MBAM 2.5 クライアントの展開

Microsoft BitLocker 管理および監視 (MBAM) クライアント ソフトウェアを使用すると、管理者は企業内のコンピューターで BitLocker ドライブ暗号化を適用および監視できます。 BitLocker クライアントは、Active Directory ドメイン サービスなどの電子ソフトウェア配布システムを介してクライアントを展開するか、最初のイメージング プロセスの一部としてクライアント コンピューターを直接暗号化することで、組織に統合できます。

Microsoft BitLocker 管理および監視クライアント ソフトウェアを展開する時期に応じて、エンド ユーザーがコンピューターを受信する前に、または後でグループ ポリシーを構成し、エンタープライズ ソフトウェア展開システムを使用して MBAM クライアント ソフトウェアを展開することにより、組織内のコンピューターで BitLocker ドライブ暗号化を有効にできます。

MBAM クライアントをデスクトップコンピューターまたはラップトップ コンピューターに展開する

グループ ポリシー設定を構成した後、Microsoft System Center 2012 Configuration Manager や Active Directory ドメイン サービスのようなエンタープライズ ソフトウェア展開システム製品を使用して、MBAM クライアント インストール Windows インストーラー ファイルをターゲット コンピューターに展開できます。 32 ビットまたは 64 ビットの MbamClientSetup.exe ファイル、または MBAM クライアント ソフトウェアで提供される 32 ビットまたは 64 ビットの MBAMClient.msi ファイルのいずれかを使用できます。 MBAM グループ ポリシー設定の展開の詳細については、「 Deploying MBAM 2.5 グループ ポリシー オブジェクト」を参照してください

備考
MBAM 2.5 SP1 から、MBAM 製品には別の MSI が含まれません。 ただし、製品に含まれる実行可能ファイル (.exe) から MSI を抽出できます。

MBAM クライアントをデスクトップまたはノート PC に展開する方法

MBAM クライアントを展開の一部としてWindowsする

コンピューターが一本的に受信および構成されている組織では、MBAM クライアントをインストールして、ユーザー データが書き込まれる前に、各コンピューターで BitLocker Drive Encryption を管理できます。 このプロセスの利点は、すべてのコンピューターが BitLocker ドライブ暗号化に準拠している場合です。 管理者が既にコンピューターを暗号化済みなので、このメソッドはユーザー操作に依存しない。 このシナリオの主な前提は、組織のポリシーが、コンピューターがユーザーに配信される前に、Windowsイメージをインストールする場合です。 グループ ポリシーの設定が PIN を要求するように構成されている場合、ユーザーはポリシーを受け取った後に PIN の設定を求めるメッセージが表示されます。

Windows 展開の一部として MBAM を使用して BitLocker を有効にする方法

コマンド ラインを使用して MBAM クライアントを展開する方法

このセクションでは、コマンド ラインを使用して MBAM クライアントをインストールする方法について説明します。

コマンド ラインを使用して MBAM クライアントを展開する方法

MBAM クライアントを展開するその他のリソース

MBAM 2.5 の展開

MBAM 2.5 の展開

MBAM 2.5 の計画

MBAM の提案を受け取った場合

MBAM の問題については、 MBAM TechNet フォーラムを使用します