Microsoft Edge の変更履歴

新機能および Windows 10 と Windows 10 Mobile の両方について、Microsoft Edge で更新されたを検出します。

年 10 月 2018

Microsoft Edge チームは、新しいグループ ポリシーと Windows 10 で Microsoft Edge の MDM の設定について説明します。 新しいポリシーを有効/無効全画面表示モード、印刷、お気に入りバー、履歴を保存することができます。 ことができますも証明書エラーの上書きを防ぐため、新しいタブ] ページ、ホーム] ボタン、起動オプションの構成し、拡張機能を管理します。

については、お気に入りの構成のグループ ポリシーを使用した、その代わりにプロビジョニングお気に入りポリシーを使用します。

ポリシーのない限り、グループ ポリシー エディターの以下の場所に、Microsoft Edge のグループ ポリシー設定を見つけることができます。

      コンピューターの構成テンプレート Components\Microsoft Edge\

新規/更新 グループ ポリシー 説明
新規 全画面表示モードを許可します。 Microsoft Edge では、全画面表示モードを既定では、web コンテンツのみを表示し、Microsoft Edge の UI を非表示にできます。 全画面表示モードを許可すると、ユーザーと拡張機能は適切なアクセス許可が必要です。 このポリシーを無効にするには、Microsoft Edge で全画面表示モードができなくなります。
新規 Microsoft Edge をすると、システムがアイドル状態で Microsoft Edge を終了するたびに、Windows 起動時に事前起動を許可します。 システムがユーザーによって起動されるを待ってアイドル状態のときに、Windows スタートアップ時にバック グラウンド プロセスとして Microsoft Edge の事前起動します。 Microsoft Edge のパフォーマンス向上の事前起動と Microsoft Edge を起動に必要な時間の量を最小限に抑えられます。 事前起動を防止する Microsoft Edge を構成することもできます。
新規 Windows の起動時にスタート画面と新しいタブ] ページを読み込むための Microsoft Edge を許可して、Microsoft Edge を終了するたびに Microsoft Edge により、スタート画面のプリロードと Windows 中に新しいタブ] ページがサインインすると、既定で Microsoft Edge を終了するたびにします。 事前読み込みには、Microsoft Edge を起動して、新しいタブを読み込むに必要な時間の量が最小限に抑えます。 このポリシーをプリロード タブを防ぐために Microsoft Edge を構成できます。
新規 印刷を許可します。 Microsoft Edge では、既定で web コンテンツを印刷することができます。 このポリシーをユーザーが印刷の web コンテンツを防ぐために Microsoft Edge を構成できます。
新規 履歴を保存します。 Microsoft Edge では、アクセスした web サイトの閲覧履歴を保存して、既定の履歴] ウィンドウに表示されます。 このポリシーを無効にすると、Microsoft Edge は、閲覧の履歴を保存できなくなります。 閲覧の履歴は、このポリシーを無効にする前に存在していた、以前の閲覧の履歴は履歴ウィンドウに残ります。 このポリシーを無効にするが停止しないローミングの既存の閲覧の履歴またはその他のデバイスからの履歴を参照します。
新規 拡張機能のサイドローディングを許可します。 既定では、Microsoft Edge には、インストールして未検証拡張機能を実行するには、サイドローディングができるようにします。 このポリシーを無効にするが、拡張機能のサイドローディングを防止、サイドローディング Add-appxpackage PowerShell で使用できません。 Microsoft ストア (ビジネス向けストアを含む)、(会社ポータル) などのエンタープライズ ネットまたは PowerShell (Add-appxpackage を使用) で拡張機能だけをインストールすることができます。
新規 Microsoft 365 分析のために、閲覧データのコレクションを構成します。 Microsoft Edge は、Microsoft 365 分析していない閲覧の履歴データを送信を既定ではします。 このポリシーは、構成できる企業のデバイス ID を持つ、構成されている商用のイントラネット履歴のみ、インターネット履歴のみ、またはその両方を Microsoft 365 分析を送信する Microsoft Edge
新規 [お気に入りバーを構成します。 Microsoft Edge は既定では、お気に入りバーを非表示にしますが、スタート画面と新しいタブ] ページでそれを示しています。 また、既定では、お気に入りバーのトグル設定は設定をオフしますが、ユーザーの変更を行うことができるように有効になっています。 このポリシーを使って、またはすべてのページで [お気に入りバーを非表示にする Microsoft Edge を構成できます。
新規 ホーム ボタンを構成します。 既定では、スタート画面をクリックしてページが読み込まれ、Microsoft Edge は、[ホーム] ボタンを示します。 このポリシーは、新しいタブ] ページまたはホーム ボタンの URL を設定ポリシーで定義されている URL を読み込む [ホーム] ボタンを構成できます。 [ホーム] ボタンを非表示にする Microsoft Edge を構成することもできます。
新規 キオスク モードを構成します。 単一アプリ、またはキオスク デバイスで実行されている多くのアプリのいずれかとして割り当てられたアクセスでキオスク モードで実行されているときに、Microsoft Edge がどのように動作するかを構成します。 Microsoft Edge が InPrivate 全画面、inprivate ブラウズ キオスクでは、カスタマイズされたエクスペリエンスと複数のタブや通常の Microsoft Edge での閲覧を実行するかどうかを制御することができます。
新規 後のアイドル タイムアウトをリセットするキオスクを構成します。 指定した時間後のアイドル時間分 (0 ~ 1440) で構成されているスタート画面のエクスペリエンスにリセットする Microsoft Edge キオスク モードを構成することができます。 最後のユーザー操作の後にリセット タイマーが開始されます。 アイドル時間が指定された時間を満たすされたら、確認メッセージ プロンプトを続けるには、ユーザーと、30 秒後に Microsoft Edge キオスク モードをリセットした場合、ユーザーの操作はありません。 構成された開始エクスペリエンス削除へのリセット、現在のユーザーのデータの参照です。
新規 開いている、Microsoft Edge での構成します。 既定では、Microsoft Edge は特定のページやスタート ページを構成するポリシーで定義されているページの読み込みし、変更できるようにします。 このポリシーは、スタート ページ、新しいタブ] ページ、以前に開いたページの読み込みに Microsoft Edge を構成できます。 ユーザーの変更とスタート ページをカスタマイズできないようにする Microsoft Edge を構成することもできます。 このポリシーが正しく機能するには、スタート ページを構成を構成することもする必要があります。 ユーザーが変更を加えることを禁止する場合に、スタート ページのロックダウンを無効にするポリシーを構成しないでください。
新規 証明書エラーの上書きを防ぐ Microsoft Edge では、既定では、SSL のエラーのあるサイトのセキュリティ警告のオーバーライド、バイパスまたは証明書エラーを無視できます。 このポリシーを有効にするには、セキュリティ警告のオーバーライドすることができないようにします。
新規 ユーザーがブラウザーの同期を有効にすることを防ぐ 既定では、「ブラウザー」グループはユーザーの変更を行うことができるように、ユーザーのデバイス間で自動的に同期します。 このポリシーは、「ブラウザー」グループが同期するを防ぐしてユーザーが設定の_同期の設定_のトグル スイッチをオンにすることを禁止できます。 既定でオフの同期が無効になっていない場合は、ユーザーが「ブラウザー」の同期を有効にできるようにする] オプションを選択しないでブラウザー ポリシーを同期しません。 このポリシーが正しく機能するには、実行を有効にする必要がありますブラウザー ポリシーを同期しません。
新規 必要な拡張機能をオフにするを防ぐ Microsoft Edge では、既定では、拡張機能をアンインストールすることができます。 このポリシーを有効にするが、拡張機能をアンインストールできないように、InPrivate ブラウズを許可するなど、このポリシーで定義されている拡張機能のオプションを構成することができます。 拡張機能の今後の更新プログラムによって要求された追加のアクセス許可が自動的に付与を取得します。 このポリシーを有効になっているし、それを無効にするようになりました、このポリシーを無効にした後、このポリシーで定義されている拡張機能パッケージ ファミリ名 (Pfn) の一覧を取得する無視されます。
新規 設定ホーム ボタンの URL 既定では、Microsoft Edge は、[ホーム] ボタンを示しています、スタート ページを読み込むし、をユーザーがどのようなページが読み込まれるを変更することを防ぐために [ホーム] ボタンをロックします。 このポリシーを有効にするには、[ホーム] ボタンのカスタム URL が読み込まれます。 このポリシーを有効にし、 _[ホーム] ボタンを表示するし特定のページを設定_オプションを選択して [ホーム] ボタンを構成するポリシーを有効にする場合は、ユーザーが [ホーム] ボタンをクリックしたときにカスタム URL が読み込まれます。
新規 [新しいタブ] ページの URL の設定 Microsoft Edge は、既定では、既定の新しいタブ] ページを読み込みます。 このポリシーを有効にするには、変更することを防ぐ、Microsoft Edge で新しいタブ] ページの URL を設定することができます。 このポリシーを有効にするし、新しいタブ] ページのポリシーで許可する web コンテンツを無効にする、Microsoft Edge がこのポリシーで指定された任意の URL を無視しに関する開きます: 空です。
更新済み Internet Explorer でサイトを開くときのメッセージ表示 Microsoft Edge では、Internet Explorer 11 でサイトを開く前に、通知は表示されません。 ただし、このポリシーでは、IE11 でサイトを開く前に通知を表示するか、ユーザーが Microsoft Edge を続行できるようにする Microsoft Edge を構成できます。 ユーザーが Microsoft Edge を継続する場合に通知_を続けます。 Microsoft Edge で_リンクを表示するには、このポリシーを有効にします。 このポリシーが正しく機能するもエンタープライズ モード サイト一覧の構成を有効にするか、すべてのイントラネット サイトを Internet Explorer 11、またはその両方を送信する必要があります。
新規 ホーム ボタンのロック解除します。 既定では、ホーム ボタンの構成ポリシーを有効にしたか、ポリシーでは、ホーム ボタンの URL の設定、URL を提供するときに Microsoft Edge をユーザーが設定を変更することを防ぐために [ホーム] ボタンをロックします。 このポリシーを有効にするとユーザーは、ホーム ボタンの構成またはホーム ボタンの URL の設定のポリシーを有効になっている場合でも、[ホーム] ボタンに変更を加えることができます。