Microsoft Graph コネクタのプレビューMicrosoft Graph connectors preview

Microsoft Graph コネクタと Microsoft Search APIs (クエリおよびインデックス) は現在プレビュー状態です。Microsoft Graph connectors and Microsoft Search APIs (query and index) are currently in preview status. コネクタ機能へのアクセスを取得するには、テナントで対象のリリースオプションをオンにする必要があります。To gain access to connectors functionality, you must turn on the Targeted release option in your tenant. これは初期のプレビューであり、サービスレベルの保証はありません。This is an early preview, and there's no service level guarantee. お客様には、コネクタの機能を試してフィードバックを提供することをお勧めします。We encourage customers to try connectors functionality and provide feedback. プレビュー期間中は、運用のためにコネクタを使用することはお勧めしません。We don’t recommend using connectors for production purposes during the preview period.

対象となるリリースのセットアップSet up Targeted release

コネクタを試行するには、組織内のすべてのユーザーに対して 対象となるリリース オプションが設定されている必要があります。To try connectors, you must have the Targeted release option set for all users in your organization. 対象となるリリースオプションの詳細と設定方法については、「 Office 365 で標準または対象指定リリースオプションを設定する」を参照してください。To learn more about the Targeted release option and how to set it, see Set up the Standard or Targeted release options in Office 365.

プレビュー環境を選択するChoose a preview environment

コネクタ、インデックス Api、および検索 Api を試すには、次の2つの方法をお勧めします。To try connectors, indexing APIs, and search APIs, we recommend these two methods:

  1. テナントをテストします。Test tenant. テストテナントを使用して、Microsoft Graph コネクタのプレビューを試してみることをお勧めします。We encourage you to use a test tenant to try the Microsoft Graph connectors preview.

  2. サイトコレクションをテストします。Test site collection. テストテナントがない場合は、テストサイトコレクションを作成してコネクタ機能を試すことができます。If you don't have a test tenant, you can create a test site collection to try out connectors functionality. 組織内の他の場所にある検索ページに影響を及ぼさずに、コネクタからの結果を表示するには、そのサイトコレクションの検索機能のみをカスタマイズします。To show results from connectors without impacting the search pages anywhere else in your organization, customize the search experience of only that site collection.

プレビューの制限事項Preview limitations

プレビューリリースには、次の制限があります。The preview release has the following limitations:

  • 取り込みスループットは、1秒あたり約4アイテムに調整されます。Ingestion throughput is throttled at about four items per second.

  • スキーマの更新はサポートされていません。There's no support for schema updates. 接続設定を作成した後、スキーマを更新する方法はありません。After you create a connection setup, there's no way to update the schema. 接続を削除して再作成することはできません。You can only delete and re-create the connection.

  • インデックスが作成されたコンテンツは、カスタム縦の下にある検索結果ページにのみ表示されます。Indexed content only shows up in the search results page under a custom vertical. この制限は、ユーザー設定の種類のコンテンツに適用されます。This restriction applies to content with custom types.

  • プレビュー期間中にセットアップした接続は、削除して再作成する必要がある場合があります。Any connection you set up during the preview period might need to be deleted and re-created. これらの接続は、製品の改善に加えられた変更に互換性がない場合は機能しません。Those connections won't work anymore if they're incompatible with changes made to improve the product.

  • 接続制限があります。There's a connections limit. 各テナントは最大10個の接続を作成できます。Each tenant can create up to 10 connections.

  • ソースリポジトリのサイズ。Source repository size. テスト済み検索スケールの制限である場合は、20万アイテムのソースリポジトリがあるコネクタをプレビューすることをお勧めします。We recommend that you preview connectors with a source repository of about 200,000 items as this is our tested search scale limit. 検索のパフォーマンスの向上に取り組んでいますが、近い将来、より大きなリポジトリサイズのサポートが期待されています。We are working on improving the performance of search, and we expect to support for larger repository sizes in the near future.

  • 接続の編集サポートを利用できません。Edit support for connection is not available. 接続が作成されたら、編集または変更することはできません。Once the connection has been created, you cannot edit or change it. 詳細を変更する必要がある場合は、接続を削除して再作成する必要があります。If you need to change any details, you must delete and recreate the connection.

  • コネクタコンテンツは、カスタムの業種でのみ検索できます。Connector content can only be searched on custom verticals.

  • コネクタのコンテンツは、1つの接続でのみ、各カスタム縦に表示でき、結果の種類の作成が必要になります。Connector content from only one connection can be displayed in each custom vertical and requires result type creation.