Microsoft 365 のディレクトリ同期を無効にするTurn off directory synchronization for Microsoft 365

PowerShell を使用して、ディレクトリ同期を無効にすることができます。You can use PowerShell to turn off directory synchronization. ただし、トラブルシューティング手順としてディレクトリ同期を無効にすることはお勧めしません。However, it is not recommended that you turn off directory synchronization as a troubleshooting step. ディレクトリ同期のトラブルシューティングに関してサポートが必要な場合は、「 Microsoft 365 のディレクトリ同期の問題を解決 する」を参照してください。If you need assistance with troubleshooting directory synchronization, see the Fixing problems with directory synchronization for Microsoft 365 article.

必要に応じて、ビジネス製品のサポートに問い合わせてください。Contact support for business products if needed.

ディレクトリ同期を無効にするTurn off directory synchronization

ディレクトリ同期を無効にするには、次のようにします。To turn off Directory synchronization:

  1. 最初に、必要なソフトウェアをインストールし、Microsoft 365 サブスクリプションに接続します。First, install the required software and connect to your Microsoft 365 subscription. 手順については、「 Windows PowerShell 用 Microsoft Azure Active Directory モジュールとの接続」を参照してください。For instructions, see Connect with the Microsoft Azure Active Directory Module for Windows PowerShell.

  2. ディレクトリ同期を無効にするには 、MsolDirSyncEnabled を使用します。Use Set-MsolDirSyncEnabled to disable directory synchronization:

Set-MsolDirSyncEnabled -EnableDirSync $false

注意

このコマンドを使用する場合、ディレクトリ同期を再び有効にするには、72時間待機する必要があります。If you use this command, you must wait 72 hours before you can turn directory synchronization back on.