Microsoft 365 への段階的な移行に PowerShell を使用するUse PowerShell to perform a staged migration to Microsoft 365

この記事は、Microsoft 365 Enterprise および Office 365 Enterprise の両方に適用されます。This article applies to both Microsoft 365 Enterprise and Office 365 Enterprise.

ステージ移行を使用して、ユーザー メールボックスの内容をソース メール システムから Microsoft 365 に時間の経過と一度に移行できます。You can migrate the contents of user mailboxes from a source email system to Microsoft 365 over time using a staged migration.

この記事では、Exchange Online PowerShell を使用した段階的メール移行に関するタスクを順を追って説明します。This article walks you through the tasks involved with for a staged email migration using Exchange Online PowerShell. トピック「 電子メールの段階移行について知る必要がある内容」では、移行プロセスの概要を説明します。The topic, What you need to know about a staged email migration, gives you an overview of the migration process. 記事の内容に満足いただけたら、段階的メール移行を使用して、あるメール システムから別のメール システムへのメールボックスの移行を開始してください。When you're comfortable with the contents of that article, use this one to begin migrating mailboxes from one email system to another.

注意

また、段階的な移行を実行するには、Exchange 管理センターを使用することもできます。You can also use the Exchange admin center to perform staged migration. 「Microsoft 365 への電子メールの段階移行を実行する」を参照してくださいSee Perform a staged migration of email to Microsoft 365.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

このタスクの予想所要時間:移行バッチの作成に 2 ~ 5 分。Estimated time to complete this task: 2-5 minutes to create a migration batch. 移行バッチ開始後の移行時間は、バッチ内のメールボックスの数、各メールボックスのサイズ、および使用可能なネットワーク容量によって異なります。After the migration batch is started, the duration of the migration will vary based on the number of mailboxes in the batch, the size of each mailbox, and your available network capacity. メールボックスを Microsoft 365 に移行するのにかかる時間に影響するその他の要因については、「移行パフォーマンス」 を参照してくださいFor information about other factors that affect how long it takes to migrate mailboxes to Microsoft 365, see Migration Performance.

この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可を確認するには、トピック「受信者のアクセス許可」の中の「移行」エントリを参照してください。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Migration" entry in the Recipients Permissions topic.

Exchange Online PowerShell コマンドレットを使用するには、サインインしてコマンドレットをローカルの Windows PowerShell セッションにインポートする必要があります。手順については、「リモート PowerShell による Exchange への接続」を参照してください。To use the Exchange Online PowerShell cmdlets, you need to sign in and import the cmdlets into your local Windows PowerShell session. See Connect to Exchange Online using remote PowerShell for instructions.

移行コマンドの完全な一覧については、「移動と移行のコマンドレット」を参照してください。For a full list of migration commands, see Move and migration cmdlets.

移行の手順Migration steps

ステップ 1:段階的な移行を準備するStep 1: Prepare for a staged migration

ステージ移行を使用してメールボックスを Microsoft 365 に移行する前に、Exchange 環境に対していくつかの変更を加える必要があります。Before you migrate mailboxes to Microsoft 365 by using a staged migration, there are a few changes you must make to your Exchange environment.

社内の Exchange Server に Outlook Anywhere を構成する: メール移行サービスは、Outlook Anywhere (RPC over HTTP としても知られる) を使用して社内の Exchange Server に接続します。Exchange Server 2007 と Exchange 2003 における Outlook Anywhere の設定方法の詳細については、以下を参照してください。Configure Outlook Anywhere on your on-premises Exchange Server The email migration service uses Outlook Anywhere (also known as RPC over HTTP), to connect to your on-premises Exchange Server. For information about how to set up Outlook Anywhere for Exchange Server 2007, and Exchange 2003, see the following:

重要

Outlook Anywhere の構成には、信頼された証明機関 (CA) によって発行された証明書を使用する必要があります。Outlook Anywhere は、自己署名入りの証明書で構成することはできません。詳細については、「Outlook Anywhere のために SSL を構成する方法」を参照してください。You must use a certificate issued by a trusted certification authority (CA) with your Outlook Anywhere configuration. Outlook Anywhere can't be configured with a self-signed certificate. For more information, see How to configure SSL for Outlook Anywhere.

オプション:Outlook Anywhere を使用して Exchange 組織に接続できることを確認する: 接続設定をテストするには、次のいずれかの方法を試します。Optional: Verify that you can connect to your Exchange organization using Outlook Anywhere Try one of the following methods to test your connection settings.

  • 企業ネットワークの外部から Outlook を使用して社内の Exchange メールボックスに接続します。Use Outlook from outside your corporate network to connect to your on-premises Exchange mailbox.

  • Microsoft リモート接続アナライザーを使用して、 接続設定をテストします。Use the Microsoft Remote Connectivity Analyzer to test your connection settings. Outlook Anywhere (RPC over HTTP) または Outlook 自動検出テストを使用します。Use the Outlook Anywhere (RPC over HTTP) or Outlook Autodiscover tests.

  • Exchange Online PowerShell で次のコマンドを実行します。Run the following commands in Exchange Online PowerShell:

    $Credentials = Get-Credential
    
    Test-MigrationServerAvailability -ExchangeOutlookAnywhere -Autodiscover -EmailAddress <email address for on-premises administrator> -Credentials $credentials
    

アクセス許可を設定する オンプレミスの Exchange 組織 (移行管理者とも呼ばれる) への接続に使用するオンプレミス ユーザー アカウントには、Microsoft 365 に移行するオンプレミス メールボックスにアクセスするために必要なアクセス許可が必要です。Set permissions The on-premises user account that you use to connect to your on-premises Exchange organization (also called the migration administrator) must have the necessary permissions to access the on-premises mailboxes that you want to migrate to Microsoft 365. このユーザー アカウントは、この手順の後半に記載する移行エンドポイント (ステップ 3:移行エンドポイントを作成する) を作成して電子メール システムに接続するときに使用します。This user account is used when you connect to your email system by creating a migration endpoint later in this procedure (Step 3: Create a migration endpoint ).

メールボックスを移行するために、管理者には次のアクセス許可セットのいずれかが必要です。To migrate the mailboxes, the admin must have one of the following permission sets:

  • 社内組織の Active Directory の Domain Admins グループのメンバーであること。Be a member of the Domain Admins group in Active Directory in the on-premises organization.

    oror

  • 社内の各メールボックスに FullAccess のアクセス許可が割り当てられ、社内のユーザー アカウントの TargetAddress プロパティを変更するための WriteProperty のアクセス許可が割り当てられていること。Be assigned the FullAccess permission for each on-premises mailbox and the WriteProperty permission to modify the TargetAddress property on the on-premises user accounts.

    oror

  • ユーザー メールボックスを格納する社内のメールボックス データベースに 受信者 のアクセス許可が割り当てられ、社内のユーザー アカウントの TargetAddress プロパティを変更するための WriteProperty のアクセス許可が割り当てられていること。Be assigned the Receive As permission on the on-premises mailbox database that stores user mailboxes and the WriteProperty permission to modify the TargetAddress property on the on-premises user accounts.

これらのアクセス許可を設定する方法については、「メールボックスを Microsoft 365に移行するためのアクセス許可の割り当て」を参照してください。For instructions about how to set these permissions, see Assign permissions to migrate mailboxes to Microsoft 365.

ユニファイド メッセージング (UM) を無効にする: 移行する社内のメールボックスで UM がオンになっている場合は、移行前に UM をオフにします。移行の完了後に、メールボックスの UM をオンにします。操作手順については、「ユーザーのユニファイド メッセージングを無効にする方法」を参照してください。Disable Unified Messaging (UM) If UM is turned on for the on-premises mailboxes you're migrating, turn off UM before migration. Turn on UM for the mailboxes after migration is complete. For how-to steps, seedisable unified messaging.

ディレクトリ同期を使用して、Microsoft 365 で新しいユーザーを作成します。Use directory synchronization to create new users in Microsoft 365. ディレクトリ同期を使用して、Microsoft 365 組織内のすべてのオンプレミス ユーザーを作成します。You use directory synchronization to create all the on-premises users in your Microsoft 365 organization.

ユーザーの作成後にライセンスを付与する必要があります。ユーザーの作成後、ライセンスを追加するまでに 30 日間があります。ライセンスを追加する手順については、「ステップ 8:移行後のタスクを完了する」を参照してください。You need to license the users after they're created. You have 30 days to add licenses after the users are created. For steps to add licenses, see Step 8: Complete post-migration tasks.

Microsoft Azure Active Directory (Azure AD) 同期ツールまたは Microsoft Azure AD Sync Services のいずれかを使用して、Microsoft 365 でオンプレミス ユーザーを同期および作成できます。You can use either the Microsoft Azure Active Directory (Azure AD) Synchronization Tool or the Microsoft Azure AD Sync Services to synchronize and create your on-premises users in Microsoft 365. メールボックスを Microsoft 365 に移行した後、オンプレミス組織のユーザー アカウントを管理し、Microsoft 365 組織と同期します。After mailboxes are migrated to Microsoft 365, you manage user accounts in your on-premises organization, and they're synchronized with your Microsoft 365 organization. 詳細については、「Directory Integration」を参照してくださいFor more information, seeDirectory Integration .

ステップ 2:段階的な移行バッチ用の CSV ファイルを作成するStep 2: Create a CSV file for a staged migration batch

Microsoft 365 に移行するオンプレミス メールボックスを持つユーザーを特定した後、コンマ区切り値 (CSV) ファイルを使用して移行バッチを作成します。After you identify the users whose on-premises mailboxes you want to migrate to Microsoft 365, you use a comma separated value (CSV ) file to create a migration batch. 移行を実行するために Microsoft 365 で使用される CSV ファイルの各行には、オンプレミスメールボックスに関する情報が含まれます。Each row in the CSV file—used by Microsoft 365 to run the migration—contains information about an on-premises mailbox.

注意

ステージ移行を使用して Microsoft 365 に移行できるメールボックスの数に制限はありません。There isn't a limit for the number of mailboxes that you can migrate to Microsoft 365 using a staged migration. 移行バッチ用の CSV ファイルに含めることができる行数は、最大 2,000 行までです。The CSV file for a migration batch can contain a maximum of 2,000 rows. 2,000 を超えるメールボックスを移行するには、追加の CSV ファイルを作成し、各ファイルを使用して新しい移行バッチを作成します。To migrate more than 2,000 mailboxes, create additional CSV files and use each file to create a new migration batch.

サポートされている属性Supported attributes

段階的な移行用の CSV ファイルは、次の 3 つの属性をサポートします。CSV ファイルの各行はメールボックスに対応し、各属性の値を含める必要があります。The CSV file for a staged migration supports the following three attributes. Each row in the CSV file corresponds to a mailbox and must contain a value for each of these attributes.

属性Attribute 説明Description 必須Required?
EmailAddressEmailAddress
プライマリ SMTP 電子メール アドレス (たとえば、社内メールボックスの場合は pilarp@contoso.com など) を指定します。Specifies the primary SMTP email address, for example, pilarp@contoso.com, for on-premises mailboxes.
Microsoft 365 のユーザー ID ではなく、オンプレミスメールボックスのプライマリ SMTP アドレスを使用します。Use the primary SMTP address for on-premises mailboxes and not user IDs from the Microsoft 365. たとえば、オンプレミス ドメインの名前が contoso.com で、Microsoft 365 メール ドメインの名前が service.contoso.com の場合は、CSV ファイル内の電子メール アドレスに contoso.com ドメイン名を使用します。For example, if the on-premises domain is named contoso.com but the Microsoft 365 email domain is named service.contoso.com, you would use the contoso.com domain name for email addresses in the CSV file.
必須Required
PasswordPassword
新しい Microsoft 365 メールボックスに設定するパスワード。The password to be set for the new Microsoft 365 mailbox. Microsoft 365 組織に適用されるパスワード制限は、CSV ファイルに含まれるパスワードにも適用されます。Any password restrictions that are applied to your Microsoft 365 organization also apply to the passwords included in the CSV file.
省略可能Optional
ForceChangePasswordForceChangePassword
ユーザーが新しい Microsoft 365 メールボックスに初めてサインインする場合にパスワードを変更する必要があるかどうかを指定します。Specifies whether a user must change the password the first time they sign in to their new Microsoft 365 mailbox. このパラメーターの値には True または False を使用してください。Use True or False for the value of this parameter.
> [!NOTE]> Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) 以上を社内組織に展開してシングル サインオン (SSO) ソリューションを実装した場合、 ForceChangePassword 属性の値には False を使用する必要があります。> [!NOTE]> If you've implemented a single sign-on (SSO) solution by deploying Active Directory Federation Services (AD FS) or greater in your on-premises organization, you must use False for the value of the ForceChangePassword attribute.
省略可能Optional

CSV ファイル形式CSV file format

以下に、CSV ファイルの形式の例を示します。Here's an example of the format for the CSV file. この例では、3 つのオンプレミス メールボックスが Microsoft 365 に移行されます。In this example, three on-premises mailboxes are migrated to Microsoft 365.

CSV ファイルの最初の行、つまりヘッダー行には、後続の行で指定される属性 (つまり、フィールド) の名前が示されます。各属性名はコンマで区切られます。The first row, or header row, of the CSV file lists the names of the attributes, or fields, specified in the rows that follow. Each attribute name is separated by a comma.

EmailAddress,Password,ForceChangePassword 
pilarp@contoso.com,Pa$$w0rd,False 
tobyn@contoso.com,Pa$$w0rd,False 
briant@contoso.com,Pa$$w0rd,False 

ヘッダー行の下の各行は個々のユーザーを表します。これらの行には、そのユーザーのメールボックスを移行するための情報が含まれます。各行の属性値は、ヘッダー行の属性名と同じ順序で並んでいる必要があります。Each row under the header row represents one user and supplies the information that will be used to migrate the user's mailbox. The attribute values in each row must be in the same order as the attribute names in the header row.

CSV ファイルの作成には、任意のテキスト エディターや Excel などのアプリケーションを使用します。ファイルは .csv ファイルまたは .txt ファイルとして保存します。Use any text editor, or an application like Excel , to create the CSV file. Save the file as a .csv or .txt file.

注意

CSV ファイルに非 ASCII 文字や特殊文字が含まれている場合は、UTF-8 などの Unicode エンコードで CSV ファイルを保存してください。アプリケーションによっては、コンピューターのシステム ロケールが CSV ファイルで使用されている言語と一致するときに、CSV ファイルを UTF-8 などの Unicode エンコードで保存した方が簡単な場合があります。If the CSV file contains non-ASCII or special characters, save the CSV file with UTF-8 or other Unicode encoding. Depending on the application, saving the CSV file with UTF-8 or other Unicode encoding can be easier when the system locale of the computer matches the language used in the CSV file.

ステップ 3:移行エンドポイントを作成するStep 3: Create a migration endpoint

メールを正常に移行するには、Microsoft 365 がソース メール システムに接続して通信する必要があります。To migrate email successfully, Microsoft 365 needs to connect and communicate with the source email system. これを行うには、Microsoft 365 は移行エンドポイントを使用します。To do this, Microsoft 365 uses a migration endpoint. PowerShell を使用して Outlook Anywhere 移行エンドポイントを作成するには、段階的な移行で、最初にリモート PowerShell による Exchange への接続を行います。To create an Outlook Anywhere migration endpoint by using PowerShell, for staged migration, first connect to Exchange Online.

移行コマンドの完全な一覧については、「移動と移行のコマンドレット」を参照してください。For a full list of migration commands, see Move and migration cmdlets.

Exchange Online PowerShell に "StagedEndpoint" という Outlook Anywhere 移行エンドポイントを作成するには、次のコマンドを実行します。To create an Outlook Anywhere migration endpoint called "StagedEndpoint" in Exchange Online PowerShell, run the following commands:

$Credentials = Get-Credential
New-MigrationEndpoint -ExchangeOutlookAnywhere -Name StagedEndpoint -Autodiscover -EmailAddress administrator@contoso.com -Credentials $Credentials

New-MigrationEndpoint コマンドレットの詳細については、「New-MigrationEndpoint」を参照してください。For more information about the New-MigrationEndpoint cmdlet, seeNew-MigrationEndpoint.

注意

New-MigrationEndpoint コマンドレットで -TargetDatabase オプションを使用することによって、使用するサービスに対してデータベースを指定することができます。それ以外の場合、データベースは、管理メールボックスが配置されている Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) 2.0 サイトからランダムに割り当てられます。The New-MigrationEndpoint cmdlet can be used to specify a database for the service to use by using the -TargetDatabase option. Otherwise a database is randomly assigned from the Active Directory Federation Services (AD FS) 2.0 site where the management mailbox is located.

機能していることを確認するVerify it worked

Exchange Online PowerShell で、次のコマンドを実行して "StagedEndpoint" 移行エンドポイントに関する情報を表示します。In Exchange Online PowerShell, run the following command to display information about the "StagedEndpoint" migration endpoint:

Get-MigrationEndpoint StagedEndpoint | Format-List EndpointType,ExchangeServer,UseAutoDiscover,Max*

ステップ 4:段階的な移行のバッチを作成および開始するStep 4: Create and start a stage migration batch

Exchange Online PowerShell の New-MigrationBatch コマンドレットを使用すると、一括移行の移行バッチを作成できます。 AutoStart パラメーターを含めると、移行バッチを作成して自動的に開始できます。また、別の方法として、 Start-MigrationBatch コマンドレットを使用することにより、移行バッチを作成して後で手動で開始できます。この例では、"StagedBatch1" という移行バッチを作成して、前の例で作成した移行エンドポイントを使用します。You can use the New-MigrationBatch cmdlet in Exchange Online PowerShell to create a migration batch for a cutover migration. You can create a migration batch and start it automatically by including the AutoStart parameter. Alternatively, you can create the migration batch and then manually start it afterwards by using the Start-MigrationBatch cmdlet. This example creates a migration batch called "StagedBatch1" and uses the migration endpoint that was created in the previous step.

New-MigrationBatch -Name StagedBatch1 -SourceEndpoint StagedEndpoint -AutoStart

この例でも、"StagedBatch1" という移行バッチを作成して、前の例で作成した移行エンドポイントを使用します。 AutoStart パラメーターが含まれていないため、移行バッチは移行ダッシュボードで、または Start-MigrationBatch コマンドレットを使用して手動で開始する必要があります。前述のように、一度に存在できる一括移行バッチは 1 つだけです。This example also creates a migration batch called "StagedBatch1" and uses the migration endpoint that was created in the previous step. Because the AutoStart parameter isn't included, the migration batch has to be manually started on the migration dashboard or by using Start-MigrationBatch cmdlet. As previously stated, only one cutover migration batch can exist at a time.

New-MigrationBatch -Name StagedBatch1 -SourceEndpoint StagedEndpoint

機能していることを確認するVerify it worked

Exchange Online PowerShell で次のコマンドを実行すると、「StagedBatch1」に関する情報が表示されます。Run the following command in Exchange Online PowerShell to display information about the "StagedBatch1":

Get-MigrationBatch -Identity StagedBatch1 | Format-List

また、次のコマンドを実行すると、バッチが開始されたことを確認できます。You can also verify that the batch has started by running the following command:

Get-MigrationBatch -Identity StagedBatch1 | Format-List Status

Get-MigrationBatch コマンドレットの詳細については、「Get-MigrationBatch」を参照してください。For more information about the Get-MigrationBatch cmdlet, seeGet-MigrationBatch.

ステップ 5:社内メールボックスをメールが有効なユーザーに変換するStep 5: Convert on-premises mailboxes to mail-enabled users

メールボックスのバッチが正常に移行されたら、何らかの方法でユーザーが各自のメールにアクセスできるようにする必要があります。After you have successfully migrated a batch of mailboxes, you need some way to let users get to their mail. メールボックスが移行されたユーザーは、オンプレミスのメールボックスと Microsoft 365 のメールボックスの両方を持っています。A user whose mailbox has been migrated now has both a mailbox on-premises and one in Microsoft 365. Microsoft 365 でメールボックスを持つユーザーは、オンプレミスのメールボックスで新しいメールの受信を停止します。Users who have a mailbox in Microsoft 365 will stop receiving new mail in their on-premises mailbox.

移行が完了していないので、すべてのユーザーに電子メール用の Microsoft 365 を送信する準備がまだ整っていません。Because you are not done with your migrations, you are not yet ready to direct all users to Microsoft 365 for their email. 両方のメールボックスを持つユーザーに対してはどのようにすれば良いでしょうか。So what do you do for those people who have both? 既に移行済みの社内メールボックスをメールが有効なユーザーに変更することができます。What you can do is change the on-premises mailboxes that you've already migrated to mail-enabled users. メールボックスからメールが有効なユーザーに変更する場合は、ユーザーがオンプレミスのメールボックスに移動する代わりに、ユーザーに電子メール用の Microsoft 365 を指示できます。When you change from a mailbox to a mail-enabled user, you can direct the user to Microsoft 365 for their email instead of going to their on-premises mailbox.

オンプレミスのメールボックスをメールが有効なユーザーに変換するもう 1 つの重要な理由は、プロキシ アドレスをメールが有効なユーザーにコピーして、Microsoft 365 メールボックスのプロキシ アドレスを保持する方法です。Another important reason to convert on-premises mailboxes to mail-enabled users is to retain proxy addresses from the Microsoft 365 mailboxes by copying proxy addresses to the mail-enabled users. これにより、Active Directory を使用して社内組織からクラウドベースのユーザーを管理できます。This lets you manage cloud-based users from your on-premises organization by using Active Directory. また、すべてのメールボックスを Microsoft 365 に移行した後に、オンプレミスの Exchange Server 組織を使用停止にした場合、メールが有効なユーザーにコピーしたプロキシ アドレスは、オンプレミスの Active Directory に残ります。Also, if you decide to decommission your on-premises Exchange Server organization after all mailboxes are migrated to Microsoft 365, the proxy addresses you've copied to the mail-enabled users will remain in your on-premises Active Directory.

ステップ 6:段階的な移行バッチを削除するStep 6: Delete a staged migration batch

移行バッチ内のすべてのメールボックスが正常に移行された場合、バッチ内の社内メールボックスをメールが有効なユーザーに変換した後に、段階的な移行バッチを削除する準備が整います。After all mailboxes in a migration batch have been successfully migrated, and you've converted the on-premises mailboxes in the batch to mail-enabled users, you're ready to delete a staged migration batch. 移行バッチ内の Microsoft 365 メールボックスにメールが転送されているのを確認してください。Be sure to verify that mail is being forwarded to the Microsoft 365 mailboxes in the migration batch. 段階的な移行バッチを削除すると、移行サービスによって、移行バッチに関連するすべてのレコードがクリーンアップされて移行バッチが削除されます。When you delete a staged migration batch, the migration service cleans up any records related to the migration batch and deletes the migration batch.

Exchange Online PowerShell で "StagedBatch1" 移行バッチを削除するには、次のコマンドを実行します。To delete the "StagedBatch1" migration batch in Exchange Online PowerShell, run the following command.

Remove-MigrationBatch -Identity StagedBatch1

Remove-MigrationBatch コマンドレットの詳細については、「Remove-MigrationBatch」を参照してください。For more information about the Remove-MigrationBatch cmdlet, seeRemove-MigrationBatch.

機能していることを確認するVerify it worked

Exchange Online PowerShell で次のコマンドを実行すると、"IMAPBatch1" に関する情報が表示されます。Run the following command in Exchange Online PowerShell to display information about the "IMAPBatch1":

Get-MigrationBatch StagedBatch1

このコマンドによって、状態が Removing の移行バッチが返されるか、移行バッチが見つからず、削除されたことの確認を求めるエラーが返されます。The command will return either the migration batch with a status of Removing, or it will return an error stating that migration batch couldn't be found, verifying that the batch was deleted.

Get-MigrationBatch コマンドレットの詳細については、「Get-MigrationBatch」を参照してください。For more information about the Get-MigrationBatch cmdlet, seeGet-MigrationBatch.

手順 7: Microsoft 365 ユーザーにライセンスを割り当てるStep7: Assign licenses to Microsoft 365 users

ライセンスを割り当て、移行されたアカウントの Microsoft 365 ユーザー アカウントをアクティブ化します。Activate Microsoft 365 user accounts for the migrated accounts by assigning licenses. ライセンスを割り当てないと、猶予期間 (30 日) が終了したときにメールボックスが無効になります。If you don't assign a license, the mailbox is disabled when the grace period (30 days) ends. Microsoft 365 管理センターでライセンスを割り当てるには、「ライセンスの割り当てまたは割り当てを解除する 」を参照してくださいTo assign a license in the Microsoft 365 admin center, see Assign or unassign licenses.

ステップ 8:移行後のタスクを完了するStep 8: Complete post-migration tasks

  • ユーザーが各自のメールボックスに簡単にアクセスできるように、自動検出 DNS レコードを作成します。Create an Autodiscover DNS record so users can easily get to their mailboxes. すべてのオンプレミス メールボックスを Microsoft 365 に移行した後、Microsoft 365 組織の自動検出 DNS レコードを構成して、Outlook およびモバイル クライアントを使用して新しい Microsoft 365 メールボックスに簡単に接続できます。After all on-premises mailboxes are migrated to Microsoft 365, you can configure an Autodiscover DNS record for your Microsoft 365 organization to enable users to easily connect to their new Microsoft 365 mailboxes with Outlook and mobile clients. この新しい自動検出 DNS レコードでは、Microsoft 365 組織で使用している名前空間と同じ名前空間を使用する必要があります。This new Autodiscover DNS record has to use the same namespace that you're using for your Microsoft 365 organization. たとえば、クラウドベースの名前空間が cloud.contoso.com の場合、作成する必要のある自動検出 DNS レコードは autodiscover.cloud.contoso.com となります。For example, if your cloud-based namespace is cloud.contoso.com, the Autodiscover DNS record you need to create is autodiscover.cloud.contoso.com.

    Microsoft 365 では、CNAME レコードを使用して Outlook およびモバイル クライアントの自動検出サービスを実装します。Microsoft 365 uses a CNAME record to implement the Autodiscover service for Outlook and mobile clients. 自動検出 CNAME レコードには以下の情報が含まれている必要があります。The Autodiscover CNAME record must contain the following information:

  • 社内の Exchange サーバーの使用を停止します。Decommission on-premises Exchange servers. すべての電子メールが Microsoft 365 メールボックスに直接ルーティングされ、オンプレミスの電子メール組織を維持する必要がなくなったり、SSO ソリューションの実装を計画したりする必要がなくなったら、サーバーから Exchange をアンインストールし、オンプレミスの Exchange 組織を削除できます。After you've verified that all email is being routed directly to the Microsoft 365 mailboxes, and you no longer need to maintain your on-premises email organization or don't plan on implementing an SSO solution, you can uninstall Exchange from your servers and remove your on-premises Exchange organization.

    詳細については、以下を参照してください。For more information, see the following: