テクニカル サポート詐欺

技術サポート詐欺は業界全体の問題であり、詐欺師は恐れのある戦術を使用して、ユーザーをだまして、複雑なデバイス、プラットフォーム、またはソフトウェアの問題を解決する不要なテクニカル サポート サービスに対する支払いをだまし取ります。

技術サポート詐欺のしくみ

詐欺師は、電話で直接電話を掛け、ソフトウェア会社の代表者を装う場合があります。 信頼できる会社からの正当なサポート電話番号が表示されるように、発信者番号を偽装する場合もあります。 その後、デバイスへのリモート アクセスを提供するアプリケーションをインストールするように求めることができます。 リモート アクセスを使用すると、これらの経験豊富な詐欺師は、通常のシステム出力を問題の兆候として誤って表現する可能性があります。

また、詐欺師は、アクセスした Web サイトに偽のエラー メッセージを表示し、サポート番号を表示し、電話をかけることで、連絡先を開始することもあります。 また、ブラウザーを全画面表示にし、消えないポップアップ メッセージを表示し、本質的にブラウザーをロックすることもできます。 これらの偽のエラー メッセージは、指示されたテクニカル サポート ホットラインを呼び出すようにユーザーをだまし取る目的です。 Microsoft のエラー メッセージと警告メッセージに電話番号は含めないことを確認してください。

詐欺師とやり取りすると、"問題" に対して偽の解決策を提供し、1 回限りの料金またはサポート サービスのサブスクリプションの形式で支払いを求めることができます。

詳細については、 既知の技術サポート詐欺番号と一般的な Web 詐欺を参照してください。

技術サポート詐欺から保護する方法

マルウェア感染を防ぐ方法に関する一般的なヒントを共有して実装します。

また、次の点に留意することも重要です。

  • Microsoft は、個人情報や財務情報を要求したり、コンピューターを修正したりするために、迷惑メール メッセージを送信したり、迷惑電話を発信したりすることはありません。

  • Microsoft との通信は、お客様が開始する必要があります。

  • ポップアップで番号を呼び出さないでください。 Microsoft のエラー メッセージと警告メッセージに電話番号が含まれることはありません。

  • 公式ベンダーの Web サイトまたはMicrosoft Storeからのみソフトウェアをダウンロードします。 サードパーティのサイトからソフトウェアをダウンロードすることに注意してください。その一部は、詐欺マルウェアやその他の脅威をサポートするために作成者の知識なしで変更された可能性があるためです。

  • インターネット閲覧するときにMicrosoft Edgeを使用します。 Windows Defender SmartScreen (Internet Explorer でも使用) を使用して、既知のサポート詐欺サイトをブロックします。 さらに、Microsoft Edgeは、これらのサイトで使用されるポップアップ ダイアログ ループを停止できます。

  • Windows 10でMicrosoft Defender ウイルス対策を有効にします。 既知のサポート 詐欺マルウェアを検出して削除します。

技術サポート担当者に情報が提供された場合の対処方法

  • 詐欺師からインストールを求められたアプリケーションをアンインストールします。 アクセスが許可されている場合は、デバイスのリセットを検討してください

  • Microsoft Defender ウイルス対策を使用してフル スキャンを実行して、マルウェアを削除します。 利用可能になったらすぐに、すべてのセキュリティ更新プログラムを適用します。

  • パスワードを変更します。

  • 既に支払っている場合は、クレジット カード プロバイダーに問い合わせて請求を取り消してください。

  • 異常なログオン アクティビティを監視します。 Windows Defender ファイアウォールを使用して、通常はアクセスしないサービスへのトラフィックをブロックします。

レポート技術サポート詐欺

Microsoft が、Microsoft または他のテクノロジ企業からの詐欺であると主張する場合でも、技術サポート詐欺を報告することで、詐欺師を停止するのに役立ちます。

www.microsoft.com/reportascam

また、 安全でない Web サイト の報告フォームに記入するか、組み込みの Web ブラウザー機能を使用して、フィッシング Web サイトまたは悪意のあるコンテンツが含まれていると思われる 安全でない Web サイトを Microsoft に直接報告することもできます。