EOP で送信スパムフィルターを構成するConfigure outbound spam filtering in EOP

重要

Office 365 Advanced Threat Protection が新しくなり、Microsoft Defender for Office 365 に名前が変わりました。Welcome to Microsoft Defender for Office 365, the new name for Office 365 Advanced Threat Protection. Microsoft Defender for Office 365 と他の更新プログラムに関する詳細情報は、こちらをご覧ください。.Read more about this and other updates here. 製品およびドキュメントの名前は、近いうちに更新される予定です。We'll be updating names in products and in the docs in the near future.

Exchange online またはスタンドアロンの Exchange Online Protection (EOP) 組織にメールボックスがあり、Exchange Online メールボックスを使用していない場合、EOP を介して送信される送信電子メールメッセージは、スパムや通常の送信アクティビティに対して自動的にチェックされます。365In Microsoft 365 organizations with mailboxes in Exchange Online or standalone Exchange Online Protection (EOP) organizations without Exchange Online mailboxes, outbound email messages that are sent through EOP are automatically checked for spam and unusual sending activity.

組織内のユーザーからの送信スパムは、通常、侵害されたアカウントを示しています。Outbound spam from a user in your organization typically indicates a compromised account. 疑わしい送信メッセージは、スパムの信頼レベルまたは SCL に関係なく、スパムとしてマークされ、 高リスクの配信プール を介してルーティングされます。これは、サービスの評価を保護するため (つまり、Microsoft 365 ソースの電子メールサーバーを IP 禁止一覧に保持する) します。Suspicious outbound messages are marked as spam (regardless of the spam confidence level or SCL) and are routed through the high-risk delivery pool to help protect the reputation of the service (that is, keep Microsoft 365 source email servers off of IP block lists). 管理者は、疑わしい送信電子メールアクティビティとブロックされたユーザーに対して通知 ポリシーを使用して自動的に通知を受け取ります。Admins are automatically notified of suspicious outbound email activity and blocked users via alert policies.

EOP では、スパムに対する組織の全体的な防衛の一環として、送信スパムポリシーを使用しています。EOP uses outbound spam policies as part of your organization's overall defense against spam. 詳細については、「スパム対策保護」を参照してください。For more information, see Anti-spam protection.

管理者は、既定の送信スパムポリシーを表示、編集、および構成することはできますが、削除することはできません。Admins can view, edit, and configure (but not delete) the default outbound spam policy. よりきめ細かく制御する場合は、組織内の特定のユーザー、グループ、またはドメインに適用するカスタムの送信スパムポリシーを作成することもできます。For greater granularity, you can also create custom outbound spam policies that apply to specific users, groups, or domains in your organization. カスタム ポリシーは既定のポリシーより常に優先されますが、カスタム ポリシーの優先度 (実行順序) を変更できます。Custom policies always take precedence over the default policy, but you can change the priority (running order) of your custom policies.

送信スパムポリシーは、セキュリティ & コンプライアンスセンターまたは PowerShell (exchange online のメールボックスを使用する Microsoft 365 組織の場合は exchange online PowerShell、exchange Online メールボックスがない組織の場合はスタンドアロン EOP PowerShell) で構成できます。You can configure outbound spam policies in the Security & Compliance Center or in PowerShell (Exchange Online PowerShell for Microsoft 365 organizations with mailboxes in Exchange Online; standalone EOP PowerShell for organizations without Exchange Online mailboxes).

EOP の送信スパムポリシーの基本的な要素は次のとおりです。The basic elements of an outbound spam policy in EOP are:

  • 送信スパムフィルターポリシー: 送信スパムフィルター verdicts のアクションと通知オプションを指定します。The outbound spam filter policy: Specifies the actions for outbound spam filtering verdicts and the notification options.
  • 送信スパムフィルタールール: 送信スパムフィルターポリシーの優先順位と受信者フィルター (ポリシーが適用されるユーザー) を指定します。The outbound spam filter rule: Specifies the priority and recipient filters (who the policy applies to) for a outbound spam filter policy.

セキュリティ & コンプライアンスセンターで送信スパムポリシーを管理する場合、この2つの要素の違いは明白ではありません。The difference between these two elements isn't obvious when you manage outbound spam polices in the Security & Compliance Center:

  • ポリシーを作成する場合、実際には、送信スパムフィルタールールと関連する送信スパムフィルターポリシーを両方に同じ名前を使用して作成しています。When you create a policy, you're actually creating a outbound spam filter rule and the associated outbound spam filter policy at the same time using the same name for both.
  • ポリシーを変更する場合、名前、優先度、有効または無効、および受信者フィルターに関連する設定により、送信スパムフィルタールールが変更されます。When you modify a policy, settings related to the name, priority, enabled or disabled, and recipient filters modify the outbound spam filter rule. 他のすべての設定は、関連する送信スパムフィルターポリシーを変更します。All other settings modify the associated outbound spam filter policy.
  • ポリシーを削除すると、送信スパムフィルタールールと、それに関連付けられている送信スパムフィルターポリシーが削除されます。When you remove a policy, the outbound spam filter rule and the associated outbound spam filter policy are removed.

Exchange Online PowerShell またはスタンドアロン EOP PowerShell では、ポリシーとルールを個別に管理します。In Exchange Online PowerShell or standalone EOP PowerShell, you manage the policy and the rule separately. 詳細については、このトピックで後述 する「Exchange Online の powershell またはスタンドアロンの EOP powershell を使用して送信スパムポリシーを構成する 」セクションを参照してください。For more information, see the Use Exchange Online PowerShell or standalone EOP PowerShell to configure outbound spam policies section later in this topic.

すべての組織には、Default という名前の組み込みの送信スパムポリシーがあります。これらのプロパティは次のとおりです。Every organization has a built-in outbound spam policy named Default that has these properties:

  • ポリシーに関連付けられている送信スパムフィルタールール (受信者フィルター) がない場合でも、ポリシーは組織内のすべての受信者に適用されます。The policy is applied to all recipients in the organization, even though there's no outbound spam filter rule (recipient filters) associated with the policy.
  • ポリシーにはカスタムの優先順位の値 Lowest が設定されており、変更することはできません (このポリシーは常に最後に適用されます)。The policy has the custom priority value Lowest that you can't modify (the policy is always applied last). 作成するどのカスタム ポリシーも、Default という名前のポリシーより高い優先順位を持ちます。Any custom policies that you create always have a higher priority than the policy named Default.
  • ポリシーは既定のポリシー (IsDefault のプロパティが True の値になっている) であり、既定のポリシーを削除することはできません。The policy is the default policy (the IsDefault property has the value True), and you can't delete the default policy.

送信スパムフィルター処理の有効性を高めるために、特定のユーザーまたはユーザーグループに適用される厳密な設定を使用して、カスタムの送信スパムポリシーを作成することができます。To increase the effectiveness of outbound spam filtering, you can create custom outbound spam policies with stricter settings that are applied to specific users or groups of users.

はじめに把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

セキュリティ & コンプライアンスセンターを使用して送信スパムポリシーを作成するUse the Security & Compliance Center to create outbound spam policies

セキュリティ & コンプライアンスセンターでカスタムの送信スパムポリシーを作成すると、両方に同じ名前を使用して、スパムフィルタールールと関連するスパムフィルターポリシーが同時に作成されます。Creating a custom outbound spam policy in the Security & Compliance Center creates the spam filter rule and the associated spam filter policy at the same time using the same name for both.

  1. セキュリティ/コンプライアンス センターで、[脅威の管理] > [ポリシー] > [迷惑メール対策] に移動します。In the Security & Compliance Center, go to Threat management > Policy > Anti-spam.

  2. [ スパム対策設定 ] ページで、[ 送信ポリシーの作成] をクリックします。On the Anti-spam settings page, click Create an outbound policy.

  3. [ 送信スパムフィルターポリシー ] が表示されたら、次の設定を構成します。In the Outbound spam filter policy fly out that opens, configure the following settings:

    • [名前]: わかりやすい一意のポリシー名を入力します。Name: Enter a unique, descriptive name for the policy.

    • [説明]: ポリシーについての説明を入力します (オプション)。Description: Enter an optional description for the policy.

  4. オプション[ 通知 ] セクションを展開して、疑わしい送信電子メールメッセージのコピーと通知を受信する必要がある追加のユーザーを構成します。(Optional) Expand the Notifications section to configure additional users who should receive copies and notifications of suspicious outbound email messages:

    • 疑わしい送信電子メールメッセージのコピーを特定のユーザーに送信する: この設定を行うと、指定されたユーザーが Bcc 受信者として疑わしい送信メッセージに追加されます。Send a copy of suspicious outbound email messages to specific people: This setting adds the specified users as Bcc recipients to the suspicious outbound messages.

      注意

      この設定は、既定の送信スパムポリシーでのみ機能します。This setting only works in the default outbound spam policy. 作成したカスタムの送信スパムポリシーでは機能しません。It doesn't work in custom outbound spam policies that you create.

      この設定を有効にするには:To enable this setting:

      1. チェックボックスをオンにして、設定を有効にします。Select the check box to enable the setting.

      2. [ ユーザーの追加] をクリックします。Click Add people. [ 受信者の追加または削除 ] ポップアップが表示されます。In the Add or remove recipients flyout that appears:

      3. 送信者の電子メール アドレスを入力します。Enter the sender's email address. 複数の電子メールアドレスをセミコロンで区切って指定できます (;)または1行に1人の受信者。You can specify multiple email addresses separated by semicolons (;) or one recipient per line.

      4. ClickClick [追加] アイコン 受信者を追加します。to add the recipients.

        必要な回数だけこれらの手順を繰り返します。Repeat these steps as many times as necessary.

        追加した受信者が、フライアウトの [ 受信者リスト ] セクションに表示されます。The recipients you added appear in the Recipient list section on the flyout. 受信者を削除するには、 ![ 削除] ボタンをクリックし ます。To delete a recipient, click Remove button.

      5. 完了したら、[保存] をクリックします。When you're finished, click Save.

        この設定を無効にするには、このチェックボックスをオフにします。To disable this setting, clear the check box.

    • 送信スパムの送信によって送信者がブロックされた場合に、特定のユーザーに通知します。Notify specific people if a sender is blocked due to sending outbound spam:

      重要

      • この設定は、送信スパムポリシーから廃止されるプロセスです。This setting is in the process of being deprecated from outbound spam policies.

      • ユーザーが [受信者の制限] セクションの制限を超えたためにユーザーがブロックされたGlobal admins場合は、ユーザーによって [送信メールが電子メールによって制限されました] という名前の既定の警告ポリシーが、既にtenantadminsグループのメンバーに電子メール通知を送信します。The default alert policy named User restricted from sending email already sends email notifications to members of the TenantAdmins (Global admins) group when users are blocked due to exceeding the limits in the Recipient Limits section. 送信スパムポリシーのこの設定ではなく、通知ポリシーを使用して、管理者およびその他のユーザーに通知することを強くお勧めします。We strongly recommend that you use the alert policy rather than this setting in the outbound spam policy to notify admins and other users. 手順については、「制限され たユーザーの通知設定を確認する」を参照してください。For instructions, see Verify the alert settings for restricted users.

  5. オプション[ 受信者の制限 ] セクションを展開して、疑わしい送信電子メールメッセージの制限およびアクションを構成します。(Optional) Expand the Recipient Limits section to configure the limits and actions for suspicious outbound email messages:

    注意

    これらの設定は、クラウドベースのメールボックスにのみ適用されます。These settings are only applicable to cloud-based mailboxes.

    • ユーザーあたりの最大受信者数Maximum number of recipients per user

      有効な値は、0 ~ 1万です。A valid value is 0 to 10000. 既定値は0です。これは、サービスの既定値が使用されることを意味します。The default value is 0, which means the service defaults are used. 詳細については、「 送信制限」を参照してください。For more information, see Sending limits.

      • 外部の時間単位の制限: 1 時間あたりの外部受信者の最大数。External hourly limit: The maximum number of external recipients per hour.

      • [内部最大時間制限数: 1 時間あたりの内部受信者の最大数。Internal hourly limit: The maximum number of internal recipients per hour.

      • Daily limit: 1 日あたりの受信者の最大合計数。Daily limit: The maximum total number of recipients per day.

    • ユーザーが上記の制限を超えた場合の対処: 受信者の制限 のいずれかを超えた場合に実行するアクションを構成します。Action when a user exceeds the limits above: Configure the action to take when any one of the Recipient Limits are exceeded. すべての操作について、ユーザーが 電子メール 通知ポリシーを送信することを制限しています (これで、送信スパムポリシーで送信スパムの設定 を送信するために送信者がブロックされている場合 は、特定のユーザーに対して特定のユーザーに指定された受信者が電子メール通知を受信します。For all actions, the recipients specified in the User restricted from sending email alert policy (and in the now redundant Notify specific people if a sender is blocked due to sending outbound spam setting in the outbound spam policy receive email notifications.

      • ユーザーが次の日までメールを送信できないように制限します。これは既定値です。Restrict the user from sending mail till the following day: This is the default value. 電子メール通知が送信され、ユーザーは UTC 時間に基づいて、次の日までメッセージを送信できなくなります。Email notifications are sent, and the user will be unable to send any more messages until the following day, based on UTC time. 管理者がこのブロックを上書きする方法はありません。There is no way for the admin to override this block.

        • [ ユーザーが電子メールを送信 できないようにする] という名前のアクティビティアラートは、管理者に電子メールを介して通知を送信します ([通知の 表示 ] ページ)。The activity alert named User restricted from sending email notifies admins (via email and on the View alerts page).

        • ポリシーの送信スパム設定の 送信によって送信者がブロックされた場合 、[特定のユーザーを通知する] で指定されたすべての受信者にも通知されます。Any recipients specified in the Notify specific people if a sender is blocked due to sending outbound spam setting in the policy are also notified.

        • このユーザーは、UTC 時間に基づいて、次の日まで、それ以上のメッセージを送信できなくなります。The user will be unable to send any more messages until the following day, based on UTC time. 管理者がこのブロックを上書きする方法はありません。There is no way for the admin to override this block.

      • ユーザーがメールを送信するのを制限する: 電子メール通知が送信され、ユーザーはセキュリティ & コンプライアンスセンターの** https://sip.protection.office.com/restrictedusers [制限付きユーザー]** ポータルに追加され、ユーザーは管理者によって制限付きユーザーポータルから削除されるまで電子メールを送信できません。管理者がリストからユーザーを削除した後は、その日に対してユーザーが再度制限されることはありません。Restrict the user from sending mail: Email notifications are sent, the user is added to the [Restricted Users]https://sip.protection.office.com/restrictedusers portal in the Security & Compliance Center, and the user can't send email until they're removed from the Restricted Users portal by an admin. After an admin removes the user from the list, the user won't be restricted again for that day. 手順については、「 迷惑メールの送信後に制限付きユーザーポータルからユーザーを削除する」を参照してください。For instructions, see Removing a user from the Restricted Users portal after sending spam email.

      • アクションなし、通知のみ: 電子メール通知が送信されます。No action, alert only: Email notifications are sent.

  6. オプション[ 自動転送 ] セクションを展開して、ユーザーによる外部送信者への自動電子メール転送を制御します。(Optional) Expand Automatic forwarding section to control automatic email forwarding by users to external senders. 自動転送の詳細については、「 Configure email 転送」を参照してください。For more information about automatic forwarding, see Configure email forwarding.

    注意

    • 2020年9月以前は、これらの設定は使用できますが、適用されません。Before September 2020, these settings are available but not enforced.

    • これらの設定は、クラウドベースのメールボックスにのみ適用されます。These settings apply only to cloud-based mailboxes.

    • 内部受信者への自動転送は、これらの設定の影響を受けません。Automatic forwarding to internal recipients is not affected by these setting.

    使用できる値は次のとおりです:The available values are:

    • 自動システム制御: 送信スパムフィルターを使用して、外部電子メールの自動転送を制御します。Automatic - System-controlled: Allows outbound spam filtering to control automatic external email forwarding. これが既定値です。This is the default value.

    • オン: ポリシーによって、自動外部電子メール転送が無効になっていません。On: Automatic external email forwarding is not disabled by the policy.

    • Off: すべての自動外部電子メール転送がポリシーによって無効にされています。Off: All automatic external email forwarding is disabled by the policy.

  7. 要する[ 適用先 ] セクションを展開して、ポリシーが適用される内部送信者を特定します。(Required) Expand the Applied to section to identify the internal senders that the policy applies to.

    各条件や例外は 1 回しか使用できませんが、条件や例外には複数の値を含めることができます。You can only use a condition or exception once, but you can specify multiple values for the condition or exception. 同じ条件や例外に複数の値がある場合、OR ロジック (たとえば、<sender1> または <sender2>) が適用されます。Multiple values of the same condition or exception use OR logic (for example, <sender1> or <sender2>). a別の条件や例外がある場合は AND ロジック (たとえば、<sender1> かつ <member of group 1>) が適用されます。Different conditions or exceptions use AND logic (for example, <sender1> and <member of group 1>).

    使用可能なすべての条件を表示するには、[条件の追加] を 3 回クリックするのが最も簡単です。It's easiest to click Add a condition three times to see all of the available conditions. 構成しない条件を削除するには、[削除] ボタンをクリックします。You can click Remove button to remove conditions that you don't want to configure.

    • 送信者ドメイン: 構成されている1つ以上の承認済みドメインのうち、組織内の送信者を指定します。The sender domain is: Specifies senders in one or more of the configured accepted domains in the organization. [タグの追加] ボックスをクリックして、ドメインを表示および選択します。Click in the Add a tag box to see and select a domain. 複数のドメインが利用可能な場合は、[タグの追加] ボックスをもう一度クリックして、追加のドメインを選択します。Click again the Add a tag box to select additional domains if more than one domain is available.

    • Sender is: 組織内の1人または複数のユーザーを指定します。Sender is: Specifies one or more users in your organization. [タグの追加] をクリックして、リストをフィルター処理するための入力を始めます。Click in the Add a tag and start typing to filter the list. [ タグの追加 ] ボックスをもう一度クリックして、追加の送信者を選択します。Click again the Add a tag box to select additional senders.

    • 送信者が次のメンバーの場合: 組織内の1つまたは複数のグループを指定します。Sender is a member of: Specifies one or more groups in your organization. [タグの追加] をクリックして、リストをフィルター処理するための入力を始めます。Click in the Add a tag and start typing to filter the list. [ タグの追加 ] ボックスをもう一度クリックして、追加の送信者を選択します。Click again the Add a tag box to select additional senders.

    • 次の場合を除く: ルールの例外を追加するには、[条件の追加] を 3 回クリックして、使用可能なすべての例外を表示します。Except if: To add exceptions for the rule, click Add a condition three times to see all of the available exceptions. 設定と動作は、条件とまったく同じです。The settings and behavior are exactly like the conditions.

  8. 完了したら、[保存] をクリックします。When you're finished, click Save.

セキュリティ & コンプライアンスセンターを使用して、送信スパムポリシーを表示するUse the Security & Compliance Center to view outbound spam policies

  1. セキュリティ/コンプライアンス センターで、[脅威の管理] > [ポリシー] > [迷惑メール対策] に移動します。In the Security & Compliance Center, go to Threat management > Policy > Anti-spam.

  2. [ スパム対策設定 ] ページで、 ![ 展開] アイコンをクリックして、 送信スパムポリシーを展開します。On the Anti-spam settings page, click Expand icon to expand an outbound spam policy:

    • 送信スパムフィルターポリシーという名前の既定のポリシー。The default policy named Outbound spam filter policy.

    • 作成したカスタムポリシーで、[ 種類 ] 列の値が [ カスタム送信スパムポリシー] になっています。A custom policy that you created where the value in the Type column is Custom outbound spam policy.

  3. ポリシー設定は、表示される拡張されたポリシーの詳細に表示されるか、[ ポリシーの編集] をクリックできます。The policy settings are displayed in the expanded policy details that appear, or you can click Edit policy.

セキュリティ & コンプライアンスセンターを使用して送信スパムポリシーを変更するUse the Security & Compliance Center to modify outbound spam policies

  1. セキュリティ/コンプライアンス センターで、[脅威の管理] > [ポリシー] > [迷惑メール対策] に移動します。In the Security & Compliance Center, go to Threat management > Policy > Anti-spam.

  2. [ スパム対策設定 ] ページで、 ![ 展開] アイコンをクリックして、 送信スパムポリシーを展開します。On the Anti-spam settings page, click Expand icon to expand an outbound spam policy:

    • 送信スパムフィルターポリシーという名前の既定のポリシー。The default policy named Outbound spam filter policy.

    • 作成したカスタムポリシーで、[ 種類 ] 列の値が [ カスタム送信スパムポリシー] になっています。A custom policy that you created where the value in the Type column is Custom outbound spam policy.

  3. [ポリシーの編集] をクリックします。Click Edit policy.

カスタムの送信スパムポリシーの場合、表示されるポップアップで使用可能な設定は、「 セキュリティ & コンプライアンスセンターを使用して送信スパムポリシーを作成する 」セクションに記載されている設定と同じです。For custom outbound spam policies, the available settings in the flyout that appears are identical to those described in the Use the Security & Compliance Center to create outbound spam policies section.

" 送信スパムフィルターポリシー" という名前の既定の送信スパムポリシーの場合、[ 適用先 ] セクションは利用できません (ポリシーはすべてのユーザーに適用されます)。また、ポリシーの名前を変更することはできません。For the default outbound spam policy named Outbound spam filter policy, the Applied to section isn't available (the policy applies to everyone), and you can't rename the policy.

ポリシーを有効または無効にするには、ポリシーの優先順位を設定するか、またはエンドユーザーの検疫通知を構成します。後続の各セクションをご覧ください。To enable or disable a policy, set the policy priority order, or configure the end-user quarantine notifications, see the following sections.

送信スパムポリシーを有効または無効にするEnable or disable outbound spam policies

  1. セキュリティ/コンプライアンス センターで、[脅威の管理] > [ポリシー] > [迷惑メール対策] に移動します。In the Security & Compliance Center, go to Threat management > Policy > Anti-spam.

  2. [ スパム対策設定 ] ページで、 ![ 展開] アイコンをクリックして、作成した カスタムポリシーを展開します ([ 種類 ] 列の値は、 カスタムの送信スパムポリシーです)。On the Anti-spam settings page, click Expand icon to expand a custom policy that you created (the value in the Type column is Custom outbound spam policy).

  3. 展開して表示されたポリシー詳細で、[On] 列の値をメモします。In the expanded policy details that appear, notice the value in the On column.

    ポリシーを無効にするには、左に切り替えます。Move the toggle to the left to disable the policy: オフに切り替え

    ポリシーを有効にするには、右に切り替えます。Move the toggle to the right to enable the policy: オンに切り替え

既定の送信スパムポリシーを無効にすることはできません。You can't disable the default outbound spam policy.

カスタム送信スパムポリシーの優先度を設定するSet the priority of custom outbound spam policies

既定では、送信スパムポリシーには、作成された順序に基づく優先度が与えられます (新しいポリシーは、以前のポリシーよりも優先度が低いです)。By default, outbound spam policies are given a priority that's based on the order they were created in (newer polices are lower priority than older policies). 優先度番号が小さいほど、ポリシーの優先度が高くなる (0 が最優先) ことを意味し、ポリシーは優先順位に従って処理されます (優先度の高いポリシーは、優先度の低いポリシーよりも先に処理されます)。A lower priority number indicates a higher priority for the policy (0 is the highest), and policies are processed in priority order (higher priority policies are processed before lower priority policies). 2つのポリシーが同じ優先順位を持つことはできません。最初のポリシーが適用されると、ポリシーの処理は停止します。No two policies can have the same priority, and policy processing stops after the first policy is applied.

カスタム送信スパムポリシーは、処理順に表示されます (最初のポリシーの 優先度 値は0です)。Custom outbound spam policies are displayed in the order they're processed (the first policy has the Priority value 0). " 送信スパムフィルターポリシー " という名前の既定の送信スパムポリシーは、優先度の値が 低いので、これを変更することはできません。The default outbound spam policy named Outbound spam filter policy has the priority value Lowest, and you can't change it.

ポリシーの優先度を変更するには、リスト内で上下に移動させます (セキュリティ/コンプライアンス センター内で直接、優先順位番号を変更することはできません)。To change the priority of a policy, move the policy up or down in the list (you can't directly modify the Priority number in the Security & Compliance Center).

  1. セキュリティ/コンプライアンス センターで、[脅威の管理] > [ポリシー] > [迷惑メール対策] に移動します。In the Security & Compliance Center, go to Threat management > Policy > Anti-spam.

  2. [ スパム対策設定 ] ページで、[ 種類 ] 列の値が カスタム送信スパムポリシーであるポリシーを探します。On the Anti-spam settings page, find the policies where the value in the Type column is Custom outbound spam policy. [優先度] 列の値に注目します。Notice the values in the Priority column:

    • 優先度が最も高いカスタムの送信スパムポリシーには、値の  下矢印アイコン 0があります。The custom outbound spam policy with the highest priority has the value Down Arrow icon 0.

    • 最も低い優先度を持つカスタムの送信スパムポリシーには、上矢印アイコン  n (  上矢印アイコン 3) の値が設定されています。The custom outbound spam policy with the lowest priority has the value Up Arrow icon n (for example, Up Arrow icon 3).

    • ユーザー設定の送信スパムポリシーが3つ以上ある場合、最高の優先度と最も低い優先順位の間のポリシーは、上矢印アイコンの   下矢印アイコン n (たとえば、  上矢印アイコンを下矢印アイコン 2) に設定し  2ます。If you have three or more custom outbound spam policies, the policies between the highest and lowest priority have values Up Arrow iconDown Arrow icon n (for example, Up Arrow iconDown Arrow icon 2).

  3. Click 矢印アイコン またはor 下矢印アイコンをクリックして を押して、カスタムの送信スパムポリシーを優先順位一覧で上または下に移動します。to move the custom outbound spam policy up or down in the priority list.

セキュリティ & コンプライアンスセンターを使用して送信スパムポリシーを削除するUse the Security & Compliance Center to remove outbound spam policies

  1. セキュリティ/コンプライアンス センターで、[脅威の管理] > [ポリシー] > [迷惑メール対策] に移動します。In the Security & Compliance Center, go to Threat management > Policy > Anti-spam.

  2. [ スパム対策設定 ] ページで、 ![ 展開] アイコンをクリックして、 削除するカスタムポリシーを展開します ( Type 列は カスタム送信スパムポリシーです)。On the Anti-spam settings page, click Expand icon to expand the custom policy that you want to delete (the Type column is Custom outbound spam policy).

  3. 展開されたポリシー詳細で、[ポリシーの削除] をクリックします。In the expanded policy details that appear, click Delete policy.

  4. 警告ダイアログが表示されたら、[はい] をクリックします。Click Yes in the warning dialog that appears.

既定のポリシーは削除できません。You can't remove the default policy.

Exchange Online PowerShell またはスタンドアロンの EOP PowerShell を使用して送信スパムポリシーを構成するUse Exchange Online PowerShell or standalone EOP PowerShell to configure outbound spam policies

前述したように、送信スパムポリシーは、送信スパムフィルターポリシーと送信スパムフィルタールールで構成されます。As previously described, an outbound spam policy consists of an outbound spam filter policy and an outbound spam filter rule.

Exchange Online PowerShell またはスタンドアロン EOP PowerShell では、送信スパムフィルターポリシーと送信スパムフィルタールールの違いが明らかです。In Exchange Online PowerShell or standalone EOP PowerShell, the difference between outbound spam filter policies and outbound spam filter rules is apparent. 送信スパムフィルターポリシーを管理するには、 ** * -HostedOutboundSpamFilterPolicyコマンドレットを使用して、 ** * -HostedOutboundSpamFilterRuleコマンドレットを使用して送信スパムフィルタールールを管理します。You manage outbound spam filter policies by using the *-HostedOutboundSpamFilterPolicy cmdlets, and you manage outbound spam filter rules by using the *-HostedOutboundSpamFilterRule cmdlets.

  • PowerShell では、送信スパムフィルターポリシーを最初に作成してから、ルールが適用されるポリシーを識別する送信スパムフィルタールールを作成します。In PowerShell, you create the outbound spam filter policy first, then you create the outbound spam filter rule that identifies the policy that the rule applies to.
  • PowerShell では、送信スパムフィルターポリシーと送信スパムフィルタールールの設定を個別に変更します。In PowerShell, you modify the settings in the outbound spam filter policy and the outbound spam filter rule separately.
  • 送信スパムフィルターポリシーを PowerShell から削除すると、対応する送信スパムフィルタールールは自動的には削除されません。また、その逆も同様です。When you remove a outbound spam filter policy from PowerShell, the corresponding outbound spam filter rule isn't automatically removed, and vice versa.

PowerShell を使用して送信スパムポリシーを作成するUse PowerShell to create outbound spam policies

PowerShell で送信スパムポリシーを作成するには、2つの手順からなるプロセスがあります。Creating an outbound spam policy in PowerShell is a two-step process:

  1. 送信スパムフィルターポリシーを作成します。Create the outbound spam filter policy.
  2. ルールを適用する送信スパムフィルターポリシーを指定する送信スパムフィルタールールを作成します。Create the outbound spam filter rule that specifies the outbound spam filter policy that the rule applies to.

:Notes:

  • 新しい送信スパムフィルタールールを作成して、関連付けられていない既存の送信スパムフィルターポリシーをそれに割り当てることができます。You can create a new outbound spam filter rule and assign an existing, unassociated outbound spam filter policy to it. 送信スパムフィルタールールは、複数の送信スパムフィルターポリシーに関連付けることはできません。An outbound spam filter rule can't be associated with more than one outbound spam filter policy.

  • ポリシーを作成するまでは、セキュリティ & コンプライアンスセンターでは使用できない PowerShell の新しい送信スパムフィルターポリシーに対して、次の設定を構成できます。You can configure the following settings on new outbound spam filter policies in PowerShell that aren't available in the Security & Compliance Center until after you create the policy:

    • 新しいポリシーを無効として_Enabled_作成し $false ます ( HostedOutboundSpamFilterRuleコマンドレットでは有効)。Create the new policy as disabled (Enabled $false on the New-HostedOutboundSpamFilterRule cmdlet).
    • HostedOutboundSpamFilterRule コマンドレットで、作成中にポリシーの優先度を設定します (優先度 <Number> )。 New-HostedOutboundSpamFilterRuleSet the priority of the policy during creation (Priority <Number>) on the New-HostedOutboundSpamFilterRule cmdlet).
  • PowerShell で作成した新しい送信スパムフィルターポリシーは、そのポリシーをスパムフィルタールールに割り当てるまで、セキュリティ & コンプライアンスセンターに表示されません。A new outbound spam filter policy that you create in PowerShell isn't visible in the Security & Compliance Center until you assign the policy to a spam filter rule.

手順 1: PowerShell を使用して送信スパムフィルターポリシーを作成するStep 1: Use PowerShell to create an outbound spam filter policy

送信スパムフィルターポリシーを作成するには、次の構文を使用します。To create an outbound spam filter policy, use this syntax:

New-HostedOutboundSpamFilterPolicy -Name "<PolicyName>" [-AdminDisplayName "<Comments>"] <Additional Settings>

この例では、次の設定を使用して Contoso 重役という新しい送信スパムフィルターポリシーを作成します。This example creates a new outbound spam filter policy named Contoso Executives with the following settings:

  • 受信者数の制限は、既定値より小さい値に制限されます。The recipient rate limits are restricted to smaller values that the defaults. 詳細については、「 Microsoft 365 のオプション全体での送信制限」を参照してください。For more information, see Sending limits across Microsoft 365 options.

  • いずれかの制限に達すると、ユーザーはメッセージを送信できなくなります。After one of the limits is reached, the user is prevented from sending messages.

New-HostedOutboundSpamFilterPolicy -Name "Contoso Executives" -RecipientLimitExternalPerHour 400 -RecipientLimitInternalPerHour 800 -RecipientLimitPerDay 800 -ActionWhenThresholdReached BlockUser

構文およびパラメーターの詳細については、「 HostedOutboundSpamFilterPolicy」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see New-HostedOutboundSpamFilterPolicy.

手順 2: PowerShell を使用して送信スパムフィルタールールを作成するStep 2: Use PowerShell to create an outbound spam filter rule

送信スパムフィルタールールを作成するには、次の構文を使用します。To create an outbound spam filter rule, use this syntax:

New-HostedOutboundSpamFilterRule -Name "<RuleName>" -HostedOutboundSpamFilterPolicy "<PolicyName>" <Recipient filters> [<Recipient filter exceptions>] [-Comments "<OptionalComments>"]

この例では、次の設定を使用して Contoso 重役という新しい送信スパムフィルタールールを作成します。This example creates a new outbound spam filter rule named Contoso Executives with these settings:

  • Contoso エグゼクティブという名前の送信スパムフィルターポリシーがルールに関連付けられている。The outbound spam filter policy named Contoso Executives is associated with the rule.

  • ルールは Contoso Executives Group という名前のグループのメンバーに適用されます。The rule applies to members of the group named Contoso Executives Group.

New-HostedOutboundSpamFilterRule -Name "Contoso Executives" -HostedOutboundSpamFilterPolicy "Contoso Executives" -SentToMemberOf "Contoso Executives Group"

構文およびパラメーターの詳細については、「 HostedOutboundSpamFilterRule」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see New-HostedOutboundSpamFilterRule.

PowerShell を使用して送信スパムフィルターポリシーを表示するUse PowerShell to view outbound spam filter policies

すべての送信スパムフィルターポリシーの要約リストを返すには、次のコマンドを実行します。To return a summary list of all outbound spam filter policies, run this command:

Get-HostedOutboundSpamFilterPolicy

特定の送信スパムフィルターポリシーの詳細情報を戻すには、次の構文を使用します。To return detailed information about a specific outbound spam filter policy, use the this syntax:

Get-HostedOutboundSpamFilterPolicy -Identity "<PolicyName>" | Format-List [<Specific properties to view>]

この例では、重役という送信スパムフィルターポリシーのすべてのプロパティ値を返します。This example returns all the property values for the outbound spam filter policy named Executives.

Get-HostedOutboundSpamFilterPolicy -Identity "Executives" | Format-List

構文およびパラメーターの詳細については、「 HostedOutboundSpamFilterPolicy」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see Get-HostedOutboundSpamFilterPolicy.

PowerShell を使用して送信スパムフィルタールールを表示するUse PowerShell to view outbound spam filter rules

既存の送信スパムフィルタールールを表示するには、次の構文を使用します。To view existing outbound spam filter rules, use the following syntax:

Get-HostedOutboundSpamFilterRule [-Identity "<RuleIdentity>"] [-State <Enabled | Disabled>]

すべての送信スパムフィルタールールの要約リストを返すには、次のコマンドを実行します。To return a summary list of all outbound spam filter rules, run this command:

Get-HostedOutboundSpamFilterRule

ルールを有効または無効にしてリストをフィルター処理するには、次のコマンドを実行します。To filter the list by enabled or disabled rules, run the following commands:

Get-HostedOutboundSpamFilterRule -State Disabled
Get-HostedOutboundSpamFilterRule -State Enabled

特定の送信スパムフィルタールールに関する詳細情報を戻すには、次の構文を使用します。To return detailed information about a specific outbound spam filter rule, use this syntax:

Get-HostedOutboundSpamFilterRule -Identity "<RuleName>" | Format-List [<Specific properties to view>]

この例では、Contoso 重役という送信スパムフィルタールールのすべてのプロパティ値を返します。This example returns all the property values for the outbound spam filter rule named Contoso Executives.

Get-HostedOutboundSpamFilterRule -Identity "Contoso Executives" | Format-List

構文およびパラメーターの詳細については、「 HostedOutboundSpamFilterRule」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see Get-HostedOutboundSpamFilterRule.

PowerShell を使用して送信スパムフィルターポリシーを変更するUse PowerShell to modify outbound spam filter policies

このトピックで前述した「 手順 1: powershell を使用して送信スパムフィルターポリシーを作成 する」の説明に従って、ポリシーの作成時に powershell のマルウェアフィルターポリシーを変更する場合にも、同じ設定を使用できます。The same settings are available when you modify a malware filter policy in PowerShell as when you create the policy as described in the Step 1: Use PowerShell to create an outbound spam filter policy section earlier in this topic.

注意

送信スパムフィルターポリシーの名前を変更することはできません ( HostedOutboundSpamFilterPolicy コマンドレットに Name パラメーターがありません)。You can't rename an outbound spam filter policy (the Set-HostedOutboundSpamFilterPolicy cmdlet has no Name parameter). セキュリティ & コンプライアンスセンターで送信スパムポリシーの名前を変更する場合は、送信スパムフィルター _ルール_の名前のみを変更しています。When you rename an outbound spam policy in the Security & Compliance Center, you're only renaming the outbound spam filter rule.

送信スパムフィルターポリシーを変更するには、次の構文を使用します。To modify an outbound spam filter policy, use this syntax:

Set-HostedOutboundSpamFilterPolicy -Identity "<PolicyName>" <Settings>

構文およびパラメーターの詳細については、「 HostedOutboundSpamFilterPolicy」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see Set-HostedOutboundSpamFilterPolicy.

PowerShell を使用して送信スパムフィルタールールを変更するUse PowerShell to modify outbound spam filter rules

PowerShell で送信スパムフィルタールールを変更するときには使用できない唯一の設定は、無効にされたルールを作成できる 有効 なパラメーターです。The only setting that isn't available when you modify an outbound spam filter rule in PowerShell is the Enabled parameter that allows you to create a disabled rule. 既存の送信スパムフィルタールールを有効または無効にするには、次のセクションを参照してください。To enable or disable existing outbound spam filter rules, see the next section.

それ以外の場合は、PowerShell で送信スパムフィルタールールを変更するときに、追加の設定を使用することはできません。Otherwise, no additional settings are available when you modify an outbound spam filter rule in PowerShell. このトピックで前述した「 手順 2: PowerShell を使用して送信スパムフィルタールールを作成する 」で説明されているように、ルールを作成する場合にも同じ設定を使用できます。The same settings are available when you create a rule as described in the Step 2: Use PowerShell to create an outbound spam filter rule section earlier in this topic.

送信スパムフィルタールールを変更するには、次の構文を使用します。To modify an outbound spam filter rule, use this syntax:

Set-HostedOutboundSpamFilterRule -Identity "<RuleName>" <Settings>

構文およびパラメーターの詳細については、「 HostedOutboundSpamFilterRule」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see Set-HostedOutboundSpamFilterRule.

PowerShell を使用して送信スパムフィルタールールを有効または無効にするUse PowerShell to enable or disable outbound spam filter rules

PowerShell で送信スパムフィルタールールを有効または無効にすると、送信スパムポリシー全体 (送信スパムフィルタールールおよび割り当てられた送信スパムフィルターポリシー) が有効または無効になります。Enabling or disabling an outbound spam filter rule in PowerShell enables or disables the whole outbound spam policy (the outbound spam filter rule and the assigned outbound spam filter policy). 既定の送信スパムポリシーを有効または無効にすることはできません (常にすべての受信者に適用されます)。You can't enable or disable the default outbound spam policy (it's always always applied to all recipients).

PowerShell で送信スパムフィルタールールを有効または無効にするには、次の構文を使用します。To enable or disable an outbound spam filter rule in PowerShell, use this syntax:

<Enable-HostedOutboundSpamFilterRule | Disable-HostedOutboundSpamFilterRule> -Identity "<RuleName>"

この例では、Marketing Department という名前の送信スパムフィルタールールを無効にします。This example disables the outbound spam filter rule named Marketing Department.

Disable-HostedOutboundSpamFilterRule -Identity "Marketing Department"

この例では、同じルールを有効化します。This example enables same rule.

Enable-HostedOutboundSpamFilterRule -Identity "Marketing Department"

構文およびパラメーターの詳細については、「 HostedOutboundSpamFilterRule 」および「 Disable-HostedOutboundSpamFilterRule」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see Enable-HostedOutboundSpamFilterRule and Disable-HostedOutboundSpamFilterRule.

PowerShell を使用して送信スパムフィルタールールの優先度を設定するUse PowerShell to set the priority of outbound spam filter rules

ルールに設定できる優先度の最高値値は 0 です。The highest priority value you can set on a rule is 0. 設定できる最低値はルールの数に依存します。The lowest value you can set depends on the number of rules. たとえば、ルールが五つある場合、使用できる優先度の値は 0 から 4 です。For example, if you have five rules, you can use the priority values 0 through 4. 既存の一つのルールの優先度を変更すると、他のルールにも連鎖的な影響が起こりえます。Changing the priority of an existing rule can have a cascading effect on other rules. たとえば、カスタム ルールが 5 つあって (優先度 0 から 4)、1 つのルールの優先度を 2 に変更した場合には、既存の優先度 2 のルールは優先度 3 に変更され、優先度 3 は優先度 4 に変更されます。For example, if you have five custom rules (priorities 0 through 4), and you change the priority of a rule to 2, the existing rule with priority 2 is changed to priority 3, and the rule with priority 3 is changed to priority 4.

PowerShell で送信スパムフィルタールールの優先度を設定するには、次の構文を使用します。To set the priority of an outbound spam filter rule in PowerShell, use the following syntax:

Set-HostedOutboundSpamFilterRule -Identity "<RuleName>" -Priority <Number>

この例では、Marketing Department というルールの優先度を 2 に設定しています。優先度が 2 以下のすべての既存のルールは、優先度が 1 ずつ下がります (優先度番号が 1 ずつ増加します)。This example sets the priority of the rule named Marketing Department to 2. All existing rules that have a priority less than or equal to 2 are decreased by 1 (their priority numbers are increased by 1).

Set-HostedOutboundSpamFilterRule -Identity "Marketing Department" -Priority 2

注意

  • 新しいルールの作成時に優先度を設定するには、代わりにHostedOutboundSpamFilterRuleコマンドレットで_priority_パラメーターを使用します。To set the priority of a new rule when you create it, use the Priority parameter on the New-HostedOutboundSpamFilterRule cmdlet instead.

  • 既定の送信スパムフィルターポリシーには、対応するスパムフィルタールールがありません。また、常に、未設定の優先度の値が 最低になっています。The outbound default spam filter policy doesn't have a corresponding spam filter rule, and it always has the unmodifiable priority value Lowest.

PowerShell を使用して送信スパムフィルターポリシーを削除するUse PowerShell to remove outbound spam filter policies

PowerShell を使用して送信スパムフィルターポリシーを削除しても、それに対応する送信スパムフィルタールールは削除されません。When you use PowerShell to remove an outbound spam filter policy, the corresponding outbound spam filter rule isn't removed.

PowerShell で送信スパムフィルターポリシーを削除するには、次の構文を使用します。To remove an outbound spam filter policy in PowerShell, use this syntax:

Remove-HostedOutboundSpamFilterPolicy -Identity "<PolicyName>"

この例では、Marketing Department という名前の送信スパムフィルターポリシーを削除します。This example removes the outbound spam filter policy named Marketing Department.

Remove-HostedOutboundSpamFilterPolicy -Identity "Marketing Department"

構文およびパラメーターの詳細については、「 HostedOutboundSpamFilterPolicy」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see Remove-HostedOutboundSpamFilterPolicy.

PowerShell を使用して送信スパムフィルタールールを削除するUse PowerShell to remove outbound spam filter rules

PowerShell を使用して送信スパムフィルタールールを削除しても、対応する送信スパムフィルターポリシーは削除されません。When you use PowerShell to remove an outbound spam filter rule, the corresponding outbound spam filter policy isn't removed.

PowerShell で送信スパムフィルタールールを削除するには、次の構文を使用します。To remove an outbound spam filter rule in PowerShell, use this syntax:

Remove-HostedOutboundSpamFilterRule -Identity "<PolicyName>"

この例では、Marketing Department という名前の送信スパムフィルタールールを削除します。This example removes the outbound spam filter rule named Marketing Department.

Remove-HostedOutboundSpamFilterRule -Identity "Marketing Department"

構文およびパラメーターの詳細については、「 HostedOutboundSpamFilterRule」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see Remove-HostedOutboundSpamFilterRule.

詳細情報For more information

制限されたユーザー ポータルからブロックされたユーザーを削除するRemove blocked users from the Restricted Users portal

送信メッセージにおける危険度の高い配信プールHigh-risk delivery pool for outbound messages

スパム対策保護に関してよく寄せられる質問Anti-spam protection FAQ

自動転送済みメッセージレポートAuto-forwarded messages report