Microsoft 365 グループを作成できるユーザーを管理する

既定では、すべてのユーザーが Microsoft 365 グループを作成できます。 これは、ユーザーが IT の支援を必要とせずにコラボレーションを開始できるため、推奨されるアプローチです。

ビジネスでグループを作成できるユーザーを制限する必要がある場合は、Microsoft 365 グループの作成を特定の Microsoft 365 グループまたはセキュリティ グループのメンバーに制限できます。

ユーザーがビジネス標準に準拠していないチームまたはグループを作成することを懸念している場合は、ユーザーにトレーニング コースを完了するように要求してから、許可されたユーザーのグループに追加することを検討してください。

グループを作成できるユーザーを制限すると、次のようなアクセスをグループに依存するすべてのサービスに影響します。

  • Outlook
  • SharePoint
  • Yammer
  • Microsoft Teams
  • Microsoft Stream
  • Planner
  • Power BI (クラシック)
  • Web 用 Project / ロードマップ

この記事の手順を実行しても、特定の役割のメンバーがグループを作成できなくなることはありません。 グローバル管理者Microsoft 365、Microsoft 365 管理センター、Planner、Exchange、SharePointを使用してグループを作成できますが、Teamsなどの他の場所を使用することはできません。 他のロールは、次に示す限られた手段でMicrosoft 365 グループを作成できます。

  • Exchange 管理者: Exchange 管理センター、Azure AD
  • パートナー レベル 1 のサポート: Microsoft 365 管理センター、Exchange 管理センター、Azure AD
  • パートナー レベル 2 のサポート: Microsoft 365 管理センター、Exchange 管理センター、Azure AD
  • ディレクトリ製作者: Azure AD
  • SharePoint 管理者: SharePoint 管理センター、Azure AD
  • Teams サービス管理者: Teams 管理センター、Azure AD
  • ユーザー管理者: Microsoft 365 管理センター、Azure AD

これらの役割のいずれかのメンバーである場合は、制限付きユーザーに対して Microsoft 365 グループを作成し、ユーザーをグループの所有者として割り当てることができます。

ライセンスの要件

グループを作成するユーザーを管理するには、次のユーザーにAzure AD Premiumライセンスまたは基本 EDU ライセンスAzure AD割り当てる必要があります。

  • これらのグループ作成の設定を管理している管理者
  • グループの作成が許可されているグループのメンバー

注意

Azure ライセンスを割り当てる方法の詳細については、「Azure Active Directory ポータルでライセンスを割り当てる、または削除する」を参照してください。

以下のユーザーは Azure AD Premium ライセンスまたは Azure AD Basic EDU のライセンスが割り当てられている必要はありません。

  • Microsoft 365 グループのメンバーであり、他のグループを作成できないユーザー。

手順 1: Microsoft 365 グループを作成する必要があるユーザーのグループを作成する

組織内の 1 つのグループのみを使用して、Microsoft 365 グループを作成できるユーザーを制御できます。 ただし、このグループのメンバーとして、他のグループをネストすることができます。

上記の役割の管理者は、このグループのメンバーである必要はなく、グループを作成することができます。

  1. 管理センターで、[グループ] ページに移動します。

  2. [グループの追加] をクリックします。

  3. 目的のグループの種類を選びます。 グループの名前は覚えておいてください。 後で必要になります。

  4. グループの設定を完了し、グループをメンバー (所有者ではなく) として作成できるようにするユーザーや他のグループを追加します。

詳細については、「Microsoft 365 管理センターでのセキュリティ グループの作成、編集、または削除」を参照してください。

手順 2: PowerShell コマンドを実行する

グループレベルのゲスト アクセス設定を変更するには、Graph 用 Azure Active Directory PowerShell (AzureAD) (モジュール名 AzureADPreview) のプレビュー バージョンを使用する必要があります。

  • 以前に Azure AD PowerShell モジュールのいかなるバージョンもインストールしたことがない場合には、「Azure AD モジュールのインストール」を参照し、指示に従ってパブリック プレビュー リリースをインストールしてください。

  • Azure AD PowerShell モジュール (AzureAD) の 2.0 一般提供バージョンをインストールしている場合には、PowerShell セッションで Uninstall-Module AzureAD を実行してアンインストールし、Install-Module AzureADPreview を実行してプレビュー バージョンをインストールする必要があります。

  • プレビュー バージョンを既にインストールしている場合には、Install-Module AzureADPreviewを実行しそれがこのモジュールの最新バージョンであることを確認します。

下のスクリプトを、Notepad などのテキスト エディターまたは Windows PowerShell ISE にコピーます。

<GroupName> を、作成したグループの名前に置き換えます。次に例を示します。

$GroupName = "Group Creators"

GroupCreators.ps1 としてファイルを保存します。

PowerShell ウィンドウで、ファイルを保存した場所に移動 します ("CD <FileLocation>" と入力)。

次のように入力してスクリプトを実行します。

.\GroupCreators.ps1

サインインを求められたら、管理者アカウントでサインインします。

$GroupName = "<GroupName>"
$AllowGroupCreation = $False

Connect-AzureAD

$settingsObjectID = (Get-AzureADDirectorySetting | Where-object -Property Displayname -Value "Group.Unified" -EQ).id
if(!$settingsObjectID)
{
    $template = Get-AzureADDirectorySettingTemplate | Where-object {$_.displayname -eq "group.unified"}
    $settingsCopy = $template.CreateDirectorySetting()
    New-AzureADDirectorySetting -DirectorySetting $settingsCopy
    $settingsObjectID = (Get-AzureADDirectorySetting | Where-object -Property Displayname -Value "Group.Unified" -EQ).id
}

$settingsCopy = Get-AzureADDirectorySetting -Id $settingsObjectID
$settingsCopy["EnableGroupCreation"] = $AllowGroupCreation

if($GroupName)
{
  $settingsCopy["GroupCreationAllowedGroupId"] = (Get-AzureADGroup -SearchString $GroupName).objectid
} else {
$settingsCopy["GroupCreationAllowedGroupId"] = $GroupName
}
Set-AzureADDirectorySetting -Id $settingsObjectID -DirectorySetting $settingsCopy

(Get-AzureADDirectorySetting -Id $settingsObjectID).Values

スクリプトの最後の行に、更新された設定が表示されます。

PowerShell スクリプトの出力のスクリーンショット。

将来、使用するグループを変更する場合は、新しいグループの名前でスクリプトを再実行できます。

グループ作成の制限をオフにして、もう一度すべてのユーザーがグループを作成できるようにするには、$GroupName を "" に、$AllowGroupCreation を "True" に設定して、スクリプトを再実行します。

手順 3: 動作することを確認する

変更が有効になるまでに 30 分以上かかる場合があります。 新しい設定を確認するには、次の操作を行います。

  1. グループを作成できないユーザーのアカウントで Microsoft 365 にサインインします。つまり、作成したグループのメンバーまたは管理者ではないユーザーのアカウントを使用します。

  2. [Planner] タイルを選択します。

  3. Planner では、左側のナビゲーションで [新しいプラン] を選択してプランを作成します。

  4. プランとグループの作成が無効になっていることを示すメッセージが表示されます。

グループのメンバーと同じ手順をもう一度試してください。

注意

グループのメンバーがグループを作成できない場合は、そのグループが OWA メールボックス ポリシーによってブロックされていないことを確認します。

おすすめのコラボレーション ガバナンス計画

コラボレーション ガバナンス計画を作成する

Office 365 PowerShell の概要

セルフサービス グループ管理に必要な Azure Active Directory の設定

ExecutionPolicy の設定

グループ設定を構成するための Azure Active Directory コマンドレット