SharePoint Online での Office 365 コンテンツ配信ネットワーク (CDN) の使用Use the Office 365 Content Delivery Network (CDN) with SharePoint Online

組み込みの Office 365 コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用して静的資産をホストすることで、SharePoint Online ページのパフォーマンスを向上させることができます。You can use the built-in Office 365 Content Delivery Network (CDN) to host static assets to provide better performance for your SharePoint Online pages. Office 365 CDN では、静的資産を要求しているブラウザーの近くに静的資産をキャッシュするとパフォーマンスが向上します。これにより、ダウンロードが速くなり、待ち時間が短縮されます。The Office 365 CDN improves performance by caching static assets closer to the browsers requesting them, which helps to speed up downloads and reduce latency. また、Office 365 CDN は、圧縮と HTTP パイプライン処理を強化するために HTTP/2 プロトコルを使用します。Also, the Office 365 CDN uses the HTTP/2 protocol for improved compression and HTTP pipelining. Office 365 CDN サービスは、SharePoint Online サブスクリプションの一部として含まれます。The Office 365 CDN service is included as part of your SharePoint Online subscription.

注意

このOffice 365 CDN は、Production (ワールド ワイド) クラウドのテナントでのみ使用できます。The Office 365 CDN is only available to tenants in the Production (worldwide) cloud. 米国政府、中国、ドイツのクラウドのテナントは、現在、365 CDN Officeサポートされていません。Tenants in the US Government, China and Germany clouds do not currently support the Office 365 CDN.

Office 365 CDN は静的資産を複数の場所 (元の場所) でホストできる複数の CDN で構成されているため、静的資産をグローバルな高速ネットワークから提供することができます。The Office 365 CDN is composed of multiple CDNs that allow you to host static assets in multiple locations, or origins, and serve them from global high-speed networks. Office 365 CDN でホストするコンテンツの種類に応じて、公開非公開、またはその両方の元の場所を追加できます。Depending on the kind of content you want to host in the Office 365 CDN, you can add public origins, private origins or both. パブリック オリジンとプライベートオリジン の違いの詳細については、「各オリジンをパブリックまたはプライベートにするかどうかを選択する」を参照してください。See Choose whether each origin should be public or private for more information on the difference between public and private origins.

Office 365 CDN の概念図Office 365 CDN conceptual diagram

CDN の動作方法を既に理解している場合は、テナントの 365 CDN を有効にするには、Office手順を実行する必要があります。If you are already familiar with the way that CDNs work, you only need to complete a few steps to enable the Office 365 CDN for your tenant. このトピックでは、方法について説明します。This topic describes how. 静的アセットのホスティングを開始する方法の詳細については、次の記事を参照してください。Read on for information about how to get started hosting your static assets.

ヒント

他にも、Office 365 と一緒に使用できる Microsoft ホスト型 CDN は、特殊な使用シナリオで使用できますが、Office 365 CDN の範囲を外れたため、このトピックでは説明しません。There are other Microsoft-hosted CDNs that can be used with Office 365 for specialized usage scenarios, but are not discussed in this topic because they fall outside the scope of the Office 365 CDN. 詳細については、「その他の Microsoft CDN」を参照してくださいFor more information, see Other Microsoft CDNs.

365 のネットワーク計画とパフォーマンスの調整に戻Officeします。Head back to Network planning and performance tuning for Office 365.

SharePoint Online の Office 365 CDN の操作の概要Overview of working with the Office 365 CDN in SharePoint Online

組織の 365 CDN Office設定するには、次の基本的な手順を実行します。To set up the Office 365 CDN for your organization, you follow these basic steps:

セットアップが完了したら、次の方法で 365 CDN Officeを管理できます。Once you're done with setup, you can Manage the Office 365 CDN over time by:

  • アセットの追加、更新、および削除Adding, updating, and removing assets
  • 原点の追加と削除Adding and removing origins
  • CDN ポリシーの構成Configuring CDN policies
  • 必要に応じて、CDN を無効にするIf necessary, disabling the CDN

最後に 、「CDN アセットを使用して パブリックとプライベートの両方の配信元から CDN アセットにアクセスする」を参照してください。Finally, see Using your CDN assets to learn about accessing your CDN assets from both public and private origins.

般的な問題の解決Officeについては、「365 CDN のトラブルシューティング」を参照してください。See Troubleshooting the Office 365 CDN for guidance on resolving common issues.

365 CDN の展開Office計画するPlan for deployment of the Office 365 CDN

Office 365 テナントに Office 365 CDN を展開する前に、計画プロセスの一環として次の要素を考慮する必要があります。Before you deploy the Office 365 CDN for your Office 365 tenant, you should consider the following factors as part of your planning process.

CDN でホストする静的アセットを決定するDetermine which static assets you want to host on the CDN

一般に、CDN は静的アセット、またはあまり頻繁に変更しないアセットをホストする場合に最も効果的です。In general, CDNs are most effective for hosting static assets, or assets that don't change very often. 経験則として、次の条件の一部またはすべてが満たされているファイルを特定します。A good rule of thumb is to identify files that meet some or all of these conditions:

  • ページに埋め込まれた静的ファイル (スクリプトや画像など) で、ページの読み込み時間に大きな増分影響を与える可能性があるStatic files embedded in a page (like scripts and images) that may have a significant incremental impact on page load times
  • 実行可能ファイルやインストール ファイルのような大きなファイルLarge files like executables and installation files
  • クライアント側コードをサポートするリソース ライブラリResource libraries that support client-side code

たとえば、サイト イメージやスクリプトのように繰り返し要求される小さなファイルは、サイトレンダリングのパフォーマンスを大幅に向上し、CDN 配信元に追加するときに SharePoint Online サイトの負荷を徐々に軽減できます。For example, small files that are repeatedly requested like site images and scripts can significantly improve site rendering performance and incrementally reduce the load on your SharePoint Online sites when you add them to a CDN origin. インストール実行可能ファイルなどの大きなファイルを CDN からダウンロードして、パフォーマンスにプラスの影響を与え、SharePoint Online サイトへの負荷を軽減できます。たとえアクセス頻度が高くなくてもです。Larger files such as installation executables can be downloaded from the CDN, delivering a positive performance impact and subsequent reduction of the load on your SharePoint Online site, even if they are not accessed as often.

ファイル単位でのパフォーマンスの向上は、クライアントが最も近い CDN エンドポイントへの近接性、ローカル ネットワーク上の一時的な状態など、多くの要因に依存します。Performance improvement on a per-file basis is dependent on many factors, including the client's proximity to the nearest CDN endpoint, transient conditions on the local network, and so forth. 多くの静的ファイルは非常に小さく、1 秒Office 365 からダウンロードできます。Many static files are quite small, and can be downloaded from Office 365 in less than a second. ただし、Web ページには、累積ダウンロード時間が数秒の埋め込みファイルが多数含まれている場合があります。However, a web page may contain many embedded files with a cumulative download time of several seconds. CDN からこれらのファイルを提供すると、ページ全体の読み込み時間が大幅に短縮されます。Serving these files from the CDN can significantly reduce the overall page load time. については、「CDN が提供するパフォーマンスの向上 」をご覧ください。See What performance gains does a CDN provide? for an example.

アセットの保存場所を決定するDetermine where you want to store your assets

CDN は、配信元と呼ばれる場所からアセットをフェッチ しますThe CDN fetches your assets from a location called an origin. オリジンには、URL からアクセスできる SharePoint サイト、ドキュメント ライブラリ、またはフォルダーを指定できます。An origin can be a SharePoint site, document library or folder that is accessible by a URL. 組織の起点を指定する場合、柔軟性が高い。You have great flexibility when you specify origins for your organization. たとえば、複数の配信元を指定したり、すべての CDN アセットを置く 1 つの配信元を指定できます。For example, you can specify multiple origins or a single origin where you want to put all your CDN assets. 組織のパブリックオリジンとプライベートオリジンの両方を選択できます。You can choose to have both public or private origins for your organization. ほとんどの組織では、2 つの組み合わせを実装します。Most organizations will choose to implement a combination of the two.

フォルダーやドキュメント ライブラリなどの配信元の新しいコンテナーを作成し、CDN から使用できるファイルを追加できます。You can create new container for your origins such as folders or document libraries, and add files you want to make available from the CDN. これは、CDN から利用できる特定のアセットセットを持ち、CDN アセットのセットをコンテナー内のファイルにのみ制限する場合に便利な方法です。This is a good approach if you have a specific set of assets you want to be available from the CDN, and want to restrict the set of CDN assets to only those files in the container.

また、既存のサイト コレクション、サイト、ライブラリ、またはフォルダーを配信元として構成し、コンテナー内のすべての適格なアセットを CDN から利用できます。You can also configure an existing site collection, site, library or folder as an origin, which will make all eligible assets in the container available from the CDN. 既存のコンテナーをオリジンとして追加する前に、コンテンツとアクセス許可を認識し、不注意でアセットを匿名アクセスや承認されていないユーザーに公開することが重要です。Before you add an existing container as an origin, it's important to make sure you are aware of its contents and permissions so you do not inadvertently expose assets to anonymous access or unauthorized users.

CDN ポリシーを 定義して、 配信元のコンテンツを CDN から除外できます。You can define CDN policies to exclude content in your origins from the CDN. CDN ポリシーは、ファイルの種類やサイトの分類などの属性によってパブリックまたはプライベートオリジンのアセットを除外し、ポリシーで指定した CdnType (プライベートまたはパブリック) のすべての配信元に適用されます。CDN policies exclude assets in public or private origins by attributes such as file type and site classification, and are applied to all origins of the CdnType (private or public) you specify in the policy. たとえば、複数のサブサイトを含むサイトで構成されるプライベート オリジンを追加する場合は、機密としてマークされたサイトを除外するポリシーを定義して、その分類が適用されたサイトのコンテンツが CDN から提供されません。For example, if you add a private origin consisting of a site that contains multiple subsites, you can define a policy to exclude sites marked as Confidential so content from sites with that classification applied will not be served from the CDN. ポリシーは、CDN に追加 した すべてのプライベート配信元のコンテンツに適用されます。The policy will apply to content from all private origins you have added to the CDN.

配信元の数が多い場合、CDN サービスが要求を処理する時間に与える影響が大きくなります。Keep in mind that the greater the number of origins, the greater the impact on the time it takes the CDN service to process requests. 可能な限り原点の数を制限することをお勧めします。We recommend that you limit the number of origins as much as possible.

各オリジンをパブリックまたはプライベートにするかどうかを選択するChoose whether each origin should be public or private

発生元を特定する場合は、公開または非公開に するかどうかを 指定 しますWhen you identify an origin, you specify whether it should be made public or private. パブリック 配信元の CDN アセットへのアクセスは匿名であり、プライベート配信元の CDN コンテンツは、セキュリティを強化するために動的に生成されたトークンによってセキュリティ保護されます。Access to CDN assets in public origins is anonymous, and CDN content in private origins is secured by dynamically generated tokens for greater security. 選択したオプションに関係なく、CDN 自体の管理に関しては、Microsoft が重い作業を行います。Regardless of which option you choose, Microsoft does all the heavy lifting for you when it comes to administration of the CDN itself. また、CDN を設定して配信元を特定した後で、後で考え方を変更することもできます。Also, you can change your mind later, after you've set up the CDN and identified your origins.

パブリック オプションとプライベート オプションの両方が同様のパフォーマンス向上を実現しますが、それぞれに固有の属性と利点があります。Both public and private options provide similar performance gains, but each has unique attributes and advantages.

Office 365 CDN 内のパブリックオリジンは匿名でアクセス可能であり、ホストされたアセットには、アセットへの URL を持つユーザーがアクセスできます。Public origins within the Office 365 CDN are accessible anonymously, and hosted assets can be accessed by anyone who has the URL to the asset. 公開されている元の場所のコンテンツへのアクセスは匿名になるため、アクセスしたコンテンツは、機密データ以外の一般的なコンテンツ (JavaScript ファイル、スクリプト、アイコン、画像など) をキャッシュする場合にのみ使用するようにしてください。Because access to content in public origins is anonymous, you should only use them to cache non-sensitive generic content such as JavaScript files, scripts, icons and images.

Office 365 CDN 内のプライベートオリジンは、SharePoint Online ドキュメント ライブラリ、サイト、および独自のイメージなどのユーザー コンテンツへのプライベート アクセスを提供します。Private origins within the Office 365 CDN provide private access to user content such as SharePoint Online document libraries, sites and proprietary images. プライベート オリジンのコンテンツへのアクセスは、動的に生成されたトークンによって保護され、元のドキュメント ライブラリまたは保存場所へのアクセス許可を持つユーザーだけがアクセスできます。Access to content in private origins is secured by dynamically generated tokens so it can only be accessed by users with permissions to the original document library or storage location. Office 365 CDN のプライベートオリジンは SharePoint Online コンテンツにのみ使用できます。プライベート配信元のアセットにアクセスできるのは、SharePoint Online テナントからのリダイレクトによってのみです。Private origins in the Office 365 CDN can only be used for SharePoint Online content, and you can only access assets in private origins through redirection from your SharePoint Online tenant.

プライベートオリジンのアセットへの CDN アクセスの仕組みについては、「プライベート オリジンでアセットを使用する」 をご覧くださいYou can read more about how CDN access to assets in a private origin works in Using assets in private origins.

パブリックオリジンでアセットをホストする属性と利点Attributes and advantages of hosting assets in public origins

  • パブリックの配信元で公開されている資産には、すべてのユーザーが匿名でアクセスできます。Assets exposed in a public origin are accessible by everyone anonymously.

    重要

    ユーザー情報を含むリソースや、組織に機密性が高いと見なされるリソースは、パブリック オリジンに配置しなけれる必要があります。You should never place resources that contain user information or are considered sensitive to your organization in a public origin.

  • パブリックの配信元から資産を削除した場合、その資産は最大 30 日間はキャッシュから引き続き使用できます。ただし、CDN 内の資産へのリンクは 15 分以内に無効になります。If you remove an asset from a public origin, the asset may continue to be available for up to 30 days from the cache; however, we will invalidate links to the asset in the CDN within 15 minutes.

  • パブリックの配信元にスタイル シート (CSS ファイル) をホストする場合は、コード内で相対パスと URI を使用できます。When you host style sheets (CSS files) in a public origin, you can use relative paths and URIs within the code. つまり、背景画像と他のオブジェクトの場所を、呼び出し元の資産の場所からの相対位置で参照することができます。This means that you can reference the location of background images and other objects relative to the location of the asset that's calling it.

  • パブリック オリジンの URL を作成することもできますが、慎重に進み、ページ コンテキスト プロパティを使用し、そのガイダンスに従ってください。While you can construct a public origin's URL, you should proceed with caution and ensure you utilize the page context property and follow the guidance for doing so. CDN にアクセスできなくなった場合、SharePoint Online でその URL は自動的に組織に対して解決されず、結果としてリンクが壊れて他のエラーが発生する可能性があるためです。The reason for this is that if access to the CDN becomes unavailable, the URL will not automatically resolve to your organization in SharePoint Online and might result in broken links and other errors. URL も変更される可能性があります。これは、現在の値に対してハードコードされるだけではない理由です。The URL is also subject to change which is why it should not just be hard coded to its current value.

  • パブリックオリジンに含まれる既定のファイルの種類は、.css、.eot、.gif、.ico、.jpeg、.jpg、.js、.map、.png、.svg、.ttf、.woff、.woff2 です。The default file types that are included for public origins are .css, .eot, .gif, .ico, .jpeg, .jpg, .js, .map, .png, .svg, .ttf, .woff and .woff2. 追加のファイルの種類を指定できます。You can specify additional file types.

  • 指定したサイト分類によって識別されたアセットを除外するポリシーを構成できます。You can configure a policy to exclude assets that have been identified by site classifications that you specify. たとえば、許可されているファイルの種類のもので、パブリックの配信元にある資産であっても、"社外秘" または "制限付き" としてマークされている資産はすべて除外する、といったことができます。For example, you can choose to exclude all assets that are marked as "confidential" or "restricted" even if they are an allowed file type and are located in a public origin.

プライベートオリジンでアセットをホストする属性と利点Attributes and advantages of hosting assets in private origins

  • プライベートオリジンは、SharePoint Online アセットにのみ使用できます。Private origins can only be used for SharePoint Online assets.

  • ユーザーは、コンテナーにアクセスするためのアクセス許可を持っている場合にのみ、プライベートオリジンからアセットにアクセスできます。Users can only access the assets from a private origin if they have permissions to access the container. これらの資産に匿名でアクセスすることはできません。Anonymous access to these assets is prevented.

  • プライベートオリジンのアセットは、SharePoint Online テナントから参照する必要があります。Assets in private origins must be referred from the SharePoint Online tenant. プライベート CDN アセットへの直接アクセスは機能しません。Direct access to private CDN assets does not work.

  • プライベートオリジンからアセットを削除した場合、アセットはキャッシュから最大 1 時間引き続き使用できます。ただし、アセットの削除から 15 分以内に CDN 内のアセットへのリンクは無効になります。If you remove an asset from the private origin, the asset may continue to be available for up to an hour from the cache; however, we will invalidate links to the asset in the CDN within 15 minutes of the asset's removal.

  • プライベートの配信元用に含まれている既定のファイルの種類は、.gif、.ico、.jpeg、.jpg、.js、.png です。The default file types that are included for private origins are .gif, .ico, .jpeg, .jpg, .js, and .png. 追加のファイルの種類を指定できます。You can specify additional file types.

  • パブリックオリジンと同様に、ワイルドカードを使用してフォルダーまたはドキュメント ライブラリ内のすべてのアセットを含める場合でも、指定したサイト分類によって識別されたアセットを除外するポリシーを構成できます。Just like with public origins, you can configure a policy to exclude assets that have been identified by site classifications that you specify even if you use wildcards to include all assets within a folder or document library.

Office 365 CDN、一般的な CDN 概念、および Office 365 テナントで使用できるその他の Microsoft CDN を使用する理由の詳細については、「Content Delivery Networks」を参照してください。For more information about why to use the Office 365 CDN, general CDN concepts, and other Microsoft CDNs you can use with your Office 365 tenant, see Content Delivery Networks.

既定の CDN 配信元Default CDN origins

特に指定しない限り、Office 365 では、365 CDN を有効にするときに既定の配信元Office設定します。Unless you specify otherwise, Office 365 sets up some default origins for you when you enable the Office 365 CDN. 最初にプロビジョニングしない場合は、セットアップの完了後にこれらのオリジンを追加できます。If you initially opt not to provision them, you can add these origins after you complete setup. 既定の配信元のセットアップをスキップした結果を理解し、その理由が特定の理由がない限り、CDN を有効にするときに作成を許可する必要があります。Unless you understand the consequences of skipping the setup of default origins and have a specific reason for doing so, you should allow them to be created when you enable the CDN.

既定のプライベート CDN 配信元:Default private CDN origins:

  • */userphoto.aspx*/userphoto.aspx
  • */siteassets*/siteassets

既定のパブリック CDN の配信元:Default public CDN origins:

  • */masterpage*/masterpage
  • */style ライブラリ*/style library
  • */clientsideassets*/clientsideassets

注意

clientsideassets は 、2017 年 12 月に Office 365 CDN サービスに追加された既定のパブリック 配信元です。clientsideassets is a default public origin that was added to the Office 365 CDN service in December 2017. CDN の SharePoint Framework ソリューションが機能するには、このオリジンが存在している必要があります。This origin must be present in order for SharePoint Framework solutions in the CDN to work. 2017 年 12 月より前に Office 365 CDN を有効にした場合、または CDN を有効にするときに既定の配信元のセットアップをスキップした場合は、手動でこの配信元を追加できます。If you enabled the Office 365 CDN prior to December 2017, or if you skipped setup of default origins when you enabled the CDN, you can manually add this origin. 詳細については 、「My client-side Web パーツまたは SharePoint Framework ソリューションが機能しない」を参照してくださいFor more information, see My client-side web part or SharePoint Framework solution isn't working.

SharePoint Online 管理シェルを使用Office 365 CDN のセットアップと構成Set up and configure the Office 365 CDN by using the SharePoint Online Management Shell

このセクションの手順では、SharePoint Online 管理シェルを使用して SharePoint Online に接続する必要があります。The procedures in this section require you to use the SharePoint Online Management Shell to connect to SharePoint Online. 手順については、「Connect to SharePoint Online PowerShell」を参照してください。For instructions, see Connect to SharePoint Online PowerShell.

SharePoint Online 管理シェルを使用して SharePoint Online でアセットをホストする CDN を設定および構成するには、次の手順を実行します。Complete these steps to set up and configure the CDN to host your assets in SharePoint Online using the SharePoint Online Management Shell.

クリックして展開Click to expand

組織が 365 CDN Officeを有効にするEnable your organization to use the Office 365 CDN

テナント CDN 設定を変更する前に、365 テナントのプライベート CDN 構成の現在Officeする必要があります。Before you make changes to the tenant CDN settings, you should retrieve the current status of the private CDN configuration in your Office 365 tenant. SharePoint Online 管理シェルを使用してテナントに接続します。Connect to your tenant using the SharePoint Online Management Shell:

Connect-SPOService -Url https://contoso-admin.sharepoint.com

Get-SPOTenantCdnEnabled コマンドレットを使用して、テナントから CDN 状態設定を取得します。Now use the Get-SPOTenantCdnEnabled cmdlet to retrieve the CDN status settings from the tenant:

Get-SPOTenantCdnEnabled -CdnType <Public | Private>

指定した CdnType の CDN の状態が画面に出力されます。The status of the CDN for the specified CdnType will output to the screen.

Set-SPOTenantCdnEnabled コマンドレットを使用して、組織が 365 CDN Office使用できます。Use the Set-SPOTenantCdnEnabled cmdlet to enable your organization to use the Office 365 CDN. 組織でパブリックオリジン、プライベートオリジン、または両方を一度に使用できます。You can enable your organization to use public origins, private origins, or both at once. また、CDN を有効にするときに既定の配信元のセットアップをスキップする構成もできます。You can also configure the CDN to skip the setup of default origins when you enable it. このトピックの説明に従って、これらの原点は後でいつでも追加できます。You can always add these origins later as described in this topic.

SharePoint online Windows PowerShellで、次の情報を参照してください。In Windows PowerShell for SharePoint Online:

Set-SPOTenantCdnEnabled -CdnType <Public | Private | Both> -Enable $true

たとえば、組織でパブリックオリジンとプライベート オリジンの両方を使用するには、次のコマンドを入力します。For example, to enable your organization to use both public and private origins, type the following command:

Set-SPOTenantCdnEnabled -CdnType Both -Enable $true

組織でパブリックオリジンとプライベート オリジンの両方を使用できますが、既定のオリジンの設定をスキップするには、次のコマンドを入力します。To enable your organization to use both public and private origins but skip setting up the default origins, type the following command:

Set-SPOTenantCdnEnabled -CdnType Both -Enable $true -NoDefaultOrigins

Office 365 CDN を有効にした場合に既定でプロビジョニングされる配信元と、既定の配信元のセットアップをスキップした場合の潜在的な影響については、「Default CDN origins」 を参照してください。See Default CDN origins for information about the origins that are provisioned by default when you enable the Office 365 CDN, and the potential impact of skipping the setup of default origins.

組織でパブリックオリジンを使用するには、次のコマンドを入力します。To enable your organization to use public origins, type the following command:

Set-SPOTenantCdnEnabled -CdnType Public -Enable $true

組織でプライベートオリジンを使用するには、次のコマンドを入力します。To enable your organization to use private origins, type the following command:

Set-SPOTenantCdnEnabled -CdnType Private -Enable $true

このコマンドレットの詳細については 、「Set-SPOTenantCdnEnabled」を参照してくださいFor more information about this cmdlet, see Set-SPOTenantCdnEnabled.

365 CDN に含めるファイルの種類Office変更する (オプション)Change the list of file types to include in the Office 365 CDN (Optional)

ヒント

Set-SPOTenantCdnPolicy コマンドレットを使用してファイルの種類を定義すると、現在定義されているリストが上書きされます。When you define file types by using the Set-SPOTenantCdnPolicy cmdlet, you overwrite the currently defined list. リストに追加のファイルの種類を追加する場合は、まずコマンドレットを使用して、既に許可されているファイルの種類を確認し、新しいファイルの種類と一緒にリストに含める必要があります。If you want to add additional file types to the list, use the cmdlet first to find out what file types are already allowed and include them in the list along with your new ones.

Set-SPOTenantCdnPolicy コマンドレットを使用して、CDN のパブリックオリジンとプライベート オリジンでホストできる静的ファイルの種類を定義します。Use the Set-SPOTenantCdnPolicy cmdlet to define static file types that can be hosted by public and private origins in the CDN. 既定では、.css、.gif、.jpg、.js など、一般的なアセットの種類を使用できます。By default, common asset types are allowed, for example .css, .gif, .jpg, and .js.

SharePoint online Windows PowerShellで、次の情報を参照してください。In Windows PowerShell for SharePoint Online:

Set-SPOTenantCdnPolicy -CdnType <Public | Private> -PolicyType IncludeFileExtensions -PolicyValue "<Comma-separated list of file types >"

たとえば、CDN で .css ファイルと .png ファイルをホストするには、次のコマンドを入力します。For example, to enable the CDN to host .css and .png files, you would enter the command:

Set-SPOTenantCdnPolicy -CdnType Private -PolicyType IncludeFileExtensions -PolicyValue "CSS,PNG"

CDN で現在許可されているファイルの種類を確認するには 、Get-SPOTenantCdnPolicies コマンドレットを使用 します。To see what file types are currently allowed by the CDN, use the Get-SPOTenantCdnPolicies cmdlet:

Get-SPOTenantCdnPolicies -CdnType <Public | Private>

これらのコマンドレットの詳細については 、「Set-SPOTenantCdnPolicy」 および 「Get-SPOTenantCdnPolicies」を参照してくださいFor more information about these cmdlets, see Set-SPOTenantCdnPolicy and Get-SPOTenantCdnPolicies.

365 CDN から除外するサイト分類のOffice変更する (オプション)Change the list of site classifications you want to exclude from the Office 365 CDN (Optional)

ヒント

Set-SPOTenantCdnPolicy コマンドレットを使用してサイトの分類を除外すると、現在定義されているリストが上書きされます。When you exclude site classifications by using the Set-SPOTenantCdnPolicy cmdlet, you overwrite the currently defined list. 追加のサイト分類を除外する場合は、まずコマンドレットを使用して、既に除外されている分類を確認し、新しい分類と共に追加します。If you want to exclude additional site classifications, use the cmdlet first to find out what classifications are already excluded and then add them along with your new ones.

\*\*Set-SPOTenantCdnPolicy\*\* コマンドレットを使用して、CDN で利用できるようにしないサイトの分類を除外します。Use the **Set-SPOTenantCdnPolicy** cmdlet to exclude site classifications that you do not want to make available over the CDN. 既定で除外されるサイトの分類はありません。By default, no site classifications are excluded.

SharePoint online Windows PowerShellで、次の情報を参照してください。In Windows PowerShell for SharePoint Online:

Set-SPOTenantCdnPolicy -CdnType <Public | Private> -PolicyType ExcludeRestrictedSiteClassifications  -PolicyValue "<Comma-separated list of site classifications >"

現在制限されているサイト分類を確認するには 、Get-SPOTenantCdnPolicies コマンドレットを使用 します。To see what site classifications are currently restricted, use the Get-SPOTenantCdnPolicies cmdlet:

Get-SPOTenantCdnPolicies -CdnType <Public | Private>

返されるプロパティは IncludeFileExtensions、ExcludeRestrictedSiteClassifications、ExcludeIfNoScriptDisabled ですThe properties that will be returned are IncludeFileExtensions, ExcludeRestrictedSiteClassifications and ExcludeIfNoScriptDisabled.

IncludeFileExtensions プロパティには、CDN から提供されるファイル拡張子の一覧が含まれています。The IncludeFileExtensions property contains the list of file extensions that will be served from the CDN.

注意

既定のファイル拡張子は、パブリックとプライベートの間で異なります。The default file extensions are different between public and private.

ExcludeRestrictedSiteClassifications プロパティには、CDN から除外するサイト分類が含まれています。The ExcludeRestrictedSiteClassifications property contains the site classifications that you want to exclude from the CDN. たとえば、機密としてマークされたサイトを除外して、その分類が適用されたサイトのコンテンツが CDN から提供されない場合があります。For example, you can exclude sites marked as Confidential so content from sites with that classification applied will not be served from the CDN.

ExcludeIfNoScriptDisabled プロパティは、サイト レベルの NoScript 属性設定に基づいて CDN からコンテンツを除外します。The ExcludeIfNoScriptDisabled property excludes content from the CDN based on the site-level NoScript attribute settings. 既定では 、NoScript 属性は [モダンサイトに対して有効] および [クラシック サイト では無効] に設定 されています。By default, the NoScript attribute is set to Enabled for Modern sites and Disabled for Classic sites. これは、テナントの設定によって異なります。This depends on your tenant settings.

これらのコマンドレットの詳細については 、「Set-SPOTenantCdnPolicy」 および 「Get-SPOTenantCdnPolicies」を参照してくださいFor more information about these cmdlets, see Set-SPOTenantCdnPolicy and Get-SPOTenantCdnPolicies.

アセットのオリジンを追加するAdd an origin for your assets

発生元 を定義するには、Add-SPOTenantCdnOrigin コマンドレットを使用します。Use the Add-SPOTenantCdnOrigin cmdlet to define an origin. 複数の配信元を定義できます。You can define multiple origins. 配信元は、CDN でホストする資産が含まれる SharePoint ライブラリまたはフォルダーを指す URL です。The origin is a URL that points to a SharePoint library or folder that contains the assets that you want to be hosted by the CDN.

重要

ユーザー情報を含むリソースや、組織に機密性が高いと見なされるリソースは、パブリック オリジンに配置しなけれる必要があります。You should never place resources that contain user information or are considered sensitive to your organization in a public origin.

Add-SPOTenantCdnOrigin -CdnType <Public | Private> -OriginUrl <path>

path の値 、アセットを含むライブラリまたはフォルダーへの相対パスです。The value of path is the relative path to the library or folder that contains the assets. 相対パスに加え、ワイルドカードも使用できます。You can use wildcards in addition to relative paths. Origins は、URL の先頭に付加されたワイルドカードをサポートします。Origins support wildcards prepended to the URL. これにより、複数のサイトにまたがるオリジンを作成できます。This allows you to create origins that span multiple sites. たとえば、すべてのサイトの masterpages フォルダー内のすべてのアセットを CDN 内のパブリック オリジンとして含めるには、次のコマンドを入力します。For example, to include all of the assets in the masterpages folder for all of your sites as a public origin within the CDN, type the following command:

Add-SPOTenantCdnOrigin -CdnType Public -OriginUrl */masterpage
  • ワイルドカード修飾子 * は、パスの先頭でのみ使用できます。指定した URL の下のすべての URL セグメント / と一致します。The wildcard modifier */ can only be used at the beginning of the path, and will match all URL segments under the specified URL.
  • パスは、ドキュメント ライブラリ、フォルダー、またはサイトを指します。The path can point to a document library, folder or site. たとえば、パス */site1 は 、サイトの下のすべてのドキュメント ライブラリと一致します。For example, the path */site1 will match all the document libraries under the site.

特定の相対パスを持つ原点を追加できます。You can add an origin with a specific relative path. 完全パスを使用して原点を追加することはできません。You cannot add an origin using the full path.

次の使用例は、サイトアセッツ ライブラリのプライベートオリジンを特定のサイトに追加します。This example adds a private origin of the siteassets library on a specific site:

Add-SPOTenantCdnOrigin -CdnType Private -OriginUrl sites/site1/siteassets

次の使用例は、サイト コレクションのサイト アセット ライブラリに folder1 フォルダーのプライベートオリジンを追加します。This example adds a private origin of the folder1 folder in the site collection's site assets library:

Add-SPOTenantCdnOrigin -CdnType Private -OriginUrl sites/test/siteassets/folder1

パスにスペースがある場合は、パスを二重引用符で囲むか、スペースを URL エンコード %20 に置き換える方法があります。If there is a space in the path, you can either surround the path in double quotes or replace the space with the URL encoding %20. 次の例では、サイト コレクションのサイト アセット ライブラリにフォルダー 1 フォルダーのプライベートオリジンを追加します。The following examples add a private origin of the folder 1 folder in the site collection's site assets library:

Add-SPOTenantCdnOrigin -CdnType Private -OriginUrl sites/test/siteassets/folder%201
Add-SPOTenantCdnOrigin -CdnType Private -OriginUrl "sites/test/siteassets/folder 1"

このコマンドとその構文の詳細については 、「Add-SPOTenantCdnOrigin」を参照してくださいFor more information about this command and its syntax, see Add-SPOTenantCdnOrigin.

注意

プライベートオリジンでは、配信元から共有されているアセットに、CDN からアクセスする前にメジャー バージョンが発行されている必要があります。In private origins, assets being shared from an origin must have a major version published before they can be accessed from the CDN.

コマンドを実行すると、システムはデータセンター全体で構成を同期します。Once you've run the command, the system synchronizes the configuration across the datacenter. これには最大 15 分かかる場合があります。This can take up to 15 minutes.

例: SharePoint Online のマスター ページとスタイル ライブラリのパブリックオリジンを構成するExample: Configure a public origin for your master pages and for your style library for SharePoint Online

通常、これらの配信元は、既定で 365 CDN を有効Office設定されます。Normally, these origins are set up for you by default when you enable the Office 365 CDN. ただし、手動で有効にする場合は、次の手順を実行します。However, if you want to enable them manually, follow these steps.

  • スタイル ライブラリをパブリックオリジンとして定義するには 、Add-SPOTenantCdnOrigin コマンドレットを使用します。Use the Add-SPOTenantCdnOrigin cmdlet to define the style library as a public origin.

    Add-SPOTenantCdnOrigin -CdnType Public -OriginUrl */style%20library
    
  • マスター ページをパブリックオリジンとして定義するには 、Add-SPOTenantCdnOrigin コマンドレットを使用します。Use the Add-SPOTenantCdnOrigin cmdlet to define the master pages as a public origin.

    Add-SPOTenantCdnOrigin -CdnType Public -OriginUrl */masterpage
    

このコマンドとその構文の詳細については 、「Add-SPOTenantCdnOrigin」を参照してくださいFor more information about this command and its syntax, see Add-SPOTenantCdnOrigin.

コマンドを実行すると、システムはデータセンター全体で構成を同期します。Once you've run the command, the system synchronizes the configuration across the datacenter. これには最大 15 分かかる場合があります。This can take up to 15 minutes.

例: SharePoint Online のサイトアセット、サイト ページ、および発行イメージのプライベートオリジンを構成するExample: Configure a private origin for your site assets, site pages, and publishing images for SharePoint Online

  • Add-SPOTenantCdnOrigin コマンドレットを使用して、サイトアセット フォルダーをプライベートオリジンとして定義します。Use the Add-SPOTenantCdnOrigin cmdlet to define the site assets folder as a private origin.

    Add-SPOTenantCdnOrigin -CdnType Private -OriginUrl */siteassets
    
  • Add-SPOTenantCdnOrigin コマンドレットを使用して、サイト ページ フォルダーをプライベートオリジンとして定義します。Use the Add-SPOTenantCdnOrigin cmdlet to define the site pages folder as a private origin.

    Add-SPOTenantCdnOrigin -CdnType Private -OriginUrl */sitepages
    
  • 発行イメージ フォルダーをプライベートオリジンとして定義するには、Add-SPOTenantCdnOrigin コマンドレットを使用します。Use the Add-SPOTenantCdnOrigin cmdlet to define the publishing images folder as a private origin.

    Add-SPOTenantCdnOrigin -CdnType Private -OriginUrl */publishingimages
    

このコマンドとその構文の詳細については 、「Add-SPOTenantCdnOrigin」を参照してくださいFor more information about this command and its syntax, see Add-SPOTenantCdnOrigin.

コマンドを実行すると、システムはデータセンター全体で構成を同期します。Once you've run the command, the system synchronizes the configuration across the datacenter. これには最大 15 分かかる場合があります。This can take up to 15 minutes.

例: SharePoint Online のサイト コレクションのプライベートオリジンを構成するExample: Configure a private origin for a site collection for SharePoint Online

Add-SPOTenantCdnOrigin コマンドレットを使用して、サイト コレクションをプライベートオリジンとして定義します。Use the Add-SPOTenantCdnOrigin cmdlet to define a site collection as a private origin. 例:For example:

Add-SPOTenantCdnOrigin -CdnType Private -OriginUrl sites/site1/siteassets

このコマンドとその構文の詳細については 、「Add-SPOTenantCdnOrigin」を参照してくださいFor more information about this command and its syntax, see Add-SPOTenantCdnOrigin.

コマンドを実行すると、システムはデータセンター全体で構成を同期します。Once you've run the command, the system synchronizes the configuration across the datacenter. SharePoint Online テナント CDN サービスに接続すると予想される構成保留中のメッセージが表示されることがあります。You may see a Configuration pending message which is expected as the SharePoint Online tenant connects to the CDN service. これには最大 15 分かかる場合があります。This can take up to 15 minutes.

365 CDN Office管理するManage the Office 365 CDN

CDN の設定が完了したら、このセクションで説明するように、コンテンツの更新やニーズの変更に応じて構成を変更できます。Once you've set up the CDN, you can make changes to your configuration as you update content or as your needs change, as described in this section.

365 CDN のアセットを追加、更新Office削除するAdd, update, or remove assets from the Office 365 CDN

セットアップ手順が完了したら、新しいアセットを追加し、必要に従って既存のアセットを更新または削除できます。Once you've completed the setup steps, you can add new assets, and update or remove existing assets whenever you want. 作成元として識別したフォルダーまたは SharePoint ライブラリ内のアセットに変更を加えるだけ。Just make your changes to the assets in the folder or SharePoint library that you identified as an origin. 新しいアセットを追加すると、すぐに CDN 経由で利用できます。If you add a new asset, it is available through the CDN immediately. ただし、アセットを更新すると、新しいコピーが伝達され CDN で使用可能になるには、最大 15 分かかります。However, if you update the asset, it will take up to 15 minutes for the new copy to propagate and become available in the CDN.

オリジンの場所を取得する必要がある場合は 、Get-SPOTenantCdnOrigins コマンドレットを使用 できます。If you need to retrieve the location of the origin, you can use the Get-SPOTenantCdnOrigins cmdlet. このコマンドレットの使用方法については 、「Get-SPOTenantCdnOrigins」を参照してくださいFor information on how to use this cmdlet, see Get-SPOTenantCdnOrigins.

365 CDN から配信元をOfficeするRemove an origin from the Office 365 CDN

作成元として識別したフォルダーまたは SharePoint ライブラリへのアクセスを削除できます。You can remove access to a folder or SharePoint library that you identified as an origin. これを行うには 、Remove-SPOTenantCdnOrigin コマンドレットを使用 します。To do this, use the Remove-SPOTenantCdnOrigin cmdlet.

Remove-SPOTenantCdnOrigin -OriginUrl <path> -CdnType <Public | Private | Both>

このコマンドレットの使用方法については 、「Remove-SPOTenantCdnOrigin」を参照してくださいFor information on how to use this cmdlet, see Remove-SPOTenantCdnOrigin.

365 CDN で配信Office変更するModify an origin in the Office 365 CDN

作成した原点は変更できません。You cannot modify an origin you've created. 代わりに、原点を削除し、新しい原点を追加します。Instead, remove the origin and then add a new one. 詳細については 、「365 CDN から配信元を削除するには」Officeアセットの配信元を追加 するには」を参照してくださいFor more information, see To remove an origin from the Office 365 CDN and To add an origin for your assets.

365 CDN Officeを無効にするDisable the Office 365 CDN

Set-SPOTenantCdnEnabled コマンドレットを使用して、組織の CDN を無効にします。Use the Set-SPOTenantCdnEnabled cmdlet to disable the CDN for your organization. CDN でパブリックオリジンとプライベート オリジンの両方が有効になっている場合は、次の例に示すように、コマンドレットを 2 回実行する必要があります。If you have both the public and private origins enabled for the CDN, you need to run the cmdlet twice as shown in the following examples.

CDN でのパブリックオリジンの使用を無効にするには、次のコマンドを入力します。To disable use of public origins in the CDN, enter the following command:

Set-SPOTenantCdnEnabled -CdnType Public -Enable $false

CDN でのプライベートオリジンの使用を無効にするには、次のコマンドを入力します。To disable use of the private origins in the CDN, enter the following command:

Set-SPOTenantCdnEnabled -CdnType Private -Enable $false

このコマンドレットの詳細については 、「Set-SPOTenantCdnEnabled」を参照してくださいFor more information about this cmdlet, see Set-SPOTenantCdnEnabled.

PnP PowerShell を使用してOffice 365 CDN を設定および構成するSet up and configure the Office 365 CDN by using PnP PowerShell

このセクションの手順では、PnP PowerShell を使用して SharePoint Online に接続する必要があります。The procedures in this section require you to use PnP PowerShell to connect to SharePoint Online. 手順については 、「PnP PowerShell の使用を開始する」を参照してくださいFor instructions, see Getting started with PnP PowerShell.

PnP PowerShell を使用して SharePoint Online でアセットをホストする CDN を設定および構成するには、次の手順を実行します。Complete these steps to set up and configure the CDN to host your assets in SharePoint Online using PnP PowerShell.

クリックして展開Click to expand

組織が 365 CDN Officeを有効にするEnable your organization to use the Office 365 CDN

テナント CDN 設定を変更する前に、365 テナントのプライベート CDN 構成の現在Officeする必要があります。Before you make changes to the tenant CDN settings, you should retrieve the current status of the private CDN configuration in your Office 365 tenant. PnP PowerShell を使用してテナントに接続します。Connect to your tenant using PnP PowerShell:

Connect-PnPOnline -Url https://contoso-admin.sharepoint.com -UseWebLogin

Get-PnPTenantCdnEnabled コマンドレットを使用して、テナントから CDN 状態設定を取得します。Now use the Get-PnPTenantCdnEnabled cmdlet to retrieve the CDN status settings from the tenant:

Get-PnPTenantCdnEnabled -CdnType <Public | Private>

指定した CdnType の CDN の状態が画面に出力されます。The status of the CDN for the specified CdnType will output to the screen.

Set-PnPTenantCdnEnabled コマンドレットを使用して、組織が 365 CDN Office使用できます。Use the Set-PnPTenantCdnEnabled cmdlet to enable your organization to use the Office 365 CDN. 組織でパブリックオリジン、プライベートオリジン、または両方を同時に使用できます。You can enable your organization to use public origins, private origins, or both at at the same time. また、CDN を有効にするときに既定の配信元のセットアップをスキップする構成もできます。You can also configure the CDN to skip the setup of default origins when you enable it. このトピックの説明に従って、これらの原点は後でいつでも追加できます。You can always add these origins later as described in this topic.

PnP PowerShell の場合:In PnP PowerShell:

Set-PnPTenantCdnEnabled -CdnType <Public | Private | Both> -Enable $true

たとえば、組織でパブリックオリジンとプライベート オリジンの両方を使用するには、次のコマンドを入力します。For example, to enable your organization to use both public and private origins, type the following command:

Set-PnPTenantCdnEnabled -CdnType Both -Enable $true

組織でパブリックオリジンとプライベート オリジンの両方を使用できますが、既定のオリジンの設定をスキップするには、次のコマンドを入力します。To enable your organization to use both public and private origins but skip setting up the default origins, type the following command:

Set-PnPTenantCdnEnabled -CdnType Both -Enable $true -NoDefaultOrigins

Office 365 CDN を有効にした場合に既定でプロビジョニングされる配信元と、既定の配信元のセットアップをスキップした場合の潜在的な影響については、「Default CDN origins」 を参照してください。See Default CDN origins for information about the origins that are provisioned by default when you enable the Office 365 CDN, and the potential impact of skipping the setup of default origins.

組織でパブリックオリジンを使用するには、次のコマンドを入力します。To enable your organization to use public origins, type the following command:

Set-PnPTenantCdnEnabled -CdnType Public -Enable $true

組織でプライベートオリジンを使用するには、次のコマンドを入力します。To enable your organization to use private origins, type the following command:

Set-PnPTenantCdnEnabled -CdnType Private -Enable $true

このコマンドレットの詳細については 、「Set-PnPTenantCdnEnabled」を参照してくださいFor more information about this cmdlet, see Set-PnPTenantCdnEnabled.

365 CDN に含めるファイルの種類Office変更する (オプション)Change the list of file types to include in the Office 365 CDN (Optional)

ヒント

Set-PnPTenantCdnPolicy コマンドレットを使用してファイルの種類を定義すると、現在定義されているリストが上書きされます。When you define file types by using the Set-PnPTenantCdnPolicy cmdlet, you overwrite the currently defined list. リストに追加のファイルの種類を追加する場合は、まずコマンドレットを使用して、既に許可されているファイルの種類を確認し、新しいファイルの種類と一緒にリストに含める必要があります。If you want to add additional file types to the list, use the cmdlet first to find out what file types are already allowed and include them in the list along with your new ones.

Set-PnPTenantCdnPolicy コマンドレットを使用して、CDN のパブリックオリジンとプライベート オリジンでホストできる静的ファイルの種類を定義します。Use the Set-PnPTenantCdnPolicy cmdlet to define static file types that can be hosted by public and private origins in the CDN. 既定では、.css、.gif、.jpg、.js など、一般的なアセットの種類を使用できます。By default, common asset types are allowed, for example .css, .gif, .jpg, and .js.

PnP PowerShell の場合:In PnP PowerShell:

Set-PnPTenantCdnPolicy -CdnType <Public | Private> -PolicyType IncludeFileExtensions -PolicyValue "<Comma-separated list of file types >"

たとえば、CDN で .css ファイルと .png ファイルをホストするには、次のコマンドを入力します。For example, to enable the CDN to host .css and .png files, you would enter the command:

Set-PnPTenantCdnPolicy -CdnType Private -PolicyType IncludeFileExtensions -PolicyValue "CSS,PNG"

CDN で現在許可されているファイルの種類を確認するには 、Get-PnPTenantCdnPolicies コマンドレットを使用 します。To see what file types are currently allowed by the CDN, use the Get-PnPTenantCdnPolicies cmdlet:

Get-PnPTenantCdnPolicies -CdnType <Public | Private>

これらのコマンドレットの詳細については 、「Set-PnPTenantCdnPolicy」 および 「Get-PnPTenantCdnPolicies」を参照してくださいFor more information about these cmdlets, see Set-PnPTenantCdnPolicy and Get-PnPTenantCdnPolicies.

365 CDN から除外するサイト分類のOffice変更する (オプション)Change the list of site classifications you want to exclude from the Office 365 CDN (Optional)

ヒント

Set-PnPTenantCdnPolicy コマンドレットを使用してサイトの分類を除外すると、現在定義されているリストが上書きされます。When you exclude site classifications by using the Set-PnPTenantCdnPolicy cmdlet, you overwrite the currently defined list. 追加のサイト分類を除外する場合は、まずコマンドレットを使用して、既に除外されている分類を確認し、新しい分類と共に追加します。If you want to exclude additional site classifications, use the cmdlet first to find out what classifications are already excluded and then add them along with your new ones.

Set-PnPTenantCdnPolicy コマンドレットを使用して、CDN で使用できないサイト分類を除外します。Use the Set-PnPTenantCdnPolicy cmdlet to exclude site classifications that you do not want to make available over the CDN. 既定で除外されるサイトの分類はありません。By default, no site classifications are excluded.

PnP PowerShell の場合:In PnP PowerShell:

Set-PnPTenantCdnPolicy -CdnType <Public | Private> -PolicyType ExcludeRestrictedSiteClassifications  -PolicyValue "<Comma-separated list of site classifications>"

現在制限されているサイト分類を確認するには 、Get-PnPTenantCdnPolicies コマンドレットを使用 します。To see what site classifications are currently restricted, use the Get-PnPTenantCdnPolicies cmdlet:

Get-PnPTenantCdnPolicies -CdnType <Public | Private>

返されるプロパティは IncludeFileExtensions、ExcludeRestrictedSiteClassifications、ExcludeIfNoScriptDisabled ですThe properties that will be returned are IncludeFileExtensions, ExcludeRestrictedSiteClassifications and ExcludeIfNoScriptDisabled.

IncludeFileExtensions プロパティには、CDN から提供されるファイル拡張子の一覧が含まれています。The IncludeFileExtensions property contains the list of file extensions that will be served from the CDN.

注意

既定のファイル拡張子は、パブリックとプライベートの間で異なります。The default file extensions are different between public and private.

ExcludeRestrictedSiteClassifications プロパティには、CDN から除外するサイト分類が含まれています。The ExcludeRestrictedSiteClassifications property contains the site classifications that you want to exclude from the CDN. たとえば、機密としてマークされたサイトを除外して、その分類が適用されたサイトのコンテンツが CDN から提供されない場合があります。For example, you can exclude sites marked as Confidential so content from sites with that classification applied will not be served from the CDN.

ExcludeIfNoScriptDisabled プロパティは、サイト レベルの NoScript 属性設定に基づいて CDN からコンテンツを除外します。The ExcludeIfNoScriptDisabled property excludes content from the CDN based on the site-level NoScript attribute settings. 既定では 、NoScript 属性は [モダンサイトに対して有効] および [クラシック サイト では無効] に設定 されています。By default, the NoScript attribute is set to Enabled for Modern sites and Disabled for Classic sites. これは、テナントの設定によって異なります。This depends on your tenant settings.

これらのコマンドレットの詳細については 、「Set-PnPTenantCdnPolicy」 および 「Get-PnPTenantCdnPolicies」を参照してくださいFor more information about these cmdlets, see Set-PnPTenantCdnPolicy and Get-PnPTenantCdnPolicies.

アセットのオリジンを追加するAdd an origin for your assets

発生元 を定義するには、Add-PnPTenantCdnOrigin コマンドレットを使用します。Use the Add-PnPTenantCdnOrigin cmdlet to define an origin. 複数の配信元を定義できます。You can define multiple origins. 配信元は、CDN でホストする資産が含まれる SharePoint ライブラリまたはフォルダーを指す URL です。The origin is a URL that points to a SharePoint library or folder that contains the assets that you want to be hosted by the CDN.

重要

ユーザー情報を含むリソースや、組織に機密性が高いと見なされるリソースは、パブリック オリジンに配置しなけれる必要があります。You should never place resources that contain user information or are considered sensitive to your organization in a public origin.

Add-PnPTenantCdnOrigin -CdnType <Public | Private> -OriginUrl <path>

path の値 、アセットを含むライブラリまたはフォルダーへの相対パスです。The value of path is the relative path to the library or folder that contains the assets. 相対パスに加え、ワイルドカードも使用できます。You can use wildcards in addition to relative paths. Origins は、URL の先頭に付加されたワイルドカードをサポートします。Origins support wildcards prepended to the URL. これにより、複数のサイトにまたがるオリジンを作成できます。This allows you to create origins that span multiple sites. たとえば、すべてのサイトの masterpages フォルダー内のすべてのアセットを CDN 内のパブリック オリジンとして含めるには、次のコマンドを入力します。For example, to include all of the assets in the masterpages folder for all of your sites as a public origin within the CDN, type the following command:

Add-PnPTenantCdnOrigin -CdnType Public -OriginUrl */masterpage
  • ワイルドカード修飾子 * は、パスの先頭でのみ使用できます。指定した URL の下のすべての URL セグメント / と一致します。The wildcard modifier */ can only be used at the beginning of the path, and will match all URL segments under the specified URL.
  • パスは、ドキュメント ライブラリ、フォルダー、またはサイトを指します。The path can point to a document library, folder or site. たとえば、パス */site1 は 、サイトの下のすべてのドキュメント ライブラリと一致します。For example, the path */site1 will match all the document libraries under the site.

特定の相対パスを持つ原点を追加できます。You can add an origin with a specific relative path. 完全パスを使用して原点を追加することはできません。You cannot add an origin using the full path.

次の使用例は、サイトアセット ライブラリのプライベートオリジンを特定のサイトに追加します。This example adds a private origin of the site assets library on a specific site:

Add-PnPTenantCdnOrigin -CdnType Private -OriginUrl sites/site1/siteassets

次の使用例は、サイト コレクションのサイト アセット ライブラリに folder1 フォルダーのプライベートオリジンを追加します。This example adds a private origin of the folder1 folder in the site collection's site assets library:

Add-PnPTenantCdnOrigin -CdnType Private -OriginUrl sites/test/siteassets/folder1

パスにスペースがある場合は、パスを二重引用符で囲むか、スペースを URL エンコード %20 に置き換える方法があります。If there is a space in the path, you can either surround the path in double quotes or replace the space with the URL encoding %20. 次の例では、サイト コレクションのサイト アセット ライブラリにフォルダー 1 フォルダーのプライベートオリジンを追加します。The following examples add a private origin of the folder 1 folder in the site collection's site assets library:

Add-PnPTenantCdnOrigin -CdnType Private -OriginUrl sites/test/siteassets/folder%201
Add-PnPTenantCdnOrigin -CdnType Private -OriginUrl "sites/test/siteassets/folder 1"

このコマンドとその構文の詳細については 、「Add-PnPTenantCdnOrigin」を参照してくださいFor more information about this command and its syntax, see Add-PnPTenantCdnOrigin.

注意

プライベートオリジンでは、配信元から共有されているアセットに、CDN からアクセスする前にメジャー バージョンが発行されている必要があります。In private origins, assets being shared from an origin must have a major version published before they can be accessed from the CDN.

コマンドを実行すると、システムはデータセンター全体で構成を同期します。Once you've run the command, the system synchronizes the configuration across the datacenter. これには最大 15 分かかる場合があります。This can take up to 15 minutes.

例: SharePoint Online のマスター ページとスタイル ライブラリのパブリックオリジンを構成するExample: Configure a public origin for your master pages and for your style library for SharePoint Online

通常、これらの配信元は、既定で 365 CDN を有効Office設定されます。Normally, these origins are set up for you by default when you enable the Office 365 CDN. ただし、手動で有効にする場合は、次の手順を実行します。However, if you want to enable them manually, follow these steps.

  • スタイル ライブラリをパブリックオリジンとして定義するには 、Add-PnPTenantCdnOrigin コマンドレットを使用します。Use the Add-PnPTenantCdnOrigin cmdlet to define the style library as a public origin.

    Add-PnPTenantCdnOrigin -CdnType Public -OriginUrl */style%20library
    
  • マスター ページをパブリックオリジンとして定義するには 、Add-PnPTenantCdnOrigin コマンドレットを使用します。Use the Add-PnPTenantCdnOrigin cmdlet to define the master pages as a public origin.

    Add-PnPTenantCdnOrigin -CdnType Public -OriginUrl */masterpage
    

このコマンドとその構文の詳細については 、「Add-PnPTenantCdnOrigin」を参照してくださいFor more information about this command and its syntax, see Add-PnPTenantCdnOrigin.

コマンドを実行すると、システムはデータセンター全体で構成を同期します。Once you've run the command, the system synchronizes the configuration across the datacenter. これには最大 15 分かかる場合があります。This can take up to 15 minutes.

例: SharePoint Online のサイトアセット、サイト ページ、および発行イメージのプライベートオリジンを構成するExample: Configure a private origin for your site assets, site pages, and publishing images for SharePoint Online

  • Add-PnPTenantCdnOrigin コマンドレットを使用して、サイトアセット フォルダーをプライベートオリジンとして定義します。Use the Add-PnPTenantCdnOrigin cmdlet to define the site assets folder as a private origin.

    Add-PnPTenantCdnOrigin -CdnType Private -OriginUrl */siteassets
    
  • Add-PnPTenantCdnOrigin コマンドレットを使用して、サイト ページ フォルダーをプライベートオリジンとして定義します。Use the Add-PnPTenantCdnOrigin cmdlet to define the site pages folder as a private origin.

    Add-PnPTenantCdnOrigin -CdnType Private -OriginUrl */sitepages
    
  • 発行イメージ フォルダーをプライベートオリジンとして定義するには 、Add-PnPTenantCdnOrigin コマンドレットを使用します。Use the Add-PnPTenantCdnOrigin cmdlet to define the publishing images folder as a private origin.

    Add-PnPTenantCdnOrigin -CdnType Private -OriginUrl */publishingimages
    

このコマンドとその構文の詳細については 、「Add-PnPTenantCdnOrigin」を参照してくださいFor more information about this command and its syntax, see Add-PnPTenantCdnOrigin.

コマンドを実行すると、システムはデータセンター全体で構成を同期します。Once you've run the command, the system synchronizes the configuration across the datacenter. これには最大 15 分かかる場合があります。This can take up to 15 minutes.

例: SharePoint Online のサイト コレクションのプライベートオリジンを構成するExample: Configure a private origin for a site collection for SharePoint Online

Add-PnPTenantCdnOrigin コマンドレットを使用して、サイト コレクションをプライベートオリジンとして定義します。Use the Add-PnPTenantCdnOrigin cmdlet to define a site collection as a private origin. 例:For example:

Add-PnPTenantCdnOrigin -CdnType Private -OriginUrl sites/site1/siteassets

このコマンドとその構文の詳細については 、「Add-PnPTenantCdnOrigin」を参照してくださいFor more information about this command and its syntax, see Add-PnPTenantCdnOrigin.

コマンドを実行すると、システムはデータセンター全体で構成を同期します。Once you've run the command, the system synchronizes the configuration across the datacenter. SharePoint Online テナント CDN サービスに接続すると予想される構成保留中のメッセージが表示されることがあります。You may see a Configuration pending message which is expected as the SharePoint Online tenant connects to the CDN service. これには最大 15 分かかる場合があります。This can take up to 15 minutes.

365 CDN Office管理するManage the Office 365 CDN

CDN の設定が完了したら、このセクションで説明するように、コンテンツの更新やニーズの変更に応じて構成を変更できます。Once you've set up the CDN, you can make changes to your configuration as you update content or as your needs change, as described in this section.

365 CDN のアセットを追加、更新Office削除するAdd, update, or remove assets from the Office 365 CDN

セットアップ手順が完了したら、新しいアセットを追加し、必要に従って既存のアセットを更新または削除できます。Once you've completed the setup steps, you can add new assets, and update or remove existing assets whenever you want. 作成元として識別したフォルダーまたは SharePoint ライブラリ内のアセットに変更を加えるだけ。Just make your changes to the assets in the folder or SharePoint library that you identified as an origin. 新しいアセットを追加すると、すぐに CDN 経由で利用できます。If you add a new asset, it is available through the CDN immediately. ただし、アセットを更新すると、新しいコピーが伝達され CDN で使用可能になるには、最大 15 分かかります。However, if you update the asset, it will take up to 15 minutes for the new copy to propagate and become available in the CDN.

オリジンの場所を取得する必要がある場合は 、Get-PnPTenantCdnOrigin コマンドレットを使用 できます。If you need to retrieve the location of the origin, you can use the Get-PnPTenantCdnOrigin cmdlet. このコマンドレットの使用方法については 、「Get-PnPTenantCdnOrigin」を参照してくださいFor information on how to use this cmdlet, see Get-PnPTenantCdnOrigin.

365 CDN から配信元をOfficeするRemove an origin from the Office 365 CDN

作成元として識別したフォルダーまたは SharePoint ライブラリへのアクセスを削除できます。You can remove access to a folder or SharePoint library that you identified as an origin. これを行うには 、Remove-PnPTenantCdnOrigin コマンドレットを使用 します。To do this, use the Remove-PnPTenantCdnOrigin cmdlet.

Remove-PnPTenantCdnOrigin -OriginUrl <path> -CdnType <Public | Private | Both>

このコマンドレットの使用方法については 、「Remove-PnPTenantCdnOrigin」を参照してくださいFor information on how to use this cmdlet, see Remove-PnPTenantCdnOrigin.

365 CDN で配信Office変更するModify an origin in the Office 365 CDN

作成した原点は変更できません。You cannot modify an origin you've created. 代わりに、原点を削除し、新しい原点を追加します。Instead, remove the origin and then add a new one. 詳細については 、「365 CDN から配信元を削除するには」Officeアセットの配信元を追加 するには」を参照してくださいFor more information, see To remove an origin from the Office 365 CDN and To add an origin for your assets.

365 CDN Officeを無効にするDisable the Office 365 CDN

Set-PnPTenantCdnEnabled コマンドレットを使用して、組織の CDN を無効にします。Use the Set-PnPTenantCdnEnabled cmdlet to disable the CDN for your organization. CDN でパブリックオリジンとプライベート オリジンの両方が有効になっている場合は、次の例に示すように、コマンドレットを 2 回実行する必要があります。If you have both the public and private origins enabled for the CDN, you need to run the cmdlet twice as shown in the following examples.

CDN でのパブリックオリジンの使用を無効にするには、次のコマンドを入力します。To disable use of public origins in the CDN, enter the following command:

Set-PnPTenantCdnEnabled -CdnType Public -Enable $false

CDN でのプライベートオリジンの使用を無効にするには、次のコマンドを入力します。To disable use of the private origins in the CDN, enter the following command:

Set-PnPTenantCdnEnabled -CdnType Private -Enable $false

このコマンドレットの詳細については 、「Set-PnPTenantCdnEnabled」を参照してくださいFor more information about this cmdlet, see Set-PnPTenantCdnEnabled.

Office 365 CLI を使用して Office 365 CDN をセットアップおよび構成するSet up and configure the Office 365 CDN using the Office 365 CLI

このセクションの手順では 、365 CLIをインストールOffice必要があります。The procedures in this section require that you have installed the Office 365 CLI. 次に、login コマンドOffice 365 テナントに 接続 します。Next, connect to your Office 365 tenant using the login command.

次の手順を実行して、SHAREPoint Online で 365 CLI を使用してアセットをホストする CDN をOfficeします。Complete these steps to set up and configure the CDN to host your assets in SharePoint Online using the Office 365 CLI.

クリックして展開Click to expand

365 CDN Officeを有効にするEnable the Office 365 CDN

テナントの Office 365 CDN の状態は spo cdn set コマンドを使用して管理できます。You can manage the state of the Office 365 CDN in your tenant using the spo cdn set command.

テナントで Office 365 パブリック CDN を有効にするには、次のように実行します。To enable the Office 365 Public CDN in your tenant execute:

spo cdn set --type Public --enabled true

365 SharePoint CDN Office有効にするには、次のコマンドを実行します。To enable the Office 365 SharePoint CDN, execute:

spo cdn set --type Private --enabled true

Office 365 CDN の現在の状況を確認するView the current status of the Office 365 CDN

365 CDN の特定の種類Officeが有効または無効になっているか確認するには 、spo cdn get コマンドを使用 します。To check if the particular type of Office 365 CDN is enabled or disabled, use the spo cdn get command.

Office 365 パブリック CDN が有効かどうかを確認するには、次のように実行します。To check if the Office 365 Public CDN is enabled, execute:

spo cdn get --type Public

365 CDN Officeを表示するView the Office 365 CDN origins

現在構成されている Office 365 パブリック CDN の配信元を確認するには、次のように実行します。To view the currently configured Office 365 Public CDN origins execute:

spo cdn origin list --type Public

365 CDN を有効にするときに既定でプロビジョニングされる配信元の詳細については、「既定の CDN 配信元Office参照してください。See Default CDN origins for information about the origins that are provisioned by default when you enable the Office 365 CDN.

365 CDN Officeを追加するAdd an Office 365 CDN origin

重要

パブリック オリジンとして構成された SharePoint ドキュメント ライブラリには、組織に対して機密性が高いと見なされるリソースを配置する必要はありません。You should never place resources that are considered sensitive to your organization in a SharePoint document library configured as a public origin.

spo cdn origin add コマンドを使用して CDN の配信元を定義します。Use the spo cdn origin add command to define a CDN origin. 複数の配信元を定義できます。You can define multiple origins. 配信元は、CDN でホストする資産が含まれる SharePoint ライブラリまたはフォルダーを指す URL です。The origin is a URL that points to a SharePoint library or folder that contains the assets that you want to be hosted by the CDN.

spo cdn origin add --type [Public | Private] --origin <path>

ここで path 、アセットを含むフォルダーへの相対パスを指定します。Where path is the relative path to the folder that contains the assets. 相対パスに加え、ワイルドカードも使用できます。You can use wildcards in addition to relative paths.

すべてのサイトのマスター ページギャラリーのすべてのアセットを公開元として含めるには、次のコマンドを実行します。To include all assets in the Master Page Gallery of all sites as a public origin, execute:

spo cdn origin add --type Public --origin */masterpage

特定のサイト コレクションのプライベートの配信元を構成するには、次のように実行します。To configure a private origin for a specific site collection, execute:

spo cdn origin add --type Private --origin sites/site1/siteassets

注意

CDN の配信元の追加後、CDN サービス経由でファイルを取得できるようになるまで最大 15 分かかることがあります。After adding a CDN origin, it might take up to 15 minutes for you to be able to retrieve files via the CDN service. 特定の配信元が既に有効かどうかは、spo cdn origin list コマンドを使用して検証できます。You can verify if the particular origin has already been enabled using the spo cdn origin list command.

365 CDN Officeを削除するRemove an Office 365 CDN origin

spo cdn origin remove コマンドを使用して、指定した種類の CDN の配信元を削除します。Use the spo cdn origin remove command to remove a CDN origin for the specified CDN type.

CDN 構成からパブリックオリジンを削除するには、次のコマンドを実行します。To remove a public origin from the CDN configuration, execute:

spo cdn origin remove --type Public --origin */masterpage

注意

CDN 配信元を削除しても、その配信元と一致するドキュメント ライブラリに格納されているファイルには影響を与えかねない。Removing a CDN origin doesn't affect the files stored in any document library matching that origin. これらのアセットが SharePoint URL を使用して参照されている場合、SharePoint はドキュメント ライブラリを指す元の URL に自動的に切り替えます。If these assets have been referenced using their SharePoint URL, SharePoint will automatically switch back to the original URL pointing to the document library. ただし、アセットがパブリック CDN URL を使用して参照されている場合、配信元を削除するとリンクが壊れ、手動で変更する必要があります。If, however, assets have been referenced using a public CDN URL, then removing the origin will break the link and you will need to manually change them.

365 CDN Officeを変更するModify an Office 365 CDN origin

既存の CDN の配信元を変更することはできません。It's not possible to modify an existing CDN origin. 代わりに、spo cdn origin remove コマンドを使用して定義済みの CDN の配信元を削除して、spo cdn origin add コマンドで新しい配信元を作成する必要があります。Instead, you should remove the previously defined CDN origin using the spo cdn origin remove command and add a new one using the spo cdn origin add command.

365 CDN に含めるファイルのOffice変更するChange the types of files to include in the Office 365 CDN

既定では 、.css、.eot、.gif、.ico、.jpeg、.jpg、.js、.map、.png、.svg、.ttf、.woff、.woff2 のファイルの種類が CDN に含まれています。By default, the following file types are included in the CDN: .css, .eot, .gif, .ico, .jpeg, .jpg, .js, .map, .png, .svg, .ttf, .woff and .woff2. CDN に他の種類のファイルを含める必要がある場合、spo cdn policy set コマンドを使用して CDN 構成を変更できます。If you need to include additional file types in the CDN, you can change the CDN configuration using the spo cdn policy set command.

注意

ファイルの種類のリストを変更する場合、現在定義されているリストを上書きします。When changing the list of file types, you overwrite the currently defined list. 他のファイルの種類を追加する場合は、spo cdn policy list コマンドを最初に使用して現在構成されているファイルの種類を確認します。If you want to include additional file types, first use the spo cdn policy list command to find out which file types are currently configured.

JSON ファイルの種類 をパブリック CDN に含まれるファイルの既定の一覧に追加するには、次のコマンドを実行します。To add the JSON file type to the default list of file types included in the public CDN, execute:

spo cdn policy set --type Public --policy IncludeFileExtensions --value "CSS,EOT,GIF,ICO,JPEG,JPG,JS,MAP,PNG,SVG,TTF,WOFF,JSON"

Office 365 CDN から除外するサイトの分類のリストを変更するChange the list of site classifications you want to exclude from the Office 365 CDN

spo cdn policy set コマンドを使用して、CDN で利用できるようにしないサイトの分類を除外します。Use the spo cdn policy set command to exclude site classifications that you do not want to make available over the CDN. 既定で除外されるサイトの分類はありません。By default, no site classifications are excluded.

注意

除外するサイトの分類のリストを変更する場合、現在定義されているリストを上書きします。When changing the list of excluded site classifications, you overwrite the currently defined list. 他の分類を除外する場合は、spo cdn policy list コマンドを最初に使用して現在構成されている分類を確認します。If you want to exclude additional classifications, first use the spo cdn policy list command to find out which classifications are currently configured.

HBI として分類された サイトをパブリック CDN から除外するには、次の操作を実行します。To exclude sites classified as HBI from the public CDN, execute

spo cdn policy set --type Public --policy ExcludeRestrictedSiteClassifications --value "HBI"

365 CDN Officeを無効にするDisable the Office 365 CDN

Office 365 CDN を無効にするには、spo cdn set コマンドを使用します。たとえば、次のように実行します。To disable the Office 365 CDN use the spo cdn set command, for example:

spo cdn set --type Public --enabled false

CDN アセットの使用Using your CDN assets

CDN を有効にし、配信元とポリシーを構成したので、CDN アセットの使用を開始できます。Now that you have enabled the CDN and configured origins and policies, you can begin using your CDN assets.

このセクションでは、SharePoint ページとコンテンツで CDN URL を使用して、SharePoint がパブリックオリジンとプライベート オリジンの両方のアセットの要求を CDN にリダイレクトする方法を理解するのに役立ちます。This section will help you understand how to use CDN URLs in your SharePoint pages and content so that SharePoint redirects requests for assets in both public and private origins to the CDN.

クライアント側 Web パーツをホストするために CDN を使用する方法については 、「Office 365 CDNからクライアント側 Web パーツをホストする (Hello World Part 4)」を参照してください。For information on how to use the CDN for hosting client-side web parts, see the topic Host your client-side web part from Office 365 CDN (Hello World part 4).

注意

ClientSideAssets フォルダーをプライベート CDN 配信元リストに追加すると、CDN ホスト型カスタム Web パーツはレンダリングに失敗します。If you add the ClientSideAssets folder to the private CDN origins list, CDN-hosted custom web parts will fail to render. SPFX Web パーツで使用されるファイルはパブリック CDN のみを使用し、ClientSideAssets フォルダーはパブリック CDN の既定の配信元です。Files used by SPFX web parts can only utilize the public CDN and the ClientSideAssets folder is a default origin for public CDN.

オリジンに追加したアセットを使用するには、元のファイルへのリンクを元のファイルへのパスで更新します。To use assets that you have added to an origin, you simply update links to the original file with the path to the file in the origin.

  • オリジンに追加したアセットへのリンクを含むページまたはコンテンツを編集します。Edit the page or content that contains links to assets you have added to an origin. また、表示される任意の場所で特定のアセットへのリンクを更新する場合は、いくつかの方法のいずれかを使用して、入力サイトまたはサイト コレクション全体のリンクをグローバルに検索および置換できます。You can also use one of several methods to globally search and replace links across an enter site or site collection if you want to update the link to a given asset everywhere it appears.
  • 配信元のアセットへのリンクごとに、パスを CDN 配信元のファイルへのパスに置き換える。For each link to an asset in an origin, replace the path with the path to the file in the CDN origin. 相対パスを使用できます。You can use relative paths.
  • ページまたはコンテンツを保存します。Save the page or content.

たとえば、ドキュメント ライブラリ フォルダー /site/CDN_origins/public/ にコピーしたイメージ /site/SiteAssets/images/image.png検討しますFor example, consider the image /site/SiteAssets/images/image.png, which you have copied to the document library folder /site/CDN_origins/public/. CDN アセットを使用するには、イメージ ファイルの場所への元のパスを原点へのパスに置き換え、新しい URL /site/CDN_origins/public/image.pngを作成しますTo use the CDN asset, replace the original path to the image file location with the path to the origin to make the new URL /site/CDN_origins/public/image.png.

相対パスではなくアセットの完全な URL を使用する場合は、次のようにリンクを作成します。If you want to use the full URL to the asset instead of a relative path, construct the link like so:

https://<TenantHostName>.sharepoint.com/sites/site/CDN_origins/public/image.png

注意

一般に、CDN 内のアセットに URL を直接ハードコードする必要があります。In general, you should not hardcode URLs directly to assets in the CDN. ただし、必要に応じて、パブリック オリジンのアセットの URL を手動で作成できます。However, you can manually construct URLs for assets in public origins if needed. 詳細については 、「Hardcoding CDN URL for public assets」を参照してくださいFor more information, see Hardcoding CDN URLs for public assets.

CDN からアセットが提供されているのを確認する方法については、「Office 365 CDNのトラブルシューティング」の「CDN によってアセットが提供されているのを確認する方法」を参照してください。To learn about how to verify that assets are being served from the CDN, see How do I confirm that assets are being served by the CDN? in Troubleshooting the Office 365 CDN.

パブリックオリジンでのアセットの使用Using assets in public origins

SharePoint Online 発行機能は、パブリック オリジンに格納されているアセットの URL を CDN 相当の URL に自動的に書き換え、SharePoint ではなく CDN サービスからアセットを提供します。The Publishing feature in SharePoint Online automatically rewrites URLs of assets stored in public origins to their CDN equivalents so that assets are served from the CDN service instead of SharePoint.

発行元が発行機能が有効なサイトで、CDN にオフロードするアセットが次のいずれかのカテゴリにある場合、アセットが CDN ポリシーによって除外されていない場合、SharePoint は配信元のアセットの URL を自動的に書き換える。If your origin is in a site with the Publishing feature enabled, and the assets you want to offload to the CDN are in one of the following categories, SharePoint will automatically rewrite URLs for assets in the origin, provided that the asset has not been excluded by a CDN policy.

SharePoint 発行機能によって自動的に書き換えられるのは次のようなリンクです。The following is an overview of which links are automatically rewritten by the SharePoint Publishing feature:

  • 従来の発行ページの HTML 応答の IMG/LINK/CSS URLIMG/LINK/CSS URLs in classic publishing page HTML responses
    • これには、ページの HTML コンテンツ内に作成者によって追加された画像が含まれます。This includes images added by authors within the HTML content of a page
  • 画像ライブラリ スライドショー Web パーツの画像 URLPicture Library SlideShow webpart image URLs
  • SPList REST API (RenderListDataAsStream) 結果の画像フィールドImage fields in SPList REST API (RenderListDataAsStream) results
    • フィールドのコンマ区切りリストを指定するには、新しいプロパティ ImageFieldsToTryRewriteToCdnUrls を使用します。Use the new property ImageFieldsToTryRewriteToCdnUrls to provide a comma separated list of fields
    • ハイパーリンク フィールドと PublishingImage フィールドをサポートSupports hyperlink fields and PublishingImage fields
  • SharePoint イメージの表示SharePoint image renditions

次の図は、SharePoint がパブリックオリジンからアセットを含むページの要求を受け取るワークフローを示しています。The following diagram illustrates the workflow when SharePoint receives a request for a page containing assets from a public origin.

ワークフロー図: パブリック Officeから 365 CDN アセットを取得するWorkflow diagram: Retrieving Office 365 CDN assets from a public origin

ヒント

ページ上の特定の URL の自動書き換えを無効にする場合は、ページをチェックアウトしてクエリ文字列パラメーターを 追加できます。無効にする各リンクの末尾に NoAutoReWrites=true を指定します。If you want to disable auto-rewriting for specific URLs on a page, you can check out the page and add the query string parameter ?NoAutoReWrites=true to the end of each link you want to disable.

パブリック アセットの CDN URL の作成Constructing CDN URLs for public assets

公開機能がパブリック 配信元で有効になっていない場合、またはアセットが CDN サービスの自動書き換え機能でサポートされているリンクの種類の 1 つではない場合は、アセットの CDN の場所に URL を手動で作成し、コンテンツでこれらの URL を使用できます。If the Publishing feature is not enabled for a public origin, or the asset is not one of the link types supported by the auto-rewrite feature of the CDN service, you can manually construct URLs to the CDN location of the assets and use these URLs in your content.

注意

リソースが要求された時点で URL の最後のセクションを形成する必要なアクセス トークンが生成されるので、プライベート 配信元のアセットに CDN URL をハードコードまたは構築することはできません。You cannot hardcode or construct CDN URLs to assets in a private origin because the required access token that forms the last section of the URL is generated at the time the resource is requested. パブリック CDN の URL を作成できます。変更される可能性がある URL はハード コードされません。You can construct the URL for Public CDN and the URL should not be hard coded as it is subject to change.

パブリック CDN アセットの場合、URL 形式は次のようになります。For public CDN assets, the URL format will look like the following:

https://publiccdn.sharepointonline.com/<TenantHostName>/sites/site/library/asset.png

TenantHostName をテナント 名に置き換える。Replace TenantHostName with your tenant name. 例:Example:

https://publiccdn.sharepointonline.com/contoso.sharepoint.com/sites/site/library/asset.png

注意

ページ コンテキスト プロパティを使用して、ハード コーディング " " ではなくプレフィックスを作成する必要 https://publiccdn.sharepointonline.com があります。The page context property should be used to construct the prefix instead of hard coding "https://publiccdn.sharepointonline.com". URL は変更される可能性があります。ハード コード化する必要はありません。The URL is subject to change and should not be hard coded. クラシック SharePoint Online で表示テンプレートを使用している場合は、URL のプレフィックスとして表示テンプレートのプロパティ "window._spPageContextInfo.publicCdnBaseUrl" を使用できます。If you are using display templates with Classic SharePoint Online then you can use the property "window._spPageContextInfo.publicCdnBaseUrl" in your display template for the prefix of the URL. モダンおよびクラシック SharePoint 用の SPFx Web パーツの場合は、プロパティ "this.context.pageContext.legacyPageContext.publicCdnBaseUrl" を利用できます。If you are SPFx web parts for modern and classic SharePoint the you can utilize the property "this.context.pageContext.legacyPageContext.publicCdnBaseUrl". これにより、プレフィックスが提供され、変更された場合に実装が更新されます。This will provide the prefix so that if it is changed then your implementation will update with it. SPFx の例として、URL はプロパティ "this.context.pageContext.legacyPageContext.publicCdnBaseUrl" + "/" + "host" + "/" + "relativeURL for the item" を使用して構築できます。As an example for SPFx, the URL can be constructed using the property "this.context.pageContext.legacyPageContext.publicCdnBaseUrl" + "/" + "host" + "/" + "relativeURL for the item". シーズン 1 パフォーマンス シリーズの一部であるクライアント 側コードでの CDN の使用 を参照してください。Please see Using CDN in Client-side code which is part of the season 1 performance series

プライベートオリジンでのアセットの使用Using assets in private origins

プライベートオリジンでアセットを使用するには、追加の構成は必要ありません。No additional configuration is required to use assets in private origins. SharePoint Online は、プライベート配信元のアセットの URL を自動的に書き換えるので、それらのアセットの要求は常に CDN から提供されます。SharePoint Online automatically rewrites URLs for assets in private origins so requests for those assets will always be served from the CDN. これらの URL には、アセットが要求された時点で SharePoint Online によって自動生成する必要があるトークンが含まれているため、プライベート配信元の CDN アセットに対して URL を手動でビルドすることはできません。You cannot manually build URLs to CDN assets in private origins because these URLs contain tokens that must be auto-generated by SharePoint Online at the time the asset is requested.

プライベートオリジンのアセットへのアクセスは、オリジンに対するユーザーのアクセス許可に基づいて動的に生成されたトークンによって保護されます。以下のセクションで説明する注意点があります。Access to assets in private origins is protected by dynamically generated tokens based on user permissions to the origin, with the caveats described in the following sections. CDN がコンテンツをレンダリングするには、少なくとも配信元への読み取りアクセス権が必要です。Users must have at least read access to the origins for the CDN to render content.

次の図は、SharePoint がプライベートオリジンからアセットを含むページの要求を受け取るワークフローを示しています。The following diagram illustrates the workflow when SharePoint receives a request for a page containing assets from a private origin.

ワークフロー図: プライベート Officeから 365 CDN アセットを取得するWorkflow diagram: Retrieving Office 365 CDN assets from a private origin

プライベートオリジンでのトークンベースの承認Token-based authorization in private origins

SharePoint Online によって生成されたトークンによって、Office 365 CDN のプライベート オリジンのアセットへのアクセスが許可されます。Access to assets in private origins in the Office 365 CDN is granted by tokens generated by SharePoint Online. 作成元によって指定されたフォルダーまたはライブラリへのアクセス許可を既に持っているユーザーには、アクセス許可レベルに基づいてユーザーがファイルにアクセスできるトークンが自動的に付与されます。Users who already have permission to access to the folder or library designated by the origin are automatically granted tokens that permit the user to access the file based on their permission level. これらのアクセス トークンは、トークン再生攻撃を防止するために生成された後、30 ~ 90 分間有効です。These access tokens are valid for 30 to 90 minutes after they are generated to help prevent token replay attacks.

アクセス トークンが生成されると、SharePoint Online は、2 つの承認パラメーターを含むカスタム URI をクライアント に返します (エッジ承認トークン) と oat (起点承認トークン)。Once the access token is generated, SharePoint Online returns a custom URI to the client containing two authorization parameters eat (edge authorization token) and oat (origin authorization token). 各トークンの構造は 、epoch< のセキュリティで保護された署名の><の有効期限>。The structure of each token is _<'expiration time in Epoch time format'><'secure signature'>_. 例:For example:

https://privatecdn.sharepointonline.com/contoso.sharepoint.com/sites/site1/library1/folder1/image1.jpg?eat=1486154359_cc59042c5c55c90b26a2775323c7c8112718431228fe84d568a3795a63912840&oat=1486154359_7d73c2e3ba4b7b1f97242332900616db0d4ffb04312

注意

トークンを所有しているユーザーは、CDN 内のリソースにアクセスできます。Anyone in possession of the token can access the resource in the CDN. ただし、これらのアクセス トークンを含む URL は HTTPS 経由でのみ共有されます。そのため、トークンの有効期限が切れる前にエンド ユーザーが URL を明示的に共有しない限り、承認されていないユーザーはアセットにアクセスできます。However, URLs containing these access tokens are only shared over HTTPS, so unless the URL is explicitly shared by an end user before the token expires, the asset won't be accessible to unauthorized users.

アイテム レベルのアクセス許可は、プライベートオリジンのアセットではサポートされていませんItem-level permissions are not supported for assets in private origins

SharePoint Online は、プライベート オリジンのアセットに対するアイテム レベルのアクセス許可をサポートしていない点に注意することが重要です。It is important to note that SharePoint Online does not support item-level permissions for assets in private origins. たとえば、場所にあるファイルの場合、ユーザーは次の条件に従って https://contoso.sharepoint.com/sites/site1/library1/folder1/image1.jpg ファイルに効果的にアクセスできます。For example, for a file located at https://contoso.sharepoint.com/sites/site1/library1/folder1/image1.jpg, users have effective access to the file given the following conditions:

UserUser アクセス許可Permissions 有効なアクセスEffective access
ユーザー 1User 1 フォルダー 1 へのアクセス権を持つHas access to folder1 CDN からimage1.jpgアクセスできるCan access image1.jpg from the CDN
ユーザー 2User 2 folder1 にアクセスできないDoes not have access to folder1 CDN からimage1.jpgにアクセスできないCannot access image1.jpg from the CDN
ユーザー 3User 3 folder1 へのアクセス権は付与されませんが、SharePoint Online 内のユーザーにアクセスするためのimage1.jpgアクセス許可が付与されます。Does not have access to folder1, but is granted explicit permission to access image1.jpg in SharePoint Online SharePoint Online から直接image1.jpgアクセスできますが、CDN からアクセスすることはできません。Can access the asset image1.jpg directly from SharePoint Online, but not from the CDN
ユーザー 4User 4 フォルダー 1 へのアクセス権を持っていますが、SharePoint Online でフォルダーへのアクセスimage1.jpg明示的に拒否されていますHas access to folder1, but has been explicitly denied access to image1.jpg in SharePoint Online SharePoint Online からアセットにアクセスすることはできませんが、SharePoint Online でファイルへのアクセスが拒否されているにもかかわらず CDN からアセットにアクセスできますCannot access the asset from SharePoint Online, but can access the asset from the CDN despite being denied access to the file in SharePoint Online

365 CDN OfficeトラブルシューティングTroubleshooting the Office 365 CDN

CDN によってアセットが提供されているのを確認する方法How do I confirm that assets are being served by the CDN?

CDN アセットへのリンクをページに追加したら、そのアセットが CDN から提供されているのを確認するには、ページを参照し、レンダリング後にイメージを右クリックし、イメージの URL を確認します。Once you have added links to CDN assets to a page, you can confirm that the asset is being served from the CDN by browsing to the page, right clicking on the image once it has rendered and reviewing the image URL.

ブラウザーの開発者ツールを使用して、ページ上の各アセットの URL を表示したり、サードパーティのネットワーク トレース ツールを使用することもできます。You can also use your browser's developer tools to view the URL for each asset on a page, or use a third party network trace tool.

注意

Fiddler などのネットワーク ツールを使用して SharePoint ページからアセットをレンダリングする外部でアセットをテストする場合は、URL が SharePoint Online テナントのルート URL である GET 要求に、参照先ヘッダー "Referer:" を手動で追加する必要があります。 https://yourdomain.sharepoint.comIf you use a network tool such as Fiddler to test your assets outside of rendering the asset from a SharePoint page, you must manually add the referer header "Referer: https://yourdomain.sharepoint.com" to the GET request where the URL is the root URL of your SharePoint Online tenant.

SharePoint Online からの参照者が必要なので、WEB ブラウザーで CDN URL を直接テストすることはできません。You cannot test CDN URLs directly in a web browser because you must have a referer coming from SharePoint Online. ただし、CDN アセット URL を SharePoint ページに追加し、ブラウザーでページを開いた場合は、CDN アセットがページに表示されます。However, if you add the CDN asset URL to a SharePoint page and then open the page in a browser, you will see the CDN asset rendered on the page.

Microsoft Edge ブラウザーでの開発者ツールの使用の詳細については 、「Microsoft Edge Developer Tools」を参照してくださいFor more information on using the developer tools in the Microsoft Edge browser, see Microsoft Edge Developer Tools.

SharePoint Developer Patterns and Practices YouTube チャネルでホストされている短いビデオを見て、CDN が動作しているのを確認する方法を説明するには 、「CDNの使用状況を確認し、最適なネットワーク接続を確保する」を参照してください。To watch a short video hosted in the SharePoint Developer Patterns and Practices YouTube channel demonstrating how to verify that your CDN is working, please see Verifying your CDN usage and ensuring optimal network connectivity.

新しいオリジンのアセットが使用できない理由Why are assets from a new origin unavailable?

新しい配信元のアセットは、登録が CDN 経由で伝達され、アセットが配信元から CDN ストレージにアップロードされるのに時間がかかるので、すぐには使用できません。Assets in new origins will not immediately be available for use, as it takes time for the registration to propagate through the CDN and for the assets to be uploaded from the origin to CDN storage. CDN でアセットを利用するために必要な時間は、アセットの数とファイル サイズによって異なります。The time required for assets to be available in the CDN depends on how many assets and the files sizes.

クライアント側 Web パーツまたは SharePoint Framework ソリューションが機能しないMy client-side web part or SharePoint Framework solution isn't working

パブリック配信元に対Office 365 CDN を有効にした場合、CDN サービスは次の既定の配信元を自動的に作成します。When you enable the Office 365 CDN for public origins, the CDN service automatically creates these default origins:

  • */MASTERPAGE*/MASTERPAGE
  • */STYLE ライブラリ*/STYLE LIBRARY
  • */CLIENTSIDEASSETS*/CLIENTSIDEASSETS

*/clientsideassets の生成元が見つからない場合、SharePoint Framework ソリューションは失敗し、警告メッセージやエラー メッセージは生成されません。If the */clientsideassets origin is missing, SharePoint Framework solutions will fail, and no warning or error messages are generated. このオリジンは 、-NoDefaultOrigins パラメーターが $true に設定された CDN が有効になっているか、またはオリジンが手動で削除されたためです。This origin may be missing either because the CDN was enabled with the -NoDefaultOrigins parameter set to $true, or because the origin was manually deleted.

次の PowerShell コマンドを使用して、どの原点が存在するのか確認できます。You can check to see which origins are present with the following PowerShell command:

Get-SPOTenantCdnOrigins -CdnType Public

または、次の 365 CLI Office確認できます。Or you can check with the Office 365 CLI:

spo cdn origin list

PowerShell で原点を追加するには、次のコマンドを実行します。To add the origin in PowerShell:

Add-SPOTenantCdnOrigin -CdnType Public -OriginUrl */CLIENTSIDEASSETS

365 CLI で原点をOfficeするには、次のコマンドを実行します。To add the origin in the Office 365 CLI:

spo cdn origin add --origin */CLIENTSIDEASSETS

PowerShell モジュールと CLI シェルは、365 CDN のOffice必要ですか?What PowerShell modules and CLI shells do I need to work with the Office 365 CDN?

SharePoint Online 管理シェル PowerShell モジュールまたは 365 CLI を使用して、Office 365 CDN をOfficeできますYou can choose to work with the Office 365 CDN using either the SharePoint Online Management Shell PowerShell module or the Office 365 CLI.

関連項目See also

Content Delivery NetworkContent Delivery Networks

Office 365 のネットワーク計画とパフォーマンス チューニングNetwork planning and performance tuning for Office 365

SharePoint Performance Series - Office 365 CDN ビデオ シリーズSharePoint Performance Series - Office 365 CDN video series