デバイス イメージDevice images

新しいデバイスを注文する場合でも、既存のデバイスを再利用する場合でも、デバイス上のイメージがデバイス要件を満たしていることを確認するためのいくつかのオプションがありますWhether you order new devices or reuse existing ones, you have several options to ensure the image on the device meets our device requirements.

新しいデバイスNew devices

承認された製造元から新しいデバイスを注文する場合は、次の手順に従って、適切な Microsoft Managed Desktop イメージとソフトウェア構成でデバイスを出荷します。When you order a new device from an approved manufacturer, follow these steps to make sure they ship devices with the right Microsoft Managed Desktop image and software configuration.

DellDell

Microsoft Managed Desktop によって承認されたイメージが注文のデバイスに適用されるのを確認する Dell 営業担当者と直接作業します。Work directly with the Dell sales representative, who will make sure that the image approved by Microsoft Managed Desktop is applied to devices for your order. Dell デバイス、イメージ、および注文プロセスに関する詳細な質問については、次の MMD_at_dell@dell.com。For more questions on Dell devices, the image, and the ordering process, contact MMD_at_dell@dell.com.

HPHP

HP から新しいデバイスを注文する場合は、[プログラム デバイス] に示すように、各モデルの [追加要件] セクションに記載されている特定の SKU を 必ず使用してくださいWhen you order new devices from HP, be sure to use the specific SKU listed in the Additional requirements section for each model as shown in Program devices.

例外として承認されているが、現在 [デバイス一覧] ページに表示されていない HP からデバイスを注文する場合は、必ずモデルに使用する SKU を要求してください。If you're ordering a device from HP that has been approved as an exception but isn't currently listed on the Device List page, be sure to request the SKU to be used for your model. 例外要求を使用してこの情報を取得するために HP と作業します。We'll work with HP to get you this information by using your exception request. 次のアドレスを使用して、デバイスとデバイスの順序付け手順に関する質問については、HP に直接お問い合わせください。You can also contact HP directly for any questions about devices and device ordering instructions by using these addresses:

  • 南北アメリカ: mmd-americas@hp.comAmericas: mmd-americas@hp.com
  • ヨーロッパ/中東/アフリカ: mmd-emea@hp.comEurope/Middle East/Africa: mmd-emea@hp.com
  • アジア太平洋/日本: mmd-apj@hp.comAsia Pacific/Japan: mmd-apj@hp.com
  • グローバル: mmd@hp.comGlobal: mmd@hp.com

LenovoLenovo

Microsoft Managed Desktop で使用するために Lenovo からデバイスを注文する場合は、注文の一部として含まれる特定のパーツ番号を指定する必要があります。When you order devices from Lenovo for use in Microsoft Managed Desktop, you'll need to indicate a specific part number included as part of the order. Lenovo の営業担当者または Lenovo チャネル パートナーに問い合わせて、デバイス要件を満たすシステムを使用して"特別入札 モデル" を作成 してください。Contact your Lenovo sales representative or Lenovo Channel Partner and ask them to create a "special bid model" with a system that meets our device requirements. Microsoft Managed Desktop と互換性のある事前読み込みイメージを含めるには、営業担当者に「システム構築ブロックのパーツ番号 SBB0Q94938 – MMD Enablement」を参照してください。To include a pre-loaded image compatible with Microsoft Managed Desktop, ask the sales representative to reference "system building block part number SBB0Q94938 – MMD Enablement."

現在、Microsoft Managed Desktop サポートで有効になっている製品は次のとおりです。The following products are currently enabled for Microsoft Managed Desktop support:

  • L13 Gen 1L13 Gen 1
  • L13 Yoga Gen 1L13 Yoga Gen 1
  • L14 Gen 1 (Intel)L14 Gen 1 (Intel)
  • L14 Gen 1 (AMD)L14 Gen 1 (AMD)
  • L15 Gen 1 (Intel)L15 Gen 1 (Intel)
  • L15 Gen 1 (AMD)L15 Gen 1 (AMD)
  • X1 Carbon Gen 8X1 Carbon Gen 8
  • X1 Yoga Gen 5X1 Yoga Gen 5
  • T14 Gen 1 (Intel)T14 Gen 1 (Intel)
  • T14 Gen 1 (AMD)T14 Gen 1 (AMD)
  • T15 Gen 1T15 Gen 1
  • X13 Gen 1 (Intel)X13 Gen 1 (Intel)

MicrosoftMicrosoft

デバイス要件を満たすすべての Microsoft デバイスには、Microsoft Managed Desktop で動作するイメージが用意されています。All Microsoft devices that meet device requirements come with an image that works with Microsoft Managed Desktop. 他の手順は必要ありません。No other steps are required.

Microsoft デバイスのファクトリで利用可能な最新のイメージを取得するには、Surface スペシャリストと一緒に Surface "Pegged PO" プロセスを使用します。To get the latest image available in the factory on a Microsoft device, work with your Surface specialist to use the Surface "Pegged PO" process.

既存のデバイスExisting devices

既存のデバイスは、デバイス要件とソフトウェア要件の両方を満たしている限り再利用できますYou can reuse existing devices as long as they meet both the device requirements and the software requirements. 製造元に関連する手順に従います。Follow the steps relevant to your manufacturer.

デバイスは、製造元のイメージを使用するか、Microsoft Managed Desktop "ユニバーサル イメージ" を使用して再イメージ化できます。You can reimage devices either with an image from the manufacturer or by using the Microsoft Managed Desktop "universal image." 適切な製造元イメージを取得するには、再利用するモデルの新しいデバイスを少なくとも 1 つ注文できます。To get an appropriate manufacturer image, you could order at least one new device of the model you are reusing. その後、そのデバイスからイメージを取得し、まったく同じモデルの他のデバイスに適用できます。Then you can obtain the image from that device and apply it to other devices of the exact same model.

注意

イメージの作成、テスト、展開は、ユーザーが責任を負います。It's your the responsibility to create, test, and deploy images. また、カスタム イメージ ("ユニバーサル イメージ" を含む) の代わりに、可能な限り製造元が提供する適切な画像を使用することをお勧めします。We also recommend using appropriate images provided by the manufacturer whenever possible instead of custom images--including the "universal image."

HPHP

HP Corporate Ready Image に同梱されている HP 商用 PC には、 が含まれます。回復用の WIM ファイル。HP Commercial PCs shipped with the HP Corporate Ready Image include a .WIM file for recovery. このイメージを使用して、工場出荷時の復元イメージを同じモデルの他のデバイスに適用できます。You can use this image to apply the factory restoration image to other devices of the same model.

これらの手順では、デバイス上のすべてのデータが削除されます。そのため、開始する前に、保持するデータをバックアップする必要があります。These steps will remove all data on the device, so before starting you should back up any data on you want to keep.

  1. WinPEを使用して起動可能な USB ドライブを作成します。Create a bootable USB drive with WinPE.
  2. C: SOURCES から \ USB ドライブにこれらのファイルをコピーします。Copy these files from C:\SOURCES to the USB drive:
    • 工場出荷時の回復 WIM ファイル (HP _ EliteBook _ 840 _ G7 _ ノートブック PC CR _ _ _ 2004.wim など)The factory recovery WIM file (for example, HP_EliteBook_840_G7_Notebook_PC_CR_2004.wim)
    • DEPLOY。CMDDEPLOY.CMD
    • ReCreatePartitions.txtReCreatePartitions.txt
  3. WinPE にデバイスを起動する USB ドライブ。Boot the device to WinPE USB drive.
  4. コマンド プロンプトで、次のコマンドをDiskpart.exe。 In a command prompt, run Diskpart.exe.
  5. Diskpart で、実行し、プライマリ 記憶域ディスク番号 (通常はディスク list disk 0) をメモします。In Diskpart, run list disk, and then note the primary storage disk number (typically, Disk 0).
  6. 入力して Diskpart を終了 exit します。Exit Diskpart by typing exit.
  7. コマンド プロンプトで、 を実行します。sys_disk は、決定したプライマリ ストレージ ディスクのディスク番号であり、recovery_wim ファイル名です deploy.cmd <sys_disk> <recovery_wim> 。 前にコピーした WIM ファイル。In the command prompt, run deploy.cmd <sys_disk> <recovery_wim>, where sys_disk is the disk number of the primary storage disk you just determined and recovery_wim is the filename of the .WIM file you copied earlier.
  8. USB ドライブを取り外し、デバイスを再起動します。Remove the USB drive, and then restart the device.

MicrosoftMicrosoft

Microsoft Surface デバイスには、各モデルに固有の "ベア メタル 回復" イメージが含まれます。Microsoft Surface devices include "bare metal recovery" images that are specific to each model. これらのイメージを使用してデバイスを再イメージ化できます。You can use these images to reimage devices.

これらのイメージは Windows 回復環境 (WinRE) を使用し、これは手動プロセスです (自動化されません)。These images use the Windows Recovery Environment (WinRE) and this is a manual process (not automated). 「Surface の USB 回復ドライブ を作成して使用する」の手順に従いますFollow the steps in Creating and using a USB recovery drive for Surface.

ユニバーサル イメージUniversal image

Microsoft Managed Desktop は、Microsoft Managed Desktop で使用できる Windows 10 Pro と Microsoft 365 Apps for Enterprise を含むイメージを作成しました。Microsoft Managed Desktop has created an image containing Windows 10 Pro and Microsoft 365 Apps for Enterprise that you can use with Microsoft Managed Desktop. ただし、ユーザーがサインインしたら更新する必要がある古い Windows バージョンを意味する場合でも、可能な限り、製造元が提供する Microsoft Managed Desktop に適したイメージを使用してください。However, it's best to use images appropriate to Microsoft Managed Desktop provided by the manufacturer whenever possible, even if that means an older Windows version that then needs to update once the user signs in. Microsoft Managed Desktop Universal イメージの使用は、最終的なオプションである必要があります。Using the Microsoft Managed Desktop Universal image should be a final option.

  • 30~60 日ごとに最新の Windows 月次品質更新プログラムと、Microsoft 365 Apps for Enterprise 更新プログラムを少なくとも年 2 回更新して画像を更新します。We update the image with the latest Windows monthly quality updates every 30-60 days and Microsoft 365 Apps for Enterprise updates at least twice a year.
  • イメージには、Windows の回復シナリオに従って Microsoft 365 Apps for Enterprise が復元されるのを確認するための回復プロビジョニング パッケージが含まれています。The image contains a recovery provisioning package to ensure Microsoft 365 Apps for Enterprise is restored following Windows recovery scenarios.
  • USB ドライブを使用してイメージを展開できます。You can deploy the image with USB drives. ドライバーを挿入するスクリプト可能なプロセスが含まれています (イメージに含まれるドキュメントで説明されています)。It contains a scriptable process to insert drivers (outlined in the documentation included with the image).
  • 含まれているスクリプトとフォルダーは、特定の累積的な更新プログラムの追加、ファイル コピー コードの追加、その他のチェックの実行など、他のカスタマイズで使用するために変更できます。You can modify the included scripts and folders for use with other customizations, such as adding specific cumulative updates, file copy code, or performing other checks.
  • ドライバーと品質更新プログラムは、USB ドライブからの展開中に Windows に追加されます。Drivers and quality updates are added to Windows during deployment from the USB drive.

注意

必要なすべてのドライバーを追加し、すべてのテストを実行し、最終的に展開されたイメージに問題が発生しなかからず確認する必要があります。It's your responsibility to add all necessary drivers, perform all testing, and ensure there are no issues with the final deployed image. ユニバーサル イメージは"as-is" で提供されますが、技術的なガイダンスを提供し、質問に答えます。We provide the Universal Image "as-is" but will provide technical guidance and answer questions. 連絡先 MMDImage@microsoft.com。Contact MMDImage@microsoft.com.

管理ポータルで変更要求を作成して、ユニバーサル イメージのコンテンツとドキュメントの要求を 送信しますSubmit requests for the Universal Image content and documentation by creating a change request at the Admin portal.