手順 1: デバイスとアプリの準備Step 1: Device and App Readiness

Step 1

手順 1: デバイスとアプリの準備Step 1: Device and App Readiness

デバイスとアプリのインベントリを使用してデスクトップ展開プロジェクトを開始し、転送する必要があるものに優先度を設定し、優先度が設定されたアプリとデバイスをテストし、展開の準備に必要なものを修復します。Begin your desktop deployment project with an inventory of your devices and apps, prioritize what you need to move forward, test prioritized apps and devices, then remediate what’s needed to get ready for deployment.

Step 1

注意

デバイスとアプリの準備は、推奨されている展開プロセスの輪における最初の手順であり、アプリケーションとハードウェアの互換性に関する包括的な側面をカバーします。Device and App Readiness is the first step in our recommended deployment process wheel by covering the holistic aspects of application and hardware compatibility. デスクトップ展開プロセス全体を確認するには、デスクトップ展開センターを参照してください。To see the full desktop deployment process, visit the Desktop Deployment Center.

これまで、ユーザーのデスクトップをアップグレードする際には、アプリケーションとハードウェアの互換性が大きなハードルになっていました。Windows 10 および Office 365 ProPlus への移行を計画しているときには、好都合なことに、過去 10 年間に作成されたアプリケーションのほとんどが Windows 10 で稼働するものであり、組織が Office 2010 以降の各バージョンで使用している COM アドインと VBA マクロは最新バージョンの Office でも変更なしで動作します。In the past, a major hurdle to upgrading the users’ desktops is application and hardware compatibility. The good news as you plan your shift to Windows 10 and Office 365 ProPlus, is just about any application written in the last 10 years will run on Windows 10, and any COM add-ins and VBA macros your organization used on versions of Office dating back to Office 2010, will continue to work on the latest versions of Office, without modification.

そのため、組織の規模と歴史によっては、アプリケーションとハードウェアの互換性を検証することが、推奨される 8 フェーズの展開プロセスにおける重要な最初の手順になることがあります。That said, depending on the size and age of your organization, verifying application and hardware compatibility is likely still an essential initial step in our recommended 8-phase deployment process.

この記事では、最初のフェーズであるデバイスとアプリの準備に、Desktop Analytics などの Microsoft の準備状況評価ツールを使用する方法について説明します。このツールは、インテリジェントなクラウド ベースのソリューションであり、Windows ライセンスで使用できます。In this article we take you through that first phase – Device and App Readiness – using Microsoft readiness assessment tools including the Desktop Analytics, an intelligent cloud-based solution available with your Windows license.

Windows 10 互換性スキャンWindows 10 Compatibility Scan

Windows 10 を展開する前に、Windows 7、8、8.1 のいずれかを実行している既存のデバイスの準備状況を確認することをお勧めします。Before deploying Windows 10 Microsoft recommends checking the readiness of your existing devices running Windows 7 or 8/8.1. Windows 10 インストール メディアでは、setup.exe でアップグレードを実行するためのコマンド ライン スイッチがサポートされていますが、互換性のチェックのみを行い、実際にアップグレードを実行することはできません。Windows 10 installation media supports a command line switch for the setup.exe to run the upgrade but only check for compatibility, not actually perform the upgrade. ScanOnly は、スクリプト化されたバッチファイルとして実行するか、または System Center Configuration Manager のタスク シーケンスに統合できます。これには、ScanOnly をネットワークから直接実行して、Windows 10 インストールメディアをローカル デバイスにストリーミングしないようにする機能が含まれます。ScanOnly can be run as a scripted batch file or integrated into a System Center Configuration Manager task sequence, including the ability to run the ScanOnly directly from the network so the Windows 10 installation media isn't streamed down to the local device. ScanOnly が完了すると、Setup.EXE によって生成されたログファイルのリターン コードを介して結果が返されます。When ScanOnly completes the results are returned via return codes in log files generated by Setup.EXE.

互換性スキャンをサイレントで完了する ScanOnly コマンド ラインの例を以下に示します。A sample ScanOnly command line that completes the compatibility scan silently would look like the below:

Setup.EXE /Auto Upgrade /Quiet /NoReboot /Compat ScanOnly

ScanOnly やその他の Windows セットアップ コマンド スイッチの詳細については、「Windows セットアップ コマンドライン オプション」を参照してください。For more information on ScanOnly and other Windows setup command switches please review the Windows Setup Command-line Options.

Desktop Analytics は、従来のデスクトップ管理システムよりも利点が多く、お勧めのツールです。Desktop Analytics offers many advantages over traditional desktop management systems and is our recommended tool. エージェントレスであり、何億ものコンシューマー PC のアップグレードにより収集されたアプリケーションとドライバーの互換性情報を利用して、実行する必要がある手順をガイドします。It is agentless and guides you through what needs to be done making use of application and driver compatibility information gathered through the upgrade of hundreds of millions of consumer PCs. その情報を使用して詳細な評価を行い、アップグレードをブロックする可能性のある互換性の問題を特定し、Microsoft が把握している修正プログラムへのリンクを提供してサポートします。This information gives you a detailed assessment, identifying compatibility issues that might block your upgrade, supported with links to suggested fixes known to Microsoft.

Desktop Analytics を設定するには、まず Azure サブスクリプションを設定し、それに Azure Log Analytics ワークスペースを含める必要があります。To set up Desktop Analytics you’ll first need to set up an Azure subscription and include an Azure Log Analytics workspace to that. Desktop Analytics のサービスが起動したことを確認したら、グループ ポリシー設定を使用してインターネットに接続された Windows 7 SP1 以降のデバイスを登録できます。とても簡単です。Once you have the Desktop Analytics service running, you can then enroll any Internet-connected Windows 7 SP1 or newer device via Group Policy settings - it’s that simple. エージェントを展開する必要はありません。Desktop Analytics の視覚的なワークフローを参考にしながら、パイロットから運用環境への展開を実施できます。There are no agents to deploy, and Desktop Analytics’ visual workflow guides you from pilot to production deployment. 必要に応じて、Desktop Analytics から System Center Configuration Manager (Current Branch) などのソフトウェア展開ツールにデータをエクスポートしたり、ターゲット PC に直接データをエクスポートしたりして、展開の準備が整い次第コレクションを作成できます。If you wish, you can export data from Desktop Analytics to software deployment tools such as System Center Configuration Manager (Current Branch), to target PCs directly and build collections as they become ready for deployment.

現時点で目的の環境に Desktop Analytics をセットアップしていない場合や、試用のためにサインアップしようとしている場合は、Desktop Analytics ページ] (https://www.aka.ms/desktopanalytics) に移動して開始してください。If you don’t currently have Desktop Analytics set up for your environment or would like to sign up for a trial, go the Desktop Analytics page](https://www.aka.ms/desktopanalytics) and get started.

デバイスとアプリの準備プロセスDevice and App Readiness Process

デバイスとアプリの準備は 4 つの手順で構成されています。1.Device and App Readiness is comprised of four steps: 1. インベントリ、2.Inventory, 2. 優先度設定、3.Prioritize, 3. テスト、4.Test, 4. 修復。Remediate. それぞれについて順番に確認しましょう。Let’s look at each of these in turn.

1.1. インベントリInventory

Desktop Analytics は、エージェントレス型のプロセスを使用して、デスクトップ資産全体にわたるコンピューターとアプリケーションをインベントリに登録します。Desktop Analytics uses an agent-less process to inventory the computers and applications across your desktop estate. さらに、頻繁にアクセスされるインターネット サイト、アプリおよびイントラネットの場所に関するレポートを示します。これは、この後の互換性テストの役に立ちます。It also provides reports on highly visited Internet sites, apps, and Intranet locations to help you with compatibility testing later.

2.2. 優先度設定Prioritize

インベントリを作成すると、Desktop Analytics を使用して、組織で最も一般的に使用されているアプリとハードウェアを特定し優先度を設定することができます。また、できるだけ多くの PC に展開するために注意すべき障害物を特定するのにも役立ちます。With inventory taken, Desktop Analytics helps you to identify and prioritize the most common apps and hardware used in your organization, as well as what to focus on to unblock as many PCs as possible for deployment.

さらに、次の手順「テスト」で問題を解決するために必要な更新プログラムを評価するときに役立つガイダンスも提供します。It also provides guidance to help you assess the updates necessary to resolve issues during the next step: testing.

3.3. テストTesting

インベントリに登録されたアプリケーション、ドライバー、アドインのほとんどは、そのままで動作することがわかります。You will find that most of the applications, drivers, and add-ins inventoried will work as-is. Desktop Analytics で問題ありと評価された項目については、互換性の問題を解決するためのバージョン更新の入手先など、既知の情報が提供されます。For items Desktop Analytics assesses to have issues, it provides you with known information including where to find version updates to resolve compatibility problems. わずかしか展開されていない重要性の低いアプリケーションや古いデバイスに関する複雑な問題を解決するために時間とリソースを割くのではなく、ユーザーと協力してこれらの項目をインベントリから削除し置き換えることができます。Rather than devoting time and resource resolving complex issues in non-critical, sparsely deployed applications and older devices, you may choose instead to work with users to retire and replace these items.

Desktop Analytics を使用して、ブラウザーベースの互換性の問題を評価することもできます。ユーザーがアクセスする Web サイトおよび Web アプリのうち、Active X コントロール、Browser Helper Objects、VBScript、または Microsoft Edge ブラウザーでサポートされていないその他の従来のテクノロジを依然として使用しているものを特定します。You can use Desktop Analytics to assess browser-based compatibility issues too, identifying websites and web apps accessed by users still using ActiveX controls, Browser Helper Objects, VBScript, or other legacy technology not supported by the Microsoft Edge browser. ユーザーは、そのようなサイトに対しては引き続き Internet Explorer 11 を使用する必要があります。また、Enterprise Mode Site List Manager を使用し、エンタープライズ モード サイト リストにサイトを追加することができます。Your users will still need to use Internet Explorer 11 for these sites, and you can add them to the Enterprise Mode site list, using the Enterprise Mode Site List Manager.

さらに、Office 365 ProPlus への移行を円滑に進めるために、Readiness Toolkit for Office を利用して、アドインと Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) マクロの互換性をテストすることもできます。Additionally, to assist in your move to Office 365 ProPlus, you may wish to make use of the Readiness Toolkit for Office to test the compatibility of your add-ins and Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) macros.

4. 修復4. Remediation

デバイスとアプリの準備の最終フェーズでは「修復」を実行します。The final phase of device and app readiness is to ‘remediate’. このフェーズでは、必要なソフトウェアまたはドライバーのパッケージを収集することになります。収集したパッケージは、展開プロセスの一環として前のバージョンを置き換えたり更新したりするために使用します。Here you’ll want to collect the required software or driver packages; you are going to use these to supersede or update older versions as part of the deployment process.

問題を修復するリストに対する作業を進めるにつれて、さらに多くの PC が「展開準備完了」になることがわかります。つまり、PC 上のドライバーとアプリの両方が展開の対象としている Windows 10 のバージョンと互換性があることがわかるということです。As you work through the list remediating issues, you’ll see that more and more PCs become “Ready for Deployment”. This means that both the drivers and apps on the PCs are noted as compatible with the version of Windows 10 you are targeting for deployment.

アプリケーションの優先順位付けの Configuration Manager ソフトウェア インベントリConfiguration Manager Software Inventory for Application Prioritization

Configuration Manager ソフトウェア インベントリは、クラウドベースの分析ソリューションを使ってデバイスとアプリの準備を整える方法に代わる手段です。Configuration Manager software inventory is an alternative to using cloud-based analytics solutions for device and app readiness. インストール数を使用したり、特定のコンピューターを詳細に調査したりして、互換性のテストと検証の優先順位を定め、パッケージ設定を使用してアプリケーション パッケージを Windows 10 互換として設定できます。You can use installation counts and drill into specific computers to help prioritize compatibility testing and validation and set application packages as compatible with Windows 10 via package settings. このオプションでは既知の互換性情報と Microsoft の分析サービスとを比較することはできませんが、優先度の高いアプリのより小さなセットを対象に手動テストを行うための効果的なソリューションになり得ます。While this option does not offer the ability to compare known compatibility information with Microsoft’s analytics services, it can be an effective solution to target a smaller set of prioritized apps for manual testing.

詳細については、「System Center Configuration Manager のソフトウェア インベントリの概要」を参照してください。アプリケーション パッケージのプラットフォーム設定の要件については、「System Center Configuration Manager のパッケージとプログラム」を参照してください。For more information, see Introduction to software inventory in System Center Configuration Manager and setting platform requirements in application packages in Packages and programs in System Center Configuration Manager.

Desktop App AssureDesktop App Assure

Windows 10 と Office 365 ProPlus アプリの互換性を支援する別のツールは、FastTrack Center から入手できる、Desktop App Assure プログラムです。Another tool to help with Windows 10 and Office 365 ProPlus app compatibility is the Desktop App Assure program available through the FastTrack Center. 有効なアプリケーションの問題が発生した場合でも、Desktop App Assure を使用すれば、Microsoft のエンジニアと協力して、追加料金なしでアプリケーションの非互換性を修復できます。Through Desktop App Assure in the event of valid application issues a Microsoft engineer with work with you at no additional cost to help remediate the application incompatibility.

診断データ ツールの継続的な使用Continued Use of Diagnostic Data Tools

Desktop Analytics は、Windows 10 および Office 365 ProPlus への移行に役立つだけのツールではありません。Desktop Analytics isn’t just a tool to help you shift to Windows 10 and Office 365 ProPlus. デスクトップで Windows 10 と Office 365 を実行するようになれば、Desktop Analytics を用いて、半期ごとの機能更新プログラムの展開と管理を行って最新の状態を保つことができます。Once you have desktops running on Windows 10 and Office 365 you can use it to help maintain your deployment and manage semi-annual Feature Updates so that you can stay current.

次の手順Next Step

手順 2: ディレクトリとネットワークの準備Step 2: Directory and Network Readiness