SharePoint Online の最新および従来の発行サイト ページでページ呼び出しを最適化するOptimize page calls in SharePoint Online modern and classic publishing site pages

SharePoint Online の最新の発行サイトと従来の発行サイトには、SharePoint 機能および CDN からデータを読み込む (またはを呼び出す) リンクが含まれています。Both SharePoint Online modern and classic publishing sites contain links that load data from (or make calls to) SharePoint features and CDNs. ページからの呼び出しが多くなるほど、ページの読み込みには時間がかかります。The more calls made by a page, the longer the page takes to load. これは、エンドユーザーが認識する遅延、または EUPL (end user perceived latency) として知られています。This is known as end user perceived latency or EUPL.

この記事は、最新および従来の発行サイト ページから外部エンドポイントへの呼び出しの数と影響を判断する方法、およびエンドユーザーが認識する遅延への影響を制限する方法を理解するのに役立ちます。This article will help you understand how to determine the number and impact of calls to external endpoints from your modern and classic publishing site pages and how to limit their effect on end user perceived latency.

注意

Sharepoint Online の最新ポータルでのパフォーマンスの詳細については、「SharePoint のモダン エクスペリエンスにおけるパフォーマンス」を参照してください。For more information about performance in SharePoint Online modern portals, see Performance in the modern SharePoint experience.

SharePoint 用ページ診断ツールを使用してページ呼び出しを分析するUse the Page Diagnostics for SharePoint tool to analyze page calls

SharePoint 用ページ診断ツールは、新しい Microsoft Edge (https://www.microsoft.com/edge)) と Chrome のブラウザー拡張機能であり、SharePoint Online の最新ポータルと従来の発行サイト ページの両方を分析します。The Page Diagnostics for SharePoint tool is a browser extension for the new Microsoft Edge (https://www.microsoft.com/edge) and Chrome browsers that analyzes both SharePoint Online modern portal and classic publishing site pages. このツールでは、定義されている一連のパフォーマンス条件に対するページのパフォーマンスを示す分析済みの各ページのレポートが作成されます。The tool provides a report for each analyzed page showing how the page performs against a defined set of performance criteria. SharePoint 用ページ診断ツールのインストール方法と詳細については、「SharePoint Online 用ページ診断ツールを使用する」を参照してください。To install and learn about the Page Diagnostics for SharePoint tool, visit Use the Page Diagnostics tool for SharePoint Online.

注意

ページ診断ツールは SharePoint Online でのみ機能し、SharePoint システム ページでは使用できません。The Page Diagnostics tool only works for SharePoint Online, and cannot be used on a SharePoint system page.

SharePoint のサイト ページを SharePoint 用ページ診断ツールを使用して分析すると、[診断テスト] ウィンドウの [SharePoint へのリクエスト] 結果に外部呼び出しに関する情報が表示されます。When you analyze a SharePoint site page with the Page Diagnostics for SharePoint tool, you can see information about external calls in the Requests to SharePoint result in the Diagnostic tests pane. サイト ページに含まれるコールの数がベースライン数より少ない場合、線は緑色で表示され、ページがベースライン数を超える場合は赤色で表示されます。The line will appear in green if the site page contains fewer than the baseline number of calls, and red if the page exceeds the baseline number. クラシック サイト ページは HTTP1.1 を使用し、モダン ページは HTTP2.0 を使用するため、ベースライン数はモダン ページとクラシック ページで異なります。The baseline number is different for modern and classic pages because classic site pages use HTTP1.1 and modern pages use HTTP2.0:

  • 最新のサイト ページには 25 を超える呼び出しは含めないでください。Modern site pages should contain no more than 25 calls
  • 従来の発行ページには 6 を超える呼び出しは含めないでください。Classic publishing pages should contain no more than 6 calls

考えられる結果は次のとおりです。Possible results include:

  • 要注意 (赤): ページが呼び出しのベースライン数を超えていますAttention required (red): The page exceeds the baseline number of calls
  • 操作は不要 (緑): ページに含まれる呼び出しがベースライン数より少ないですNo action required (green): The page contains fewer than the baseline number of calls

[SharePoint へのリクエスト] の結果が [要注意] セクションに表示されている場合は、結果をクリックして、ページ上の呼び出しの総数や URL のリストなどの詳細を確認できます。If the Requests to SharePoint result appears in the Attention required section, you can click the result for details, including the total number of calls on the page and a list of the URLs.

SharePoint 結果への要求

ページに含まれる呼び出しが多すぎる場合、[SharePoint へのリクエスト] の結果の URL のリストを使用して、繰り返しの呼び出し、バッチ処理する必要のある呼び出し、またはキャッシュする必要のあるデータを返す呼び出しがあるかどうかを判断できます。If a page contains too many calls, you can use the list of URLs in the Requests to Sharepoint results to determine whether there are any repeated calls, calls that should be batched, or calls that return data that should be cached.

REST 呼び出しのバッチ処理 が、パフォーマンスのオーバーヘッド削減に役立ちます。Batching REST calls can help to reduce performance overhead. API 呼び出しのバッチ処理の詳細については、「REST API によりバッチ要求を発行する」をご覧ください。For more information about API call batching, see Make batch requests with the REST APIs.

キャッシュを使用 して API 呼び出しの結果を保存すると、以降のページの読み込みごとに追加の呼び出しを行う代わりに、クライアントがキャッシュ データを使用できるようになるため、ウォーム リクエストのパフォーマンスが向上します。Using a cache to store the results of an API call can improve the performance of a warm request by allowing the client to use the cached data instead of making an additional call for each subsequent page load. ビジネス要件に応じて、このソリューションにアプローチする方法は複数あります。There are multiple ways to approach this solution depending on the business requirement. 通常、データがすべてのユーザーで同じ場合、ユーザーは SPO から直接ではなくキャッシュ サービスからデータを要求するため、Azure Redis キャッシュなどの中間層キャッシュ サービスを使用することは、サイトに対する API トラフィックを大幅に削減する優れたオプションです。Typically if the data will be the same for all users, using a middle-tier caching service like Azure Redis cache is a great option to significantly reduce API traffic against a site, as the users would request the data from the caching service instead of directly from SPO. 必要な SPO 呼び出しは、中間層のキャッシュを更新することだけです。The only SPO calls needed would be to refresh the middle-tier's cache. データが個々のユーザーごとに変動する場合は、LocalStorage や Cookie などのクライアント側キャッシュを実装するのが最善かもしれません。If the data will fluctuate on an individual user basis, it may be best to implement a client side cache, like LocalStorage or even a Cookie. これにより、キャッシュ期間中に同じユーザーによって行われる後続のリクエストが排除されるため呼び出しの量は減少しますが、専用のキャッシュ サービスよりも効率が低下します。This will still reduce call volumes by eliminating subsequent requests made by the same user for the cache duration, but will be less efficient than a dedicated caching service. PnP を使用すると、追加の開発をほとんど必要とせずに LocalStorage を使用できます。PnP allows you to use LocalStorage with little additional development required.

パフォーマンスの問題を修復するためにページを修正する前に、分析結果のページ読み込み時間をメモしてください。Before you make page revisions to remediate performance issues, make a note of the page load time in the analysis results. 修正後にツールをもう一度実行して新しい結果がベースライン基準内にあるかどうかを確認し、新しいページ読み込み時間をチェックして改善されたかどうかを確認します。Run the tool again after your revision to see if the new result is within the baseline standard, and check the new page load time to see if there was an improvement.

ページ読み込み時間の結果

注意

ページ読み込み時間は、ネットワーク負荷、時間帯、その他の一時的な状態など、さまざまな要素によって異なります。Page load time can vary based on a variety of factors such as network load, time of day, and other transient conditions. 結果を平均化するために、変更の前後に数回に渡ってページ読み込み時間をテストする必要があります。You should test page load time a few times before and after making changes to help you average the results.

SharePoint Online のパフォーマンスをチューニングするTune SharePoint Online performance

Office 365 のパフォーマンスをチューニングするTune Office 365 performance

SharePoint のモダン エクスペリエンスにおけるパフォーマンスPerformance in the modern SharePoint experience

コンテンツ配信ネットワークContent delivery networks

SharePoint Online での Office 365 コンテンツ配信ネットワーク (CDN) の使用Use the Office 365 Content Delivery Network (CDN) with SharePoint Online