Office 365 Content Delivery Network (CDN) クイック スタートOffice 365 Content Delivery Network (CDN) Quickstart

組み込みの Office 365 Content Delivery Network (CDN) を使用して静的アセット (イメージ、JavaScript、スタイルシート、WOFF ファイル) をホストし、SharePoint Online ページのパフォーマンスを向上させることができます。You can use the built-in Office 365 Content Delivery Network (CDN) to host static assets (images, JavaScript, Stylesheets, WOFF files) to provide better performance for your SharePoint Online pages. Office 365 CDN では、静的資産を要求しているブラウザーの近くに静的資産をキャッシュするとパフォーマンスが向上します。これにより、ダウンロードが速くなり、待ち時間が短縮されます。The Office 365 CDN improves performance by caching static assets closer to the browsers requesting them, which helps to speed up downloads and reduce latency. また、このOffice 365 CDN HTTP/2 プロトコルを使用して、圧縮と HTTP パイプライン処理を強化します。Also, the Office 365 CDN uses the HTTP/2 protocol for improved compression and HTTP pipelining. Office 365 CDN サービスは、SharePoint Online サブスクリプションの一部として含まれます。The Office 365 CDN service is included as part of your SharePoint Online subscription.

詳細な情報ガイダンスについては、「オンラインで Office 365 Content Delivery Network (CDN) をSharePointしてくださいFor more detailed information guidance see Use the Office 365 Content Delivery Network (CDN) with SharePoint Online.

注意

このOffice 365 CDNは、(世界中の) 実稼働クラウドのテナントでのみ使用できます。The Office 365 CDN is only available to tenants in the production (worldwide) cloud. 現在、米国政府、中国、ドイツのクラウドのテナントは Office 365 CDN をサポートしていません。Tenants in the US Government, China and Germany clouds do not currently support the Office 365 CDN.

[ページ診断] ツールを使用SharePoint、ページに含CDNUse the Page Diagnostics for SharePoint tool to identify items not in CDN

SharePoint ツール ブラウザー拡張機能の ページ 診断を使用すると、SharePoint Online ページ内のアセットを簡単に一覧表示し、CDN オリジンに追加できます。You can use the Page Diagnostics for SharePoint tool browser extension to easily list assets in your SharePoint Online pages that can be added to a CDN origin.

SharePoint のページ診断ツールは、Microsoft Edge の新しいブラウザー (および SharePoint Online モダン ポータルと従来の発行サイト ページの両方を分析する Chrome ブラウザーのブラウザー拡張機能 https://www.microsoft.com/edge) です。The Page Diagnostics for SharePoint tool is a browser extension for the new Microsoft Edge (https://www.microsoft.com/edge) and Chrome browsers that analyzes both SharePoint Online modern portal and classic publishing site pages. このツールでは、定義されている一連のパフォーマンス条件に対するページのパフォーマンスを示す分析済みの各ページのレポートが作成されます。The tool provides a report for each analyzed page showing how the page performs against a defined set of performance criteria. SharePoint 用ページ診断ツールのインストール方法と詳細については、「SharePoint Online 用ページ診断ツールを使用する」を参照してください。To install and learn about the Page Diagnostics for SharePoint tool, visit Use the Page Diagnostics tool for SharePoint Online.

SharePoint Online ページで [SharePoint のページ診断] ツールを実行すると、[診断テスト] タブをクリックして、CDN でホストされていないアセットの一覧を表示できます。When you run the Page Diagnostics for SharePoint tool on a SharePoint Online page, you can click the Diagnostic Tests tab to see a list of assets not being hosted by the CDN. これらのアセットは、下のスクリーンショットに示すようにContent Delivery Network (CDN) チェックの下に表示されます。These assets will be listed under the heading Content Delivery Network (CDN) check as shown in the screenshot below.

ページ診断

注意

ページ診断ツールは SharePoint Online でのみ機能し、SharePoint システム ページでは使用できません。The Page Diagnostics tool only works for SharePoint Online, and cannot be used on a SharePoint system page.

CDN概要CDN Overview

Office 365 CDN は、画像や javascript ファイルなどの頻繁にアクセスするオブジェクトを高速グローバル ネットワーク上に分散し、ページの読み込み時間を短縮し、ホストされたオブジェクトへのアクセスをユーザーに可能な限り近く提供することで、ユーザーのパフォーマンスを最適化するように設計されています。The Office 365 CDN is designed to optimize performance for users by distributing frequently accessed objects like images and javascript files over a high-speed global network, reducing page load time and providing access to hosted objects as close as possible to the user. このCDN元と呼ばれる場所からアセットをフェッチ しますThe CDN fetches your assets from a location called an origin. オリジンには、URL SharePointアクセスできるサイト、ドキュメント ライブラリ、またはフォルダーを指定できます。An origin can be a SharePoint site, document library or folder that is accessible by a URL.

このOffice 365 CDNは、次の 2 つの基本的な型に分けらされています。The Office 365 CDN is separated into two basic types:

  • パブリック CDN は、JS (JavaScript)、CSS (StyleSheets)、Web フォント ファイル (WOFF、WOFF2)、会社のロゴなどの非専有画像に使用するように設計されています。Public CDN is designed to be used for JS (JavaScript), CSS (StyleSheets), Web Font File (WOFF, WOFF2) and non-proprietary images like company logos.
  • プライベート CDN は、画像 (PNG、JPG、JPEG など) に使用するように設計されています。Private CDN is designed to be used for images (PNG, JPG, JPEG, etc.).

組織のパブリックオリジンとプライベートオリジンの両方を選択できます。You can choose to have both public or private origins for your organization. ほとんどの組織では、2 つの組み合わせを実装します。Most organizations will choose to implement a combination of the two. パブリック オプションとプライベート オプションの両方が同様のパフォーマンス向上を実現しますが、それぞれに固有の属性と利点があります。Both public and private options provide similar performance gains, but each has unique attributes and advantages. パブリックおよびプライベート のオリジンのCDN詳細については、「各オリジンをパブリックまたはプライベートにするかどうかを選択する」を参照してくださいFor more information about public and private CDN origins, see Choose whether each origin should be public or private.

既定の構成でパブリック およびプライベート CDNを有効にする方法How to enable Public and Private CDN with the default configuration

テナントの設定を変更するCDN、組織のコンプライアンス、セキュリティ、およびプライバシー ポリシーを満たしている必要があります。Before you make changes to the tenant CDN settings, you should verify that it meets compliance, security and privacy policies of your organization.

詳細な構成設定については、または CDN を既に有効にし、追加の場所 (発生元) を追加する場合は、「SharePoint Online管理シェルを使用して Office 365 CDN を設定して構成する」セクションを参照してください。For more detailed configuration settings, or if you have already enabled CDN and want to add additional locations (origins), please see the section Set up and configure the Office 365 CDN by using the SharePoint Online Management Shell

Connect管理シェルを使用してテナントSharePointにアクセスします。Connect to your tenant using the SharePoint Online Management Shell:

Connect-SPOService -Url https://<YourTenantName>-admin.sharepoint.com

組織でパブリックオリジンとプライベート オリジンの両方を既定の構成で使用するには、次のコマンドを入力します。To enable your organization to use both public and private origins with the default configuration, type the following command:

Set-SPOTenantCdnEnabled -CdnType Both -Enable $true

これらのコマンドレットの出力は、次のようになります。Output of these cmdlets should look like the following:

データの出力Set-SPOTenantCdnEnabled

関連項目See also

オンラインのページ診断ツールを使用SharePointするUse the Page Diagnostics tool for SharePoint Online

SharePoint Online での Office 365 コンテンツ配信ネットワーク (CDN) の使用Use the Office 365 Content Delivery Network (CDN) with SharePoint Online

Content Delivery NetworkContent Delivery Networks

Office 365 のネットワーク計画とパフォーマンス チューニングNetwork planning and performance tuning for Office 365

SharePointPerformance Series - Office 365 CDN ビデオ シリーズSharePoint Performance Series - Office 365 CDN video series