ビジネスおよび教育機関向け Microsoft Store の前提条件Prerequisites for Microsoft Store for Business and Education

適用対象Applies to

  • Windows 10Windows 10
  • Windows 10 MobileWindows 10 Mobile

重要

2021 年 4 月 14 日から、Microsoft Store for Business and Education で無料アプリのみを利用できます。Starting on April 14th, 2021, only free apps will be available in Microsoft Store for Business and Education. 詳細については 、「Microsoft Store for Business and Education」を参照してくださいFor more information, see Microsoft Store for Business and Education.

重要

365 GCC 環境Office政府価格で購入できるお客様は、Microsoft Store for Business を使用できません。Customers who are in the Office 365 GCC environment or are eligible to buy with government pricing cannot use Microsoft Store for Business.

ビジネス向け Microsoft Store または教育機関向け Microsoft Store の使用には、いくつかの前提条件が存在します。There are a few prerequisites for using Microsoft Store for Business or Microsoft Store for Education.

前提条件Prerequisites

ビジネス向け Microsoft Store または教育機関向け Microsoft Store を利用するには、次のソフトウェアが必要です。You'll need this software to work with Microsoft Store for Business or Education.

必須のソフトウェアRequired

  • IT 担当者がビジネスおよび教育機関向け Microsoft Store を管理する場合、ビジネスおよび教育機関向け Microsoft Store と互換性のあるブラウザーが PC やモバイル デバイスで実行されている必要があります。IT Pros that are administering Microsoft Store for Business and Education need a browser compatible with Microsoft Store for Business and Education running on a PC or mobile device. サポートされているブラウザーは、Internet Explorer 10 以降、Microsoft Edge、および、Chrome または Firefox の最新バージョンです。Supported browsers include: Internet Explorer 10 or later, Microsoft Edge, or current versions of Chrome or Firefox. また Javascript がサポートされ、有効である必要があります。Javascript needs to be supported and enabled.
  • 従業員がビジネスおよび教育機関向け Microsoft Store のアプリを使用する場合、Windows 10 バージョン 1511 以上が PC またはモバイル デバイスで実行されている必要があります。Employees using apps from Microsoft Store for Business and Education need at least Windows 10, version 1511 running on a PC or mobile device.

従業員用の Microsoft Azure Active Directory (AD) アカウントまたは Office 365 アカウント:Microsoft Azure Active Directory (AD) or Office 365 accounts for your employees:

  • IT 担当者がビジネスおよび教育機関向け Microsoft Store へのサインアップとその後のサインイン、アプリの入手、アプリの配布、アプリ ライセンスの管理を行うには、Azure AD アカウントまたは Office 365 アカウントが必要です。IT Pros need Azure AD or Office 365 accounts to sign up for Microsoft Store for Business and Education, and then to sign in, get apps, distribute apps, and manage app licenses.
  • 従業員は、Windows ベースのデバイスからビジネス向け Microsoft Store または教育機関向け Microsoft Store のコンテンツにアクセスするときに、Azure AD アカウントが必要です。Employees need Azure AD accounts when they access Microsoft Store for Business or Education content from Windows-based devices.
  • 管理ツールを使用して、オンライン ライセンスのアプリを配布し管理する場合は、すべての従業員に Azure AD アカウントが必要です。If you use a management tool to distribute and manage online-licensed apps, all employees will need an Azure AD account.

Azure AD について詳しくは、「 Office 365 と Azure Active Directory について」および「 Microsoft Azure の概要: ID とアクセス」をご覧ください。For more information on Azure AD, see About Office 365 and Azure Active Directory, and Intro to Azure: identity and access.

任意Optional

必須ではありませんが、管理ツールを利用してアプリを配布し管理することができます。While not required, you can use a management tool to distribute and manage apps. 管理ツールを利用すると、コンテンツの配布、アプリの利用範囲の制限、およびアプリの更新プログラムのインストール時期の制御ができます。Using a management tool allows you to distribute content, scope app availability, and control when app updates are installed. これは、既に管理ツールを使用している大規模な組織には便利です。This might make sense for larger organizations that already use a management tool. 管理ツールの使用を検討する際は、ビジネスおよび教育機関向け Microsoft Store への対応状況をその管理ツールのベンダーに確認してください。If you're considering using management tools, check with the management tool vendor to see if they support Microsoft Store for Business and Education. 管理ツールには次の機能が必要です。The management tool will need to:

  • Windows 10 管理フレームワークおよび Azure AD と連携する。Integrate with the Windows 10 management framework and Azure AD.
  • ビジネスおよび教育機関向け Microsoft Store の在庫と同期してアプリを配布する。Sync with Microsoft Store for Business and Education inventory to distribute apps.

プロキシの構成Proxy configuration

ネットワーク上のコンピューターがインターネットに接続できないように社内で制限している場合、デバイスから Microsoft Store を利用できるように、いくつかの URL を利用可能な状態にしておく必要があります。If your organization restricts computers on your network from connecting to the Internet, there is a set of URLs that need to be available for devices to use Microsoft Store. Microsoft Store の一部の機能では、Microsoft Store Services が使用されています。Some of the Microsoft Store features use Store services. Microsoft Store を使ってアプリを取得、インストール、更新するデバイスは、以下の URL にアクセスする必要があります。Devices using Microsoft Store – either to acquire, install, or update apps – will need access to these URLs. プロキシ サーバーを使ってトラフィックをブロックしている場合、実際の構成でこれらの URL を許可する必要があります。If you use a proxy server to block traffic, your configuration needs to allow these URLs:

  • login.live.comlogin.live.com
  • login.windows.netlogin.windows.net
  • account.live.comaccount.live.com
  • clientconfig.passport.netclientconfig.passport.net
  • windowsphone.comwindowsphone.com
  • *.wns.windows.com*.wns.windows.com
  • *.microsoft.com*.microsoft.com
  • *.s-microsoft.com*.s-microsoft.com
  • www.msftncsi.com (Windows 10 バージョン 1607 より前の場合)www.msftncsi.com (prior to Windows 10, version 1607)
  • www.msftconnecttest.com/connecttest.txt (Windows 10 バージョン 1607 以降の場合。www.msftncsi.com に置き換わる URL です)www.msftconnecttest.com/connecttest.txt (replaces www.msftncsi.com starting with Windows 10, version 1607)

ビジネス向けストアでは、アプリをインストールまたは更新するには、Microsoft Windows HTTP Services (WinHTTP) が必要です。Store for Business requires Microsoft Windows HTTP Services (WinHTTP) to install, or update apps. WinHTTP プロキシ設定をデバイスに構成する方法の詳細については、「グループ ポリシーを使用して WinHTTP プロキシ設定を Windows クライアントに適用する」 を参照してくださいFor more information about how to configure WinHTTP proxy settings to devices, see Use Group Policy to apply WinHTTP proxy settings to Windows clients.