デバイスの要件Device requirements

Microsoft Managed Desktop は、サービスに含めるデバイス要件を定期的に評価します。Microsoft Managed Desktop regularly evaluates device requirements to be included in the service. この記事では、Microsoft Managed Desktop を使用するためにデバイスが満たす必要があるハードウェア要件とソフトウェア要件について説明します。This article describes the hardware and software requirements a device must meet in order to work with Microsoft Managed Desktop. これらの要件に基づいて、サービスでの使用が既に承認されている特定のデバイスの一覧を確認できます。You can review a list of specific devices already approved for use with the service based on these requirements.

注意

これらの要件は、いつでも変更できますが、ハードウェア要件の変更に関する 30 日間の通知を提供します。These requirements can change at any time, but we will provide 30 days notice of any hardware requirement changes. 最近変更された要件は、 でマークされます *The requirements most recently changed are marked with *.

ハードウェア要件の確認Check hardware requirements

デバイスの仕様を確認する以外に、ダウンロード可能な準備状況評価チェッカーを使用して、特定のデバイスが必要な要件を満たしていることを確認することもできます。Besides reviewing device specs, you can also use the downloadable readiness assessment checker to verify that a given device meets the necessary requirements. また、このツールは、サービスが動作するために必要なネットワーク設定とエンドポイントもチェックします。This tool also checks network settings and endpoints that are also necessary for the service to work.

最小要件Minimum requirements

Microsoft Managed Desktop に登録するには、デバイスがこれらの要件のすべてを満たすか、または超える必要があります。To be enrolled in Microsoft Managed Desktop, a device must meet or exceed all of these requirements.

製造元Manufacturer

デバイスは、次のいずれかの製造元によって作成されている必要があります。The device must have been made by one of these manufacturers:

  • DellDell
  • HPHP
  • LenovoLenovo
  • MicrosoftMicrosoft

インストール済みソフトウェアInstalled software

デバイスには、次のソフトウェアがプレインストールされている必要があります。The device must have this software preinstalled:

  • Windows 10 Enterprise、Pro、または Pro ワークステーション エディションWindows 10 Enterprise, Pro, or Pro Workstation edition
  • エンタープライズ向け Microsoft 365 Apps の 64 ビット バージョンthe 64-bit version of Microsoft 365 Apps for enterprise
  • 適用可能なすべてのデバイス ドライバーAll applicable device drivers

物理機能Physical features

デバイスには、次の機能が必要です。Devices must have these capabilities:

これらの機能とサービスが使用するテクノロジの詳細については 、「Microsoft Managed Desktop テクノロジ」を参照してくださいFor more about these capabilities and the technologies related to them that the service uses, see Microsoft Managed Desktop technologies.

注意

ARMプロセッサはサポートされていません。ARM processors are not supported.

デバイスは、ストレージとメモリの次の制限を満たすか、または超える必要があります。Devices should meet or exceed following limits for storage and memory:

  • ブート ドライブは、ハード ディスク以外の種類である必要があります。Boot drive must be any type other than a hard disk. たとえば、SSD、NVMe、および eMMC ドライブはすべて有効な選択肢です。For example, SSD, NVMe, and eMMC drives are all valid choices.
  • ブート ドライブの容量は 128 GB 以上である必要があります。Boot drive must have a capacity of at least 128 GB.
  • 内部デバイス メモリ (RAM) は 8 GB 以上である必要があります。Internal device memory (RAM) must equal or exceed 8 GB.

デバイスが 2020 年 7 月 1 日以降に作成された場合は 、Windows Helloをサポートするために、IR カメラ、指紋リーダー、または両方が必要です。If the device was made after July 1, 2020, it should also have an IR camera, fingerprint reader, or both, in order to support Windows Hello.

次の機能を備えたデバイスを選択すると、ユーザーのエクスペリエンスが向上します。Your users will have a much better experience if you choose devices that have these features:

  • Intel vPro-platform プロセッサまたは AMD Ryzen Pro プロセッサEither an Intel vPro-platform processor or an AMD Ryzen Pro processor
  • 容量が 256 GB 以上の SSD タイプのブート ドライブBoot drive of the SSD type with a capacity of at least 256 GB
  • 16 GB 以上の内部デバイス メモリ (RAM)Internal device memory (RAM) of at least 16 GB
  • モダン スタンバイのサポートSupport for Modern Standby
  • デバイスがセキュリティで保護されたコア PC の種類Device is of Secured-core PC type
  • カーネル DMA 保護をサポートSupports Kernel DMA Protection