EOP での迷惑メールとバルク メールの違いは何ですか?What's the difference between junk email and bulk email in EOP?

重要

改善された Microsoft 365 セキュリティ センターがパブリック プレビューで利用できるようになりました。The improved Microsoft 365 security center is now available in public preview. この新しいエクスペリエンスにより、Defender for Endpoint、Defender for Office 365、Microsoft 365 Defender などが Microsoft 365 セキュリティ センターに導入されます。This new experience brings Defender for Endpoint, Defender for Office 365, Microsoft 365 Defender, and more into the Microsoft 365 security center. 新機能について説明しますLearn what's new. このトピックは、Microsoft Defender for Office 365 と Microsoft 365 Defender の両方に当てはまる可能性があります。This topic might apply to both Microsoft Defender for Office 365 and Microsoft 365 Defender. [適用対象] セクションを参照して、この記事で違いがある可能性のある特定のコールアウトを探してください。Refer to the Applies To section and look for specific call-outs in this article where there might be differences.

適用対象Applies to

Exchange Online メールボックスのない Exchange Online またはスタンドアロンの Exchange Online Protection (EOP) 組織のメールボックスを持つ Microsoft 365 組織では、お客様は「迷惑メールとバルク メールの違いは何ですか」と尋ねる場合があります。In Microsoft 365 organizations with mailboxes in Exchange Online or standalone Exchange Online Protection (EOP) organizations without Exchange Online mailboxes, customers sometimes ask: "what's the difference between junk email and bulk email?" このトピックでは、その違いと、EOP で使用できるコントロールについて説明します。This topic explains the difference and describes the controls that are available in EOP.

  • 迷惑メール はスパムです。これは、迷惑なメッセージで、普遍的に必要とされないメッセージ (正常に識別される) です。Junk email is spam, which are unsolicited and universally unwanted messages (when identified correctly). 既定では、EOP は、ソースメールサーバーの評価に基づいてスパムを拒否します。By default, the EOP rejects spam based on the reputation of the source email server. メッセージが送信元 IP の検査を通過した場合は、スパムフィルタリングに送信されます。If a message passes source IP inspection, it's sent to spam filtering. 迷惑メールフィルターによってメッセージがスパムとして分類された場合、メッセージは (既定では) 対象の受信者に配信されて、[迷惑メール] フォルダーに移動します。If the message is classified as spam by spam filtering, the message is (by default) delivered to the intended recipients and moved to their Junk Email folder.

  • バルクメール (グレーメール としても知られています) は、もう少し分類が困難です。Bulk email (also known as gray mail), is more difficult to classify. 迷惑メールは常に脅威であるのに対し、多くの場合、バルクメールは1回限りの広告、またはマーケティングメッセージです。Whereas spam is a constant threat, bulk email is often one-time advertisements or marketing messages. バルクメールメッセージを必要としている (実際に、あえてサインアップしてバルクメールを受信する)ユーザもいます。一方、バルクメールをスパムだと感じるユーザもいます。Some users want bulk email messages (and in fact, they have deliberately signed up to receive them), while other users consider bulk email to be spam. たとえば、一部のユーザーは Contoso Corporation からの広告メールまたは次回のサイバー セキュリティに関するカンファレンスの招待状を受信したいと思っているのに対して、その他のユーザーはこれらのメッセージをスパムと見なしている場合です。For example, some users want to receive advertising messages from the Contoso Corporation or invitations to an upcoming conference on cyber security, while other users consider these same messages to be spam.

    バルク メールの識別方法の詳細については、「EOP のバルク 苦情レベル (BCL)」を参照してくださいFor more information about how bulk email is identified, see Bulk complaint level (BCL) in EOP.

バルク メールの管理方法How to manage bulk email

バルクメールへの反応が多様であるため、すべての組織に適用される汎用的なガイダンスはありません。Because of the mixed reaction to bulk email, there isn't universal guidance that applies to every organization.

スパム対策ポリシーには、バルクメールを迷惑メールとして識別するために使用される既定の BCL しきい値があります。Anti-spam polices have a default BCL threshold that's used to identify bulk email as spam. 管理者はしきい値を増減できます。Admins can increase or decrease the threshold. 詳細については、次のトピックをご覧ください。For more information, see the following topics:

見落としがちなもう1つの対策オプションとして、ユーザーがバルクメールを受信することについて苦情をしていても、スパムフィルタリングを通過する信頼できる送信者からのメッセージを EOP にしている場合は、ユーザーはバルクメールのメッセージに配信停止オプションがあるかどうかを確認するようにしてください。Another option that's easy to overlook: if a user complains about receiving bulk email, but the messages are from reputable senders that pass spam filtering in EOP, have the user check for a unsubscribe option in the bulk email message.