Web サービス構成ツールをインストールする

Web サービス コネクタと既定のプロジェクトは、Microsoft ダウンロード センター から利用できます

Web Service Connector MSI では、次の 2つの機能が公開されています。

  • Web サービス コネクタ ランタイム: コア コネクタ、コネクタの依存関係、およびパッケージ化されたコネクタをインストールします。
  • Web サービス構成ツール: Web サービス構成ツールをインストールします。

インストール ウィザードのコネクタ オプション

構成ツールは、同期サービスをインストールせずにインストールできます。 これにより、別のコンピューターでの構成が可能です。

既定のプロジェクト

追加の既定のプロジェクトは、Web サービス コネクタに含まれています。 これらは、自己解凍 EXE ファイルとして使用できます。 必要に応じて、Web サービス コネクタ プロジェクトをダウンロードできます。

インストールが完了すると、バイナリを含むさまざまなコンポーネントが、システムの下のフォルダーの場所にインストールされます。

内容 場所
Web サービス コネクタ ランタイム %Program Files%\Microsoft Forefront Identity Management\2010\Synchronization Service\Extensions
Web Service Connector Project %Program Files%\Microsoft Forefront Identity Management\2010\Synchronization Service\Extensions
パッケージ コネクタ %Program Files%\Microsoft Forefront Identity Management\2010\Synchronization Service\UIShell\XMLs\PackagedMAs
Web サービス構成ツール %Program Files%\Microsoft Forefront Identity Management\2010\Synchronization Service\UIShell\Web サービス構成
: これは既定のインストール場所です。 この場所は、インストール時に変更できます。
Web サービス Project ファイル ユーザーは、このファイルを抽出する任意のターゲット フォルダーを選択できますが、抽出されたプロジェクト ファイル (。WsConfig) は、プロジェクト ファイルが FIM Extensions フォルダーに抽出された場合にのみ、FIM 同期 UI に表示 されます。 抽出されたプロジェクト ファイルは、任意の場所の Web サービス構成ツールに表示されます。

追加のアクセス許可

Projectファイルは、任意の場所 (Executor の適切なアクセス特権を持つ) から保存および開くことができる。ただし、FIM 同期 UI を使用してアクセスできる Web サービス コネクタ ウィザードでは、フォルダーに保存されているプロジェクト Synchronization Service\Extension ファイルのみを選択できます。

Web サービス構成ツールを実行するユーザーには、次の特権が必要です。

  • 同期サービス拡張機能フォルダーに対する読み取り/書き込みアクセス許可。
  • レジストリ キー HKLM\System\CurrentControlSet\Services\FIMSynchronizationService\Parametersへの読み取りアクセス。