追加できるようにするLet Skype for Business users add Skype contacts

Azure AD B2B のコラボレーション オプションAzure AD B2B Collaboration options

共有の目的Sharing goal 管理操作Administrative action 使い方に関する情報How-to information
Azure AD B2B コラボレーション - 組織のディレクトリ内のグループに外部ユーザーを追加することによるコンテンツ共有Azure AD B2B collaboration - Content sharing by adding external users to a group in an organization's directory 1 つの Microsoft 365 テナントのグローバル管理者は、別の Microsoft 365 テナントのユーザーを招待してディレクトリに参加し、それらの外部ユーザーをグループに追加し、グループの SharePoint サイトやライブラリなどのコンテンツへのアクセスを許可できます。A global admin for one Microsoft 365 tenant can invite people in another Microsoft 365 tenant to join their directory, add those external users to a group, and grant access to content, such as SharePoint sites and libraries for the group.

Microsoft 365 コラボレーション オプションMicrosoft 365 collaboration options

共有の目的Sharing goal 管理操作Administrative action 使い方に関する情報How-to information
Microsoft 365 グループ - 電子メール、予定表、OneNote、共有ファイルを一中心に配置Microsoft 365 Groups - Email, calendar, OneNote, and shared files in a central place グループは、Business Essentials プラン、Business Premium プラン、Education プラン、Enterprise E1、E3、E5 プランでサポートされています。Groups are supported in Business Essentials, Business Premium, Education, and the Enterprise E1, E3, and E5 plans. ある Microsoft 365 テナントのユーザーは、グループを作成し、別の Microsoft 365 テナントのユーザーをゲスト ユーザーとして招待できます。People in one Microsoft 365 tenant can create a group and invite people in another Microsoft 365 tenant as guest users. Dynamics CRM にも適用されます。Applies to Dynamics CRM as well.

Yammer のコラボレーション オプションYammer collaboration options

共有の目的Sharing goal 管理操作Administrative action 使い方に関する情報How-to information
Yammer - エンタープライズ ソーシャル メディアを通じたコラボレーションYammer - Collaboration through an enterprise social medium Yammer 管理者によって外部グループを作成する機能が無効にされていない限り、ユーザーは Yammer での会話によるコラボレーションを行うための外部グループを作成し、記事のいいね! 評価とフォロー、ファイルの共有、チャットをオンラインで行うことができます。Unless the ability to create external groups is disabled by a Yammer admin, users can create external groups to collaborate in Yammer through conversations, the ability to like and follow posts, share files, and chat online. Yammer の外部グループを作成して管理するCreate and manage external groups in Yammer

Teams のコラボレーション オプションTeams collaboration options

共有の目的Sharing goal 管理操作Administrative action 使い方に関する情報How-to information
組織外のユーザーと Teams でコラボレーションを行うCollaborate in Teams with users external to the organization 招待する Microsoft 365 テナントのグローバル管理者は、Teams で外部コラボレーションを有効にする必要があります。A global admin for the inviting Microsoft 365 tenant needs to enable external collaboration in Teams. グローバル管理者とチームの所有者は、Teams でコラボレーションを行うために、メール アドレスを持つすべてのユーザーを招待できるようになります。Global admins and team owners will now be able to invite anyone with an email address to collaborate in Teams.
管理者は、既にテナント内にいるゲストを管理して編集することもできます。Admins can also manage and edit Guests already present in their tenant.
チームの所有者は、ゲストを招待し、ゲストがチーム内でコラボレーションを行う方法を管理することができる。Team owners can invite and manage how guests collaborate within their teams. チームの所有者は、自分のチーム内でゲストが実行できる操作をさらに制御することができます。Team owners have additional controls on what the guests can do within their teams.
他のテナントからのゲストは、Teams 内のコンテンツを表示し、他のメンバーとコラボレーションすることができるGuests from other tenants can view contents in Teams and collaborate with other members なし。None. ゲストのエクスペリエンスについてThe guest access experience

Power BI のコラボレーション オプションPower BI collaboration options

共有の目的Sharing goal 管理操作Administrative action 使い方に関する情報How-to information
Power BI を使用すれば、外部ゲスト ユーザーはリンクを介して共有されたコンテンツを使用できます。Power BI enables external guest users to consume content shared to them through links. これにより、組織内のユーザーは、セキュリティで保護された方法で組織全体にコンテンツを配布できます。This enables users in the organization to distribute content in a secure way across organizations.
Power BI 管理者は、ユーザーが組織内のコンテンツを表示するために外部ユーザーを招待できるかどうかを制御できます。The Power BI Admin can control whether users can invite external users to view content within the organization. Azure AD B2B で外部ゲスト ユーザーに Power BI コンテンツを配布するDistribute Power BI content to external guest users with Azure AD B2B

Microsoft 365 テナント間のコラボレーションに関する注意点Points to be aware of about Microsoft 365 inter-tenant collaboration

ユーザー アカウント、ライセンス、サブスクリプション、および記憶域の共有Sharing of user accounts, licenses, subscriptions, and storage

各組織は、独自のユーザー アカウント、ID、セキュリティ グループ、サブスクリプション、ライセンス、および記憶域を保持しています。Each organization maintains its own user accounts, identities, security groups, subscriptions, licenses, and storage. ユーザーは、Microsoft 365 のコラボレーション機能と共有ポリシーとセキュリティ設定を使用して、会社の資産を管理しながら必要な情報にアクセスできます。People use the collaboration features in Microsoft 365 together with sharing policies and security settings to provide access to needed information while maintaining control of company assets.

  • ユーザー アカウント: オンプレミスの Active Directory ドメイン サービスのテナントまたはパーティション間でアカウントを共有または複製することはできません。User accounts: Accounts cannot be shared or duplicated between the tenants or partitions in the on-premises Active Directory Domain Services.

  • ライセンス & サブスクリプション: Microsoft 365 では、ライセンス プラン (SKU または Microsoft 365 プランとも呼ばれる) のライセンスにより、ユーザーはそれらのプランに対して定義されている Microsoft 365 サービスにアクセスできます。Licenses & subscriptions: In Microsoft 365, licenses from licensing plans (also called SKUs or Microsoft 365 plans) give users access to the Microsoft 365 services that are defined for those plans.

  • 記憶域: Microsoft 365 ライセンス プランでは、SharePoint Online のソフトウェア境界と制限は、メールボックスストレージの制限とは別に管理されます。Storage: In Microsoft 365 licensing plans, software boundaries and limits for SharePoint Online are managed separately from mailbox storage limits. メールボックスの保存制限は、Exchange Online を使用して設定および管理されます。Mailbox storage limits are set up and managed by using Exchange Online. どちらのシナリオでも、テナント間でストレージを共有できません。In both scenarios, storage can't be shared across tenants.

Microsoft 365 テナント間でドメイン名前空間を共有できますか?Can we share domain namespaces across Microsoft 365 tenants?

いいえ。No. 組織のドメイン名 (fabrikam.com、tailspintoys.com など) は、単一の Microsoft 365 テナントにのみ関連付け、使用できます。Organization domain names, such as fabrikam.com or tailspintoys.com, can only be associated and used with a single Microsoft 365 tenant. 各テナントには、独自の名前空間が必要です。Each tenant must have its own namespace. UPN、SMTP、および SIP 名前空間は、テナント間で共有できません。UPN, SMTP, and SIP namespaces cannot be shared across tenants.

ハイブリッド コンポーネントと Microsoft 365 テナント間のコラボレーションについてWhat about hybrid components and Microsoft 365 inter-tenant collaboration?

Exchange 組織や Azure AD Connect などのオンプレミスのハイブリッド コンポーネントは、複数のテナント間で分割することはできません。On-premises hybrid components, such as an Exchange organization and Azure AD Connect, cannot be split across multiple tenants.