Microsoft Defender ウイルス対策アプリでWindows セキュリティする

適用対象:

バージョン Windows 10 1703 以降では、Windows Defenderアプリはアプリの一部Windows セキュリティ。

設定 Windows Defender クライアントとメイン Windows 設定 の一部だったアプリが結合され、新しいアプリに移動され、Windows 10 バージョン 1703 の一部として既定でインストールされます。

重要

アプリ サービスで Windows セキュリティを無効にしても、ファイアウォールまたはファイアウォールMicrosoft Defender ウイルス対策無効Windows Defender無効にしない。 これらは、サードパーティのウイルス対策製品またはファイアウォール製品がインストールされ、最新の状態に保たれ、自動的に無効になります。

Windows セキュリティ アプリ サービスを無効にするか、関連するグループ ポリシー設定を構成して開始または実行を防ぐ場合、Windows セキュリティ アプリはデバイスにインストールしたウイルス対策製品またはファイアウォール製品に関する古い情報や不正確な情報を表示する可能性があります。 また、古いまたは古いサード パーティ製のウイルス対策を使用している場合、または以前にインストールした可能性のあるサードパーティのウイルス対策製品をアンインストールした場合、Microsoft Defender ウイルス対策がそれ自体を有効にしなくなっている可能性もあります。 これにより、デバイスの保護が大幅に低下し、マルウェアの感染につながる可能性があります。

アプリでWindows セキュリティできる他のセキュリティ機能Windows詳細については、次の記事を参照してください。

アプリWindows セキュリティは、バージョン 1703 以降Windows 10クライアント インターフェイスです。 Microsoft Defender for Endpoint のMicrosoft 365 Defender管理に使用される Web ポータルの一部ではありません

アプリでウイルスと脅威保護の設定をWindows セキュリティする

アプリ内のウイルスおよび脅威Windows セキュリティ設定。

  1. タスク バーのWindows セキュリティアイコンをクリックするか、スタート メニューでタスク バーの [シールド] アイコンをクリックして、アプリを開 Windows セキュリティ。

  2. [ウイルス 対策] &タイル (または左側のメニュー バーのシールド アイコン) を選択します。

次のセクションでは、Windows セキュリティ アプリで Microsoft Defender ウイルス対策 によって提供される脅威保護を確認または操作するときに、最も一般的なタスクの一部を実行する方法についてWindows セキュリティします。

注意

これらの設定がグループ ポリシーを使用して構成および展開されている場合、このセクションで説明する設定はグレー表示され、個々のエンドポイントで使用できません。 グループ ポリシーを使った変更は、Windows の設定で設定を更新する前に、最初に個別のエンドポイントに展開する必要があります。 「ユーザーとエンド ユーザーの対話を構成Microsoft Defender ウイルス対策ローカル ポリシーの上書き設定を構成する方法について説明します。

アプリでスキャンをWindows セキュリティする

  1. [セキュリティ] Windows セキュリティスタート メニューを検索し、[セキュリティ]を選択して、アプリを開 Windows セキュリティ。

  2. [ウイルス 対策] &タイル (または左側のメニュー バーのシールド アイコン) を選択します。

  3. [クイック スキャン] を選択します。 または、フル スキャンを実行するには、[スキャン オプション] を選択し、[フル スキャン] などのオプション を選択します

セキュリティ インテリジェンス更新プログラムのバージョンを確認し、最新の更新プログラムをアプリでWindows セキュリティする

セキュリティ インテリジェンスのバージョン番号。

  1. [セキュリティ] Windows セキュリティスタート メニューを検索し、[セキュリティ]を選択して、アプリを開 Windows セキュリティ。

  2. [ウイルス 対策] &タイル (または左側のメニュー バーのシールド アイコン) を選択します。

  3. [ウイルス 対策&更新プログラム] を選択します。 現在インストールされているバージョンが、ダウンロードされた時点に関する情報と共に表示されます。 手動でダウンロードできる最新バージョンに対して現在の状態を確認するか、そのバージョンの変更ログを確認できます。 「セキュリティ インテリジェンスの更新プログラム」および「Microsoft Defender ウイルス対策 Microsoft マルウェア対策」を参照してください

  4. [更新 プログラムの確認] を 選択して、新しい保護更新プログラムをダウンロードします (ある場合)。

アプリMicrosoft Defender ウイルス対策で有効になっているWindows セキュリティする

  1. [セキュリティ] Windows セキュリティスタート メニューを検索し、[セキュリティ]を選択して、アプリを開 Windows セキュリティ。

  2. [ウイルス 対策] &タイル (または左側のメニュー バーのシールド アイコン) を選択します。

  3. [ウイルス 対策&の設定] を選択します

  4. [リアルタイム保護 ] スイッチを [オン]切り替えます

    注意

    リアルタイム保護を オフに した場合、短時間の遅延後に自動的にオンに戻されます。 これは、マルウェアや脅威から保護されます。 別のウイルス対策製品をインストールすると、Microsoft Defender ウイルス対策自動的に無効にされ、アプリ内でWindows セキュリティされます。 制限された定期的なスキャンを有効にできる 設定が表示されます

アプリでユーザーのMicrosoft Defender ウイルス対策をWindows セキュリティする

  1. [セキュリティ] Windows セキュリティスタート メニューを検索し、[セキュリティ]を選択して、アプリを開 Windows セキュリティ。

  2. [ウイルス 対策] &タイル (または左側のメニュー バーのシールド アイコン) を選択します。

  3. [ウイルスと脅威保護設定][設定の管理] を選択します。

  4. [ 除外] で、[除外の 追加と削除] を選択します

  5. プラス アイコン ( ) を + 選択して種類を選択し、除外ごとにオプションを設定します。

次の表に、除外の種類と実行内容の概要を示します。



除外の種類 によって定義される 動作
ファイル Location
例: c:\sample\sample.test
特定のファイルは、特定のファイルによってMicrosoft Defender ウイルス対策。
Folder Location
例: c:\test\sample
指定したフォルダー内のすべてのアイテムは、指定されたフォルダー Microsoft Defender ウイルス対策。
ファイルの種類 ファイル拡張子
例: .test
デバイス上の任意 .test の場所に拡張子を持つすべてのファイルは、Microsoft Defender ウイルス対策。
プロセス 実行可能ファイルのパス
例: c:\test\process.exe
特定のプロセスと、そのプロセスによって開くファイルは、そのプロセスによってスキップMicrosoft Defender ウイルス対策。

詳細については、次のリソースを参照してください。

クラウド アプリの脅威検出履歴Windows Defender確認する

  1. [セキュリティ] Windows セキュリティスタート メニューを検索し、[セキュリティ]を選択して、アプリを開 Windows セキュリティ。

  2. [ウイルス 対策] &タイル (または左側のメニュー バーのシールド アイコン) を選択します。

  3. [保護 履歴] を選択します。 最近のアイテムが一覧表示されます。

ランサムウェアの保護と回復のオプションを設定する

  1. [セキュリティ] Windows セキュリティスタート メニューを検索し、[セキュリティ]を選択して、アプリを開 Windows セキュリティ。

  2. [ウイルス 対策] &タイル (または左側のメニュー バーのシールド アイコン) を選択します。

  3. [ ランサムウェア保護] で、[ ランサムウェア 保護の管理] を選択します

  4. [フォルダー アクセス の制御] 設定を変更 するには、「フォルダー アクセスの制御を 使用して重要なフォルダーを保護する」を参照してください

  5. ランサムウェアの回復オプションを設定するには、[ランサムウェア のデータ復旧] で [セットアップ] を選択し、OneDrive アカウントをリンクまたはセットアップする手順に従って、ランサムウェア攻撃から簡単に回復できます。

関連項目